« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

当たった~・・・(^^;

昨年9月に区叔母ディス(byATOK2009)もとい、クオバディスビジネスの中身を買ったら、アンケート葉書が付いていました。
たしか、切手は要らなかったから出したのか?その辺の記憶が(^^;

ま、ユーザーアンケートだったかと。何年使ってるとか、どのサイズ使ってるとか・・・
要望みたいなのとか・・・
出したことすら忘れていましたが・・・

Cimg1411

先日家に帰ったらなにげに重い封書が来てました。

Cimg1412

おお~、そういえば葉書だしたっけ・・・と、この時になって思い出しましたヾ(^ )コレコレ
抽選で何十名か?若干名か忘れたけど、なんかくれるのか(^^;

Cimg1417

ちゃんと、当選しましたぁ~って書いてあります。
ま、表紙のラベル見たときに当たったとは分かりましたが(汗)

Cimg1419

ロディアの匣もとい箱に、△の部分から見えるのは、クオバディスのロゴ。
そもそも、クオバディスとロディアとクレールフォンテーヌは、同会社ですからねぇ。

Cimg1421

出してみるとこんな感じ。
薄いブラウン。
でもって、普通のビニールカバーとは違うようです。

Cimg1422

開くとロディアのロゴが刻印されています。
ちゃんと、端が縫製されているし。
人工皮革かビニール系の香りがしますが(^^;

いけね、肝心のサイズを書いてなかったわ。
サイズはNo11ですので、ポケットサイズですね。
残念ながらペンホルダーは付いていません。

Cimg1423

昨年のビジネスモデルと並べてみました。
名称は知らないけど、このカバーと同質の素材のようです。

いやぁ~、アンケートって出してみるモンですね~
。水野晴郎氏風にヾ(^ )コレコレ
でも、運を使い果たしたかも(;_;)☆\ぽか

ファーバーカステル値下げ

文具屋さんの情報によると、ファーバーカステルの商品が大幅に値下げされるようです。
情報によると、「大勢の方に使っていただきたい」ので値下げするとのこと。

もっとも、グラフフォンファーバーカステルの商品は、そもそも元が高いですからねぇ~。
でも、パーフェクトペンシルが6万円台が4万円台になるとゆーことは・・・
それでも高いか(汗)

CaminacsW 試用版の感想

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

全体的に見て、この手の分野はPCメーカーや光学機器メーカー、コピーメーカーが得意分野としているところなので、文具の大手メーカーのコクヨさんが作っていると聞いてはじめは意外でした。
お借りしているものなので、分解するわけにも行かず(゚゚ )☆\ぽかあほ
エンジン部分やパーツ類がどうなっているかは、例のスケルトンモデルを見ただけなのでなんとも言えませんが(^^;

モノとしては、A4サイズが出ているだけあって、こなれたモノになっていると思われます。
しかも、A3サイズのドキュメントスキャナーは一般的に30万円台であって、そこに10万円前後、たぶん実勢では10万切る値段で参入してくれたことは大いに評価できます。

今回使用したものが評価版とゆーことなので、製品版とは違うものなのか。
ソフトや内部エンジンのアップデートで対応できるのか分かりませんが、気になったことを少々。

Cvm001__1

複数枚の資料を一括読み込みする場合、全面に色が付いたモノは、不思議な切れ方をする場合があります。
以前紹介した、全面カラーの名刺、あるいは色刷りのある名刺などにおいても同様傾向が見られました。

1枚だけ単独で読み込ませたら・・・・

Cvm2009022216015301

今度は、ちゃんと認識してくれました。
どいういタイミングで読む読まないがあるかよくわかりませんが・・・

■良いところ
ただし、ドキュメントスキャナーのとしての機能が悪いわけではありません。
なによりもいいのは、誰でも手に入る市販クラスのフラットヘッドスキャナーでは1枚ずつ蓋を開け閉めして読み込ませなければなりませんが、このマシンだと、一括読み込みが可能で、しかも一つのファイルとして保存ができるのが良いです。

●値段が安い

●操作が簡単

●高速でPDF変換してくれる

●A2が1回で読み込める

●A4・A3混在ファイルを読み込んでPDFにしてくれる

■改善してほしいこと

●全体塗りの画面に弱い
上記の読み取り欠けの発生防止。

●OCR機能の向上
OCR機能の向上・・・これは他社さんのソフトに寄るか(^^;
それか、もっとエンヂンの良いOCRソフトを同梱してもらうとかヾ(^ )コレコレ

●アクロバットに支障が(^^;
どのソフトが影響したかわかりませんが、Caminacsに入っていた一連のソフトをいれたら、普段使っているアドビアクロバットV8が変換できなくなってしまい、再インストール(修復)が必要になったことでしょうか。
これは何が原因なのかわかりません。
追跡もしようがないし。
今は問題なく使えるようになったので気にしていません。

■総評
全体的に見て、買いのマシンでしょうか。
あー、個人的にこの値段は辛いので、会社にでも買わせようかと思っています(゚゚ )☆\ぽか
社長も興味を示していました。
個人的に買うならA4サイズ版でいいか。気軽に買えそうな値段だし(汗)

おわり

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...


  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

みんぽす

BIC HOLDER PEN For ORANGE

あまり、普及タイプのボールペンは使わないのですが(汗)
面白そうなので買ってしまいました~(゚゚ )☆\ぽか
ま、25%オフだしヾ(^ )コレコレ

Cimg0995

BICと言えば、オレンジ軸のボールペンか使い切りライターを思い浮かべる人が多いと思います。
私も、小さい頃にこのオレンジ軸のボールペンのお世話になりました。
BICは、おフランスのメーカーで、黒目玉おやぢのマスコットヾ(^ )コレコレ(名前知らね)でも有名ですね。

Cimg1002

一回り大きな筒になっています。

Cimg1000

単体での重さが、5.8g

Cimg1001

外の筒が6.7g
外の方が重いです(^^;
あわせて12.5gと、普及型の万年筆の重さと太さ(11.0mm)になるのが良いデス。
ケースなしだと、鉛筆とほぼ同じ。7.3mmになります。

Cimg1005

着せ替えすると先端はこんな感じ。
個人的には、以前紹介した、BICのBriefingよりもこっちの方が滑らかで書きやすいです(^^;


CaminacsW A3(コクヨ) A2スキャン編

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

机においても非常にコンパクトなCaminacsWです。A4ファイルサイズ+45mmの幅しかありません。
ですから、お借りしている間も、いつもデスクトップに置いています(^^;

それほどコンパクトなサイズですが、オプションのキャリアシート(NS-CAS2)A3サイズを使うことによって、A3×2、つまりA2サイズが瞬時にスキャンでき、PDAやJPGなどに変換してくれる優れた面もあります。

キャリアシートは、いわゆる昔でいうOHPフィルムみたいなもののちょっとマット超のものです。

Cimg1258

キャリアシートを使う場合は厚みがあるため、スキャナーを開けて紙送りを調整する部品を外す必要があります。
写真は外してしまったものですが(^^;
手前の白いくぼみ部分です。
ちなみに、A2でスキャンする場合は、前後にスキャン用の読み取り面があり、一度に読み込んでくれます。

Cimg1256

これが外した部品。
グレー部分がゴム状の物体になっていて、紙送りの際に一枚ずつ自然に送れるように調整するための部品です。

スキャンを開始するにあたっては、以前紹介したCaminacsWアシスタントメニューの一番下のA2スキャン。
を選びます。
A2とゆーと、新聞紙1枚(1頁分)の大きさですね。

設定したあと、読み込ませます。

2009022119111301

最初JPGで読み込ませたら、上下が逆さまになって読まれてしまいました。(^^;

2009022119123701

グレー値で読んだもの、PDF化したものをアドビアクロバットV8でJPG変換したものです。
色調等無調整(リサイズ+圧縮のみ)

2009022119142001

次の絵は、色調をオートにしたもの。
紙の上下は折り部分があるため、自動で隙間があるようになっています。
参考:新聞は日経流通新聞

こんな大きな紙が読めるのがすごい(^^;
地図(白図)やもらった青焼きの図面なども読ませてみようかなぁ~ってな感じになる。
もちろん、上下の隙間があるので、これから更にOCRで読ませてなんてのは無謀ですので、その場合は必要な場所のみ切り抜きで読ませた方が正解です。

ちなみに、新聞や雑誌などの切り抜きをスキャンする場合も、このキャリアシートを使わないと読み込みの際に破れてしまう可能性もあるので、注意です。

続く

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...


  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

みんぽす

BLIND BOOKMARK (ブラインドブックマーク)

私にはあまり縁のないものですが。
子どもに頼まれたので買ってみました。(^^;

Cimg1226

一見、何の変哲もない黒い物体。
あーフィルム状のものですね。

Cimg1228

出してみました。
これでもあまりよくわかりませんね。

Cimg1229

正面から見ると、透けて裏の状況がよくわかります。

Cimg1230

ところが、斜めから見ると黒いまま。
これがブラインドブックマークたる所以(ゆえん)です。
たぶん、フィルム状の物体に偏光機能が加わっていると思われますが、その辺は開発者ではないので(^^;

最近若い子とゆーか、中高生に流行っているらしいライトノベル
子ども達曰く、ラノベとゆうらしいのですが(^^;

このラノベ(なんか変(^^;)、いわゆる萌え系のイラスト満載らしいのですが、これが原作となってアニメ化されるものも多いとか。
逆にアニメやコミックをノベライズするのもあるのかな?もけっこう若い人に売れているらしい。

少し前に活字離れ云々が取りざたされていますが、このラノベブームで、また本を読む人が増えているとか。
そこで、問題になるのが、電車や茶店などでこのラノベを読むときに、萌え~なイラストが入っていると少々こっぱずかしいらしいのです(笑)
確かに、言えてるかも。

とゆー時に、このブラインドブックマークを使えば、小説を読みつつ、そのシチュエーションにあったイラストを本人だけは見る事ができるとゆー事で、若い子達に密かに売れているとゆーことのようです。

おぢさんにはついて行けない世界だわ。

とゆー事は、無不不な挿絵入りの小説もいいぢゃん(゚゚ )☆\ぽか

参考までに、イラストではなく、子ども達の間では、挿絵を描く人、→絵師とゆうらしいです。
おぢさんたちが、絵師とゆーと、江戸時代に浮世絵の元絵を描く人。すなわち東洲斎写楽や喜多川歌麿、葛飾北斎などを思い浮かべてしまうのはやはりおぢさんの証拠なんでしょうね。(汗)

私的には、表紙のカバーを剥いて、どこでもそのまま読むとゆースタイルがいっちゃん好きなのですが(^^;
ま、こおゆうブックマーク(しおり)があってもいいかも。

しおりまにあのZEAKさんでした。
なんか、うちの2号は私の血を引いてますな(^^;

ちなみに、この商品は伝票で有名なヒサゴの新ブランドだそーです。
それにしても、各社色々頑張ってますねぇ~。

CaminacsW A3(コクヨ) 名刺管理ソフト編

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

このCaminacsWには、名刺スキャンと管理ソフトが入っています。
どこまで使えるか、実験してみました。

Meishi01

読み込んだ名刺は、自動的にOCRにて変換して、適正な位置に配置をしてくれます。

Meishi02

写真1と2にあるような、いわゆる普通の配置の名刺は、ほぼ適正な場所に、誤変換も少なく、適正に配置をしてくれます。

Meishi03

前面(^^;全面フルカラーの名刺の場合、なぜか知りませんが、角が削れてスキャンされます。
注:もしかしたら評価版だからとゆー、可能性もあります。製品版では改善されていると思います。
変則的な名刺になると、変換が弱ります。
まず、名前と名字が逆転している上、名前が中国人のような変換をされてしまいました。
役職と、住所もびみょーに間違ってるし(^^;

Meishi05

こちらは、名前が完全によその国の名前になっております。(^^;
住所も・・・綾しいっす。
あと、上に線が引かれているのですが、線も半分切れています。

Meishi04

同じ名刺を2回読ませてみました。
今度は、誤変換もなく、それなりに適正な配置になりました。
が、住所の番地部分とビル名なども表示されていません。

楽しい変換をしてくれるので、あくまでも補助的なOCRと見た方が良いです。
このソフトの良いのは、名刺と連動しているということですね。
こうすると、インパクトがあるので、捜すのが楽です。
テキスト化されてしまうと、キーワードで瞬時に捜せるのですが、会社名も名前も思い出せなくて、派手な名刺~とかいうイメージだけでも捜せます(笑)

ソフトによって修正はできます。
編集すると、画面右の名前欄にチェックが入ります。
完全に当てにするのではなく、割り切って使うのが正しい使い方だと思います。
ちなみに、名刺も定型デザインのものばかりではなく、最近では地元紹介の絵入り葉書とか、絵に地名や施設名などが印刷されているものなど、多様化しています。
面白いのは、その名前が名刺本人の欄に登録されてしまって、本人の名前が出てこなかったり、会社名が本人欄に入れられてしまうなどがありました。
ま、バージョンアップしたり、OCRのエンジンが変わることでもっと制度は高くなると思います。

続く

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...


  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

みんぽす

CaminacsW A3(コクヨ) 使用編

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

Cimg1051

さて、本体はあのくらいしか説明が(^^;
とゆー訳で、気を取り直して。
あー、取説は折りたたまれているあっさりしたもの。
インストールCDにドライバーとソフトが入っています。
お借りしたのは、ビジネスパックモデルとゆーことで、仕事に使えそうなソフトが入っています。

ビジネスパックには、
CaminacsWアシスタント(簡単メニューで設定ができるソフト)
さくっとファイリング(ファイリングと管理ソフト)
クセロリーダー(某A社のアクロバットみたいなものですね)
Presto!BizCard(名刺管理ソフト)
エコぷりんと2 インク&ペーパーセーバー(トナーの消費量を減らす優れものプリントアウト時に出力先を指定)
瞬間PDF Plus
があります。

あとは体験版でいくつかソフトが付いています。こちらはおおむね30日限定の製品版だと思われます。
(あー、入れてないので(汗))

もちろん、インストーラーには、入れたいソフトをチェックする欄があるので、使わなければそのままスルーしてもかまいません。

Cami1

タスクバーにあるスキャナーのアイコンをクリックすると初期画面が出てきます。(上)
この中から、行いたいメニューを選択すると・・・

Cami2

設定画面が出てきます。
ファイル名、保管場所など色々細かな設定ができます。
スキャンする時間はあっとゆー間。

Cami3_2

時々バッファーにため込んだスキャンデータをPDFに変換する作業が入るので、読み込みが中断することがありますが、思ったより高速で読み込み変換をおこなってくれます。
ちなみに、欲をかいて150枚くらいの資料を1ファイルにしようと、次々に詰め込んでいったら、エラーになってしまいました(゚゚ )☆\ぽか

資料は、章ごととか、会議ごとなど少しずつ変換した方が良いですね(^^;

続く

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...


  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

みんぽす

CaminacsW A3ドキュメントスキャナー(コクヨ)

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

以前紹介したコクヨの新製品セミナーで見た、ドキュメントスキャナーをお借りすることができましたので、紹介します。

Cimg1036

箱は非常に小さいです。縦横高で83サイズ(笑)
発売前の商品なので、「デモ機」のシールが貼られています。

Cimg1040

中身はあっさり。
本体、ACアダプター、USBケーブル、インストールCD、薄い取扱説明書が入っているだけです。
この手のパソコン周辺機器だと分厚いマニュアルが何冊かあるのが定番ですが、この辺からして、「紙無くす」の発想が出ていますね。
ま、もっとも電源をつないで、パソコンにUSBケーブルを挿すだけなので、とりたてて詳細なマニュアルは要らないでしょう。

Cimg1044

正面から見て左手に電源とUSBケーブル用コネクタがあります。
そのすぐ右下には、盗難防止用のケンジントンキー用の穴が開いています。
小さいものだけに、この配慮はいいですね。

電源スイッチはありません。

Cimg1046

電源は、蓋を開けることによって、オンオフが切り替わるようになっています。
この辺も、いいです。
プリンターもそうですが、意外と電源を切り忘れると言うことは多いです(^^;
蓋の開閉で電源が入るのは安心です。

Cimg1047

もう一つ工夫されているのは、一回のオープンで、給紙部と排紙部の蓋が一度に開くことです。

Cimg1048

じゃ~んヾ(^ )コレコレ
この状態で、電源が入ります。

Cimg1049

正面から見たとこ。
画面右手のグレー状の○は、電源スイッチではなく、スキャンするためのスタートボタンになります。
下のトレーは、自動ではなく手動で引き出します。
もちろん、A3対応なので、背面にも同様にスライドトレーが手動式で出てきます。

続く

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...


  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

みんぽす

ドーナツ、キャラメル風味?

もう既にお持ちの方も多いと思いますが。

Cimg1021

うまそうな・・・(^^;
ドーナツ
最近は、私揚げ物系と油もの系に弱いので、ケーキやドーナツはあまり食べなくなりましたが。
これは、すぐに飛びつきました。

Cimg0988

住友3Mのスコッチ・メンディングテープ ドーナツです。

メンディングテープと言えば、デザイナーさん御用達。とゆーことで、発売以来欠かしたことがありません。
ちと高いのが難点ですが、セロハンテープのように一定期間過ぎると劣化して変色することはあまりなく、コピーしても目立たないとゆー点から重宝して使っています。
もっとも、デザインはほとんどパソコンに変わってきたので、メンディングテープの出番も減っていますけどね。

何種類か色があるのですが、いちばんドーナツっぽい色にしました。

Cimg1025

白い部分が、テープを開けて使う蓋になります。
じつは、この蓋とても考えられていて、・・・・

Cimg1024

蓋をあけると、テープが自然に出てくるのですねぇ~、不思議ですねぇ~。
普通、テープが中に入ってしまってテープの部分がわからなくなってしまったり、開けにくいなんてことがあるのですが、蓋を閉じるとき自然に中に収まるようになっています。

Cimg1023

中は、こないになっておりますぅ。(^^;

Cimg1022

純正は、12mm幅なのですが、幅広の18mmタイプもあります。

ドーナツだけに、ミスドあたりでキャンペーンツールとして使われるなんて情報もあったりします。
興味がある方はアンテナ高くしておくれやす。ヾ(^ )コレコレ


東京文具・デザイン雑貨店巡りPart3

さて、最終日。
この日はあちこち忙しかった(^^;

某お茶の水で子どもと別れ、また時間調整。
昼までなげーわ。で、目的地近くの某茶店で粘る(^^;

Cimg3779

お茶の水といえば、文房堂さんと金ペン堂さん、美篶堂さんですね。
とゆー訳で、巡回。

その後、試験終了まで時間があるので、また銀座に行きました~ヾ(^ )コレコレ

プランタン銀座のSCOSに寄って、定番の伊東屋さんは1月に行ったばかりなので、上からだらだら~と一気に駆け下り。
ペンクラスターさんへ。目の保養。
残念ながら、ユーロボックスさんはお休み(;_;)

その足で、・・・

Cimg3819

あまり縁がないとゆーか、初めて月光荘さんに行きました。
こちらは画材専門なのですが、スケッチブックとか鉛筆とか画材バッグとかオリジナルのものを扱っているので一度顔を出すといいですよん。
でも、バッグ高いけどね(汗)
近くにあるモンブランショップは、見るだけ。
どうも敷居が高くてあかん。あれでは筆記具ではなく、装飾品ですね。
最も、MBさんもブランドを目指しているので、筆記具ではなくポケモンですな。ヾ(^ )コレコレ

Dsc00242

締めは、1月に寄ったらお休みだった五十音さん。
定期的に行かないと商品が変わってますから(^^;
前回は漆塗りなど高価な鉛筆しか無かったのですが、今回はリーズナブルがものがちらほら。
残念ながら店長さんは居ませんでした。

とゆー訳で、慌てて子どもと合流して帰路につきました。
とゆー中で不思議な事が(^^;
夜食事に行こうと秋葉某面に向かって食べ物やさんを捜しながら歩いていたら、私の仕事関係の人とばったり。
(^^;
また帰りの高速バスでも今度は別の人とばったり。
世の中広いようで狭いですねぇ。

戦利品は追々。(゚゚ )☆\ぽか

東京文具・デザイン雑貨店巡りPart2

さて、中3日置いて、今度はうちの子1号の受験日が来ました。
今度は受験地が集中しているので、滞在か所を1か所にして連泊。
お安い宿で3泊。

初日はいかんせん、超離れた所が受験会場なので、受験地近くにはそもそも時間をつぶす場所がない。
普通駅前にはドトルやスタバやらありそうなものですがそんな雰囲気はみじんもない。
仕方ないので某ファミレスに入り、モーニングだけで6時間粘りましたぁ~(゚゚ )☆\ぽか
生まれて初めての体験です(^^;
最も、その間パソコンで仕事していたので周りの動向は気にせずにヾ(^ )コレコレ

二日目は試験がないので、子どもを置いて、御徒町の怪しいアメ横万年筆店巡り。(^^;
ま、すぐ終わっちゃったので、自分もホテルで仕事。

三日目、ちょっと離れて世田谷方面が受験地だったので、子どもを駅まで送って、おいちゃんは渋谷へ。
これまたドトルで時間調整。この間仕事(^^;

渋谷~青山~表参道って、銀座同様に文具店やデザイン小物店が集積しているので助かります。
とはいえ、けっこう歩きましたが(^^;
一駅二駅は無問題。
いつも銀座界隈しか歩いていなかったので、道を誤り(^^;
線路沿いを表参道まで行ってしまいました(゚゚ )☆\ぽかあほ
とゆー訳で、予定していたルートが反対。
最初に向かったのが、アシストオンさん。

Dsc00220

撮影禁止と書いてあったので、店の出入り口から看板(^^;
ここは文房具屋さんではないけど、デザイングッズが多いから。
続いて、表参道ヒルズのデルフォニックス、向かいのMOMAショップ。

青山のスパイラルマーケットに寄って、書斎館へ。

Pict0037

書斎館って、ちょっと敷居が高い感じなんですよねん。(^^;
女性ばかりとゆーのもなんか話かけにくいですね。(汗)

でも、買う気があれば店員さんに話しかけるとすぐにフレンドリーになって盛り上がりますヾ(^ )コレコレ
あー、万年筆は買いませんよ(^^;
自分が持っていた万年筆やら、例のミシュラン謹製モデル手帳やら、お披露目会で(゚゚ )☆\ぽか
色々話をして盛り上がってしまったら、お茶までいただいて(笑)

いけね、長くなったので続きます。

東京文具・デザイン雑貨店巡りPart1

さて、第一弾は2月第1週。うちの子2号の番です。1号は地元で受験してました。
大学の場所が特定できてしまうので、名称は伏せましょう(汗)
そもそも、子どもが受験をしている間は、なーんもすることがない。
保護者の部屋とかもあるらしいのですが、一緒に行くのすらいやがりますがからねぇ。
会場の駅あるいは別の駅でお別れします。
ま、受験地の駅まで行けば、案内の人いるし、ぞろぞろ歩いてますからね。
(でも、大学が集積している所は、間違えないようにしないと違う学校に・・・(^^;)

とゆー訳で、逝ったのは。
吉祥寺のジョヴァンニさんと36(Subro)さんです。
たまたま受験地に近かったので、時間をつぶすにはちょうど良い。

とはいえ、トーキョーの文具屋さんやお店って、殿様商売(゚゚ )☆\ぽか
だいたい11時や12時から始まるのが普通なのねん。しぞーかは早いところで9時、あるいは10時ってのが普通なのと、受験会場に入るのが9時とか9時半が普通なので、その間が苦痛。

Cimg0101

写真はジョヴァンニさん。吉祥寺の駅を降りて左手の商店街を行くと外れにあります。
こじんまりした店。封ろう(シーリングワックス)や便せん、輸入筆記具などが中心のお店です。
店内のアンティークな家具など、店主さんのセンスが光ります。
あー写真のタバコは、向かいの絵が反射してしまいました(^^;

続いて行ったのは、36(Subro)、三十六と書いてサブロさん。
こちらは駅の右手、ヨドバシカメラさんの裏手にあたります。
注意してみないとわからないくらいの間口が小さいお店です。
あ、いけね写真撮るの忘れた(゚゚ )☆\ぽか

ジョヴァンニさんが西洋アンティークの店なら、36さんはレトロとゆー表現がとても良く似合うお店。
純和風の昔懐かしい、文房具屋さんってかんじ。
売っているものも、廃盤になったノートとか、渋い鉛筆とかなんか見ているだけでタイムスリップしそうな。
良い感じのお店です。

この日は池袋泊。

さて、二日目は新宿。こちらは写真がありませ~ん。
これまた昼まで時間つぶすのが大変で(^^;
えー、伊勢丹メンズの文具売り場、キングダムノート、世界堂などを見て回りました。
あーあとヨドバシか(^^;
目の保養目の保養。

他に行くところも無いので、子どもと合流する予定地の池袋のLOFTやハンズを見て回りました。

その足で、横浜へ
夜は時間があったのでランドマークタワーに行って、例のCIAKを買った訳です。
翌日、つちはしさんとお会いする前にまた時間があったので、横浜駅周辺の伊東屋とかLOFTとかで時間をつぶし、久が原へ。

Cimg3727

いけね(^^;
お店が開く前にしか写真撮りませんでしたぁ~(゚゚ )☆\ぽか

あーつちはしさんと、アサヒヤ紙文具店に行き、店長の萩原さん、奥様と楽しく濃い話をたっぷりしました(^^;
とゆー訳で、写真撮るより、濃い話で盛り上がったのですっかり忘れてしまいました。(汗)

そのほかにも沢山行ったけど。ま、割礼(゚゚ )☆\ぽか割愛。
戦利品は追々紹介します。

東京文具・デザイン雑貨店巡り(予告)

2月と言えば、受験戦争。
とゆー訳で、我が家の双子も受験です。
本来ならそろそろ大人なので、1人で行くべきところですが、受験校が複数ある上、日々移動しなければならないために、介錯(゚゚ )☆\ぽか介添えもとい、付き添いで東京に行きました。

ま、遅めの正月休みってとこでしょうか。
もっとも、仕事を持っていきましたが(;_;)/

前に紹介したモールスキンミシュラン謹製モデルオリジナルステーショナリーマップを活用して、予てから興味があったお店をしらみつぶしに(^^;

Tokyohokou

グラフがどばっと上がっている所が東京滞在であちこち逝きまくった成果です(^^;
一日2万歩近く( ̄▽ ̄;
歩行距離は平均12km(@@;
我ながら良く歩いたものです。

あー、どんなとこ逝ったかは、次回紹介します。
あー、目の保養で、ほとんど買わなかったですがヾ(^ )コレコレ

CIAKダイアリー

毎年、2月頃になるとダイアリーが値下げされる。
もっとも自分が欲しいものはだいたい秋頃にチョイスしてしまうので、普段使いをするわけではない(^^;

Cimg1131

普段ではお高くて買えない、イタリア謹製のCIAK(チアック)が横浜の某店で投げ売りされていたので、メモ帳代わりに保護してしまった(^^;
お値段も、通常価格税込み2100円が、315円也。\(^o^)/

これなら、ロディアやニーモシネともそんなに差がない。

Cimg1072

最初の写真だと見えにくいですね。拡大してみました。
ね、安いっしょ。

モールスキンだと1500円か?
CIAK本家の手帳に比べると、ウイークリータイプなので遙かに薄いが。無造作に持ち歩くにはこのくらいの厚さで十分。

Cimg1076

しかし、これ使いこなしている人いるのかな?
とゆーのも、年間のカレンダー写真上。

Cimg1078

マンスリーともに、横並びのカレンダーではなく、バーチカル(笑)。
縦方向に日付が



と並んでいる。
普段、カレンダーや手帳のマンスリーは横に一週間が来るので、慣れないと日付と曜日の感覚がわからなくなる。
もっとも、自分はメモ帳で買ったのでその辺はスルーしても無問題。
とはいえ、流石イタリアですな。
全体的におしゃれです。

Cimg1084

ウィークリーは、月曜始まりなので、日本の方もなじみがあるようになっています。

紙もそれなりに厚いので、インクの抜けも少ないし、ちょっとしたメモには便利です。
皆さんも、お近くのショップで季節外れの投げ売り手帳を保護してメモ帳に使うのは、資源の保護にもなっていいですよん。

モールスキンミシュラン謹製モデルでステーショナリーミシュランづくり

さて、グルメでないと書いて、何でミシュランなんかを買ったのかとゆーと。
ま、モールスキンが好きだからとゆー理由もありますが(^^;

もう一つが、データベースづくり。
期限切れで投げ売りされているデイリータイプなんかは、様々なTips集として使っていますが。

とゆー訳で。どーゆー訳だ(^^;

Cimg1147

それが、東京近郊の行きたい文具屋さんデータベース。ステーショナリーミシュラン(^^;
別に格付けするわけではないですが。

いつも行っている店でも、休日とか営業時間とかがわからなかったり。
別の道から行ったりするとけっこう、あれ?どこだっけ~となったりするので。

Cimg1148

こんな感じで、作っておけば、いちいちAD[es]出してネット検索してなんてしなくても良いし。
電車賃出して遠征したら定休日だったなんて悲しいことも極力減らせますし。
特に、濃い店は、店主が買い出しに行ったりすると長期休業になったりするので、これについては事前にネットでチェックが必要ですけどね。

とゆー訳で、新しいお店が開店したり、2号店ができたりしたら、随時更新してデータベースが増えていくのが楽しかったりします。


モールスキン・シティノート東京編vsミシュラン謹製赤モールスキンモデル

さて、じっくりと見てみましょう。

Cimg1102

最初のページから違ってます。
モールスキンの扱いは、ラグジュアリーグルメノートだそーです。

Cimg1103

インデックスのページもびみょーに違います。
シティノートの方は、最初の方に「どこ行こっか?」とゆーページが2ページありますが、ミシュラン謹製モデルは「なに食べよっか?」のページが何と6ページもあります。

Cimg1105

それがこちら↑。
1ページに6件入れられるので、36件もはしごもとい、贅沢ができます。ヾ(^ )コレコレ

Cimg1133

地図ですが、ミシュランガイドと連動したお店の番号が載ってます。
最も、シティノートでは全部の店がカバーできる訳が無く、たまたま秋葉界隈に★がたくさんある店が集中しているだけで、なーんも★付きの店が載ってない地図の方が多いです。
こうやってみると、ミシュランの調査員が、外国旅行者のツボを付いている、アニメとデジタルの聖地を頻繁に巡回したのがわかりますねぇ(^^;
新宿や渋谷なんかなーんも★付いてないし。

Cimg1134

シティノート東京編と大きく違うのが、こちら。
東京編は、地図の後ろはプレーンなメモ帳になっているのですが、ミシュラン謹製モデルは、これ以後のページがレストランのデータベースを作ることに割かれています。

Cimg1136

左のページが、店の名前と行った日。地図か料理の写真。★を付けるの。
右側が、ランチやディナーの値段。アドレス、時間帯など基本データを記します。
データベースのページが50件分あります。
いったい、外人さんは何泊するのでしょーか(^^;
外貨を落としてもらうには良いですね。

Cimg1109

シティノート東京編が162.0g

Cimg1108

ミシュラン謹製モデルが189.7g
とページ数が多い分お得になってます(^^;

Cimg1146

厚さも、見た目で違います。

ミシュランガイド東京2009 ラグジュアリーバージョン

別にグルメでも何でもないのですが(^^;
そもそも、カロリーを気にしてつましく赤貧生活を送っている末端の人類に、1食ン万も掛けられるわけもなく。
そんなにお金掛けるのなら、何日も生活できるし(^^;
ましてや、2万とかだと、万年筆買った方がうれしいし(゚゚ )☆\ぽか

私には縁もゆかりもない存在だったのが、ミシュラン。

Cimg0973

そもそも、このミシュランガイド東京2009 ラグジュアリーバージョンは、当初税込み7350円とゆーとんでもない超高値で販売されていた、限定7000セットのお値段もゴージャスなプレミアムパックだったのですわ。

Cimg0977

何がって、それが半額であちこちで投げ売りされていると聞いたらねぇ~ちょっと、奥さん(゚゚ )☆\ぽか
モールスキン・シティノート東京編ミシュランバージョンが付いていると聞いたらねぇ~ちょっと(゚゚ )☆\ぽか

よほど売れなかったと見えます(^^;
東京のいろんなところで山積みされてるし。

もっとも、扱い量が少ない店では既に完売らしいですが。

Cimg1100

こちらが、シリアルナンバー。マシュマロマンがもとい。ミシュラン小僧が(゚゚ )☆\ぽかナマエワ

Cimg0979

肝心の本体はおいといて、私的電脳小僧は、モールスキン・シティノート東京編Byミシュラン謹製の方に俄然興味がわきます。

そもそも、ミシュラン平民版でも2415円するでしょ。そんでもって、モールスキン・シティノート東京編もたしか、2940円位しましたよね。2冊買うと5355円
私は黒のモールスキン・シティノート東京編はちょー安く買いましたが(^^;

単純計算でも、モールスキン・シティノート東京編Byミシュラン謹製が1040円で手に入ります。

Cimg0982

ちょっと、背中の2009が気になりますが。(^^;
そうゆー人はモールスキン手帳カバーを付ければわかんねーしヾ(^ )コレコレ

いかん、前振りだけで記事が・・・・(^^;


ATOK2009

先週末に恒例のATOK2009が来た。

Cimg1052

本来なら1年おきくらいに更新しているのだが、昨年の2008に続き2年連続。(゚゚ )☆\ぽか

ジャストシステムからの直売。
AAA特待と累積のポイントで、2000円ちょっとだったので(^^;
とゆーのと、毎年一太郎やATOKが発売される頃に誕生日なので、誕生日ポイントが500円分付くので、実質的にはかなりお得だったわ。

残念ながら、今年は先行予約のおまけはなかった。

特に、何が変わったとゆーのも感じられないが(笑)
ま、FEPなので、意識する方がおかしいか。

とはいえ、英語のスペルもインクリメンタル表示(ってゆーのか?(笑))で数語入力すると、候補がずらーっと出てくれるのは便利。
ネット検索や定番の英字を打つのがずいぶんと楽になった。
画像でお見せできないのが残念(^^;

Moleskin CityNote KYOTO

モールスキン・シティノート東京編が意外と使えそうだったのと、お値段が東京に比べて安かったので、・・・
勢いで(゚゚ )☆\ぽか
京都編です。

Cimg0657

表紙は同じだし、ロゴもTOKYOとKYOTOって似ているので、二冊お持ちの方は間違えないように。
ちょっと見ようと思って並べてあるものを引き出したら、・・・
別の都市だったなんてこともありましたからヾ(^ )コレコレ

Cimg0660

京都は東京と違って、意外とあっさりしています。
そもそも碁盤の目状になっているので把握しやすいですね。

Cimg0661

路線図は、東京編と異なり、見開きで日本語と英語が見えます。

Cimg0662

地図の西外れは、金閣寺まで。なので竜安寺とか仁和寺までは載っていません。
もっとも、金閣寺からそれほど離れていないので、簡単に行けるからいっか。(^^;

Cimg0663

道路もちょーあっさり。
ランドマークとゆーか、ごちゃごちゃしていないので、東京編とくらべても非常に見やすい上にわかりやすくできているような気がします。

京都編の重さ 184.7g
東京編の重さ 173.4g

何で京都の方が重いのかがいまいちよくわかりませんが(^^;
ちなみにシティノートの紙質は、従来のモールスキンと違っています。
まず地図部分はマットコート系の紙のように感じます。
メモ部分の紙も薄めにできています。
また、モールスキンの紙独特のかほりもしません(笑)

エネループ懐炉 KIR-SL1S(その2)

付属品

カバーは・・・

Cimg0787

へなちょこな靴下のような、サポーターのような(^^;
ださいっす。
ネットのいろんな書き込みをみても、評判は今一。

Cimg0806

ちょうど良い大きさだったのが、SONYのマイクロホンやイヤホンを入れるための袋。
これは紐も付いているので、ネックストラップに付けて背中に当てておくこともできます。
もうすこし本家の工夫が欲しいところ。

肝心な電池の持ちですが。
カタログ値で、標準5時間とあります。
上記のSONYの袋に入れて背中にぶら下げておいたら、ちょうど5時間持ちました。
すげー、カタログ通り。
普通は3割位少ないのですが(^^;

ちなみに、ほんのり暖かい程度なので、お外ではあまり効果が無いかも(^^;
とゆー訳で、むき出しで使ってみました。

直で持っていた方が標準温度でも暖かいです。

が、しか~し。
放熱効果が高いのか、むき出しのまま使うと2.5時間しか持ちませんでした。
やはり袋に入れて使うのが一番のようです。

大きさ比較

Cimg0807

恒例の大きさ比較です。ヾ(^ )コレコレ

Cimg0808

外部電源KBC-E1と並べたとこ。
USB出力ができるのと、並列(横並び)なので、外部電源の方がちと大きいですね。

正面から

Cimg0809

正面から見ても厚みがぜんぜん違います(^^;


エネループ懐炉(かいろ) KIR-SL1S(SANYO)

一昨年からブレークしているサンヨーのエネループですが、最近では単2や単1電池まで出て、本筋?の電池部門は元気ですねぇ。
その派生として、卵形のエネループ懐炉は前から出ていましたが、片面のみ暖まる仕様の上、電池交換が不可でした。

Cimg0781

両面が暖まるタイプが、昨年発売されていたので買ってみた(゚゚ )☆\ぽか

内容物一式

Cimg0783

本体、ACアダプター、エネループ(単3×2)、ケース(笑)、取説、簡単ガイド
とあっさりしたものです。
少々アダプターが大きいですが(^^;
実は、このエネループ懐炉ですが、エネループを充電する機能を持っているため、オフシーズンには充電器としても使えることができます。(笑)

Cimg0788

電池ケースみたいなのが、懐炉(かいろ)です。
充電は3.5時間ほどかかります。なので、別に持っている急速充電器でさくっと。
もっとも、エネループは沢山あるので、充電してからなんて悠長なことを言ってないで使います。

Cimg0791

通常状態(普通の暖かさ)で使うときには、写真のようにオレンジ色に光り(点滅し)ます。
画面左側がスイッチ、右側が電源用のコネクタ。
電源ボタンを何回か押すことで温度の強弱、オンオフ、電池残量の確認ができます。

Cimg0792

高温モードは赤くなります。

Cimg0804

電池残量の確認は、緑色の点滅、この回数によってどのくらい残っているかわかります。

続く

47種類対応マルチカードリーダー&ライター MR-A47H(ELECOM)

いつだったか、USBカードリーダー&ライターが壊れたので買ったのが、19メディア対応。
SDカード部分が認識しなくなってしまい、急遽買いに行くことに。
そこで見つけたのが、タイトル。

Cimg0914

ぎょうぎょうしいケースに入っていますが、至って小さいです。

Cimg0917

右側が今まで使っていたグリーンハウスのカードリーダー&ライター。
一回り大きくなっていますが、ま、許容範囲でしょう。
そもそも前のモデルは、microSDを直に挿すことができませんでしたが、今度のは直接挿すことができます。
しかし、47メディアって何(^^;

Cimg0918

裏にはアイコン表示されているので間違えないでしょう。

スロットを見る限りでは、CF、XD、スマメ(まだ使っている人いるかしらん(^^;)、miniSD、SD、メモステ、DUO、microSDとM2(これ知らない)と穴は9コしかないのに(^^;
ま、DFでもマイクロドライブとか、SDやメモステでも著作権保護機能云々とか同じスロットで複数のデバイスがあるので、こうなっちゃうんでしょうね。
あと高速対応とかゆーのもあるか。
わずか数年の間に19メディアが47メディアに急増。
商売とはいえ、あまり規格を増やして欲しくないなぁ。

ちなみに、これも買ってからネットで調べたら、希望価格?4410円、ネット最安値2029円。
購入したのは1000円だったからま、いっか(笑)

Transcend JetFlash V10 16GBSUBメモリー

最近はパソコンショップより、文具店巡りの方が多くなっていますが(^^;
諸処の事情で久々にパソコンショップに行きました。
てゆーか、年末にKBが壊れたとき以来。

そこで発見したのが、こちら。

Cimg0911

トランセンドのUSBメモリー16GB(@@;
ずいぶん大容量になりましたねぇ。

Cimg0922

モスグリーンのスケルトン素材でできています。
16GBと言えば、かつては外付けのHDDにも匹敵する大容量。

今使っているのが2GBだから・・・

Cimg0919

ふだんは、このような形態で持ち運びをしますが、横のスライドバーでUSBコネクター部分を出します。
一般的にはキャップ式が多いのですが、キャップ式だと無くしてしまう可能性もありますね。

Cimg0921

ただし、キャップ式ならば埃の進入を防ぐので、どちらがよいか・・・

買って帰ってきてからネットで値段を調べると、高いところで16980円(@@;って半端ねぇ~。
普通で7000円前後、最安値でも3500円とまぁ、何と値幅が広いのでしょうか。

でもって、買ったのは税込み3000円と超破格でした。

Cimg0923

ちなみに、紐も付いているので安心(^^;
でも、常時首から提げて使うようなモノではないですね。
とゆー訳で、これはデジカメにでも使おうっと。

All about LAMY 06 LAMY cp-1 MP

昨日紹介したcp-1のメカニカルペンシルタイプです。

Cimg0908

軸経8.0mmと細いです。
ちなみに、FP、万年筆は9.4mmと一回り太くなっています。

Cimg0909

こちらも、ロゴはステンレスのクリップに刻印されているのみで、至ってシンプルなデザインになっています。

Cimg0910

芯は0.7mm。
欧州ではこちらが標準タイプになっています。

重量は19.8gとスリムな割には重いです。
たぶん、メインとなる胴軸が金属(真鍮?)だからではないかなと思っています。
それにマットコートされているので、とてもクールなデザインです。
首軸部分も金属です。

Cimg9984

並べたとこ。
両方ともスリムで、LAMY2000と比べると女性にも似合いそうな雰囲気を持っています。

シャープペンシルの芯を2Bなどにして、本体の重量だけで書けば、ぬらぬらさらさら感が味わえます。

All about LAMY 05 LAMY cp-1 FP

1974 ゲルト・アルフレッド・ミュラー

Cimg0897

とてもスリムで美しい万年筆。

ラミー2000シリーズにより一躍注目を集めたLAMYですが、ラミー2000の主なターゲットが男性でした。
確かにがっしりとした太い軸は、華奢な女性の手には太すぎるし、重い事もあって女性にまで浸透しませんでした。
このため、1974年にミュラーがデザインしたのがcp-1です。

Cimg0901

LAMY2000と並べてみました。
繊細な感じがしますが、金属でできているため、重量感はしっかりとあります。

全  体:19.4g
キャップ: 8.6g
本  体:10.8g
胴  軸: 6.8g
首  軸: 1.8g
コンバーター:2.2g

一見クリップが、LAMY2000の流用のように見えますが・・・。

Cimg0900

びみょーに、先端部分が丸くなっています。
この辺は女性が使うのを意識しているようです。
さすが、バウハウスの哲学が反映されているだけあります。

Cimg9988

ペン先は・・・・
どっかで見たことありますね。

Cimg0904

そうです。ペンとペン芯はサファリと同じものを使っています。

Cimg0906

コンバーターやカートリッジは、むき出しになったままの状態で、ちと不安があります。
でも、液漏れはしません。

シルエットを細くするために、このようなデザインになったかなと思われます。
ちなみに、首軸は樹脂ですので軽いです。

たぶん、国内では入手は難しいかと。
輸入文具を扱っている店なら、もしかしたら手に入るかな?

コクヨで働きてぇ~(爆)

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」さんが、企画した新製品セミナーに参加した時の模様をお伝えします。(モノフェローズの詳細は末尾で)

さて、キャミナックス(Caminacs)の体験をする前に、環境配慮型オフィスの案内をしていただきました。
できたばかりのオフィスとゆーことと、社内随所に企業秘密とゆーか、発売前の試作品がたくさんあるために、ここからは撮影NG。(;_;)/
写真はコクヨさんのパンフから転載です。

企画部門と営業部門のスタッフは、自分の机がないそうで、出社するとIDタグでその日の席を割り当てられます。
そのため、フロアの一角に私物を入れられるキャビネット(?ロッカー)が置かれています。
もちろん社長さんも同じキャビネットを使っているとか。

社内には、無線LANなどの通信設備が完備されているため、ノートパソコンを持って行けばいつでもどこでも仕事ができるとゆー、夢のような環境(^^;恨めしいもというらやましい。

すごいのは、フロア中ハイテクの固まり。
コクヨはCO2削減のための工夫を商品だけでなく、会社みずから行っています。
まず、蛍光灯がなく、全部LED照明。また、各所に人感センサーがあって、人がいない部分の照明は自動的に照度が落ちるようになっています。

Office1

こちらが屋上。
晴れた暖かい日には、ここで仕事ができるとゆーか、仕事をしている人がいるとのこと。

最上階の企画・営業部門には、明かり取りの天窓があって、気温や日照などにより自動的に天窓が開くシステムになっているとのこと。

Office3

こちらがその写真。
ちなみに、手前に写っているデスクが移動式のデスク。大きな三角形。正確には四方を面取りされているので六角形?をしていて、合体すると丸いデスクになるとゆー優れもの。
これも試作器だそうですが、一部のデスクにはノートパソコン用の電源が搭載されています。
つまり、帰宅時に壁のドックステーションてゆーのか、早い話が専用のコンセントに差し込んでおけば、安い深夜電力で充電ができ、朝オフィスに来ればいつでもどこでも持って行ける電源付きデスクに変身できます。

参加者に馬鹿受けだったのが、省エネのための自転車。
これで移動範囲内はチャリで移動するんだそうです。
運動にもなるし、CO2も削減ができる。
自転車用のアタッチメントがかっこいい。
ノートパソコンなどを入れるアタッシェケースみたいなのがあって、これだけでも製品化すればとゆー声が(笑)

唯一撮影が許可されたのが、コクヨの歴史コーナーとエコへの取り組み。

R0012074

見慣れた商品が沢山並んでいます。

R0012075

エコやユニバーサルデザインに配慮した商品は手にとって確認もできます。

R0012077

環境への配慮のコーナーも。
こちらには、以前紹介したリエデンも展示されていました。

コクヨのスタッフの方に、高級筆記具や万年筆は販売しないんですか?と聞いたら、色々な専門分野があって、インクなどを扱う部門がないので難しいとのことでした。
なるほど、言われてみれば、帳簿から始まった紙専門企業が原点ですから、守備範囲があるのですね。
納得しました。

その中で、スタッフの方にお願いしたのは、コクヨの歴代のキャンパスノートや昔の大学ノートなどをネットでDLしてプリントアウトすれば使えるぅ~みたいな、文庫本ノート用カバーがあると面白いと伝えておきました。
あ、それだとA3のカラープリンターが要るか(^^;

とても貴重な体験をさせていただきました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

コクヨのショールームは、こちら

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...


  • セミナー参加の、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

みんぽす

コクヨのヨコク 夢の環境配慮型オフィスと新製品セミナー2

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」さんが、企画した新製品セミナーに参加した時の模様をお伝えします。(モノフェローズの詳細は末尾で)

キャミナックスW(CaminacsW)品番NS-CA2ですが、非常に小さいです。
業界最小とうたうだけあります。

R0012020

左側が従来機A4タイプ。右がA3タイプになります。
ジャストデスクサイドカウンター(てゆーのか?)キャビネットか(^^;
その上に置くことができます。
幅353mm×奥行150mm×高さ170mm(蓋等収納時)
重さは本体重量で3.8kg

B5サイズのキャンパスノートより奥行きがないコンパクトサイズです。

R0012016

使用時には必要に応じ、トレーをスライドさせて出します。

R0012039

A4サイズのものより、デザインも良いし、カバーやトレーが取って付けたようになっていないのが良いデス。

R0012044

体験デモ機のようす。

R0012046

コンパクトにしたため、ACアダプターはノーパソ(ノーパンではない念のためヾ(^ )コレコレ)以上の大きさになってます(^^;

R0012055

こちらがメニュー画面。
いろんな機能が詰まってます。(ま、最近のスキャナーや複合機も同様ですが)

R0012062

コクヨさんは、付加機能の一つと言ってますが、私的にはすごいと思った機能が、こちら。
新聞瞬間スキャン(^^;
専用のキャリアシート(ま、クリアポケットみたいなのんね、イメージしやすいのが)にスキャンしたい新聞を挟みます。(二つ折りにするとゆーことね)
それで、写真のようにスキャンさせると・・・・

R0012066

こんな感じで、自動的に合成されて処理されます。
折り目部分が気になるところですが、こんな感じで上下に隙間はありますが、それなりに読めるように合体させてくれます。
CIS(読み取りセンサー)が両面にあって、一度の読み込みであっという間に1枚の新聞1面にしてくれます。
会社や自宅にあるのはフラットヘッドスキャナーなので、手品を見ているよう(^^;

R0012072

OCR機能も最近のものらしく、大文字小文字の認識は置いておいても、表をエクセル形式に組み込んでくれるのが良いです。
てゆーか、私が使っているのがタコさんかも知れません。(^^;
うちの場合、エクセルには変換してくれるのですが、テキストボックス形式になってしまうので使えねぇ~(^^;
どこのソフトかは恥ずかしくて言えませんってば。

発売は3月上旬とか。
問題はお値段っすねぇ~。

希望小売価格が
ベーシックモデル     94290円(税込)本体のみ
ビジネスパックモデル 104790円(税込)本体に、ファイリング、オートPDF、名刺整理ソフト、エコプリント付き。

実勢価格でどーなんでしょ。
個人で買うのはちと痛い。A4サイズだったら何とかってところか。
そもそもA3ファイリングって需要はオフィスですからね。
企業導入なら1部署ごとに入れてもそんなに負担にはならないし。

ちなみに、新聞スキャンのキャリアシートは、別売とのことです。念のため。

なお、初回先着2000名(ユーザー登録)にはキャリアシートがいただけるとゆー、うれしいキャンペーンもあるとのことなので、楽しみですねぇ。

コクヨのショールームは、こちら

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...


  • セミナー参加の、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

みんぽす

コクヨのヨコク 夢の環境配慮型オフィスと新製品セミナー

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」さんが、企画した新製品セミナーに参加した時の模様をお伝えします。(モノフェローズの詳細は末尾で)

さる、(猿ではない(゚゚ )☆\ぽか)1月の晦日、もとい31日の土曜日に、モノフェローズさんとコクヨのコラボレーションセミナー(コクヨモノフェローズセミナー)が、コクヨ株式会社 東京品川オフィスにて開催された。
(発売は3月上旬とのことですが、発表会は2日に行われているし、3日にはメーカーサイトのHPにも載っているからブログアップしても良いでしょう)
いろんな事務機器メーカーやOA機器の展示会などへの参加は経験がありますが、モノフェローズさんの開催するセミナーへの参加は始めて。初体験だわ(*^^*)ヾ(^ )コレコレ

みなさんブログをやっている人なので、全員が初対面なのに和気藹々とゆーのが不思議な世界。
基本的に、みんぽす・モノフェローズさんつながりなのですが、それぞれブログのテーマが違っているのが面白い(^^;

コクヨの超ハイテク+エコオフィスのとある会議室に・・・。ここは重役会議が行われる場所とのこと。

R0011978

熱心にお話しを聞くブロガーさんたち。
雑誌や書籍などでコクヨの歴史を読んでいても、直接スタッフの方から聞くと新鮮です(^^;

R0011981

キャンパスノートの段階的な改良の話は、へーでした(^^;
用紙もびみょ~に変化しているし、背中が破れないように背貼りテープも改良されているとか。
見えないところで進化しているのね。

で、肝心な新製品が、昨年発売された高速ドキュメントスキャナーCaminacs(キャミナックス)NS-CA1WA4コンパクトサイズの機能拡張版。
CaminacsW(NS-CA2)
私的電脳小物最近ではアナログ小物が多いですが(^^;
コクヨとゆえば、文房具ってイメージしか無かったのですが、こんなハイテクマシンを作っていたのですね。
コクヨさん、不勉強で済みません。m〈_ _)m

R0011984

ちゃんとリサーチした上で(当たり前ですが)、商品開発を行っている姿勢がすごい。
言われてみればその通りなんですが。
資料や書類、普段はなにげに目に付くところにあった書類が、必要になったときに捜すとなかなか見つからない。分析は、書類を捜すことにかける時間が平均25分とか。誰もが経験あるはず。
確かに、自分もそうです。(゚゚ )☆\ぽか

スキャナと言えば、C社とかE社などのプリンターメーカーやF社などのパソコンメーカーが有名ですが、コクヨの発想はエコからのスタート。
オフィス内の省スペース化、無駄をなくす、という発想から来ています。
ネーミングも「紙をなくす」から、紙なくす、カミナクス、キャミナックス、Caminacs。(^^;ちょっとストレートとゆーか、ベタなんですが。(゚゚ )☆\ぽか

で、何でA3対応のマシンを開発したかとゆーと、これもまたすごくて、資料の中に7%A3サイズがあるとの分析です。
A4フォルダーにZ折りされている資料。これがまたじゃまで(^^;

R0011992

目指したのはA4収納ボックスサイズ。
CIS(スキャナーの目)の省スペース化、極限まで幅を絞り込んで、超コンパクトサイズに収めてあります。

R0011998

紙の角度と送りを検討する初期のマシン。
むき出しで、個人的には好き(゚゚ )☆\ぽか

R0012004

ケースの検討用モック。

R0012031

デモンストレーター好きのおじさんが一番気になったのがこちら。
商品検討用のスケルトンモデル。
限定で出さねぇ~かなヾ(^ )コレコレ

R0012009

試作器一覧。
本当はもっと沢山あるとの事ですが。
この辺って、良く車雑誌とかカメラ雑誌などに紹介される、注目製品の特集にある奴ですねぇ。
でもやっぱり目が行ってしまうのが設計試作(1)のスケルトン(゚゚ )☆\ぽか

続く


コクヨのショールームは、こちら

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...


  • セミナー参加の、レビューを掲載しています!

  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

みんぽす

Moleskin 透明付箋 VS ダイソー 透明付箋(笑)

モールスキン・シティノートに付いてくる透明付箋

Cimg0569

こちらが、モールスキン・シティノート東京編に付いてきた地図に貼って書き込みができる貼ってはがせるタイプのトレーシングペーパー風付箋。
このように印刷されているとかっこいいですねぇ(^^;

Cimg0570

実際開いてみると、フィルムタイプの透明付箋です。
写真ではその質感や素材感が表現できないところがなんなんですが(汗)

どっかで見たことが・・・

Cimg0575

そうです、以前紹介したダイソーで入手した「貼ってはがせるクリアメモ」とくりそつ(^^;

Cimg0571

開く方向が違う以外、ほぼ同じものだと思って間違いありません。
裏側のテカリ感も一緒です。
詳しくはリンク先を見てください。

そもそも、モールスキン・シティノート東京編は、印刷、製造が中国ですので、たぶん同じものが使われています。

ダイソーのクリアメモを丁寧にはがして、裏返してまた張り直せば、モールスキンの透明付箋と同じ向きにできます。
そうすれば、気兼ねなく地図に透明付箋を貼って使うことができます。
透明付箋が無くなってしまったらどうしようと思って使えない方。
どしどし使いましょう。

Moleskin CityNote TOKYO

モールスキンのシティノート東京編。

Cimg0545

昨年秋に出たのですが、発売前に予約したのですが
お安いところに頼んだら、3回発送延期メールがあって。入荷待ち状態。手に入ったのが1月上旬(^^;
以後、品切れになっていますねぇ。

どこでも品切れの所、入荷未定の所が多いですね。
それほど大人気商品なのか、それとも生産数が少ないのか?

Cimg0546

帯封が航空券のデザインになっています。
背中には「TOKYO」の刻印が押されています。

Cimg0549

帯封の裏は取扱説明書になっています。

Cimg0550

開くと、恒例の拾った方へのページがあって、その次にはコンテンツ、いわゆるどこに何があるかみたいな紹介。

Cimg0552

全体表示のインデックス。この辺は地図帳と一緒ですね。
シティノートとゆーだけあって、都心部しか載っていません(^^;
もっとも、外人さんにはこのくらいで十分なんでしょうね。

Cimg0553

見開きページは鉄道路線図。
日本語表記と英語表記があるので、地名が読めない人も安心(^^;
あ、英語・ローマ字が読めなければアウトですがヾ(^ )コレコレ

Cimg0554

その次は、「どこで何する~」みたいな予定。
で、その次は度量換算表と服などの寸法の違い。
この辺は、輸入衣料などを買うときにも便利ですねって、でも、国によって寸法が違うからま試着しないと無理ですね(笑)

Cimg0556

最初の地図ページは、上野と東京大学周辺。
市販の地図帳と比べると主要ランドマークくらいしか載っていないので、意外とあっさりして見やすいです。

Cimg0561

地図帳の次には、地名索引。
五十音検索と英字検索のダブルで引くことができます。

Cimg0565

後半はお気に入りの店や行きたい場所などのインデックスがあります。
ブランクタブもあって、おまけで付いてくるラベルシールを貼れば、マイオリジナルデータベースの完成。

Cimg0567

最後は、切り離しができるメモ帳。
8分割できます。メモの下に「Tokyo」って全部書いてあるのがいけてます(笑)

Cimg0568

おまけは、インデックスタブとトレーシングペーパー付箋。

子ども達の受験の時にも使えるかなぁと思って買いましたが、(^^;
そもそも、南は浜松町や恵比寿くらいまでしかないので、品川とかないし(汗)
受験地って、超有名所はこの地図内に収まりますが、校舎によっては地図外の所が大半なんですねぇ・・・
だから別に地図は必要です(゚゚ )☆\ぽか


ザ・LAMY2000 ファミリー(笑)

特に書くことは(゚゚ )☆\ぽか

Cimg9935

手前から、
万年筆
4色ボールペン
ボールペン
メカニカルペンシル(シャープペンシル)

Cimg9937

上から。
こうやってみると、4色ボールペンと普通のボールペンのノック部の長さが違うことがわかりますね。

一番つるてかしているのは4色ボールペンですね。
LAMY2000の万年筆は、購入して一年直前に首軸部分からインク漏れがして、全替えしたので、つや消しがまだ残っています(^^;


« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ