« ふでdeまんねんを改造する(゚゚ )☆\ぽか | トップページ | 不思議な多色ペンBriefing(ブリーフィング:BIC) »

EX-word XD-SP6700 vs Brain PW-AC880

比較はあっさりヾ(^ )コレコレ

表面デザイン

Cimg9331

トップカバーは、Brainの方が全体的に光沢ブラック出処理されていて、美しい雰囲気が出ています。
一方、EX-wordはカバー部分が光沢ブラックで、エッジとヒンジ部がシルバーになっています。
したがって、締まって見えるのはEX-wordでしょうか。
長さはEX-word方がワイド。Brainが奥行きがあります。

裏側

Cimg9332

関係ないけど(笑)裏側です。
Brainは全身ブラックに対し、EX-wordは裏側はシルバーになっています。
Brainは裏面が全身フラットになっています。
でこぼこ感があるのはEX-wordですね。これはCASIO伝統のデザインかと思います(^^;
放熱効果なんてあるのかな(^^;

開いたところ

Cimg9341

オープン状態。両方ともフルフラットになります。(^^;
インパクトがあるのはBrainのカラーですね。
モノクロ画面だと、新しいかどうかわからないし(゚゚ )☆\ぽか

キーボード

Cimg9351

QWERTYキー配列は一緒です(゚゚ )☆\ぽか
目を惹くのは、タッチパッドエリア。
Brainは四角が大きい。EX-wordは細いですが横長で多数書きやすくなってます。
決定キーは、EX-wordの方がわかりやすいでしょうか。
Brainは、全体的に上品にまとめてある感じがします。
ただし、一つ一つの操作キーがいまいちわかりにくいのがBrainです。
あー、あまり出番がないのでわからないとゆーのもあります(^^;
おぢさんなので、理解できないとかもあります。
そもそも取説読まないで勢いで使う人なので(゚゚ )☆\ぽかヨメ

特筆すべき点は、Brainのステレオスピーカーでしょう(^^;

辞書
辞書については双方100コンテンツです。
でも、契約の関係か味付けが違います。
辞書まで比較して買わなかったし<σ(^^;

メインに使うのが、国語系や百科系ですが。
Brainはスーパー大辞林
EX-wordは広辞苑、明鏡国語辞典
百科事典はブリタニカは共通ですが、BrainはQuick Scan Versionとなっています。
これは、カラーに対応したモノで、書籍の発行はされていないようです。
EX-wordの方は、これにマイペディアが載っています。

Brainの特徴は、動植物のカラー百科とか世界遺産などビジュアル系が中心です。

その辺の味付けが違いますね。

しかし面白いっす。
個人的に、辞書の項目や内容はEX-wordの方が好きだったりします(゚゚ )☆\ぽかあほ

« ふでdeまんねんを改造する(゚゚ )☆\ぽか | トップページ | 不思議な多色ペンBriefing(ブリーフィング:BIC) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/43327927

この記事へのトラックバック一覧です: EX-word XD-SP6700 vs Brain PW-AC880:

« ふでdeまんねんを改造する(゚゚ )☆\ぽか | トップページ | 不思議な多色ペンBriefing(ブリーフィング:BIC) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ