« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

東宝特撮映画DVDコレクション創刊

先日朝のCMで見たので、試しに買ってみました。
シリーズで商品化して有名な「であごすてぃーに」の本です。

Cimg1978

私が生まれる遙か前の映画ですが、テレビやリバイバル上映、レンタルビデオ屋さんで借りてきて何回かみたことがある元祖ゴジラ映画です。
昔、ビデオでも18900円とか、DVDになっても6000円とか高かったのですが、今度のは990円(ま創刊号特典ですが)

私の年代としては、ガンダムとかアニメの世代ではなく、ゴジラ映画やウルトラQなど円谷英二の特撮映画世代なんですねぇ~(^^;

もっとも、円谷英二が亡くなってからのゴジラ映画はつまらなかったのでまったくみていませんが、子どもが産まれてから、子どもを連れて最近の映画は何回か見せに行きましたが。
うちの子2号(双子の片割れ)が始めて映画が見たいとゆったのが、ガメラ2(^^;親の血を引いたのか。
それ以外には宮崎アニメは小さい頃何回か見せに連れて行きましたが。
あとは、スターウォーズとかインディジョーンズなんかは好きでしたね。
ちなみに、今はアニメの方が好きみたいですが。

Cimg1982

昔のものから最近のモノまでDVDでラインナップされるようです。
全55作品(@@;
でも、全部買うと10万円越しますな(^^;
ま、万年筆1~2本分かヾ(^ )コレコレ

毎週だと支払はかなり痛いですが、隔週なので月4000円弱。考えようかな(゚゚ )☆\ぽか

Cimg1980

ちゃんとしたDVDケースに入っています。
できれば画質の良いブルーレイで出して欲しいが(゚゚ )☆\ぽか(゚゚ )☆\ぽか

できれば、円谷英二関連の戦記シリーズの特撮も入れてほしかった(゚゚ )☆\ぽか

※追記090806
どうも静岡と一部の県では、試験的に先行発売だったようですね。
最近になって、全国一斉発売が発表されたみたいです。発売は9月29日とか。
特撮ファンの方は待ち遠しいでしょうね。
結局、私は申し込んでしまいました(^^;今までに6本のDVDが来ています。
とゆーのも、最初の頃の3~4号までは店頭売りがあるものの、その後は店頭売りは消えてしまって、欲しい号だけ入手するというのが簡単にはできないからです。
全部が欲しいわけではないのですが・・・特に円谷英二亡き後の作品のお子様路線は見てないし。手抜きも多いし(^^;
年代順にラインナップされるわけではありません。
1 ゴジラ
2 モスラ対ゴジラ
3 三大怪獣 地球最大の決戦
4 日本沈没(昔の)
5 モスラ
6 海底軍艦
とまあ、とびとびに発行されるので、初期作品のみチョイスとか一部の作品だけ買うというのがちと難しいですね。
パッケージが簡易版に変わるのが5号のモスラからです。
これ以降はたぶん書店店頭には大量に置けなくなる理由からですね。次々と週間○○とか出てるし。

興味のある方は、デアゴスティーニまで

静岡県と確か岡山県は、県民性など全国のほぼ中間的な位置にあって、いろんな商品の試験販売、先行販売が行われます。
この2つの県で売れれば全国展開しても大丈夫と踏めるようなのですね(^^;
菓子、ドリンク、食品類、たばこなどは超有名ですが、CMなんかも先行的に放送して、視聴者の反応を見ることが多いです。

※追記090929
画質とかで検索の方がいらっしゃいますので、コメントしておきますと。
昔のDVD?フィルム?を元にDVD化しておりますので、デジタルリマスターとかブルーレイの美しい画質ではありません。
良い点としては、放送禁止用語が消されていないってところでしょうか(^^;
放送(再生)開始直前に注意書きが出てきます。

VAIO typeP究極カスタマイズ読本

4~5月にようやく出始めたtypeP関連の書籍ですが、今までどの本を見てもカタログと使い方、そもそも入門者向けの情報の本しかなかったので、落ちませんでした。
また、パーフェクトなんちゃらとかすべてとか書かれても、実際は同梱ソフトの使い方や、購入の仕方、基本機能の紹介などが中心で、OS載せ替えとかはコラムだったりとつまらない本ばかりでした。

今度のは面白そうだったのでつい買ってしまいました(^^;

Cimg1983

究極カスタマイズ読本と書いてあるからには(^^;
私が欲しい情報も載っているとゆー訳で。

Cimg1985

写真には掲載しませんでしたが、いきなり蓋開けて三枚に下ろすし(@@;
SSDへの換装方法なんかも書いてあります。

Cimg1984

あとは、周辺機器や写真のような爆弾電池の作り方、OSの換装なども書かれていて、結構楽しんで読めます。
最近では、ネット(個人ブログやホームページ)情報の方が早いし濃いので、綾しいマシンが出てもごく一部が書籍化されるだけなのですが、このような本があるとよし、やってみようかとゆー気にさせてくれるヾ(^ )コレコレ
とゆっても、ここまで高密化されているので、保証期間が過ぎたら考えよう(゚゚ )☆\ぽか

興味のある方は、本屋さんで立ち読みしてからの方が良いですね。

LAMY 4pen 着せ替え遊び

さて、LAMY2000は、CLIE用のスタイラスを入れて以前紹介した手帳カバーに入っているので、よく使うのは専らLAMY4Penになりつつあります。てゆーかなってるし。

で、以前こつこつ集めたACCENT用の着せ替えグリップでおます。

Cimg9740

手前から
ブライヤー:1.9g
プラチナ:10.7g
梨の木:1.7g
黒ゴム:2.4g(パラジウムコートにはこちらが標準)
アルミ:3.1g(黒モデルはこちらが標準)
アルミブルー:3.9g

このほか、エイトリング、カウ(牛さんの模様)、グリーンカウなんてのもありますし、ヨーロッパではもっといろんな種類が出ているようです。

それぞれグリップによって重さが違うし、色も違うのでその時の気分に合わせて交換しています。

Cimg9744

梨の木バージョン。
ちょっと梨の木とゆーより、竹みたいな雰囲気。

Cimg9756

アルミブルー。青がアクセントになります。

Cimg9751

ブライヤー。手触りや色が良い感じです(^^;
お気に入りの組み合わせの一つ。

Cimg9762

こちらは、アクセントのシャープペンシルにプラチナを付けたものですが、超ヘビー筆記具になります。
濃いめのシャープペンシルの芯(2B以上)を入れて、筆圧を加えず自重だけで万年筆のように書けます。
それがまたえもいわれぬ気持ちよさで(*^^*)


All about LAMY 23 LAMY4pen (多機能筆記具)

2002 LAMY4pen フェニックスデザイン
アクセントをベースに4PENにしたもの。

Cimg9428

アクセントは製造が中止されたが、現行品として入手できる唯一のもの。
本当は、パラジウムコートのが欲しかったが、この黒はオークションで半額以下で手に入ったので我慢(笑)
発売当初LAMY2000の4Cタイプがあるからいいや、とか思っていたのですが、以外と使い勝手がよさそうなので昨年入手。

Cimg9418

4penと言う割に、ACCENTってちゃんと書いてあるし(^^;

アクセントが入らなくなってから、交換グリップも2006年頃にはほぼ品切れになってしまった。
このため、オークションでは交換グリップとセットのものは常に高値になるという不思議な現象が発生(^^;
できれば、交換用グリップも継続生産してほしいものだが。

ちなみに、欧州では在庫等が売られているが、残念ながら日本への発送は対応してくれないとの回答がきたので、手持ちのものしか交換ができない。

Cimg9431

LAMY2000は芯の出し入れをノックで行っているが、4Penはこのポッチを押すことで、芯が収納できる。
なので、たまーに収納を忘れたままにしてポケットに挿したりしてしまう。ヾ(^ )コレコレ

Cimg9434

拡大すると、クリップ部の下側(本体)に段差があることが確認できる。
滑り止めなのか?

Cimg9437

LAMY2000と並べてみました。
4Penの方が、一回り大きいし、ノック部が長いです。

2008年には、朱色のグリップをつけた限定生産品がでたが、グリップだけでもほしいものである(笑)
本体は、パラジウムコートとマットブラックがあります。
国内では、0.7mmのシャープペンシルと黒、赤、青のセットが定番であるが、海外ではIT仕様のシャープ、黒BP、蛍光オレンジ、スタイラスペンのセットもあるようですが、芯を替えれば無問題(゚゚ )☆\ぽか

Cimg9442

リフィルの交換のようす。
4Penはグリップが抜けるようになっています。

同年代のその他のLAMY製品
2002 Tipo ウルフギャング・ファビアン

2003 Joy AL ウルフギャング・ファビアン
ジョイのキャップをアルスターにしたもの。
内容は同じ(笑)

2003 Dialog1 リチャード・サッパー
デザインペンの走り。
スイフト同様に、クリップが収納できるギミックがすごい。
けど、ボールペンはたくさん持っているので入手していない(笑)
高いし(^^;

All about LAMY 22 Agenda/alimini (MP:シャープペンシル)

2001 Agenda/alimini ウルフギャング・ファビアン

国内ではアルミニと呼ばれているが、外国ではアジェンダが一般的。

Cimg9840

この筆記具の特徴は、クリップがスライドするもので、手帳の細めのペンホルダーにも挿すことができ、しかもクリップが一定の長さでスライドできるので、高い位置や中央部など手帳のペン差しに併せて調整ができるのが特徴。
変わり種の筆記具である。

Cimg9843

生産されなくなったため、店頭在庫のみのものである。たぶん(゚゚ )☆\ぽか

Cimg9844

手帳やメモ帳(カバー)の大きさや高さに合わせクリップをスライドさせて調整できるのが良い。

Cimg9845

また、クリップはバネが内蔵されていて、このくらい「どば~っ」と開くのが気持ちよい(^^;

シャープペンシルは、外国に一般的な0.7mm
このため、日本の罫線が細い手帳だとちとつらいかも。
私は太罫にどばっと大きな字を書くのが好きなので違和感がないが(笑)

ちなみに、M22を使用したボールペンもあります。

LAMY pico vs TOMBOW XPA

恒例の対決シリーズ。

Cimg9824

日本が世界に誇るTOMBOWデザイン筆記具のXPA(どうもエックスピーエーと読むらしい)と並べてみました。

Cimg9825

斜めから
全体的に雰囲気はくりそつですね。

XPA 11.9mm 22.3g(リング込み)
Pico 12.2mm 21.3g

比べてみてもほとんどいっしょ(^^;

Cimg9826

XPAはスタイラスリフィルを入れています(^^;
使い勝手の良さは、ワンプッシュで筆記状態になるPicoに軍配があがりますね。

XPAはアウトドア向けかな。
自分はAD[es]用ケース(時々CLIE)などに付けています。

友情出演(謎)

Stylas2

変わり種と言えば、写真下2つのionとmetal ion(アイオンと読みます)
これもクロスの面白いギミックを持った筆記具。
一緒に写真を撮るのを忘れたので昔のデータから引っ張り出してきました(゚゚ )☆\ぽか

All about LAMY 21 pico プラチナコート(BP:油性ボールペン)

2001 pico フランコ・クリヴィオ
フランコ・クリヴィオ氏は、これ一つしか制作に関わっていないが、私的にはLAMYの傑作の一つと思ってます。

Cimg9702

昔はオリジナルの箱に入っていたようですが、直輸入版?だとごくふつーの箱ですな(^^;

Cimg9706

私が持っているのは、プラチナコートのもの。
こちらには革のシースがついている。

ワンプッシュで筆記と軸の延伸ができるという優れもの。
バッグの中に転がしていても問題ないようにクリップがついていない。
また、机上で転がって落下しないようにLAMYロゴが入った突起があるので、ある程度は安心できる。
ただし、雑誌など曲がっているものに置くとおちてしまうのでこの辺は注意が必要。
何回か転げて落ちたことあり(汗)
おまけに、ポケットに入れたままお洗濯したし(;_;)

Cimg9704

プラチナコート版は、カーフスキンの質感も良いケースが付いています。
外国だと、オプションでケース単品でも売っています。

Cimg9705

ケースに入れるとこんな感じ。
使うか使わないかは・・・(^^;

Cimg9710

伸びた状態

Dousa

こちらが動作ギミック。って分からないですね(^^;
一度店頭で体感するのをおすすめします。

こちらも、スイフト同様に意味もなくノックしてしまうとゆーのが(^^;
ガス加圧式?油圧式?などで伸縮させているよーな気がするが、誰か知っていたら補足をお願いします。
壊すのももったいないので(笑)

Cimg9715

使用するリフィルは、短いボールペンで多用されているM22。
ここまでは簡単にはずせます。

プラチナコート版の重さは21.3g一般的な万年筆とほぼ同じ重さなので、持っていても違和感がありません。

プラチナコート版は、とても手触りがよくさらっとした感じがとても手になじむ。
M22でこってりした感じだが書き味は悪くない。
持っているとなんか安心できるので、ズボンのポケットにいつも入れている。
不思議な筆記具である。

最近では、限定カラーなんかも出ているので、すぐには廃盤にならないでしょう。
LAMYの傑作筆記具の一つだと思います。

五十音オリジナル鉛筆

銀座にある鉛筆専門店の五十音さんのオリジナル鉛筆。

Cimg1200

五十音と書いてありますが、五が5cmの所、十が10cmの所にあるのがミソです。
さて、この形状を見てぴんと来たあなた。
正解です。(゚゚ )☆\ぽか
麒麟鉛筆さんのOEM、もといコラボ鉛筆です。

Cimg1203

拡大したとこ。
音のロゴとゆーか刻印が渋いっす。

削るのがもったいないですが、削って使ってます。
この扁平四角ですが、意外と持ちやすいです。
ただし、削って短くなると定規は使えません(^^;

長さが測れる鉛筆 (麒麟鉛筆)

さて、温度が測れる鉛筆と来れば・・・ヾ(^ )コレコレ

Cimg1206

ぢゃぢゃ~ん(^^;
長さも測れる鉛筆です。
これも麒麟鉛筆さんの人気商品。

ちなみに、裏側はインチになっています。

Cimg1211gattai

裏側と並べたとこ。
これがあれば、モニターの画面サイズが何センチか簡単に分かります(゚゚ )☆\ぽか

でも5インチまでしか分からないのが玉に瑕。ま、伸ばしていけば良いのか(^^;

商品コードはたぶんNEC-54

ベリーサ10・15モードまであと一歩(^^;

以前会社の車として、インサイトを紹介しましたが、こちらはうちの社長専用車(^^;
で、社員用はとゆーとマツダのベリーサ。
これも発表と同時に買ったな(笑)
ま、ホレホレしようと思ったら、社長もこれいいねぇ~とゆーわけで、速攻で社長と試乗に行ってすぐ判子押して契約(笑)

最近では、ほぼ私用車的に私が使っているのですが(゚゚ )☆\ぽか
もちろん、仕事でですよ。

昨年、原油高の頃からエコドライビングを心がけるようになり、燃費はかなり上がるようになってきましたが、なにせ会社の車なので、給油~給油まで1人で運転することもあまりないのでだいたい、12~13km/リットルですた。
これだと、平均的な乗り方ですね。

特にここ最近私が意識をしてエコドライビングを心がけて運転すると、15~15.5km/リットルになってきました。

たまたま、満タンから満タンまでほぼ1人で運転する機会があったので、計ってみると16.6km/リットル\(^o^)/。
でも、惜しい。
ベリーサの10・15モードは、16.8km/リットル
あと0.2km足りなかった(;_;)/

それとゆーのも、前が空いているとユーのにトロトロ走っている車をぶっちぎった時に、アクセル全開してしまったから(゚゚ )☆\ぽか
これがなければ(゚゚ )☆\ぽか

高速は普通に100km/h、市街地は40km/h、バイパスは70~80km/h(法定60kmヾ(^ )コレコレ)
と、別段超のろのろ運転をして回りに迷惑を掛けるような運転はしません。
ただし、アクセルを踏む力を緩めにしたのと、回転数を1500~2000回転になるように心がけて運転しました。
もちろん、高速やバイパスは2000~2500~3000回転にはなってしまいますが(^^;

給油までの状況
1日目
行き:会社-一般道(渋滞)-高速(清水IC~沼津IC)-裾野-一般道(市街地渋滞・三島経由)-伊豆下田市(山道)
帰り:下田市-山道-(沼津渋滞)一般道+バイパス-会社
2日目
行き:会社-市街地-バイパス-山道-富士宮
帰り:富士宮-市街地(渋滞)-バイパス(渋滞)-GS-会社
ってな感じです。

THERMO-PENCIL温度がわかる鉛筆(^^;(麒麟鉛筆)

麒麟鉛筆さんって、メジャーな鉛筆メーカーに隠れてしまってあまり知られていませんが、けっこう面白い商品を作っているメーカーさんです。

中でもユニークなのがこちら

Cimg1208

サーモペンシル。
いつだったか、この手の商品が流行ったのが、90年代か。
カードサイズの温度計とか額に当てたり手のひらで体調を推し量ったりするのがありました。

Cimg1209

何のことはない、フィルムタイプの温度計が貼られているだけなんですが・・・
アイデア商品ですね。

もったいないのでなかなか削れません(^^;
あと、残念なのは30度までしかないので、それ以上の温度が・・・
ちなみに、最低温度が12度まで(;_;)

Cimg1210

コードネームはNEC-42とゆーらしいです。
HB。
JAPONと書いてあるから輸出もしているのでしょう。


レッツノートW8ビジネスモデル

最近の大学はすごいですね(^^;
学生協とゆーか大学で指定のマシンがあって、それを選択するとゆーのがたまらん。
(注:ここでゆーたまらんとは、負担が大きいとゆー意味でorz)

大学が全部VISTAにしたので、VISTAモデルです。

R0010238

パナソニックの人気機種レッツノートW8です。
しかも、大学が一括発注するので、市販クラスではなくビジネスモデルが歯科よりもとい市価より数段安い。

おぢさんとしては、通信セットで100円とか0円のUMPCで良いと思っていたのですが(^^;
親が持っているのより高機能マシンを(゚゚ )☆\ぽか

ビジネスモデルは、HDDの容量が超大きい。確か1.5倍。メモリー標準で4GB、あとは若干CPUかクロックが良かったかも。手元に無いので(^^;

R0010240

左側です。
左側は、電源、外部モニター、外付けユニット用コネクタ、ATAカード(まだ需要あるのか?(^^;)、SDカードユニット。

R0010243

右側は、USBが3コもあります。
あとは、モデムとLANコネクタ。
おぢさんが持っているY2なんかUSB2口しかないもんね(;_;)
おまけにHDD40GBしかないし(;_;)

R0010245

Y2と並べてみました。
大きさが全然違いますね。

R0010248

厚みがそれほど違わないのが救いか(^^;

R0010252

開いたとこ。
画面の大きさはY2の勝ち(゚゚ )☆\ぽか

R0010254

キーの大きさもY2の勝ちヾ(^ )コレコレ
てゆーか、Y2の方が普通の大きさなので、ばり打ちやすいです。
W8は左右に行くに従って粒が小さくなる変則なので。

でも、新しいマシンは良いものですね(゚゚ )☆\ぽか

こちらは、双子2号のモノ。
とゆー訳で、また時期を見て双子1号のを紹介しましょう。
まだ写真撮ってねぇや(^^;

こっちはこっちで、専門の学部なんで、喉から手が出る位欲しいマシンっす(^^;
どんなマシンかはおたのしみに。

SILKY BLACK STYLISH ITEM COLLECTION続き

さて、私が興味があるのはこちら。

Cimg1957

ペンホルダーです。
他のものがほとんど合皮なのに対し、このペンホルダーは革のようです。(成分表示)

Cimg1960

もっとも、トラベラーズノートのクリップと比べてしまうと・・・ですが。
おまけでこの品質は十分でしょう。

Cimg1961

斜めから。
ちゃんとクリップ部にamadanaと刻印されていますし。
えーと、残念ながら差し込み口が細くて、ちょうど鉛筆や市販普及クラスのボールペンが普通に入るくらいです。
本体を入れようとすると、CROSSのボールペン、あるいはCROSSのTECH3クラスでしょう。
とゆー訳で、軸が太いのを差し込む場合はクリップを挿して下さいと注意書きがあります。

Cimg1959

メジャー比較。
左側が牛革製メジャー1.5m、右がamadana1.0m
おまけでこれなら良いデスね。
簡易メタボメジャーとしても使えますし(^^;

Cimg1958

マネークリップはお札が挟めるのですが、ちょっとしたメモを挟むにも良し。
ブックマーカーは、A5までなら十分に使えます。
てゆーか、文庫サイズだと余りすぎます(^^;

Cimg1954

カードスタンドは、キャップを外すとボールペンになります。
キャップはおしりに挿すとま書けなくもない程度ですが(^^;

第二弾でも出してくれないかな。
こういうおまけは実用的で良いデスね。

SILKY BLACK STYLISH ITEM COLLECTION(BOSS+Amadana)

GWのこどもの日に発売されたようですが、私が入手したのはつい先日。
そもそもコンビニはあまり使わない人だったので(汗)

Cimg1950

サントリーのBOSSシリーズのブラック無糖のシルキーブラックとゆーコーヒーに付いてきたおまけです。
Amadanaはご存じ、美しいカデンをキャッチフレーズに事業展開しているメーカーさん。
ファンも多いですね。
アマダナとのコラボによるスタイリッシュアイテムコレクションです。

Cimg1951

とはいえ、ドリンクのおまけなので、カデンは入っていません(^^;
フィギュアではなく、実用的な小物ってゆーのが良いデス。
左上から、フラッシュメモリーカバー、メジャー(1m)、大きいのがマルチケース(いわゆる巾着)(^^;
二段目、マネークリップ、コードリール(イヤホン巻き取り機)、
三段目、ペンホルダー、メモスタンド(ボールペン)
下段、ブックマーカー(しおり)

5月5日に出たので、もう店頭からはほとんど姿を消していると思います。ヾ(^ )コレコレ
私もあちこち捜しまくって全入手(゚゚ )☆\ぽか

Cimg1953

こんな感じで使うようです。
上から、
メモスタンド
メジャー(1mなのでそれなりでしょう。でもメモリの下地の黒がクール)
フラッシュメモリーカバー(いわゆるUSBメモリーのケースですね。大きさにより合う合わないがあるようですが)
コードリール(イヤホン巻き取り機)

Cimg1956

コードリールは意外と便利で、最近のつぎはぎ式のイヤホンって、帯に短したすきに長しで(^^;
中途半端なのねん。
それを巻き取って、しかもクリップが付いているのでポケットに挟んでおけば邪魔になりません。

流石アマダナ。

Cimg1955

USBメモリーのケースは・・・今一ですた。

あと巾着も(゚゚ )☆\ぽか
一説によると、iPodナノ(現行)にぴったりとか。
子どもにあげようかな(^^;

続く

All about LAMY 20 Scribble (芯ホルダー)

2000 Scribble ハンネス・ヴェットシュタイン
ハンネスさんは、たぶんこれだけかな?

スクリブルとは、落書きと言う意味らしい。

Cimg9789

短めで胴軸部分が膨らんでいて、持った感じのバランスが非常によい。

Cimg9791

ボールペン、0.7mmのシャープペンシル、芯ペンシルの3種類があり、ラフスケッチ、エスキスなどに向いている。
私が買ったのは、芯ペンシル(芯ホルダーとも)
ボールペンはM22タイプなので、いじれないこと、シャープペンシルはたくさんもっているから、まいっかとゆーことで(汗)

Cimg9792

面白いのが、クリップを外すことができる。
それにより、短めの軸でも手に当たることもなく書きやすい。

Cimg9795

LAMYのロゴはノック部分の付け根に付いています。

Cimg9889

替え芯は3.15mmとゆー特殊なものなので・・・
ま、普通の芯ホルダーも使えなくはないと思いますが、やったことないや(^^;


それにしてもLAMYはSで始まる名称が多いので困ります。スイフト、スクリブル、ステューディオなど(汗)

その他のLAMY

2000 Tipo ウルフギャング・ファビアン
廉価版の水性ボールペン。
金属モデルとプラスチック?樹脂モデルがある。
こちらはジェットストリームが簡単に使えるらしい。
とゆーのも持っていないのでヾ(^ )コレコレ

ちぽもといTipoもあまり坪にはまりませんでしたので、未だに入手しておりません。(汗)

ヌメ革財布(ヌメソフト牛革コンビ:無印良品)

財布は普段廃刊になったラピタのショップで購入したブックワレットを使っているのですが、文庫サイズに一回り大きいため、ちょっとおでかけするのにもセカンドバッグが必要になります。
てゆーか、セカンドバッグでは入らないので、巨大な鞄が必要になります(汗)

とゆー訳で、前から気になっていたヌメ革の財布を買ってしまいました。

R0010280

箱です(゚゚ )☆\ぽか

Cimg1871

これが表面。
ってたんなるヌメ革やん。

Cimg1872

上から見たとこ。

Cimg1873

内側。

Cimg1874

もう一丁(笑)

で、買ったときには気がつかなかったのですが、よくよく見ると・・・
ヌメ革は外側だけで、内側は塗装で色が作られています。orz

ま、買っちまったのは仕方ない。
とゆー訳で、せっせと熟成しております。

こちらも、無印週間とデパートの割引で15%オフ
だから買ったとも(^^;
買ったら、中に入れられるお金が無くなりました~(゚゚ )☆\ぽか

追記
実は、このヌメ革財布は、かなり厚いコーティングとゆうか、塗装がしてあるため、通常の使用法や日焼け法では飴色にはなりません。
ある方法でこの塗装をはがさなければなりません。
コメントにもある方法でやったら、無事塗装をはがすことができました。
その結果がこちら

プリウス怒濤の受注・・・

さて、未だにインサイトかシビハイか、プリウスで悩んでいますが。
って、レクサスはさすがに高いので、見に行きましたが(゚゚ )☆\ぽか
(見るだけは無料だし)

レクサスは内装から雰囲気から上質で良いですね(^^;
絶対に手は出せませんが(;_;)

クラウンのハイブリッドも見ましたが、こちらはシビックと同じで、ガソリン車かハイブリッド車かわからないというのと、ライトハイブリッド方式というのが・・・ま、レクサス同様御値段が(^^;
噂によると、今秋か来年あたりシビックもハイブリッド専用にして新生するとか。
でも、シビックって・・・誰もが乗れるようにシビックって名前をつけたのに大きくなって、高くなって・・・

トヨペットさんで話を本日聞いたら・・・
昨夜(15日金曜)時点で受注75000台超えとか
(@@;は、半端ねぇ・・・発表は18日なのに・・・

確か、月曜(11日)の夜に聞いた時点で60000台・・・
な、なんぢゃごるぁ・・・
一日あたり3750台も全国で予約されてんの。
この不況とゆーに。

確か、インサイトの時には受注18000台とか聞きましたが、恐るべしハイブリッド車+エコカー減税

家電のecoポイントもすげー人気とからしいのですが、やはりエコカー減税も大きいのですね。
ちなみに、諸経費とか考えると250~300萬しちゃう車が、数時間単位で「ほいほいはんこ押されて」予約されてるのは・・・

最近のニュースで、トヨタ大幅赤字とか出てましたが。
インサイトに対抗してLクラスをインサイトのLと同じに出してきたのが大きいのでしょうか。
クラスも同名にしたのはなにか魂胆がアルのかな(笑)
昨年時点で第二世代プリウスを3%価格値上げして、次に出る新型Lクラス245萬程度で出されていたらここまで受注が増えることはあったのでしょうか?

販売店の方曰く、「2代目プリウスが出たときも、正式発売前の事前受注でここまで来ることはなかったと逝っていましたし、近年でも実車を見ないで予約だけで4万台とか8万台なんて受けたこと無いので驚いている」のだそーです。

いったい、発表時(18日)に予約したら年明けには手にはいるのでしょうか(^^;
もっとも、第二世代(現行)プリウスも予約2~3ヶ月待ちなんて話を聞きましたので、ハイブリッド車人気は高いのでしょう。
確かインサイトも2~3ヶ月待ちですから。

まあ、ハイブリッド車と夏に出て来そうな電気自動車、それと家電のecoポイント制度などで日本経済が上向きになってくれれば良いですね。

アルミワーキングライト(無印良品)

いつも使っているツインバードのインバーターデスクライトが、点いたり消えたりするので、デスクライトを捜していた。
別に蛍光灯が悪いわけでなく、ケーブル若しくは内部のどこかの接点が悪いと思われます。
何回かデスクライトの裏側を開けるのですが、インバーターなので基盤があり単純なものでは無いらしい(汗)

とゆー訳で、買ってしまいました。

R0010275

箱です(゚゚ )☆\ぽか

R0010277

組み立て式になっております。

R0010278

シンプルだけど、良い感じのデザインです。

R0010279

こんな感じに伸びます。
でも、土台が半端ねぇ重いです(汗)
下手に持ち歩いて、落としたらまぢで足が壊れるか、床に穴が空きます。

無印良品って、まぢ高めなのですが(^^;
たまたま、無印週間だったのと、店内改装のため割引セールで30%オフ、カード利用でセゾン割引5%
と嘘みたいな割引で\(^o^)/


UCAM-DLG200Hでテレビ電話 (ELECOM)

世の中の進化はすごいもので(^^;
私が大学生の頃は、四畳半襖の(゚゚ )☆\ぽか
のアパートに共同炊事場と共同トイレ、風呂は無いので銭湯に隔日。おまけに電話は大家さんからの呼び出し。
と、今の世の中からは信じられないほどの生活。
さらに、先輩からいただいたモノクロ(白黒)テレビとゆーつましい生活をしていました(笑)

世の中は進んで、今では、ケータイ、アパートには光通信。なんと便利な世の中だ。
もっとも、支払をするのは親なんですけどねorz。

とゆー訳で。(゚゚ )☆\ぽかナガイ「

Cimg1634

WEBカメラを購入。って引っ越しにあわせて買ったから1ヶ月前ですが。
別に30万画素でも130万画素でも良かったのですが、比べたらそれほど価格差が無かったので。
とゆー訳で、1台は離れて生活している子に。
もう1台は我が家に。あと、VAIO typePにもカメラが付いているので、子どものアパートと会社と、どこでもつながるようになりました。

いやはや便利な世の中になったもんだ(^^;
最初ウインドウズライブを使っていたのですが、自宅のPCでバージョンアップしたら設定ができなくなってしまったので、今はスカイプを使っています。

ケータイ通話が家族間無料となっても、なんかあったときには、テレビ電話の方がわかりやすいですからね。
おまけに、このカメラが200万画素なので動画を大きくしてもそれほど荒れていないのが良いデス。

ただ、明るさに左右されるので明るいところで使用するか、カメラの向きを変えるなどが必要です。

1台はポイントでゲットしたので、財布には優しかった(^^;

All about LAMY 19 alu (FP:万年筆)

1998 alu ウルフギャング・ファビアン
stの派生デザイン。
アルミでできたとてもスリムな万年筆。
軸がアルミのだめとても軽い。

Cimg1886

ラフに使っても気にならない感じのもの。
一連のシリーズで特徴的なのは、首軸がほぼ共有のものを使用している。

基本となっているのがCP1か(^^;

Cimg1887

基本デザインがしっかりしているため、派生モデルを作っても違和感がないとゆーのが面白い(^^;

Cimg1888

もちろん、ペンとペン芯もサファリと共用なので、いろいろ取り替えも可能。
この辺をいじるときには自己責任で

Cimg9972

インクカートリッジ込みでも16.1gしかない。
万年筆は超ヘビーでなければという重量信者の方には物足りないと思われます。
逆に、コレトとか軽めのものを使っている人にはいいかも。
って、国内販売されたのか?(゚゚ )☆\ぽか


その他の同時期に発表されたLAMY製品

1999 twin pen IT ゲルト・アルフレッド・ミュラー
ツインペンの一つをスタイラスにしたもの。

Lighter HUG BAND(ライターHUGバンド)の別の使い道

綾しい小物屋さんで、何かに使えそうとひらめいて衝動買いしたのが・・・

Cimg1856

ライターハグバンド。(ライターHUGバンドと書かれているのもありますね)

これは何かとゆーと、たばこを吸われる方はわかると思いますが、たばこはライターあるいはマッチがないと火が付けられません(゚゚ )☆\ぽか
ライターを無くさないように、たばこの箱と一緒にしておくためのゴムバンドです(笑)
視覚的にもわかりやすいパッケージですね。
パッケージには、グッジョブプロダクトと書かれています。ふざけた名前ですが、こういうの好きです。

Cimg1861

外すとこんな感じ。

Cimg1862

ロディアNo11とUFOパーフェクトペンシルセット(^^;

Cimg1863

ニーモシネN193とUFOパーフェクトペンシルセット。

Cimg1865

モールスキンダイアリー(デイリー)だとかろうじてはまりますが、モールスキン自体に厚みがあるので、ちと苦しいです。

とゆー訳で、メモ帳と筆記具を組み合わせると、メモ帳はあるけど筆記具がないとか、筆記具はあるけどメモ帳がない。とゆー事態に陥ることなく使えます。
これから、暑くなり薄着になる時期が到来しますが、このライターハグバンドを使えば、暑い夏も乗り切れます(笑)

このくらいならゴムバンドでも対応できるかもヾ(^ )コレコレ

ステマガ5(ステーショナリーマガジンNo.005)

打合せに言った出先で昼食を取って、時間があったのでなにげに書店に行ったら・・・

Cimg1892

ステーショナリーマガジンのNo.005が出ていたので保護してきました。
どうもステマガと言い、趣味文と言い、ノトダイ(゚゚ )☆\ぽか ノートアンドダイヤリーと言い。
見かけたらつい保護してしまうという習性になっています。

文房具が1251点掲載されているとか。
良く数えましたね(^^;
確か初期の頃は、980点だから単純計算でも増加しています。

Cimg1894

ピンぼけでスマソ。
写真は、先日紹介したニーモシネシリーズ。
これ確かNo.003か004でも紹介していましたが、今回は大きめのが出たので特集なんでしょう。

Cimg1896

こちらもピンぼけでスマソ(゚゚ )☆\ぽか
黒系が背景になっているとなかなかジャスピンでは(゚゚ )☆\ぽか
別名、焦っていたともヾ(^ )コレコレ

えー、こちらは最近シリーズで紹介しているLAMYが載っていたので(^^;
そのほか多数取りそろえてございますので、興味のある方は書店へGo!


T社の誇大な表現と大人げない対応(笑)

物事を比較するとき、基本的には同じ条件ならびに同じ評価をするのがオトナの対応と思われます。
その上で、どちらが正しいかを受けてである人(この場合消費者)が判断するべきだというのが私ならびに一般の消費者であると思います。
確かに、競争相手がいる場合。特に営業さんなどは、「A社とくらべて、我が社はこれが優れている。」というプレゼンをするのが競争社会であると思います。
ま、時には相手の悪口を言って、自社の商品を買ってもらおうというのも、競争社会ではあると思いますが。

そんな中、気になることが・・・

Cimg1889

T社のプレカタログです。
上段がT社の独自のハイブリッド方式、T社さんではこれを(ストロングハイブリッド)と呼んでいます。
下段がT社以外のハイブリッド、T社さんではこれを(マイルドハイブリッド)と呼んでいます。
仕組みの説明は左側にあるのですが、こちらもいかがわしい説明ですが(^^;

どちらも世界に類を見ない先進的な技術を普及価格帯まで引き下げて発売しているのですから、もっとT社以外のハイブリッドも誉めてあるいは、正しい比較で勝負してくるべきだと思いますが(汗)
おまけに、排気量から車格からしてぜんぜん違いますからね(^^;
それ自体を比較するのはナンセンスだと思います。

Cimg1890

こちらが、T社以外のハイブリッド(H社のカタログ)ですね。

ここで、T社の説明の中で、姑息な部分があります。
(注:当社調べによる比較イメージとゆー表現が小さく載ってます(笑))
停車時・スタート時
この図を見ると、T社はすごく良いイメージで書かれていますが。ここで重要なのは、注釈が大きく本文中に書いてあるのがT社以外。
T社は、注釈を見えないくらい小さく書いてあります。
不公平ですね。
確かに、エアコンをしているとT社以外のハイブリッドは、停車時にはエンジンが止まりませんが、エアコンを掛けていないと、信号待ちの時には「すとん」とエンジンが落ちます。(あー落ちてしまうのではなく、停止するとゆー意味で(゚゚ )☆\ぽか)
ですから、これは正しくありません。

その次、左から2つ目の説明「通常走行時」
これも大きな嘘が書いてあります。
T社以外のハイブリッドでも、一定スピードで走っているとモーターのみで動く時があります。
ところが、この説明を見ると、「T社以外ではエンジンで走行。モーターのみの走行は、ほとんどできない。」とあります。
本当か(^^;
実際、ご乗車の方は「それはねぇだろ」と思う方が多いと思います。

加速時、減速時の説明は以下略(^^;

あからさまにT社が対抗心を燃やしているのが明白ですね。(爆)
落ち着いてみれば、誇大な表現がわかると思うのですが。

私が言いたいのは、一方の言い分だけ聞いて鵜呑みにするのではなく、双方の言い分。
あるいは実際確かめて選択するべきだと言いたいです。

それに踊らされず、じっくり選んだ上で購入するのが賢い主婦(主夫)だと思います。(゚゚ )☆\ぽか

All about LAMY 18 Accent (MP:シャープペンシル)

1998-2005 Accent フェニックスデザイン
グリップ部が交換できる斬新な筆記具。
国内では販売されなくなったが、欧米では未だに売られている。
グリップを変えることにより、筆記具のイメージが大きく変化するのもおもしろい。

定番のマットブラックとパラジュームコート以外に、1ランク上のエナメル塗装のものもある。
生産数は多いらしく、海外ではまだ入手が可能。

Cimg9723

写真は、上級モデルのエナメル塗装のシャープペンシル。0.7mm。

グリップはブライヤー仕様。
実は、仕様と塗装のクラスによって使用されているグリップのバリエーションがたくさんあるのがこのアクセントの特徴。

この仕様で重さは、28.2gもある(^^;
下手な万年筆よりも数段重いです。

これにプラチナ仕様のグリップを入れると非常に重い。しかし、存在感とバランスが絶妙で、濃いめの芯を入れると絶妙な書き味になる。
ぬらぬらさらさらと万年筆で書いているような感じになるから不思議である。

Cimg9726

LAMYのロゴは控えめになっています。
普及版を持っていないので何とも言えませんが、ラッカータイプのLAMYロゴはマットホワイト(つや消し白)となっています。

Cimg9727

ノック部のクリップには7と記載されていますが、これは欧米などの仕様と思われます。
0.7mmモデルですね。
国内では確か0.5mmの方が主流だったかと記憶しています。

Cimg9728

恒例の分解。
国産の同様のシャープペンシルだと、ペン先が外れるものが多いのですが、このアクセントは、ノックキャップを外して、胴軸を回して外す機構になっています。
すると、着せ替え用のグリップを交換できるようになります。(てゆーか、なりました(^^;)
たぶんもう生産されていないので、入手は難しいかと。

メカニカル部本体:13.5g
胴軸:11.9g
グリップ:1.9g(ブライヤー)
キャップ:0.9g

新型プリウス見た(^^;

5月9日(土)に、インサイトの試乗に行こうと家族で信号待ちしていたら、隣にキャリアカーが並列で止まりました。
なにげに見上げると、プリウスが2台。
やっぱ売れてるんだなぁと思って、よくよく見たら、目とおしりの形状が違います。
横のシルエットはそれほど変わった感じがしませんでした。

「お~っ、これ新型プリウスぢゃん」(@@;
同情する家族に、

「これだよ、これ。今度出る奴」
載せてあったのは、シルバーとレッドでした。
たぶん、近くにトヨタの配送センターがあったので、そこに収監するのでせう。ヾ(^ )コレコレ
家族曰く
「今のプリウスより、断然こっち(新型)の方が強そうに見える」(笑)
確かに、目が新型フェアレディZのような目をしていますから(^^;

インサイトの試乗を終えた後に、今度はプリウスに試乗しに行って(゚゚ )☆\ぽか
販売店員さんにそのことを伝えたら。

「あー、その赤は、たぶんうちが頼んだ展示・試乗用のだと思います」

とのこと。
残念ながらすぐにはいじれないようです。ヾ(^ )コレコレ

発表は5月18日。
店頭展示はたぶん19日か20日からとのことでした。

BIC40周年記念 限定4色ボールペン

黒い目玉おやじの人形で有名なおフランスのBIC社ですが、4色ボールペンを出して?40周年とか。

Cimg1879

丁寧に箱に入っています。
デザインは・・・私的にはあまり好きくないのですが(^^;

Cimg1881

国産の方が書き味やら新技術やらが入っていて、なかなかBICの4色ボールペンって使う機会が無いのですが(汗)
とても懐かしいデザインをしています。
てゆーか、小さい頃にはけっこう使っていましたが。(^^;

Cimg1882

何が珍しいかとユーと・・・
ノック部分を見て下さい。

Cimg1884

どこぞの温泉街のお土産屋さんにある10色ボールペンやら何十色ボールペンにありがちな綾しげな色。
最近では、コレトやスタイルフィットなど、着せ替え水性(ゲル)ボールペンがカラフルになっていますので、真新しくもなんともないのですが。
本家おフランス版温泉街多色ボールペン風が面白そうだったので保護してみました。
世界同時発売で、日本は限定2万本(爆)販売だそうなので、興味がある方は保護されてはいかがでしょ。(笑)

さて、いつ完売するのやら・・・

ジャンボうまい棒?とうまい棒下敷き

うちの子が、高校の部活の後輩達にお土産として持って行ったのがこちら。

R0010265

でかっ!(@@;
もう既に空なんですが(^^;
下に食べた空の通常版が(笑)

R0010266

じつは、普通のお店では買えないみたいです。

R0010268

それが二つも(爆)
綾しい雑貨屋さんで入手。

通常サイズのうまい棒が40本入
卒業した高校の部活の後輩は約60名ほどなので、2パックが必要でした。
残りの20本は同期生で山分けしたみたいで、食べ過ぎたらしく夜中に苦しんでました(-人-)合掌

で、うまい棒菓子だけだと思っていたら。

R0010269

A4サイズの下敷きが同梱されていました。(笑)

R0010270

こちらが裏面。
なんで、タイなのかよく分かりませんが(笑)

これを持って行った双子1号は、「A4なら要らない」とのことで、連休で帰省していた双子2号と私で山分けしました(笑)
A4サイズの下敷きってあまり売ってないので、助かりました。

ホンダグリーンマシン1号・・・・のおまけ(笑)

不況なのに一部のマシンだけが馬鹿売れしているとゆー、ハイブリッドカー。
ホンダのインサイトのおまけをいただきました。

Cimg1852

イメージキャラクターに採用された、スヌーピーさんです。(笑)

Cimg1855

大きさは3cmくらいか

Cimg1853

首がふらふらするヤシです。

会社で使っていた、元祖ステップワゴンがそろそろ買い換え時なので、買い換えたのがこちら。

Cimg1867

黒のインサイト。
社長が発表当初に頼んで、4月の税金無料にあわせて納車してもらったものです。
4月2日に納車なので、例の長期間乗っていた環境不適合車からの乗り換え特例(まだ法案は可決していませんが)は残念ながら適合されないようです。(-人-)合掌

Cimg1868

黒だと精悍ですね。

Cimg1869

私の大角羊(BIGHORN)も16年目に突入したので、そろそろ車も買い換えなければならない時期になりましたが、会社に先を越されてしまいました。(;_;)
同じ色のを買うのもなんなんで、新型プリウスが出たらどっちがよいか検討してみたいと思います(汗)

インサイトは後席の天井が超低いので、家族4人+親を乗せる車ではないかなと思い、シビハイ(シビックハイブリッド)に気持ちが傾いていたのですが、連休中に見に行ったら、後席はインサイトとそれほど違いがなかったのと、運転席からの死角が多すぎる、メーターからフロントガラスから遠すぎてうちの神さんは、私はこれ(シビハイ)なら絶対運転しない!!と言われてしまい(^^;

さて、プリウスとインサイトどっちが良いでしょう・・・って、(゚゚ )☆\ぽかカウノカ


All about LAMY 17 Al-Ster (FP:万年筆)

1994 Al-Ster ウルフギャング・ファビアン
現在でも定番の万年筆。
サファリの兄貴分的なイメージがあるアルスター(^^;

Cimg6087

単純にサファリをアルミでくるんだだけぢゃね?とか思うとびみょーに違う。
うちの子は、アルスターの方が好きと言っている。
その理由は、サファリだと安っぽい感じがするけど、アルスターは高そうに見える(^^;
ま、実際サファリと比べるとお高いのですが。

Cimg6088

アルスターは、キャップロック部が若干違うのでその部分を改造(組み替え)しないとサファリと交換できない。

Cimg6092

えーと、首軸と胴軸の部分にある黒いリングのとこね。

LAMY Spilit vs TOMBOW ZOOM 707

スピリットと来れば、我らがTombowのZOOMシリーズの爪楊枝(゚゚ )☆\ぽか
ナナフシ(゚゚ )☆\ぽか
とゆー訳で、ま、比べるまでもありませんが(^^;
ご笑覧ください。

Cimg9767

上から見たとこ。
大きさは、スピリットの方が5mmほど長い。

Cimg9768

斜めから見たとこ。
グリップに当たる部分はどちらも細いながら握りやすく、書きやすいようになっている。

スピリット :14.8g
ZOOM707 : 8.4g

持った感じ(感覚)では、スピリットの方が数段重く感じる。
とはいえ、一般的な万年筆くらい。

両方ともノック式(シャープペンシル)なのであるが、スピリットの方が長い分ノックはしにくい。(^^;
重量バランスはスピリット。
でも、両方とも細いのでなくしてしまいそう(汗)

All about LAMY 16 Spilit (MP:BP)

1994 Spilit ウルフギャング・ファビアン
とてもスリムな筆記具。
その製造工程もおもしろく、本体とクリップが1枚の板で構成されている。

Cimg9765

スリムタイプの筆記具としては、TOMBOWのZOOMシリーズもあるが、質感はスピリットの方が上。

Cimg9769

中身のメカ機構をのぞき、外側の軸は、1枚の金属の折りたたみによるもの。
工業製品と組み立ての遊びゴコロがある製品。

Cimg9771

先端は、一体型でニードルなどは出ない。
0.7mmが主流のLAMYにしては珍しい0.5mm

本体重量14.8g(メカニカルペンシル:シャープペンシル)
もっとも、ZOOM707と比べると一回り大きく重いため、使用する手帳を選ぶかもしれない。
あとは、重量バランスなどもあるので、興味のある方はぜひ店頭で試して貰いたい。

その他同年代のLAMY製品
1994 tri pen ゲルト・アルフレッド・ミュラー
今でも人気の商品。
1994年に発売されたとは思えないデザインのもの。

All about LAMY 15 Joy (カリグラフィー万年筆)

1992 joy ウルフギャング・ファビアン/スピーゲル
2008年、ピンククリップで発売され、女性に人気となったものの元祖。
発売当初のクリップは赤で、軸の黒と相まってとてもおしゃれなデザインのカリグラフィペン。

Cimg1674_2

すんません、画像使い回しっす(^^;
写真は女医ある(どっひゃ~(@@;byATOK)JoyALです。

1.1、1.5、1.9mmの線幅があり、独特の文字が書ける。
このカリグラフィペンには、先端にイリジウムなどがついていない。
書き味は、ミュージックニブと同様である。

Cimg1695

特段、カリグラフィー文字が書けなくても、太い字で気持ちよく書けばよろしいヾ(^ )コレコレ
別に自由ですからね。

ペン芯ならびに首軸はサファリ・アルスターと同様のものを使っているため、簡単に組み替えができるという楽しさもある。

詳細は、いくつかアルスターが紹介されているのでそちらを(゚゚ )☆\ぽか

その他のLAMY製品

1993-2000 st color ウルフギャング・ファビアン
stシリーズのカラー版。

1994-1999 linea ウルフギャング・ファビアン

リネア、st、alu・・・この辺は素材の違いだけで、大きなデザインの差はない。
ネーミング、柄のデザインで好みがわかれるところか?
てゆーか、売ってねぇし(^^;

1994-1999 unic ウルフギャング・ファビアン

デザインがまさにユニークな筆記具。
雰囲気的にはロットリングのシャープペンシル(ボールペン)に似ている。
機会があれば保護してみたい筆記具です。

1994-1999 Lady ウルフギャング・ファビアン
女性向けにデザインされたもの。残念ながらこれも坪にはまらなかった。
牛さん風のデザインがイケてますが(^^;
キャップにはクリップがなく、デザインも女性向け。
クリップがないのは、鞄に入れやすいようになっている。
ポッチがあるために、机の上でも転がり落ちない工夫がされている。
牛さん?豹さん?柄なので、やはり好きになれないなぁ(^^;

LAMY Swiftでジェットストリームアタック(゚゚ )☆\ぽか

デザイン、ギミック、重量バランスと三拍子そろったスイフト(not車)ですが、唯一の問題はローラーボールのインクの裏抜けが激しいこと(^^;
書きやすさは抜群なので、別に気にせずに使っても良いのですが、私が持っているノートや手帳でさえ裏抜けするものが多いです。

とゆー訳で、恒例の楽しい工作ヾ(^ )コレコレ
既に多くの方のサイトで紹介されているので、別段物珍しくもなんとも無いので、後半はおまけを付けております。
GWの合間、またーりと楽しんで下さい。

Cimg1713

用意するモノ。
三菱ジェットストリームのリフィル。SXR-10
10は太さ、私が買ったとゆーか持っていたのは1.0mmってやつね、他に0.7mmとかあったと思う。
多色ペンではない方にしてくださいね。(^^;

Cimg1714

見てわかるように、長さが若干異なります。

Cimg1716

まずその部分をカットします。
これだけでは使えないので加工が必要です。

Cimg1717

純正リフィルのM66を見るとびみょーに溝が掘られています。
これがどのように作用しているのかは分かりませんが(汗)

Cimg1725

火あぶりの刑にするとか色々やり方はあるようですが、私はカッターでちょいちょいとカットしました。

Cimg1724

こちらが比較。
なんとなく雰囲気出たかな(^^;

Cimg1726

そのままでは、ペン先部分に遊びが多いので、テープを適当に1周まわします。

Cimg1722

これでばっちり。
でも、ちょっとさらさらぬらぬらしすぎなので、万年筆よりは字が上手に書けないのが難点ですね(^^;
ま、元々字が下手なので余計下手になります。

注:お約束です。本ブログは改造を推奨するものではありません。
  改造した状況で筆記具本体に不具合が発生してもブログ作者ならびにメーカーは一切保証しません。
  真似される方は、自己責任でお願いします。

改造しないでそれなりの筆記状態を楽しめるようにする裏技?

Cimg1706

昨年文具ギョーカイでヒット商品となったのが、パイロットのフリクション。
こちらは、フリクションビズのリフィルです。
M66と並べるとなんとなく雰囲気がくりそつです(笑)
長さもあつらえたようにぴったり。

Cimg1707_2

ちょうど良いことに、フリクションビズのリフィルはおしりの部分にスリットが入っています。
これをそのまま差し込むとやはり口がね部分ががた付くので、テープを適当に回します(^^;

Cimg1712

だいたいこの辺。

Cimg1711

すると、無改造でスイフトに使うことができます(^^;

注:フリクションビズ並びにフリクションは、キャップ式ですので、この状態で使うとペン先が乾燥して
  しまって書けなくなる場合があります。てゆーか、書けなくなる確率が高いです(笑)
  あくまでも、こんな事もできたよ程度でご笑覧下さいヾ(^ )コレコレ


All about LAMY 14 Swift (RB)

1990- Swift ウルフギャング・ファビアン
現在でも人気のローラーボールペン。
1990年に作られたとは思えないほど洗練されたデザイン。

Cimg9667

ノックをすると、クリップが本体内に収納されるギミックが楽しく、意味もなく押してしまうもの(笑)
ばらしたことがないので、その機構がいまいちよくわからないが(^^;

Cimg1710

ノックをすると、自動的にクリップが本体内に収納される。
これ、考えたファビアン氏ってすげー
どうも、リフィルが斜めに収納されるようなシステムと思われる。

Cimg9668

重さは・・・25.5gと下手な万年筆よりは数段重いです。
これは素材によってびみょーに違うので注意ですが、私が持っているのは廉価版のブラック。

Cimg9672

リフィルは、どちらかとゆーとこってりタイプ。
真っ黒の筆記ができる。
水分が多いのか、フローが良いのかよく分かりませんが、書き味が良い割に、紙を選びます。
丈夫で厚手のロディアでさえ、ペン先が止まった所では裏に抜けます。

同時期に出たLAMY製品

1990-2005 Persona フェニックスデザイン
丸いデザインが面白い。
残念ながら私の坪にははまらないので結局買わなかった。

All about LAMY 13 logo ロゴ 三色ペン (油性ボールペン)

1983 logo ウルフギャング・ファビアン
サファリのファビアン氏がデザインしたもの。

こちらは、数年前まで、一部輸入品を扱う店などで売られていたものです。

Cimg1768

ロゴのデザインはそのままに、3色ボールペンとして使えるように組み込まれたモノです。
よくわかりませんね(^^;

Cimg1769

拡大してみました。
LAMY2000同様に、振り子式で使いたい色が出るようになっています。

Cimg1771

こちらが赤。
マットブラックでクールなデザインのものです。

Cimg1774

多機能ペンをいくつか使っているので、こちらにはスタイラスペン。
蛍光オレンジを入れています(^^;

Cimg1777

こちらのLOGOは全体的に廉価版仕様なので、LAMY4PenやLAMY2000と差別化されているようで、首軸は樹脂でできています。

LOGO三兄弟

Cimg9992

シャープペンシルの径が一番細いですね。
ちなみに、LOGOのトライペンは、25.8gとけっこう重いです。
本体部分が金属(たぶん真鍮)だからかも知れません。


All about LAMY 12 logo ロゴ MP (シャープペンシル)

1983 logo ウルフギャング・ファビアン
サファリのファビアン氏がデザインしたもの。

Cimg1746

この特徴は、ノックをすると本体内にノック部が組み込まれること。
注:スイフトのように収納されるのではなく、指胴軸に入るのですね。
生地を傷めないように、クリップの先端にローラー?ベアリング?が入っていて、ノックする時に回って軸を傷つけないようになっている。

Cimg1748

つい最近、樹脂タイプのlogoが国内でも発売されるとアナウンスがありました。
こちらは昔のもの。

Cimg1749

首軸から先端は樹脂になっているので、cp1と比べたら廉価版であることは否めませんね(^^;

Cimg1750

ノックするとニードル部分が出てくるので、普段持ち歩くときには一つ上の写真みたいになっているので、先端部は保護されています。

Cimg1754

クリップ部にはボールが内蔵されているので、シャツのポケットを傷付けることなく、出し入れもスムーズにできるようになっています。

Cimg1755

LAMYのロゴもさりげに入っているのでおしゃれです。
cp1と比べるとどちらかとゆーと、学生さんやカジュアルに使える一本です。

特にこれから国内で発売されるLOGOは、オレンジやブルーの軸なのと廉価版なので、気軽に持ち歩けるシャープペンシル・ボールペンになります。

このほかのLAMY製品

1984 TwinPen ゲルト・アルフレッド・ミュラー
cp1ベースのデザインで回転式の多機能ペンの走り。
でも持ってない(汗)
てゆーか、何個も多機能ペンは持っているのでいらねーかと(^^;

1984 unic ゲルト・アルフレッド・ミュラー
ユニーク、デザイン的にはロットリングのデザインに近いものがある。
機会があったら入手してみたいもの(^^;

1986 linea ウルフギャング・ファビアン
stシリーズと同様のデザインを素材や色使いを替えて作っている。

1987 abc ウルフギャング・ファビアン
いわゆる、サファリ入門の前のお子様が使う、かきかた万年筆。
木の質感が良い感じ。
だけど持ってない(^^;

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ