« 茶色の縞しまが美しい スーベレーンM400SE (ペリカン) | トップページ | ペリカン スーベレーンM400SE(その3いろいろ比較編) »

ペリカン スーベレーンM400SE(その2)

Cimg2311

復刻?と言われていますが、確かに1990年代のかほりが(゚゚ )☆\ぽかナイナイ
と、言いながら、新しいし、品質は今一なような。(個体差かもしれませんが)

Cimg2312

こちらが、拡大したとこ。
確かに茶縞はきれいだ。
見る角度によって、輝きが違います。
ペリカンといえば、緑縞が定番ですが、緑縞はただ単にストライプですね。(含むボルドー、ブルー)
茶縞は、一つ一つの縞とゆうか線の色が違うため、筆記角度や裏側などでも違います。

Cimg2313

キャップ。
天冠は現行の印刷。
できれば昔風に刻印でやってほしかった(^^;

Cimg2314

下から見たとこ。
カメラの腕が悪いのと光の加減で、キャップ、尻軸ともに黒く見えますが、とても綺麗な茶色です。

Cimg2318

ペンは、最近のペリカンにしては珍しい、金一色です。
この辺はこだわりを持って作っているのでしょうか?

Cimg2320

品質云々言いましたが、それがこの写真。
写真だとうまく写らないので残念ですが、ペンの中央からまっすぐ伸びた部分。
首軸に、接合部?のような、バリ取り忘れぢゃね?
みたいな線があります。
本来は、この辺磨きをかけて綺麗にしてから出荷すると思うのですが(^^;

そのため、以前紹介したM300の方が、質感と高級感があります。

いけね。続くわ

« 茶色の縞しまが美しい スーベレーンM400SE (ペリカン) | トップページ | ペリカン スーベレーンM400SE(その3いろいろ比較編) »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

詳しく見せていただくとやっぱり欲しくなりますね。

現在アメリカのショップとやり取りしてるんですがオーダーフォームに書いた(英語で)あとに送料や税金のことなど、なんやかんやでややこしいです。
送料が$35だって。でもまだ国内の価格より安い!
以上、現状報告でした(^^;

tenra77さん
それほど難しくないでしょ?
$35だとお急ぎ便かな?
FEDEXだと、移動経過がGoogleで確認できます。
外国だと、元値が安いので航空運賃を使っても
まだ安いかと思います。
癖になって、大量に買わないように(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/45728896

この記事へのトラックバック一覧です: ペリカン スーベレーンM400SE(その2):

« 茶色の縞しまが美しい スーベレーンM400SE (ペリカン) | トップページ | ペリカン スーベレーンM400SE(その3いろいろ比較編) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ