« ルイジ・コラーニが大昔にデザインしたペリカンNo1 | トップページ | 里親捜しています(アンドレ・クレージュデザイン・白のシャープ) »

ペリカンNo1 vs LAMY noto

ペリカンNo1を見て気がついたのが、今年発売されたLAMYのnotoです。
こちらも有名な深澤直人氏がデザインしたボールペンです。

Cimg8423

並べて見ました。
長さはだいたい同じくらいですね。

重さは
ペリカンNo1 11.5g
LAMYnoto  13.1g

びみょーに違う位ですが、notoの方が実際持った感じは重いです。

Cimg8424

首軸のアップ。
並べるとグリップ部分の形状が似ています。
しかし、胴軸に行くに従ってペリカンNo1は円形になっていきます。notoは三角形のまま。
この辺はデザインセンスの違いでしょうね。

Cimg8422

斜め前から
どちらも良い顔をしています。

Cimg8417

そういえば、前の回で説明を忘れていましたが、ペリカンNo1はスライドさせてノックする構造になっています。

« ルイジ・コラーニが大昔にデザインしたペリカンNo1 | トップページ | 里親捜しています(アンドレ・クレージュデザイン・白のシャープ) »

ボールペン・BP・水性・ジェル」カテゴリの記事

コメント

うがああっっ

この企画は私もやろうと思っていましたがぁぁぁっ

私はnoto見た瞬間にひらめきましたのに~。といっても、あとの祭り。orz

Hagyさん
ま、基本的に三角形をしている筆記具を見ると
誰でもやりたくなります(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/42535735

この記事へのトラックバック一覧です: ペリカンNo1 vs LAMY noto:

« ルイジ・コラーニが大昔にデザインしたペリカンNo1 | トップページ | 里親捜しています(アンドレ・クレージュデザイン・白のシャープ) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ