« pomera その9(重さ比較編) | トップページ | 木軸の渋い安価万年筆 A.G SPALDING & BROS.(レイメイ) »

pomera その10 (ケース編)

いつでも気軽に持ち歩けるpomeraですが、ちとごつごつしているし、使っているうちに塗装がぼろぼろになりそうな予感がします。
そこで、純正ケースはちと高いので、手持ちのケース類の中から合いそうなものを物色(^^;

HP200LX純正ケース(笑)

Cimg0277

名機、HP200LXは、コンサイス辞書と同様の大きさ。
純正ケースを大昔に購入したので大きさが何となくあいそうでした。

Cimg0275

並べたとこ。

Cimg0276

あつらえたように、ぴったりと入りました。
適度なクッションもあり、持ち運ぶにはちょうど良いです。

辞書ケース

このくらいの大きさだと、電子辞書のケースも使えそうです。

Cimg0350

エレコムかな?ブレーン880に使っているZEROSHOCK3(III)の大きさがぴったりでした。
ちなみに、ケース102gとちょー軽いです。(HP200LX純正ケースは120g)
ブレーンは会社で使っているだけなので、基本的にケースはあまり出番がありません。

また、HP200LX純正ケースにブレーンも入ります。
攻守入れ替えて、電子辞書ケースにpomeraを入れて出歩いています。

« pomera その9(重さ比較編) | トップページ | 木軸の渋い安価万年筆 A.G SPALDING & BROS.(レイメイ) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

pomeraはキーボードがオープンするギミックがあるがために、入れたまま使えるケースがあまりないのが難点ですね。
モバギやHP200LXならケースに入れたまま使えるのに残念な点です。
もちろんそれを補って余りある広いキーボードを装備しているという利点があるわけなんですが。
ほぼ日手帳のケースを使えませんかねー?
どちらかを改造しないと無理だけど。(^^;

おなら出ちゃっ太さん
そもそも、入れたままだと、キーボードを
開けるときに引っかかるので、厳しいと
思われます(^^;

でも、どっかのサイトに、簡易のケース
ですが、以前ケータイ小物向けの海苔
巻きケースとか、ボディスーツーとか
呼ばれたものに近い商品が出ていた
のを見たことがあります。

ケース類の「流用・改造」は楽しいですね、もちろん無改造で流用出来るのが一番嬉しいですが・・・(^◇^)
意外な物が使えると喜びいっぱいです~!\(^o^)/

ライカ市としさん
おっしゃるように、色々工夫ができ
マスからね。
ちなみに、デジカメなども多数持っている
在庫の中から合うものを捜すのが楽しか
ったりします。

可動ギミックがある故に入れ物が制限をされるという欠点はありましたね。オイラもケースに入れての使用はあきらめてました。
モバギが入るくらいのケースに入れて、ケース内部でキーボードを拡げるってのはどうかしら?
(゚ ゚ )☆\ばきおい

おなら出ちゃっ太さん
キーボードを開けるときに、ちょうつがいの部分
が盛り上がるのですね。
だから、ケースは少々難しいかと思います。
それ以前に、せっかく小さいマシンなので、
大きなケースに入れるのは(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/43736465

この記事へのトラックバック一覧です: pomera その10 (ケース編):

« pomera その9(重さ比較編) | トップページ | 木軸の渋い安価万年筆 A.G SPALDING & BROS.(レイメイ) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ