« 懐かしい「でんぷんのり」(フエキ糊) | トップページ | Telios HC-VJ2Cの検索が多いのはなぜ? »

限定復刻版 早川式繰出鉛筆

文具好きの皆さんは定番の話ですが、このブログにはけっこう初心者の方も訪れておりますので、おさらいです。
詳しくは、ネットで検索してください(汗)

早川式繰出鉛筆とは、大正時代に現在のZaurusやアクオスで知られる家電メーカーのシャープ創始者である早川徳次さんが発明したモノ。
ところが日本では売れずに、海外から注目を集め大ヒット。あれ、ぺんてるのサインペンと一緒だわ(^^;

海外ではシャープペンシルの事を、メカニカルペンシルと言いますが、日本ではシャープペンシルの方が一般的ですね。

2003年に一度復刻されたのですが、あっとゆー間に売れてしまい。
昨年でしたか限定復刻とゆーことで、プラチナ萬年筆から500コ限定で出されたモノです。
(いったい、何本復刻しているのやら(^^;)

Cimg8724

こんな立派な桐の箱に入っています。
ま、箱は小さいですが(^^;

Cimg8725

蓋を開けると渋い全身銀色のシャープペンシルが登場。
保護材が抹茶色ってのも渋うぃっしゅ。(゚゚ )☆\ぽか

本体

Cimg8731

レトロとゆーより、今見ても新鮮なデザインです。

先端部

Cimg8733

元祖を忠実に再現していると言いますが、元祖早川式の芯の太さは1.15mm。
その後、0.7mmで復刻された時期があるらしいですが、その辺は詳しくありません。
現在市場に残っている復刻限定版はニーズに合わせて0.5mmのものです。
個人的には0.7mmか0.9mmが良いのですが(笑)

天冠

Cimg8734

天冠のデザインは、今のグラフ・フォン・ファーバーカステル(いわゆる伯爵コレクション)のデザインに似ています。
とはいえ、早川式の方が古いですが。

クリップ

Cimg8739

クリップ部は外部で留められています。
これも、ヤード・オ・レッドのデザインに似ています。


« 懐かしい「でんぷんのり」(フエキ糊) | トップページ | Telios HC-VJ2Cの検索が多いのはなぜ? »

鉛筆・シャープペンシル・メカニカルペンシル関連」カテゴリの記事

コメント

か、かっちょええぇぇ(汗)
し、渋ういっしゅ(笑)
ほ、欲しういっしゅ(゚゚ )☆\バキ
このタイプの鉛筆一本欲しいです。
素材はなんですか?シルバー?

次から次へとあるんですね。^^;
ナガサワの買い物かごに入れましたが今回はパスです。

ところでペンアンドメッセさんのセーラージェントルインク
の説明でジェントルどおしだと混合できるって、
初めて知ったのですが、
試されたことありますか? ありならおすすめ混合レシピ
をおねがいします。

としゆきさん
大昔にこんな洒落たデザインの
シャープペンシルを作っていたと
ゆーのが凄いですね。

ちなみに、基本素材は真鍮で、
それに、シルバーコーティングを
しているのかと思います。
925だと1万円前後では出せない
でしょう(汗)

帆奈穂 菜菜さん
インクの調合ですが、私は色々と
忙しくて(^^;
まだやったことは無いです。

でも、セーラーで純正に出している
8色をうまく調合すれば、好きな色
を出す事ができます。

セーラーさんも、その辺に配慮して
販売していると聞きました。

ただし、濃い色を沢山配合すると
すぐに真っ黒になってしまうので、
1:15とか1:10とかそういう配合
で、徐々に配合割合を増やしていく
のが普通みたいです。

ちなみに、いつでも混ぜ混ぜできる
ような材料は大昔に用意して
あったりします(^^;

他には、プライベートリザーブインク
も配合を前提として販売していますね。

ぜひお試しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/42877647

この記事へのトラックバック一覧です: 限定復刻版 早川式繰出鉛筆:

« 懐かしい「でんぷんのり」(フエキ糊) | トップページ | Telios HC-VJ2Cの検索が多いのはなぜ? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ