« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年に紹介した小物達

年末恒例の(笑)

ブログ重大ニュース
・3月10日に50万アクセスしたのに、10月25日にはなんと100万アクセス(汗)
・2月14日NHK街角情報局出演(汗)
・12月4日日経新聞に万年筆で紹介される(汗)

今年1年紹介した小物さん達です。
興味がある方は、ブログ画面右側の検索欄で検索してください。
リンク貼るのは大変なので(゚゚ )☆\ぽか

万年筆

ビスコンティ オペラ ブルーベリー(限定30コインクポッド付き)
ビスコンティ アイーダ(AIDA)国内20本限定)
ナミキ ファルコン
シャレーナ 黒(デッドストック)
シャレーナ 赤(マーブル:デッドストック)
LAMY オーシャンブルー
LAMY ライム(2008限定)
パイロット カスタム823(デモンストレーター)
パイロット カスタム74(デモンストレーター)
グラフフォン・ファーバーカステル ペルナンブコ(デッドストック:銀キャップ)
パイロット キャップレス2007限定オレンジ
セーラー プロフェッショナルギア(メーカーストック:極細)

シャープペンシル・鉛筆系
ファーバーカステル UFOパーフェクトペンシル
ファーバーカステル 9000パーフェクトペンシル
ファーバーカステル パーフェクトペンシル 限定黒(たぶん国内300コ)
プラチナ 早川式繰出鉛筆 銀 (限定復刻生産)
カトウセイサクショカンパニー+分度器.com ペンシルエクステンダー
三菱鉛筆 UNI ペンシルホルダー(UPH-8000)

ボールペン・マルチペン
クロス TECH3
LAMY noto
セーラー ボールポイントペン

革小物系
クロス パーソナルアジェンダ
ブリットハウス A4多機能ホルダー
LAVORO・DI・PASSAGGIO レザースリーブ
ツバメ+COBU ポケッティア
COBU ペンケース+文庫カバー+ミンティアケース+フリスクケース
デルタ マレキアーロペンケース(一本挿)
ほぼ日手帳(革)

電脳小物系
リコー GX100
DIGI SEG(USB1セグチューナー)
CANON ピクサスMP630
シャープ ブレーンPW-AC880
オムロン ヘルスカウンター

今年は昨年に比べ、綾しい小物が少なかったですね。(゚゚ )☆\ぽか
目立ったのは鉛筆系か(笑)
電脳小物なんてほとんど無いし。てゆーか、電脳小物は萌えるモノが少ないですね。
進化して多機能便利になったマシン類、話題性のあるUMPCなど沢山出ましたが、どうもなんかこう~しっくり来ないモノがとゆーか、心に響かないんですね。(^^;

皆さんよいお年をお迎えください。

大掃除、万年筆の手入れヾ(^ )コレコレ

毎年この時期になると、ネタ上げてるなぁ(^^;
こちらに訪問される方は、万年筆で検索される人が多いので、改めて書きます。

万年筆をいくつか持つようになると、出番が少なくなるモノも出てきます。

他の筆記具と異なり、万年筆は非常にデリケートな文房具です。
それ故、使う人によって個性が出るモノでもあります。

万年筆はメンテナンスさえしっかりしていれば何十年も持つモノです。
万年筆がかけなくなってしまったという理由の大半が、放置したままインクが乾燥してしまって、ペンとペン芯の間にインクが詰まってしまうことです。

特に引き出しにしまったまま放置された大昔の万年筆の場合、この傾向が多いです。
昔のインク、ブラックやブルーブラック(特にこちら)は、書類の長期保存に耐えられるよう顔料系のインクが使われているため、乾燥してしまうととたんにかけなくなります。

用意するモノ
・コップ
・万年筆
・ぬるま湯(水)

何度か流水で流してある程度インクを落とします。

Cimg8190

その後、コップなどにぬるま湯(水)をはって、ペンを付けておきます。

Cimg8192

するとインクが溶け出して、水の中に出てきます。

Cimg8193

比重が違うのでこんな感じの美しい模様になります(゚゚ )☆\ぽか

コップが汚れたら、何回か同じ動作を繰り返します。

だいたい1晩くらい置いておけば、ペンとペン芯の間に詰まったインクは出てきます。
翌日も出るようでしたら、もう一晩くらい付けておきましょう。

使わない場合は、水から上げて安全な場所に保管し、乾燥してからしまいます。
使いたい場合も、ある程度乾燥させてからインクを入れましょう。
でないと、残った水分でインクが薄くなってしまいます。

注意:やってはいけないこと。
×熱湯で洗う。
×洗剤を使う。
昔のペン芯はエボナイトなどで作ってあるモノもありますので、熱湯を使うとペン芯が変形して使えなくなります。
また、洗剤を使うとペンとペン芯の間に洗剤が残ってしまうのでかけなくなる恐れがあります。

コンバーターも併せて水に浸けてしまうと、後ろのネジ部分に水が入り込んでしまう可能性があります。
その場合は、乾燥させるしかありません。


COPY BOOK

メモ帳は普通自分用に記録(記憶)するために使うモノと、相手に渡すために書いて破るという使い方があります。
一般的に人気なのがロディアですね。
でも、相手に渡すと、同じ内容をもう一度書かなければなりません。
電話番号や住所、メルアドなどは別に控えなどは必要ありませんが、日時や場所、持ち物分担など双方での約束はやはり双方で持っていたいモノ。

別にメールでやりとりすれば、送信履歴があるので良いのですが(^^;
そんなときに重宝するのが、ノンカーボン製のコピーブック。

Cimg9410

要は、喫茶店などで使ってる領収書や伝票ですね(^^;
大きさ比較のために鉛筆を並べました(゚゚ )☆\ぽか

Cimg9415

このLab Clipのコピーブックは、いくつかのバリエーションがあるので、好きなデザインのものが選べます。
仕事にも使うので、地味もとい、シンプルなモノにしました。
薄くて見にくいですが、上の欄には日付とTO、Fromだけのあっさりしたモノ。

Cimg9448

色々なペンで試してみました(笑)

上から
LAMY2000の4色BP
ZEBRA シャーボXのゲルインキペン
セーラースケルトン(笑)
パイロットμ
下から2つ目
シャープペンシル0.7mm
ZEBRA シャーボXボールペン

私は筆圧をあまりかけない人なので、ちょいと薄いですね(^^;
下二つは、上が薄かったので筆圧を加えて見ました(笑)

こうやってみると、万年筆はやはり裏まで行かないようです。
μはガチニブ(硬めのニブ)なので、かろうじて写ります。
μは伝票でも裏にしっかり写ると言われていますが、私の場合は厳しいですね。

ただし、銀行などの複写用紙では万年筆は使えませんのでご注意を。


フィルム付箋の便利な持ち運び方

ポストイットのフィルムタイプ付箋は、よく使いますが、以前紹介したFlagsは単色のモノになります。
やはりいくつか色を変えて使いたいと言うのが人情とゆーもので(^^;

使い方は簡単です。

用意するモノ

・ポストイットのフィルムタイプ付箋

・貼ってはがせる粘着シール(正式名称わかりません(^^;)
 100均などでも簡単に手に入ると思います。
 粘着力が弱ったら水で洗ってまた使えるようになる奴。

Cimg9165

私が使っているのは大昔に買ったとゆーか、大量にもらったセメダインのレアタック
背景の写真がレトロしています(^^;
たぶん元祖ダイナブックでは?(汗)
何十年か前のですが未だに使えます。(笑)

Cimg9166

ポストイットの裏側に、この貼ってはがせる粘着シールを貼ります。

Cimg9168

後は、手帳やノートの裏表紙などに貼っておけば、いつでもすぐに使う事ができます。
写真はA4多機能革ケース。
何ヶ月か貼っていますが、革素材の変色などは今のところありません。
注:革の加工によっては変色する恐れがありますのでご注意ください。万が一大変な事になっても自己責任でお願いします。

Cimg9173

こちらは、ほぼ日手帳に貼ったモノ。


Top-Print社のG-CLIPとM-CLIP

知らない間に増えてしまい、どこにしまったか忘れてしまうのがチラシやカタログ類。
私は、山根式袋ファイルに入れておきますが、仕事などで使う資料類を引っ張り出してきて一時保存するために使う不思議なバインダークリップを紹介します。

珍しいデンマーク製のバインダークリップ。

Cimg8945

2種類あります。

Cimg8947

平らなクリップにロゴが入ってまして、Top-Print.dkとありますので、デンマークですね(^^;

どのように使うモノかとゆーと。

Mag-clipの方は

Cimg0148

カタログなどの中綴じ部分に差し込んで使います。

Cimg0145

そうすれば、大事なカタログや書類に穴を開けずにバインダーに綴じることができます。

D-Clip

Cimg0149

こちらは、ロゴなどの表記がありませんので、正式名称はわかりません(^^;
バラになった資料類で、穴を開けられないモノを挟んで使います。

Cimg0150

こんな感じ。

この辺の商品って日本の方がアイデア商品的にあると思いましたが、意外です。
最も類似の商品は日本でも沢山出ていますね。

ちなみに、以前紹介したのが、こちらのクリップテープ
これだと、テープで貼ってしまうので、永久保存版か?

M-Clipだとコピーする時とかも簡単に外せるので良いです。
D-Clipは、ちと厚みがあるので、バインダーが厚くなってしまいますね。

綾しい店で見付けました(^^;


Optio750Zに速写ケースをつける

大昔の枯れたマシンの旭光学(^^;ペンタックスのOptio750z
700万画素と今の1200万画素に比べると非力ですが、レンズ性能が良いのか、CCDが良いのかよくわかりませんが描写力が良いので未だに使っております。

今回紹介するのは、2004年に秋のOptio祭でOptio750Z購入者にプレゼントされたモノ。
私がOptio750zを入手したのは2005年の春頃だったか、もう末期の投げ売り状態でしたから、当然キャンペーンは前年に終わっているわけで(^^;
市販のケースに入れて使っていました。

たまたま、オークションで安く入手できたので紹介します。

全景

Cimg0062

クラシック調のカメラケースです。
Optio750z自体が、クラシック銀塩フィルムカメラのデザインなので、みょーに落ち着きます。

近景

Cimg0063_2

近くで見るとますます渋いです。(笑)

裏面

Cimg0067

裏側は、ボタン類が多数あるので、ちと厳しいですが(^^;
液晶を見るか光学ファインダーを覗くかによって上のカバーが気になります(汗)

撮影ポジション?

Cimg0071

カバーをしたまま、電源を入れるとこんな感じになります。
そもそもクラシカルな雰囲気を持っているカメラが、余計渋くなります。
これで、カバーに入れたまま手にぶら下げて、いざ撮影となるとカバーから出して~みたいな事がなくなるので良いです。
この部分だけ見ていると、デジカメには見えないところがグッド(死語)です。

ちなみに

Cimg0068

日本製だったりします。


キーボード再び(^^;

昨日紹介しましたキーボードですが。
結局タコさんでしたので、返品して別のにしてもらいました。

フォースの力があるせいか、指を近づけて隣の別のキーを押すと入力前に別の文字が反応してしまい正しく入力できない。
また、突然不思議な変換をしたりとストレスが溜まる上、肩こりまで引き起こしてしまいました。(;_;)

今度は少し上クラスのキーボードで(^^;
と言っても1300円ほど上ですが(汗)

Cimg0196

オウルテックのOWL-KB103L1とゆーのです。

これも古いキーボードですね。でも2006年にグッドデザイン賞を受賞しているから、たぶん大丈夫でしょう。

Cimg0199

写真ではわかりにくいですが、キーボードの外周は光沢処理されています。
雰囲気的には漆塗りみたいな感じ(笑)
本当は赤が欲しかったのですが、ディスプレイモデルのみだったので、結局黒しか在庫が無くて・・・

大きさですが
幅      奥行    厚
413mm×155mm×21mmです。

ちなみに交換してもらったのが
457mm×175mm×22mm

ですので、一回り小さいです。
キーピッチは双方とも19mmですが、オウルテックのOWL-KB103L1の方が音も静かで適度なクリック感とキー一粒が小さいのでブラインドタッチをしても間違えて隣のキーを打ってしまうとゆーことはありません。

Cimg0205

壊れたキーボードと比べるとそれでも一回り大きいですね(^^;
前のが
333mm×125mm×22mm
ですのでやはり全然違います。
まー、入力した感じは以前のモノと比べても違和感ないので、良いです。
ちなみにキートップの幅ですが、

昔11mm
今12.5mm

こうやって比べると大きさが違いますね。

Cimg0207

DELL(友情出演w)と比べると数段小さいのと、薄いので全然疲労感が違います。

オウルテックのOWL-KB103L1の良い所は、滑り止めがしっかりしている事かな。
意外とどっしりと机の上に収まってくれるので、ポジションさえしっかりしていれば入力中に移動することもなく安定してくれています。
また、薄いので腕を上げて打つ必要がないので、パームレストも不要になります。
この辺の作り込みは良いです。


キーボード壊れる(;_;)

昨日、突然会社で使っているお気に入りのミニキーボードが壊れてしまった。
「い」と「8」がまったく反応しなくなってしまった。

年末の忙しい時期に(;_;)

壊れてしまったキーボードがこちら。

Cimg0189

東京NEEDS(って、まだあるのかな?)のUSBミニキーボード。
ちなみに、昔は同じモノがロゴを替えて色々なメーカーから出ていました。
何で気に入っていたかとゆーと、キーピッチが小さいからですね。(^^;
私は、昔から電脳小物とノートPCは小さいモノばかり使っていたので、指が小さいキーボードに慣れてしまって、A4サイズノートPCとかデスクトップPCの巨大なキーボードは使えないのですね(^^;
打てなくはないけど、どーもあかんです。

でもって、急遽パソコンショップに行ったのですが、もうこの手のキーボードってないのね。
で、仕方なく買ったのがこちら。

Cimg0187

なんの変哲もない、ごくふつーの綾しげなキーボード。
何がよいかって、本体価格980円(笑)
でもって失効しそうなポイントを使って500円(^^;

キーボードの名前はSlim Pure Ketyboard。確かに高さは最高部分で22mmなのでスリムです。
ピュアかどうかは(^^;
ま、いろんなボタンが付いてこってこてのものよりもよいですが、なにぶんキーがでかい。
このため、ブラインドタッチに慣れるまでかなり時間がかかりそうです。
とゆーのも、いつもの感じで入力すると隣のキーを打ってしまい、解読不能な暗号になったり、変な文字になってしまいます。

でも、このキーボード、値段はお安いのですが一丁前にパンタグラフ式のキーとなっているので、タイピングの感じというか、クリック感はしっかりあります。
少々五月蠅いのが難点ですが。(笑)

Cimg0191

上のが、会社に転がっていたDELLのおもちゃキーボード。
これって高さがあるので、私的にはだめです。打ちにくいです。

Cimg0190

一番下が机に置いてあるもう一台のパソコンで使っているミニミニキーボード。
中間が愛用していたモノ。
上が今回買ったもの。
こうやってみると今回買ったのがいかに巨大なキーボードなのかよくわかります。

かといって、テンキーなしのミニキーボードも売っていましたが、キーはこれと同じくらいの大きさで、しかも4680円とお高いのです。

しばらくこれで我慢して、また良い奴見付けたら更新しましょう。

それにしても、テカテカでないキーボードは気持ちいいわ(^^;

耐水メモの耐水試験(笑)

文房具は日常生活に欠かせないものです。
その中でも、過酷な条件で使われる文房具もあるわけで、灼熱の砂漠、湿度の高い熱帯雨林(ジャングル)、はたまた風呂の中(笑)
こうしたニーズに対応しているのが耐水ペーパーを使ったフィールドノート。

Cimg0136

左がオキナのProject Paper、右がクツワの風呂単メモ。
オキナのProject Paperは以前からありましたが、クツワのは近年出たようです。
プロジェクトペーパーはダブルリングで止まっています。
風呂単メモはスパイラルリングで、両端が怪我しないように中で留められています。

Cimg0034

プロジェクトペーパーは5mm方眼、風呂単メモは横罫となっています。
紙の成分はわかりませんが、たぶんユポ紙のような紙を使っていると思われます。ヾ(^ )コレコレ

Cimg0031

風呂単メモは注意書きがしてありまして、「PL保険加入済み」とゆー表記もあります。
なんかヤヴァイことでも起こるのでしょうか(^^;
笑えるのが
雨の日や汗かきの手等の湿気に強い(^^;
確かに、ニーモシネを夏のワイシャツのポケットに入れておくと多少しなります(汗)
夏場には良いメモかもしれません。

実験開始

Cimg0139

とゆー訳で、やってみました。
文字は上から、シャープペンシル0.7、油性ボールペン(LAMY)、水性ボールペン(LAMY)、万年筆(ウォーターマンブルーブラック)、えんぴつ(Bファーバーカステル)、ゲルインキペン(忘れた(゚゚ )☆\ぽか)、ボールサイン(サクラ)、フリクションいろえんぴつ

1 筆記します。そのままでは万年筆や水性系は塗れているので2~3日乾燥させます。
2 指でこすったのがこの写真。
この状態でヤヴァイのがフリクションいろえんぴつ。あっとゆー間に消えます(^^;
万年筆は耐えましたが、
水性ローラーボールはこすれますねぇ。

そもそも、メモした時点で乾かないと使えませんね(爆)

Cimg0140

水に流してみました。
あっとゆー間に流れてしまったのが万年筆(^^;
あと水性ローラーボールもだめですねぇ。

そもそも、注意書きには以下のものと油性ペンだけ対応ですから。
シャープペンシル・鉛筆・油性ボールペン

耐水とうたっているサクラボールサインは大健闘
意外と頑張ったのがゲルインキペン。

ま、結果は見えていましたが、やってみたかったので(゚゚ )☆\ぽか


趣味の文具箱12

エイ出版さんから、年末恒例、趣味の文具箱No12が発売されています。

Cimg0142

派手な表紙ですねぇ(^^;
目を惹きます。
ただし、私が回る書店ではだいたい雑誌の棚の下に、ムック本は書籍と同じような感じで背表紙のみ見えますので(^^;

今回の特集は、ペンを遊べ
筆記具とノート、ペンケースなどについてユーザーさんの例が載っているほか、万年筆や鉛筆などと紙の相性みたいなのとか、

Cimg0143

定番万年筆とカラーインクのイメージ比較。

Cimg0144

ペリスケ800の色による見え方の違いなど、盛りだくさんです。

ただし、ペリスケに赤系統、紫系統、古典系ブルーブラックのインクを入れる場合ご注意ください。
筒内部に色が付いてしまいます。

海外の紹介は、デルタとスティピュラと、豪華二大特集。
ファンの方は良いですね。

構成的には、新作が本の中心部分に移動した位でしょうか。
ネタが限られてくるのでちと編集する方は大変苦労すると思いますが。
毎回買っているので、私的にはそれほど気になりません。

興味がある方は書店で立ち読みされるか。
こちらから


インディアンサマー

年末しかもクリスマス直前とゆーのに、なんでしょこの暑さ(^^;
夜も気温が下がらず、ぬるいです。

夜子どもの塾の迎えに行きましたが、気温18.6度(@@;

塾の迎えの帰りにスーパーに寄ったのですが、スーパーから出て家族一同、

暑っ」(^^;

スーパーの中より外の方が暑いって(笑)
普通、12月も15日過ぎると半端ねぇ位寒くなりますが・・・

革製メジャー(メーカー・名称不詳)

仕事柄、打合せや住民との会合で寸法表示をすることがあります。

綾しい文具店で発見したのがこれ。

Cimg0035

よくわかりませんね(汗)

Cimg0036

メジャーで良いのか(^^;
要は、巻き取り式物差しヾ(^ )コレコレ

1.5mまで測れるのでだいたいこのくらいの長さとかこのくらいの高さとか説明するのに重宝しています。

どうも在庫特売商品だったみたいで、値段がわからずレジに持って行ったら、POSでバーコードをぴっとしたら。
210円でした\(^o^)/
レシートに書かれていたのがタイトル。

ちゃんと革の良い香りがします(*^^*)

このメジャーの良いのは、引き出した後、中央部分を押すと出した分が元に戻る点です。
一番上の写真の中央部分が密かに出っ張ってますね。
あそこを押すとシャシャシャーって戻ってくれます。

こうやってまたかばんが重くなるんだわorz


ぷっちんくりっぷ(ミドリ・デザインフィル)

なにやら、どっかで聞いたことがあるフレーズ。
プッチンプリンではありません念のためヾ(^ )コレコレ

Cimg9507

この形状。
フライパンに目玉焼き風のらぶりーな形をしています。

どうするものかとゆーと。

Cimg9516

用紙などがばらけないように穴を開けた部分に、「ぷっちん」と挟んで留めるモノです(^^;
素材は革でできています。
合皮か?
でも革のかほりがします。

ボタンとゆーか、スナップとゆーか、そんな感じでできていて、留めるときに「ぷっちん」とゆー音がするからかもしれません(笑)
かあいいですよん。

めだま親父にも見えなくもない(゚゚ )☆\ぽか

FRIXIONいろえんぴつ(PILOT)

今年のBun2大賞を受賞したフリクションシリーズの新製品です。
てゆーか、これもちょっと前に買ったのですが(^^;

その需要が感じられなかったので、フリクションはあまり使わねぇ~と、
公言していたのですが(^^;
ひそかにいくつか買ったものはありましたがうpまではしませんでした。ヾ(^ )コレコレ

Cimg9488

色えんぴつとなると話は違います。(汗)

いろえんぴつと銘打っているだけあって、カラバリ(カラーバリエーションが増えました)
それなら話は別です。

筆箱(あえて言う(^^;)にひそかに忍び込ませておけば、配付資料に線を引いても、後で消せるとゆーのが味噌。

あまりのカラバリの良さに追加で

Cimg9515

おなじ赤系の色違いまで買ってしまいました(^^;

これ、まぢで良いです。
ただ、●●色セットとかもラインナップされているのですが、使いそうもない色なんかが入っているのでフルコンプはしません。(笑)

あー、あと、黄色は線を引いても見えませんので、買わない方が良いです。(^^;
上の写真にある群青色(ぐんじょういろ)は、万年筆のブルーブラックに似て良い感じの色合いが出るのでおすすめです。


隠れた名品プラマントラディオ TRJ50(ぺんてる)

年賀状の時期になりましたねぇ。

我が家は全然(^^;
仕事が忙しいのと、家でも何やかやあって、身動きが取れません。
と言いつつ、こんな事してますが(゚゚ )☆\ぽか

Cimg8673

ぺんてると言えば、サインペンやボールぺんてると真っ先に浮かびますが。
プラスチック万年筆。略してプラマンも意外と人気の商品です。

Cimg8678

ペン先が万年筆のようになっています。

上下に差があるのは、裏返して書くことで中字と細字が書けるようになっているためです。

プラマンの歴史はけっこう古く、1979年に初めてプラマンが作られ、1993年にトラディオ・プラマンが販売されました。とゆー息の長いロングセラー商品です。

Cimg8707

こちらがたぶん元祖プラマンではなかったかと(^^;
銀とプラマンの間に茶色っぽい軸のものがあるのですが、ちょっと捜しましたがわからなかった(^^;
どっかに転がってると思います。

Cimg8712

現行のプラマン・トラディオと比べると細身です。

Cimg8711

ペン先の構造も一緒(゚゚ )☆\ぽかあほ
書き味もいっsy(゚゚ )☆\ぽか(゚゚ )☆\ぽか

この辺の筆記具の進化が、万年筆を衰退に追いやったのではと思ったりします(^^;
また、復権し始めてはいますが。

宇宙戦艦ヤマトメカニックコレクション

残業帰りの深夜(;_;)
自宅にビールが無かったことに気づき、自宅近くのローソンに寄ったら発見してしまいました(^^;

遅かったのか、主役のヤマトは見つかりませんでしたが、

Cimg0116

ガミラスってゆったっけ?
敵の親分の名前はデスラーとかゆーのは覚えていますが・・・
敵の戦艦があったので買ってみました(^^;

テレビシリーズ35周年記念とか。
もうそんなになるのですね(゚゚ )トオイメ
年を取るはずだわ(^^;

Cimg0115

コーヒー(ローソン限定とあるので、いろんなメーカーのものですね)2コパックに1コ付いています。
缶押さえがディスプレーになっています。

色は覚えてないけど、フォルムは記憶があります。

Cimg0121

実際の大きさはこんなもんです(^^;
ま、おまけだからいっか。

それにしても、どんなアニメや漫画に出て来るメカってどうして、敵の方がカッコ良いんでしょ(^^;
ま、好き嫌いはあると思いますが。
世代ではなかったので、見ていませんがガンダムもザクとか敵の方がカッコ良く見えます。

でも、全体を通してのイメージが、ドイツ軍系みたいに見えるのは気のせいか(笑)
まぁ、日本軍って貧相だったから、やはりカッコ良い軍隊とか兵器とかファッションってドイツ系になっちゃうのかなぁ?
戦争映画を見ても、ドイツ軍は規律正しく描かれているけど、連合軍、特にアメリカって服装もよれよれだし、服もちゃんと着ていない兵隊さんの描写が多いような(笑)

あ-、もしかしたらまだ売っているかも知れません。

StainlessClasp

クリップつながりで(^^;

プラザ(旧ソニプラ)で以前買ったものです。

Cimg9285

上から、大・中・小
ステンレスのクリップですね。(゚゚ )☆\ぽかまんまやん

大きさが今一わかりませんね。

Cimg9286

恒例のフリスクさんと並べてみました。

大ははんぱねぇ~大きさです。

中と大はマネークリップとしても使えます。
がっ!
年中金欠の私としては、そんなに札を挟めるような余裕もなく。
優先度の高い資料やファックスなどを挟んで目立つように使っております(^^;

AUTHENTICSペンクリップ

Cimg8658

AUTHENTICS(オーセンティックス)社は、ドイツのデザインメーカーで、主にはキッチンやテーブル(ダイニング)周りのデザイングッズを扱っているメーカーですね。

その中で、異色なのがこのペンクリップ。

Cimg8661

一見、靴べらか内科医ののどの奥を見るおえ~ってなるものに似ています(^^;

Cimg8662

こんな感じで、鉛筆やペンを挿します。

どのように使うのかと言うと、長手の方向にある金属部分を、背中が開いているノート類。
ぶっちゃけゆーと、モールスキンの背中に刺します。

Cimg8663

こちらが単品で挿したところ。
なんか、モールスキンのために作られたような(^^;

Cimg8664

おまけで付いてきた鉛筆、こちらにはAUTHENTICSのロゴ入りの鉛筆です。
濃度表記はありません。HBかB位の濃さです。

Cimg8665

横から見たとこ。
意外とかっこええ(^^;

で、金属むき出しなので、鉛筆か安いシャープペンシル。
例のプレスマンとかしか怖くて使えませんが、本家サイト(日本版)では、なんと万年筆を挿してあります。
一見すると、モンブラン風に見えますが。
でも私は恐ろしくてやっていません(笑)

背中に隙間ができるノートや手帳類は問題なく挿せると思います。

人柱報告は、つちはしさんのところでやってます(笑)


LAVORO DI PASSAGGIO レザースリーブ

モールスキンは、手帳として人気がありますが、ペンホルダーが付いていません。
バネで広がるペンクリップ(外国製)、最近では国内でも作られている)も使いますが、これだと傷が付きやすいので、鉛筆や安いシャープペンシル・ボールペンしか怖くて挟めません。

革のモールスキンカバーでも良いのですが、そもそも高い上に、せっかくハードカバーの良い感じなモールスキンの意味が無くなってしまうと言うことと、年遅れのデイリーをメモ帳に使っているので、かなり厚いため通常のカバーでは合いません。
とゆー訳で、・・・

Cimg8780

革小物で有名なWILD SWANSと雑誌のリアルデザインのコラボで生まれた、ラヴォーロ・ディ・パッサージョシリーズのレザースリーブです。
サイトによると、モレスキン用レザースリーブとなっていますが、モレスキンとゆー呼び名は嫌いなので(^^;
ちなみに、一昨年頃まではエイ出版さんも趣味文とかでモールスキンとちゃんと書いてありましたが、いつの間に呼び方が変わっちゃったのでしょう(^^;

なんの変哲もない、革の芯とゆーか、しおりにペンクリップが付いています。

Cimg8828

裏にすると、名刺ポケット(スリット)があります。

Cimg8829

ただの芯(しおり)だけではなく、メモも挟めるようになっています。

Cimg8835

なんとLAMY2000の4色ボールペンまで挟めます(^^;
すげーわこれ。

Cimg8830

モールスキンに挟むとこんな感じ。

Cimg8831

立ててみました。

しかし、1しおり、2ペンクリップ、3名刺入れ、4メモはさみと一台4役のすげーレザースリーブです。


クリップタブ

春先に丸善さんで見本をもらったままそのままにしていました(^^;

Cimg7541

英題はClip - Tabsそのまんまやん(笑)

今までありそうで無かった、クリップと見出しの仕切りが合体したものです。
写真はこれだけ(゚゚ )☆\ぽか

この良いのは、紙でできていて、気軽に書ける事です。
ですから、資料をファイルするのにも使えるし、インデックスとしても使える。

しかも、これがアメリカで作られたモノ。
この辺の隙間商品は、無印とか100均とかでありそうなんですが(笑)

でも、類似商品がすぐに出そうな予感(^^;

さらばZaurus

ネットニュースを見ていたら、

>シャープが、1990年代に大ヒットした携帯情報端末(PDA)「ザウルス」の生産
>を停止していたことが13日、わかった。
>日本のPDAでは草分け的存在だが、パソコン並みの機能を備えた携帯電話「ス
>マートフォン」の登場などで、役割を終えた。在庫がなくなり次第、販売も中止する。
>修理などのアフターサービスは続ける。

ネットソースは、こちら
(時間経過により、見えない場合があります)

思えば、1980年代電子手帳のPA-7000から始まって、リナザウ3000まで、とびとびですが使ってきた私としては、CLIEの撤退同様に何か寂しいモノがあります。
ケータイの機能が強化し、かつまた、自社でスマートフォンを沢山作ってきている状況からの判断でしょうね。

メイドインジャパンのPDAとして進化して欲しかったような。

CLIEやCEマシン亡きあと、PDA市場を一身に背負って来たZaurusが、満身創痍のような気がして・・・

長い間お疲れ様でした。

日経プラスワンに万年筆が紹介されています

平成20年12月13日(土)の日本経済新聞の別冊、日経プラスワンに万年筆の紹介がされています。

Cimg0058

この中の手前にあるカラーのものがプラスワンです。

Cimg0061

掲載されているページは日経プラスワンの18面
記事は写真を除き、4段くらいB4位の大きさです。
(著作権の関係で見出し以外は読めないようになって
いますのでご了承くださいm(_ _)m)

パイロットペンステーションミュージアム&カフェさん、アサヒヤ紙文具店さん、中屋万年筆さん、つちはしさんなどそうそうたるメンバーに加えて不肖私のことがちょっと書かれています。(汗)
Aさん(仮名)とか、ZEAKさんではありません。あーあ、これで年ばれた(^^;

興味がある方で読んでみたいとゆー方で、期購読されていない方は、早めの時間帯ですと駅やコンビニエンスストアなどで入手可能です。(朝のうちに売り切れの店もあります)
その際、別冊の日経プラスワンが付いていない場合がありますので、
確認してからご購入ください。(^^;
140円だったかな?
(注:新聞ですので販売は平成20年12月13日限り)

BRAIN PW-AC880 固まる(^^;

ここのところ特段出番がなかった電子辞書のブレーン880ですが、先日調べたい言葉があって、付けようとしたら電源がうんともすんとも言わなくなった。
もしかしたら、最近使っていなかったので。すねたのかも(^^;


まぢすか。
もしかして初期不良?

と思い、まずリセットボタンを押す。
反応なし。

電池抜き

反応なし。

とゆーことで、営業時間内だったので、シャープのサポートに電話。

サポート曰く。
1 リセットボタンを長押ししたまま
2 電源ボタンを長押しする。
(3~4秒)
その後、リセットボタン、電源の順で手を離す。
とのこと。

でも、ぜんぜん改善されtない。
こりゃいよいよメーカーに出さなければならないのか?(汗)

その可能性は高いですと・・・(@@;

サポートさんの助言で、残る手段。
電池抜き→放置→
とゆー手を試して、それでダメだったら、また連絡してください、取りにお伺いしますとのこと。

なんか、さぁ~、HP200LXみたいなのねん(^^;

で、電池抜き放置1時間。
再び電池を入れてみたら、見事復活\(^o^)/

とゆー訳で、不具合があった場合でも、この手を試してみるのも良いですよ。
(って自分用のメモだし)

世界最小のツバメノート+ポケッティア

あちこちのブログで話題になっている。
ナイト・アンド・デイ ディンプル、ツバメノートが作った世界最小のノート(笑)

Cimg9684

こんな感じで送られてきました~。
写真は革小物で有名な、COBUさんとのコラボ。
COBUさんと言えば、ミンティアケースフリスクケースペンケース文庫本カバーなど、沢山持ってます(^^;
意外と隙間的な商品を作ってくれるので、つい買ってしまいます。

Cimg9686

革ケースは、フリスクとほぼ同じ大きさですね。
色は、赤とグリーン。
これは、いろんな文具店、革小物店によって限定カラーがあり、楽しめます。
とはいえ、限定カラーはほぼどの店も売り切れか?

Cimg9687

ノートはこちら。
単品(5冊1セット)もありますが、限定版は革ケースとセットで販売されています。
1冊あたり170円前後とかなり高いです(゚゚ )☆\ぽか
ま、アクセサリーですねヾ(^ )コレコレ

Cimg9690

これ、全10冊シリーズで、並べると昼間から夜までの一つの絵になります。
しかし、5冊パックがランダム封入なので必ずしも一つの絵になるわけではありません(^^;

Cimg9692

ちゃんと、カバー裏にはツバメノートの説明があります。

また、ミシン目入りなのでちょっとしたメモを書いて、相手に渡すこともできます。
破ってしまうのはもったいないですが(^^;

Cimg9693

ケースに収めるとこんな感じになります。
頭一つ分出るくらい。
全部入ってしまうと出せなくなりますので(^^;

Cimg9694

引き出したところ。

革紐が付いていて首から提げることもできます。
私は、スマートフォンケースにリングでくくりつけて、緊急にメモしたいとき用にぶら下げています(^^;

カフェイン依存症気味なエンジニアの雑記サンの方に詳しく紹介されています。

マレキアーロペンケース 1本刺し(DELTA)

日本でも人気の高い、デルタのマレキアーロペンケースです。

Cimg9029

人気が高いのもわかりますね。
マレキアーロは、南イタリアのパルチザン(゚゚ )☆\ぽかあほ
アルチザン(伝統職人)が丹精込めて作ったDELTAの革ブランド名です。

Cimg9032

ペンケース裏側には、デルタのロゴが刻印されたプレートが付けられています。
って、光っちゃって見えないのねん(汗)
写真上から撮るとカメラ写っちゃうし(^^;
たしか、少し前のモデルは、革に直接刻印されていたような記憶があります。

Cimg9068

重さは、ご覧の通り31.4g
このマレキアーロの人気の秘密は、上質な革もさることながら、ペンケースの中心部にさりげにオレンジの革をデザインに使っていることですね。
ちなみに、オレンジ革の時に中央部分は黒だったと思います。

Cimg9075

これに合う万年筆はとゆーと。
セーラー149(゚゚ )☆\ぽか のレアロでしょう。
入れてみました。
ちょうど良い大きさです。

Cimg9076

蓋をしても頭がちょうど良い位の感じです。

Cimg9098

ペリカンのスーベレーンM800を入れたら、中に入ってしまいました(^^;
やはり、このマレキアーロは、大振りのペンが似合いそうです。

とゆー訳で、これに似合うペンを捜さなければ(゚゚ )☆\ぽかあほ

ちょースリムなビュローステープラー(デルフォニックス)

デルフォニックスさんのビュローシリーズ。

Cimg9122

一見、黒いガムケースのように見えます。

Cimg9123

横から見たとこ。
良く登場してくれるフリスクさんと並べても同じくらいの厚さなのでかなり薄いです。

Cimg9124

なにかとゆーと、いわゆるホッチキスですね。
ホッチキスと打つと、特定商品名と怒られます。NHK風にゆーと「書類とじ器」(爆)
こう書かれると、なんのこっちゃですね。
だから、ホッチキスと書いてます(゚゚ )☆\ぽか

Cimg9125

針の交換は、てこの原理を逆に広げると出てきます。
惜しいのは、このビュローステープラー。
最初には針が入っていません(;_;)
これだけ買っても使えねーとゆー事になります。
購入する方は注意してくださいね。

この位スリムでお洒落だと机の上に転がしておいても場所を取らなくて良いし、私の場合、打合せ資料を持って行ったときに差し替えとかあると、書類とじ器は必須アイテムなので、かばんの中に入れてあります。
あー、かばんの中ぱんぱん(゚゚ )☆\ぽか


NUDE EX MDR-EX85SL(SONY)

最近立て続けに昔から使っていたイヤホンが不調になってしまった。
そりゃそーだよな。第2世代のiPodのおまけイヤホンとか、それと同時期に買ったようなイヤホンだもんね。

たまたま、近所の電気屋さんがリニューアルのため閉店セールをやっていたので、以前紹介したプリンターを買ったときに、型落ちのために値下げされていたモノを更に15%オフで売っていたので保護しました。

Cimg9244

ソニーにしては珍しい、白です。
てゆーか、これしか残ってなかったし(^^;
ま、どーせiPodで聞くから白で良いし。

Cimg9251

箱から出すと、本体と延長ケーブルが入ってます。
SONYってこーゆーの好きですね。
でも、この辺いつも思いますが、帯に短したすきに長しって感じ。
できれば標準で1m位のにしてくれると良いのですが。

Cimg9245

最近のイヤホンって、なんでこー変態的なデザインをしているんでしょうか(^^;
そういえば、以前借りていたZEN X-Fiのイヤホンの音質はすこぶる良かったが。

それに比べると、このEX85SLの音質はちと落ちます(^^;
たぶんX-Fiはイヤホンも良いが、元の再生側も相当良かったんでしょうね。

ただし、カナル型イヤホンと違って、完全密封ではないので外部の音もそれなりに聞こえるし、風きり音やケーブルに当たってイヤホンに響くってゆーことが無いのが良いです。

ちなみに、この不思議な形状ですが、耳に入る部分からだけでなく、ひっかかる部分(写真出見える格子状の場所)からも音が出て、臨場感を増すのだとか。

Cimg9248

拡大してみました。

Cimg9249

ゴムパッドを剥いてみました。
以前紹介したX-Fiの時に使ったSONYの奴と同じ構造ですね。
個人的にはZENのイヤホンの方が好きです(^^;

が、そんなことは言わずにしばらくこれで使ってみます。

普通イヤホンは使い捨てみたいな感じで思われている方が多いと思いますが。
購入後1年以内に通常使用による断線などが発生して聞こえなくなった場合には、保証期間中なら新品交換してくれます。
てゆーか、今もやっているかわかりませんが(^^;
昔、ウォークマンが流行った頃は何回か無償で交換してもらったことがあります。


トラ・トラ・トラ! コレクターズ・ボックス

臨時ニュースを申し上げます。
臨時ニュースを申し上げます。
大本営海軍部発表、本12月8日未明、我が帝国海軍は、
真珠湾において多大なる戦果を(゚゚ )☆\ぽか

とゆー訳で、小さい頃に見てすげーインパクトに残った映画「トラ・トラ・トラ!」のDVDコレクターズボックスが発売されました。

Cimg9928

多感な時期で、確かこの頃タツノコプロで作った「決断」とかゆー、紙芝居みたいなアニメもあったな。(^^;
歌は○翼の方が喜びそうな軍歌調だった記憶が。

歴史学者のゴードン・W・ブランゲ氏原作の「トラ・トラ・トラ!」をダリル・F・ザナックが118億円とゆー巨費を投じて、作った戦争超大作。
日米オールキャストとゆー、当時としては超ド級の戦争映画。

たぶん、この時期は少年マガジンとか少年キングなどの週刊漫画の巻頭カラー口絵がゼロ戦とかゴジラとか大伴昌司氏の企画構成で、子ども達は戦争の悲惨さ云々以前に、戦艦や飛行機などのデザインに萌えていたんだと思う。

Cimg9931

コレクターズ・ボックスとゆーだけあって、アメリカ版DVDと当時日本で放映した日本版の2枚が入るとゆー豪華さ。
現在レンタルビデオやDVDで見られるのは、日本側の台詞に英語の字幕が出たり、肝心な渥美清と松山英太郎のコック室での日付変更線云々のギャグは見られないモノです。
って、濃すぎか(゚゚ )☆\ぽか

もう一枚は、当時の貴重なメイキング映像集。
一番右のあるのは、当時のプレスシートや少年漫画のトラ・トラ・トラ!の特集を縮小復刻したモノ。

Cimg9932

裏面です。

Cimg9933

こちらは、おまけの復刻図集。
けっこう楽しめます。
てゆーか、両方とも記憶に残っています。
あと、パンフレットは家のどっか捜せば出てくるかも(笑)

まだ、見ていないけど時間を見て、じっくり見てみようと思います。
ちなみに、アメリカ公開版(デジタルリマスター版)が145分、日本公開版が147分(これは当時のフィルムから焼いたみたい)。

Cimg9377

こちらはDVDのおまけでなくて(^^;

先月コンビニで見付けて保護した、童友社の1/100翼コレクションVol13
真珠湾攻撃隊 零戦21型 のうち、空母の瑞鶴戦闘機隊の所属機。
せっかくだから載せておきます(^^;

そういえば、映画のトラ・トラ・トラ!を撮影するときに、南洋諸島に遺棄されている当時の零戦を集めて作り直そうという話が合ったそうですが、結局無理なことがわかり、アメリカの練習機テキサンを改造して零戦に組み直したとゆーのはあまりにも有名。
なので、映画に出て来る零戦を見ると下のプラモに見るような翼の形状ではなく、若干後退翼になっています。
って、濃すぎか(^^;

Cimg9382

お安い割に、完全塗装されていて組み立てれば(注:昔のプラモみたいにセメダインがいるのよ)それなりのフォルムに見えるモノ。

Cimg9383

上からみたとこ。
今見ても美しいフォルムです。

昭和初期にこんな美しいデザインの戦闘機が作れるなんて、そもそも欧米諸国は信じていなかったので、開戦当初は破竹の勢いでした。
しかし、物資の少ない国情故、極限まで軽量化して防弾性能は全くなしとゆー、パワーで持って行くアメリカ軍にはミッドウェー海戦以降はも圧倒されっぱなし。とゆー、悲劇のマシンでもあります。

ハンドルネームのZEAKですが、米軍が零戦(本当はゼロ戦とは呼ばずにレイ戦と呼ぶのが正しいです)に付けたコードネームZEKEに由来します。
ただ、ZEKEだとそのまんまだし読めない人もいるので、現在のZEAKとしてあったりします。

トラ・トラ・トラ!に興味のある方は、こちら
1万本限定だそうですが、店によっては既に完売の所もあるらしいです。
それにしても、この値段でコレクターズ・ボックスが手に入るとは良い時代になりました。


貼ってはがせるクリアメモの実力は?

春先に無印良品の貼ったまま読める透明付箋紙を紹介しました。
その後、コメントで100均にもあるよんと教えていただきましたが、なかなか100均に逝く機会もなく、また行っても見あたらない(置いていない)こともあり、今まで来てしまいました。
先日、子どもの待ち合わせで時間があり、別の100均に寄ってみたところ発見しました。\(^o^)/

Cimg9513

こちらが、100均オリジナル?の貼ってはがせるクリアメモ。
ネーミングがコクヨのドットライナーとかぶるのですが(笑)

台紙を折りたたむことができ、表紙には「WRITING STATION Tracing Paper」と書いてあります。
あー見付けたのは、全国区のダ*ソーさんです。

透明度
Cimg9617

左から、100均クリアメモ、貼ったまま読める透明付箋紙、伊東屋オリジナルトレーシングペーパーメモ
になります。
こうやってみると、クリアメモの透明度は抜群です。

書き味
Cimg9618

上から
フリクションボール(青)
油性ボールペン(LAMY青)
シャープペンシル(0.7HB)
万年筆(モンブランロイヤルブルー)
油性ペン(PROUSEプラチナ)
サインペン(ぺんてる)
ダーマトグラフ(三菱)
ボールサイン(サクラ黒)
色えんぴつ(伊東屋マーブル鉛筆)
マーカー(三菱)
です。
あー疲れたヾ(^ )コレコレ

それぞれ、フィルムの質が違うので、得手不得手がありますね。
何を使いたいかによって変わってきます。
順位は
伊東屋トレーシングペーパーメモ>クリアメモ>貼ったまま読める透明付箋紙
もちろん、トレーシングペーパーメモは、貼ってはがせるモノではないので、ドットライナー貼ってはがせるテープ糊を貼らなければなりません。
それを考えると、100均クリアメモが大健闘ですね。

万年筆ははじいてしまうので使えませんが、それ以外のものでしたら、ほぼ完璧です。

Cimg9620

100均クリアメモは、裏側がフィルム状になっています。
これで薄さと透明度を確保しています。

ちなみに
100均クリアメモは12枚で105円@8.75円
貼ったまま読める透明付箋紙は20枚で525円@26.25円(@@;

もう、どっちが良いかは、言わずもがなですね。

参考までに
伊東屋トレーシングペーパーメモは100枚で294円@2.94円
コストパフォーマンスは抜群です。

PENBRAND(世界の万年筆ブランド)

アマゾンに頼んだので入手が昨日になりましたが、エイ出版の世界の万年筆ブランドが来ました。

Cimg9834

ペンカタログをお持ちの方は不要かも知れませんね(^^;
万年筆のブランド45社の筆頭万年筆と有名どころでは、歴史なども掲載されています。

Cimg9836

前端部分は、万年筆の名称や

Cimg9837

ペン先の種類など、初心者でもわかりやすく紹介されています。
自分に合った、あるいは目的にあったペンを選ぶのには良いかも知れません。
後ろ部分にはメンテナンスなどの説明もあります。

Cimg9835

写真はペリカンの例ですが、このように丁寧な解説がされています。
定番のブランドだと、複数ページに渡って紹介されています。
簡単なブランドだと、1枚あるいは見開きで紹介されています。
これを見ると、どのブランドが人気なのかわかったり(゚゚ )☆\ぽか

しかし、この本まぢやばいっす。(笑)
欲しいものが次々と(゚゚ )☆\ぽか(゚゚ )☆\ぽか

不思議な多色ペンBriefing(ブリーフィング:BIC)

配付資料などを見ていると、ここ重要って所があって、手持ちの筆記具を使って○で囲んだり、引き出し線やアンダーラインを入れることがよくあります。
筆箱を持って行けば、その中にある赤鉛筆やラインマーカーを使って書きますが。
そういうときに限って持っていなかったり。
そんなときに役立つのが、ボールペンやライターで有名なBICのブリーフィング。
なんとも凄いネーミングですが。

Cimg9284

軸の色によって、青、黒、赤のボールペンが入っているようです。

Cimg9289

キャップを開けると普通のボールペン。

Cimg9290

首軸と胴軸どちらかを支えて、回すとボールペンの周りから、徐々にマーカーが出てきます。

Cimg9291

出たとこ。
特にストッパーのようなモノはありませんが、回し始めが少々硬くなっています。

これで思うのが、LAMYのピックアップ。現行品は、ピックアップマネージャー(マネジャー)と言います。

Cimg9287

とゆー訳で比較してみました(^^;
そもそも、価格帯や質感からして比較するのもなんなんですがヾ(^ )コレコレ

Cimg9292

ブリーフィングは、本体が両用式となっていますが、LAMYピックアップは分割式になっています。
どちらか良いかは本人の好みになりますが(^^;

いずれにしても、どちらのギミックも楽しいです。

BICのブリーフィングは、使い切りです。
ちなみに、蛍光マーカーは簡単に抜けます(笑)

EX-word XD-SP6700 vs Brain PW-AC880

比較はあっさりヾ(^ )コレコレ

表面デザイン

Cimg9331

トップカバーは、Brainの方が全体的に光沢ブラック出処理されていて、美しい雰囲気が出ています。
一方、EX-wordはカバー部分が光沢ブラックで、エッジとヒンジ部がシルバーになっています。
したがって、締まって見えるのはEX-wordでしょうか。
長さはEX-word方がワイド。Brainが奥行きがあります。

裏側

Cimg9332

関係ないけど(笑)裏側です。
Brainは全身ブラックに対し、EX-wordは裏側はシルバーになっています。
Brainは裏面が全身フラットになっています。
でこぼこ感があるのはEX-wordですね。これはCASIO伝統のデザインかと思います(^^;
放熱効果なんてあるのかな(^^;

開いたところ

Cimg9341

オープン状態。両方ともフルフラットになります。(^^;
インパクトがあるのはBrainのカラーですね。
モノクロ画面だと、新しいかどうかわからないし(゚゚ )☆\ぽか

キーボード

Cimg9351

QWERTYキー配列は一緒です(゚゚ )☆\ぽか
目を惹くのは、タッチパッドエリア。
Brainは四角が大きい。EX-wordは細いですが横長で多数書きやすくなってます。
決定キーは、EX-wordの方がわかりやすいでしょうか。
Brainは、全体的に上品にまとめてある感じがします。
ただし、一つ一つの操作キーがいまいちわかりにくいのがBrainです。
あー、あまり出番がないのでわからないとゆーのもあります(^^;
おぢさんなので、理解できないとかもあります。
そもそも取説読まないで勢いで使う人なので(゚゚ )☆\ぽかヨメ

特筆すべき点は、Brainのステレオスピーカーでしょう(^^;

辞書
辞書については双方100コンテンツです。
でも、契約の関係か味付けが違います。
辞書まで比較して買わなかったし<σ(^^;

メインに使うのが、国語系や百科系ですが。
Brainはスーパー大辞林
EX-wordは広辞苑、明鏡国語辞典
百科事典はブリタニカは共通ですが、BrainはQuick Scan Versionとなっています。
これは、カラーに対応したモノで、書籍の発行はされていないようです。
EX-wordの方は、これにマイペディアが載っています。

Brainの特徴は、動植物のカラー百科とか世界遺産などビジュアル系が中心です。

その辺の味付けが違いますね。

しかし面白いっす。
個人的に、辞書の項目や内容はEX-wordの方が好きだったりします(゚゚ )☆\ぽかあほ

ふでdeまんねんを改造する(゚゚ )☆\ぽか

そろそろ、年賀ジョーを書かなければならないのですが、なかなか重い腰が上がらずに、いつも四苦八苦しながら年末に書くとゆーのが我が家の定例イベントになっています。
立つんだジョー(゚゚ )☆\ぽか

ところが、最近流行のインクジェットタイプの年賀はがきが、これまた万年筆とすげー相性が悪いのね。

はじいてしまって、書けません(;_;)
とゆー訳で、お父さんの分だけは普通紙(笑)

あー、前置き長げー(゚゚ )☆\ぽか

閑話休題
であるからして、ここで出番はセーラーの長原神が発明した、世にも奇妙な形状のふでdeまんねん関西人の乗りだけあって、なかなか味のあるネーミングでまんねん(゚゚ )☆\ぽか

最近発売されているふでdeまんねんは、ペン先の角度が40度と55度の2種類があります。
たぶん、私が持っている昔のは40度一律だと思います。

とゆー訳で、えいやぁからっと指で曲げてしまいましたぁ~あああ(゚゚ )☆\ぽかあほ
注:決してまねしないでください

Cimg9540

下が純正、上が曲げたの(^^;

Cimg9541

左が曲げたのです。
曲げがきついと、ペン芯に当たりますので、ペンを抜いて少しペン芯から離す必要があります。
この辺もし試したい方は自己責任でお願いします。
高価なものしか持っていなかったら、やりませんてば(笑)

Cimg9544

純正ノーマルが左ですが、普通に書くと細いです。
で、市販車改造クラスでは、どばっと太字になりました(゚゚ )☆\ぽか
字が下手なのはご容赦ください。(汗)

Cimg9546

このくらい太筆になると、新年のあいさつも書けます(゚゚ )☆\ぽか

折を見て、ふでdeまんねんの55度バージョンも入手してみようかと思います。(笑)


EX-word XD-SP6700 (CASIO)

タイトルですが(^^;
私が2台使うために買ったわけではありません。(汗)

今までうちの子(双子)が、高校入学の時に一つの学校は、入学時には電子辞書禁止(紙で引く癖を付けさせるとゆー理由から)。なので、2号だけ買いました。双子なのに電子手帳を持っていたのは1台のみ。
ところが、昨年頃から電子辞書を使うのが1号2号と逆転。

Cimg9323

箱です。ブレーンの方が大きいし。勝った(゚゚ )☆\ぽか

Cimg9325

取説です。ブレーンの方が厚いし。勝った(゚゚ )☆\ぽか

本体

Cimg9329

本体はブラック仕様のモデル、いわゆるBSってゆー奴。
色々調べたら、アマゾンが一番安かった。
アマゾンって不思議で、とんでもなく安い日があるのね。その後はまた上がったり。
なんか、為替相場の変動を見ているみたい(^^;
シルバーとか白でも良いんぢゃね?
と聞いたら、型が違うけど白や銀はみんな持ってるからとゆー理由で。(笑)

ちなみに、ピアノ塗装とゆーかラッカー塗装とゆーか、鏡面仕上げなので、指紋ばっちりです(^^;
ま、これはブレーンにも通じることですが。

開けたところ

R0011596

CASIOのは、昔から蓋を開けるとすぐに電源が入るので、オープン即キー入力が可能です。
シャープのブレーンは開けても電源を入れなければ付きません。たぶん、無駄な電源を消費しないようにできているのでしょう。
もしかしたら、ブレーンはWindowsCEの例の起動処理をしているのかも(^^;

R0011597

バックライトを付けたとこ。
バックライトは非常に明るくて見やすいです。
電池消耗しますが。
あと、手書き入力画面には、バックライトは付いていません。
ブレーンは付いてるもんね~。勝った(゚゚ )☆\ぽかあほ

キーボード・手書き入力パッド

R0011598

目を惹くのが横にワイドに広がった手書き入力画面です。
幅広になっていて、沢山手書きができるようにとのことです。負けたorz
スピーカーはモノラルです。勝った(゚゚ )☆\ぽか

上下キーの中央部が決定キーです。
様々な選択は、こちらの方が直感的にわかりやすい配列になっています(^^;

Cimg9344

画面はモノクロですが、配列や表示は伝統的な形式ですので、直感的にわかりやすい表示です。

R0011605

型番忘れたけど、子ども1号が2号から取り上げた(笑)昔の電子辞書と並べてみました。
こうやってみると、昔の方がシンプルですが、わずか2~3年ですげー進化していますね。

XD-SP6700ですが一番のキモは、画面がタッチパネルになっていることです。
ブレーンは、手書き入力画面のみがタッチパネルになっていますが、液晶画面はタッチパネルではありません。
たぶん、カラー液晶の保護のためだと思います。
この差は大きいです。

電子辞書をお使いの方はご存じだと思いますが、辞書を引くと関連語や反対語、図などにジャンプする機能が付いています。
特別なアイコンが表示されるのですが、このジャンプ機能を使うときには、ブレーンの場合、ジャンプ機能はカラー表示されるのは良いのですが、それを決定する場合、いちいちカーソルで本文に降りて反転させなければ飛ぶことができません。
ところがこのXD-SP6700は、付属のスタイラスでジャンプをタップするだけで次に飛ぶことができます。
白黒とは言え、この機能は良いです。負けた(;_;)


萬年筆用箋(PILOT市販クラス(笑))

以前紹介したパイロット萬年筆用箋が、大きめの便箋となって販売されています。

Cimg9480

大きさはB5サイズ。
いわゆる普通の便箋の大きさですね。

Cimg9484

罫線は12mmと太めです。
ですから、太字の万年筆でどばっと書きたいですね。
右下にはさりげに、PILOTのすかしが入っています。

Cimg9521

投影したところ。

Cimg9481

1枚目はインク吸い取り紙です。
パイロット萬年筆用箋だけあって、インクをインキと表現しています。
渋うぃっしゅ(゚゚ )☆\ぽか

Cimg9485

以前いただいた非売品と並べてみました。

自信を持って出すだけあって、気持ち良く書けます。
とゆーのは、前の非売品用紙ですが(゚゚ )☆\ぽかあほ

自信を持って販売するのは良いのですが(^^;
945円と少々お高いです。(;_;)
最も、25%オフだったので買いましたが、それでも高いですね。ヾ(^ )コレコレ
LIFEのバンクペーパーと良い勝負です。

できれば、これとおそろいの封筒も出して欲しかった・・・・

八代目桂文楽復刻手ぬぐい(サライ:小学館)

サライって立ち読みくらいしかしたこと無かったのですがヾ(^ )コレコレ
小学館の恒例のおまけに釣られて買ってしまいました。

Cimg9832

雑誌の特集も、続々々落語入門。
とゆーことは、その前にもあったのか、残念(゚゚ )☆\ぽか

おまけは、手ぬぐいだけではなく、落語のCDも入っています。
すげーわ小学館。

Cimg9833

ミニサイズではなく、通常版の手ぬぐいの大きさ。
昭和30~40年代にかけて名人とうたわれた八代目桂文楽の復刻てぬぐい。
とても渋うぃっしゅ。

たぶん本日発売なので、まだ沢山店頭にあると思います。

BRAIN PW-AC880 (その4)

こんなこともできます編

知らなかったのですが最近の電子辞書は、MP3を入れたり、好きな写真を入れたりとまぁ~何でもできるのですね。

しかも、ステレオスピーカーが付いているので、音が良いです。
本体の辞書にもクラシック音楽があって、すげー良い音で聞くことができます。

Cimg9392

政府のサイトから落としてきた、都市計画法。
これもテキスト化すれば閲覧できます。
仕事柄法律文章は必要なので、出先で会議中や打合せ中に、何条は~みたいな時に確認できます。

これは、AD[es]なんかにも入れてあるのですけど、こっちの方が字が大きくて見やすいし、すぐに確認できるのが良いです。

Cimg9393

こちらは、ネットショッピングでDLした小説。
荒俣宏氏の帝都物語。

仕事してる振りして、小説も読めます(゚゚ )☆\ぽか

ここまで進化しているのでしたら、できればテキスト入力機能とスケジューラーがあれば、無敵だと良いと思いますが(^^;
って、欲をかくとぢゃあ無線LAN付けて、ネットが見えるようにしたいとか際限なくなりますね。
ま、辞書に特化していることが良いのでしょう。

Cimg9266

昔懐かしいSONYのデータディスクマンと並べてみました。
データディスクマンは、初期の頃のいわゆる元祖電子辞書ですね。
データディスクマンは、意外と普及する前に消えてしまいました。
が、当時EBと言われ、ミニCDが使われていたので、気軽にPCに読み込ませることもでき、それを加工してPDAに落とし込んでいたので、本体が動かなくても、大量に辞書をPDAに入れて置くことができました。

Cimg9268

見た目の雰囲気は似ていますね。

Cimg9270

でも、厚みが全然違います(^^;

BRAIN PW-AC880 (その3)

電源を入れるとオープニング画面が出てきます。
これは、好きな絵(写真)を保存してそれを使う事もできます。

本体メモリーは100MBあります。
絵はSDカードに入れて使うみたいですが(^^;

Cimg9366

面倒くさいので、オープニング画面は本体に登録されている世界遺産の写真が出るように設定しています。

Cimg9261

初期画面では、国語辞典系の画面が出ます。

Cimg9262

下の液晶パッド部分は、お気に入りの辞書を登録することができます。
光っちゃって見えませんね(^^;

Cimg9368

バックライトを付けることもできます。

Cimg9409

電子辞書のバッテリーがどこかでみたようなと思って、AD[es]に似ていたのでこりゃ互換性があるかな?
と密かに期待したのですが(^^;

EA-BLまでは同じなのですが、12と14でびみょーに違っていたので使えません(゚゚ )☆\ぽか

BRAIN PW-AC880 (その2)

最初の充電にはなんと5時間もかかります。(@@;

ま、カラーマシンだからかもしれませんが。

ちなみに、このマシンとW-ZERO3のACアダプターは同じシャープ製とゆーことで、出力数など規格が同じなので、W-ZERO3のアダプターが使えます(^^;
注:こちらは自己責任でお願いします。壊れても責任は持てません。

とゆーことは、自宅と会社に電源を置いておけるとゆー事で。

この前のモデルはたしかワンセグが見られる電子辞書だったかと思いますが、(その次にもなんかでたかも)この辺は詳しくありません。
前モデルは20数時間しかバッテリーが持たなかったようですが、こちらはカタログ値で80時間持つとゆーことです。
参考までに、入手してから1か月以上過ぎますが、まだ、電池ゲージがぜんぜん減りません。
一日数回調べたり、テキストを読んだりする分にはほぼ充電は必要ではないです。

最初に電源を投入すると、WELCOMEの画面の次にタッチパッドの調整画面が出ます。

Cimg9230

タッチパッドは、ノートパソコンのタッチパッドの位置にある液晶画面ですね(^^;
この辺は、ZaurusやCLIEみたいな感じです。

Cimg9234

写真はコントラスト調整用画面ですが。

Cimg9235

なんと、かな入力かローマ字入力かとゆー設定もできます。
残念ながら、キーにはパソコンのキーボードにあるようなキートップにかなの刻印はありませんが(^^;
これでかな入力をするのは勇者(達人)です。

Cimg9236

次に日付の入力を促してきます。
デフォルト値は、来年2009年の1月1日になっています。
時刻表示は12時間制で24時間表示は選べません。

時刻表示の入力は、タッチパッドで行います。

Cimg9237

時刻表示画面になると、タッチパッドにテンキー画面が出てきます。(^^;

面白いのがこちら。

Cimg9242

なんと、この電子辞書は、OSにWindows Embedded CE 6.0 Coreが採用されています。

CE6.0が採用されているのなら、ネット接続とかアウトルックとか、その他諸々の機能も付けて欲しいと思うのは私だけでしょうか(^^;


綾しいカラー電子辞書Brain(ブレーン)PW-AC880(シャープ)

師走だなぁ、僕は君といるときが一番師走なんだ(゚゚ )☆\ぽかあほ

久々の電脳小物です(^^;
世の中はポメラで盛り上がっておりますが、おぢさんは今頃電子辞書なるものを購入しました。
子ども用にはあったのですが、要らないだろーと思って。

そもそも、昔から辞典・辞書は大好きで、紙ベースの辞書を始め、出始めの電子ブック形式の電子辞書は持っていました。
あとパソコンのおまけで付いてきたEPWING形式の電子辞書CDとか。
これらの電子辞書類は、圧縮してHP200LXやCLIEと引き継いできて、最近ではシグマリ3やAD[es]に入れて使っています。

ところが、やはり専用マシンにはかないませんね。
モバイルマシンで使っていると、ソフトの立ち上げ、辞書の選択、検索とけっこう手間がかかります。
そういえば、ケータイにも簡単な国語辞典と英和・和英辞典が付いていたっけ(^^;

手紙を書くときとか、報告書を手書きで下書きをするようになって、ちょっとした言葉の使い回しや難しい漢字などを書く時には辞書が必要になります。

そこで、どーせなら最新のを安くとゆーことで、表題の機種を選びました。

箱です(゚゚ )☆\ぽか

Cimg9201

もっと、派手な写真入りの箱だと思っていたら、意外とあっさりしていました(笑)

本体と周辺機器

Cimg9202

いろんな色がありましたが、やはり渋めの黒にしました。
このマシン、PW-AC880はカラーマシンとゆーだけあって、電池駆動ではなく、バッテリー駆動になります。
なので、ACアダプターが付いています。

下に見えるのは、左がイヤホン、右がUSBケーブルになります。
USBケーブルは、普通のモノなので他のUSBケーブルでも問題ありません。
(あー自己責任で)

取説類

Cimg9203

取扱説明書はすげー分厚いです。(汗)
なんか辞書みたいな厚さです(笑)
中央のCDはPCとのデータ交換ソフト。
と言っても、要はネットで市販されている雑誌や書籍、オプションの辞書をダウンロードして、リンクさせるものです。

そのほかのはもろもろ注意書き(^^;

続く


« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ