« エネループ懐炉 KIR-SL1S(その2) | トップページ | ATOK2009 »

Moleskin CityNote KYOTO

モールスキン・シティノート東京編が意外と使えそうだったのと、お値段が東京に比べて安かったので、・・・
勢いで(゚゚ )☆\ぽか
京都編です。

Cimg0657

表紙は同じだし、ロゴもTOKYOとKYOTOって似ているので、二冊お持ちの方は間違えないように。
ちょっと見ようと思って並べてあるものを引き出したら、・・・
別の都市だったなんてこともありましたからヾ(^ )コレコレ

Cimg0660

京都は東京と違って、意外とあっさりしています。
そもそも碁盤の目状になっているので把握しやすいですね。

Cimg0661

路線図は、東京編と異なり、見開きで日本語と英語が見えます。

Cimg0662

地図の西外れは、金閣寺まで。なので竜安寺とか仁和寺までは載っていません。
もっとも、金閣寺からそれほど離れていないので、簡単に行けるからいっか。(^^;

Cimg0663

道路もちょーあっさり。
ランドマークとゆーか、ごちゃごちゃしていないので、東京編とくらべても非常に見やすい上にわかりやすくできているような気がします。

京都編の重さ 184.7g
東京編の重さ 173.4g

何で京都の方が重いのかがいまいちよくわかりませんが(^^;
ちなみにシティノートの紙質は、従来のモールスキンと違っています。
まず地図部分はマットコート系の紙のように感じます。
メモ部分の紙も薄めにできています。
また、モールスキンの紙独特のかほりもしません(笑)

« エネループ懐炉 KIR-SL1S(その2) | トップページ | ATOK2009 »

手帳・ノート・メモ帳」カテゴリの記事

コメント

京と地図はあっさりしていますねえ。まあ京都は通り名が合理的に付けられているので住所さえ知っていれば目的地には到達しやすい判りやすいから、地図も簡単で良いんでしょうね。
東京編の時も今回も疑問に感じたのですが、誰を対象としてこういった都市編の手帳が作られているんでしょうか。

やまかんさん
基本的に外国人旅行者向けでしょうね。
ただし、基本的にどの国のシティノートも
自国の言語を入れてあるので、自分たち
も使えるようにしてあるみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/43899953

この記事へのトラックバック一覧です: Moleskin CityNote KYOTO:

« エネループ懐炉 KIR-SL1S(その2) | トップページ | ATOK2009 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ