« VAIO typeP VGN-P70H/W(その5 ソフトインストール編) | トップページ | VAIO typeP VGN-P70H/W(その7 ケース編) »

VAIO typeP VGN-P70H/W(その6 キーボード編)

肝心なキーボードの紹介が(^^;
デモ機を見ればわかりますが(゚゚ )☆\ぽか

Cimg1288

コンパクトサイズのtypePですが、絶妙に打ちやすいキーボードとなっています。
市販車無改造クラス(゚゚ )☆\ぽか
なので、ごく普通の日本語キーボードとなっています。
ソニスタでカスタマイズすると英語キーボードも選択できますが。
ま、英語キーボードにすると特殊記号類に慣れるまで時間がかかるので良しとしましょう。
(負け惜しみ(笑))

Cimg1283

F通のルークスと違って、Enterキーが大きいのがいいです。
UMPCの中には、中央部のキーは標準なのに両端に行くに従って、2/3位に圧縮されているマシンがありますが、こちらは、上を除いてほぼ共通の大きさになっています。

Cimg1284

キー左側。
Ctrlキーが一番端にあるのがいいです(^^;
この辺はメーカーによって異なりFnキーが一番端にあるマシンなどもあります。
それしか使わなければ良いのですが、会社用やら自宅用、持ち運び用など多数のマシンを使い分けると、Ctrlキーを押しているつもりが、Fnキーを押してしまっていたりと、ストレスの原因にならないのが良いです。

最近のVAIOの流行と思われますが、キーボードのキーが一粒ずつ分離されています。
これもミスタッチを防止するためにはちょうど良い隙間です。
いきなり大量の文章をブラインドタッチしても取りこぼしやミスは少ないのがいいです。

ポインティングデバイス

Cimg1291

ポインティングデバイスは、私的にはThink PadやLibretto、U1などなじみが深いので、好きなデバイスです(^^;
最近ではタッチパッドが主流になっていますが、トラックポイント(゚゚ )☆\ぽか
は、良いです。
このスティック部分ですが、本体カラーに合わせて、色が違うとゆー、凝りよう。

粒は小さいですが非常に使いやすいです。
キーを邪魔するものでもありません。

Cimg1292

マウスの左右のボタンと中央のボタンが使えます。
中央ボタンはあまり使わないのですがヾ(^ )コレコレ

あと、デフォルト設定では、スティックを押すとタップしたような反応をしてしまいます。
カーソルを移動させるつもりがソフトが開いてしまうという経験を何度もしたので、この機能は殺してしまいました(汗)
これは、設定で感度を変えることもできます。


« VAIO typeP VGN-P70H/W(その5 ソフトインストール編) | トップページ | VAIO typeP VGN-P70H/W(その7 ケース編) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

type Pのキーボードは何度も触ったことありますが、ほんとによくできていますよね。感動してしまいます。さすがそにー。

しかも右側にAltキーがある。これがないメーカーが結構多い。

で、ちなみに自分のLinuxマシンは両サイドにCtrl&Altがほしかったので、英語キーボードにしました。これがないとLinuxはつらいですから(汗)

としゆきさん
言われてみれば、確かにAltキーは
右側にないものが多いですね。
私は左を多用していたので、あまり
気にしたことがありませんでした(^^;
ただしCtrlはよく使うので右には
欲しいです(笑)

くるくるのポインタさんにはなじみのないタッチパッド世代の私です。
ポインタさんでも使えるようになるのかなぁ。
タッチパッドがあれば、(A4ノートでも)マウスを使わなかったのですが…

pikoさん
すぐになれますよ(^^;
ま、レーザーマウス(ブルートゥースか
無線)を使えば問題ないし。
自分は、色々なマシンを使ってきた(いる)
ので、どのポインティングデバイスでも
それほど時間かからずに慣れることが
できます。

なんかこう、ノートにマウスを持つのが面倒というか←どんな状況で使っている?

それに、手をやられてるから電源内臓の重いマウス苦手なんです。かといってUSBをマウスくんに使えるほどの余裕はない…

キーボードは、ほんとこの重さでこれだけ打ちやすくしたのはすごい。
半角・全角の位置だけがイマイチだと思いますね。
ポインティングデバイスはほんと感度が良すぎますが、タッチパッドを廃して搭載はうれしい。
世の中の人にはキーポジションから手を離さなくていい快感を覚えて欲しいです。
※LOOX Uのあの位置のポインティングデバイスはイマイチでした。

pikoさん
電源内臓とは言え、私が使って
いるのは70gほどですから。
ってゆーか、昔プレゼン用に買って
あまり使っていなかった電波式の
ものならそれほど気になるもので
もないと思いました。
普段はポッチを使っていて、複雑
な作業はマウスでって感じで、
使っています。

dawnpurpleさん
確かに、キーボードは秀逸です。
無理矢理詰め込んだ訳ではないので
昔のU1のように、変則キーではない
ので、違和感なく打てますし。
全角/半角キーって、使わないから
分かりませんでした(^^;
FEPをカスタマイズして、いつも変換
キーでオンオフしています。
いちいち全角/半角キーを押すのは
面倒なので。
LOOX Uも、前に投げ売りされている
のをdawnpurpleさんのブログで知りま
したが、Enterキーとポインティングデ
バイスで、結局買うのをためらいました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/44260136

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO typeP VGN-P70H/W(その6 キーボード編):

« VAIO typeP VGN-P70H/W(その5 ソフトインストール編) | トップページ | VAIO typeP VGN-P70H/W(その7 ケース編) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ