« 辞書工房 EBR-500MS(SONY) | トップページ | 万年筆で百人一首?(PILOT) »

ウォークマン誕生30周年

ウォークマンが今年で30周年を迎える。
ちょっと前の新聞にも掲載されていましたが。

そこで、昔を振り返ってみましょう。(^^;

R0012946

なぜか捨てられずに手元に残っている30年前の元祖ウォークマンTPS-L2です。
蓋は取れてしまいましたが、ビニールカバーも健在です(爆)

R0012950

カバーを剥いたとこ。
カバーをしていた関係で、今見ても綺麗です(^^;
ウォークマンなのに、マイクが付いています。
とゆーのも、デザインを見ていただければおわかりのように、「プレスマン」とゆー、当時としては高級のビジネス向けのカセットレコーダーがベースとなっています。

発売されたきっかけも面白くて、SONYの技術者がプレスマンをステレオ用に改造して音楽を聴いていたのが始まりとのことです。(^^;

当時は、巨大なラジカセを持ち歩いたり、私の場合は超重いカセットデンスケを持ち歩いていました(^^;
ラジオは当然スカイセンサーですねヾ(^ )コレコレ

Tpsl2

右に見えているオレンジのボタンは、音楽を聴いている時に、会話をするためのボタン(笑)
今でこそ1人1台の世界ですが、当時はまだ珍しかったので、ヘッドホンジャックが2つ付いています。
私は出てすぐに買ったので、ジャックにGUYS & DOLLSになっています。
初回ロットのみか?その後PHONE1、2になったと思います。

さて、日本発の携帯音楽プレーヤーですが、世界的に大ヒットし、80年代の映画を見ると結構SONYやTOSHIBAなどの音楽プレーヤーが出てきています。

最近ではAPPLEのiPodに押されて苦戦を続けています。
近年のSONYの動きを見ていると、どうも自社の技術力を強引に推し進めるように見えて・・・
もう少し汎用性のある一般受けしそうな仕様などで魅力的なデザインと優れた技術で、市場を圧巻するような商品など、なんとか頑張ってもらいたいと思います。

元祖ウォークマンのエントリはこちらま、同じようなこと書いていますが(^^;

« 辞書工房 EBR-500MS(SONY) | トップページ | 万年筆で百人一首?(PILOT) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

同感です。ソニーならではの技術力でもって、今に生きる私たちの生活ニーズを根底から満足させるような商品の発表を望んでいます。やっぱり、ウオークマンの衝撃はすごかったですし。あの再来が欲しいところです。

PCMレコーダーなどを観ても、今現在でも大衆相手に(セミプロ相手かな?)地平線を切り開く力は衰えてません。ノートパソコンのバイオも初期の頃は、ジョグダイアルも含めその使いかっての面白さに喝采を送り、私も何台も買ってました。

現在では、同様製品を出しても使いやすさと魅力に勝るアップル社に完全に十八番を奪われてますね。というより、アップルに追従してるんじゃないの、と思うことすら。歯がゆいですね・・・・ 

ソニー製品は、多少お高くても「どうしても使ってみたい」と、言うことろにキモが合ったように思います。
それが無くなって、他社の同様製品でもまにあうか、と考えることができるようになってしまう事態にならないことをソニーファンとしては心から祈願しています。
会社が大きくなりすぎたら、そんなにいつまでも「とんがってはいられない」のでしょうが。。。

ななしさん
こんにちは、初めましてでしょうか。
コメントありがとうございます。
そうですね。何事も、率先して魅力のある
電脳小物系を世の中に出してきたメーカーだけ
あって、毎回楽しみでした。
できれば、これからもまた魅力あるものづくりを
して、マニアだけでなくエンドユーザーを楽しませて
欲しいですね。

お暑うございます・・・m(__)m
私も出たばかりのウォークマンを買って楽しみましたよ、1年位使って田舎の親父にあげましたが、それから数十年(?)田舎の姪がソニーの地方子会社に入って、工場で「修理(ベルトが切れた)」して使えた様です・・・。
ヘッドホンの騒音が問題になったり、そのヘッドホンの部品を作る会社に偶然仕事に行ったりと、色んな想い出が蘇りました・・・。しかしいまでも「きれいに」残して有るんですね~!素晴らしい・・・!\(^o^)/

ライカ市としさん
SONYの残念なのは、まだ十分に使えるマシン
でも、修理部品がないことですね。
簡単に直せるのにパーツ類がないというのが
唯一の欠点かもしれません。
あー、ただ単に捨てられなかっただけですが(^^;

おおっ、よく保存されてましたね。
今日の「うたばん」で、昭和レトログッズの鑑定コーナーを見ていたら、
鑑定団の前野さんが、GUYS & DOLLSの付いた初期ロットは
60,000円と鑑定してました!

私が持っていたウォークマン(初代ではありませんが)や、
スカイセンサーはカミサンに捨てられてしまいましたが(涙)、
先々お宝になることもあるので、今後は大事に保存しておきます(笑)。


WAKIさん
まぢっすか(@@;
でも、動かなくなっちゃったので(;_;)
バラして見てみようかな(゚゚ )☆\ぽか

探せばヘッドホンもあるかも(^^;
スカイセンサーですが、本当は5500と5900も
欲しかったのですが、残念ながら当時は子ども
だったので何個も買えませんでした(笑)

映画『世界の中心で愛をさけぶ』を敬遠していましたが、たまたまテレビ放映で観たらこれがなんとウォークマンのための映画みたいなものだったんですね。
だけど番組のスポンサーCMはiPodが流れていたところが現在を象徴しているなと思ったのでした。

>もう少し汎用性のある一般受けしそうな仕様などで魅力的なデザインと優れた技術で、市場を圧巻するような商品など、なんとか頑張ってもらいたいと思います。

 MDにもお世話になったものです。マイク端子付きの録再MDウォークマンには、CDからのジュークボックスMD作成から生録まで随分使い込みました。

 そして、Hi-MDになって、生録の性能も上がり(PCM録音可能になった)、PCとのデータのやりとりが可能になり、「こっこれは便利!!」とSonic Stageに音楽をため込み、その関連で新車のオーディオもATRAC3Plus対応のものにしたのもつかの間…

 ここで、ATRACの流れがぱっつり果ててしまったのは、残念でなりません。今でも音質的にはiPodとは比べものにならないくらいいいんですけどねぇ…。他社も、MDからはサーッと手を引いてしまいましたからねぇ…

幻灯機さん
セカチューってそういう映画だったのですか。
知りませんでした。
機会があったら見てみたいと思います。(汗)

しまみゅーらさん
そう言えば、MDってまだあるんですよね。
MP3プレーヤーが普及してすっかり陰が薄く
なりましたね。
MDは2ndを買いました。
その後おっしゃるような録画マシンを買いました。
が、いつの間にか自分の世界から消えて(^^;

Hi-MDは知りませんでした。(汗)
ATRACの頃はCLIEで経験しましたけど、音質は
だんぜん良いですね。
ただし、チェックインチェックアウトがけっこう面倒
という感じがしたので、その辺で差が付いたのか
なぁと思っています。

デンスケは私の憧れでした。いまでも流石な性能を持っているのですね。
スカイセンサーは当然2台持っていました。
が、クーガー2200に浮気をしてしまったイケナイ私です。
MDも当然現役です。コントローラのクリップが折れてしまってから、可動率激減してますが。

Hagyさん
デンスケは現役ですよん(^^;音良いし。
でも、デジタル化で出番は減っています。
昔録音した音源をデジタル化するときに使う位か(汗)
質感と存在感は良いですけどね。
クーガーの方がヘリカルアンテナだっけ?面白い
機能があって、魅力できでしたが買えませんでした(^^;
あと、トランシーバーにもなる日立のパディスコ?
も欲しかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/45647083

この記事へのトラックバック一覧です: ウォークマン誕生30周年:

« 辞書工房 EBR-500MS(SONY) | トップページ | 万年筆で百人一首?(PILOT) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ