« シャーボX用スタイラスリフィル | トップページ | セーラーインク瓶に新工夫 インクリザーバー »

水ににじまない ブルーブラックインク 青墨(セーラー)

セーラー万年筆と言えば、ナノインクを使った耐水性の極黒(きわぐろ)が以前出ていましたが、最近ブルーブラックインクの青墨(せいぼく)が出ました。

Cimg3315

青墨は、渋い箱に入っています。

Cimg3337

極黒とのツーショット(^^;

Cimg3316

説明(笑)
一番下の注意書きがいけてます。
「セーラー製の万年筆以外には使わないで下さい。」
ちなみに、初期ロットの極黒にはそのような注意書きは書いてありませんでした。
ま、ナノインクとはいえ、耐水性ですからねぇ。何かあった時用でしょう。
とゆー訳で、他のメーカーの万年筆には使わないように。あ、使うとしたら自己責任でお願いします。

Cimg3341

ちょっと青青してます。

Cimg3350

一般的なブルーブラックインクと比べると、青っぽいです。
ペンは、セーラーのプロフェッショナルギアミニです。あーこれも初期生産品なので、ペン先はオリジナルですね。
最近のはプロフィットと共用だったかと思います。
こっちの方がペン先はわかりやすいか(^^;

Cimg3356

書いた後に、水を垂らしてみても滲みません。

Cimg3357

ティッシュで上に溜まった水を吸い出してみました。
特に問題はありません。

Cimg3358

横に拭いてみると若干擦れますが、文字自体はしっかりと残っています。

Cimg3364

ウォーターマンのブルーブラックと比べると青さが目立ちますが(^^;

Cimg3368

ウォーターマンのブルーブラックに水を垂らしてみると、瞬時ににじんでしまいます(^^;
たまたま、張り付いてしまった青墨は何ら変化がありません。

Cimg3370

水分を拭き取ると、ウォーターマンのブルーブラックは文字が消えてしまっています。
恐るべし、青墨。

私はまだ買ったばかりなので、経過が分かりませんが、スケルトンや、吸入式のレアロなど窓がある部分の万年筆に使うともしかしたら、インク生分とゆーか染料が透明部分に染みついてしまう恐れもありますので、その点注意が必要かと思います。

« シャーボX用スタイラスリフィル | トップページ | セーラーインク瓶に新工夫 インクリザーバー »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

 プラチナの顔料ブルーを持っていますが、「パーマネント=ブルーブラック」という古い頭で買ってみて、書いてみたらロイヤルブルーのような「死ぬほど青!」という青でビックリしました。

 青墨、プラチナよりはブルーブラックのようですが、結構青みも強そうですね。セーラーのブルーブラックの代わりとして一本行っておこうかと思ってたのですが、ちょっと迷うなぁ…。

しまみゅーらさん
古典的なブルーブラックを思ったら、無理ですね。
青です(^^;
パッケージの青くらい青です(笑)
LAMY、ペリカン、モンブランなどのブルーブラック
の方が、まだそれっぽいですが(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/46687235

この記事へのトラックバック一覧です: 水ににじまない ブルーブラックインク 青墨(セーラー):

» [stationery]セーラー 青墨はとても良い! [趣味と物欲]
福岡の丸善で、青墨 (せいぼく) が入荷しているか聞いたら、まだ入っていなかったので、スティピュラのグリーンと合わせて通販で購入しました。セーラーのインクはジェントルインクや極黒、文具店のオリジナルインクなど結構持っているのですが、ブルーブラック以外のジェン... [続きを読む]

« シャーボX用スタイラスリフィル | トップページ | セーラーインク瓶に新工夫 インクリザーバー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ