« PCI型万年筆 その1  (大橋堂) | トップページ | PCI型万年筆 その3 ペン (大橋堂) »

PCI型万年筆 その2 本体 (大橋堂)

PCI型万年筆です。

Cimg1908

えーと、真っ黒く見えるのですが、チョコレートブラウンみたいな渋い漆が塗ってあります。
写真だとうまく写りませんね。

クリップ

Cimg1909

クリップは、パイロットのカスタムシリーズに似ていますが、カスタムのように真丸い玉が付けてあるのではなく、たたきだし加工のような形で丸めてあります。
したがってクリップの内側に鈴のような隙間があります。
たたきだしですが、18kメッキです。

リング部

Cimg1910

こちらだと茶色っぽくみえるかな?
こちらも18Kメッキ。

リングにはJ.S.U OHASHIDO SINCE1912と刻印されています。(Oには上に棒があります。ローマ字の伸ばす奴ね)
それにしても上手く文字が合ってますね。すげーわ。
このリングですが、胴軸にはめてあるのとないのがあるらしいです。
また、外すことも出来るらしいですが、今関さんは外せませんでしたとゆーか、若い職人さんがかっちりはめてくれてあるとのことで。
人によっては、筆記時にリングが手に当たって書きにくいんだそうです。

尻軸

Cimg1914

尻軸部は、キャップが上手くはまるように削られています。
ほのかに、エボナイトのかほりが(^^;
尻軸部はブラウンの漆は塗ってありません。
見事なまでにうまくはまります。

ペン

Cimg1916

ペンはオリジナル14Kです。
首軸はしっかりと黒漆が塗ってあります。
漆のええかほりが(゚゚ )☆\ぽか
ペンは良く見えにくいですね。

Cimg1920

拡大したとこ。
こちらにも大橋堂さんの刻印が・・・

続く

« PCI型万年筆 その1  (大橋堂) | トップページ | PCI型万年筆 その3 ペン (大橋堂) »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/45211758

この記事へのトラックバック一覧です: PCI型万年筆 その2 本体 (大橋堂):

» 大橋堂 玉虫塗りの万年筆を購入した [細字万年筆にこだわる]
 以前の記事の最後に触れましたが、大橋堂の万年筆を購入しました。漆塗りの万年筆で [続きを読む]

« PCI型万年筆 その1  (大橋堂) | トップページ | PCI型万年筆 その3 ペン (大橋堂) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ