« BRAVIA XDV-D500(その5 評価) | トップページ | BRAVIA XDV-D500(その6 録画機能編) »

ウォーターマンらしくないスリムな万年筆(グラジュエート)

15~17年ほど前のチープなウォーターマンの万年筆です。
型番は不明です。
セーラーの川口先生に聞いても、見たことはあるが名前まではわからないとのことでした(^^;

Cimg4753

アルミでしょうか?
とても軽いです。

Cimg4754

天冠にウォーターマンのロゴがデザインされています。

Cimg4755

キャップエンドには、ウォーターマン、パリス、フランスと刻印されています。
ここまで来ると、すげー高級感あふれる万年筆のように見えますが・・・・

Cimg4759

ペン先を見ると、いきなり脱力します(^^;
刻印はありません。
しかも、このペン先並びに首軸のデザイン、どこかで見たような・・・

Cimg4767

そうです、モンブランの2**や3**の三桁シリーズと呼ばれている1970年代のモデルにくりそつです。
写真は、モンブラン320です。

Cimg4770

ペン芯部分もご覧の通り。
品質的には、モンブランの方が数段上ですが。

Cimg4761

国産のセーラー格安万年筆だが、書き味抜群の名作。ハイエースと並べて見ました。
フランスでの位置づけも、このクラスでしょう。

Cimg4762

斜めから見たとこ。
デザインは流石ウォーターマンって感じでしょうか。
見た目の安っぽさはないです。

ちなみに、書き味は絶妙です。
ウォーターマンの廉価版万年筆、クルトゥール・ライト・ソフト以上に書きやすいです。
ペン先はステンレスですが、昔の万年筆だけあって、適度なしなりもありますし、細いので手帳などにも書きやすいです。
って、今では入手困難か(^^;

お名前のわかる方がおりましたら、よろしくお願いします。

090824 追記 ビッツさんのコメントで、「グラジュエート」とゆー名前が判明しました。
ありがとうございました。

« BRAVIA XDV-D500(その5 評価) | トップページ | BRAVIA XDV-D500(その6 録画機能編) »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

80年代にどこのメーカーも手を出した細身のシリンダータイプですね。この頃のペンは個性を出すのが大変だったでしょうね。

モデル名、もちろん分かりませんm(__)m

ウォーターマンはいろいろなモデルがあるんですね。
ペン先は、モンブランのNo.12とかがさらに似ているような気がします。

残念ながら、名前は知りません。
私も25年以上前のウォーターマンがありますが、
(カートリッジはとっくに廃番になってしまった・・)
これも名前を知らずに使ってました。

どーむさん
確かに、どこも同じデザイン、同じようなペン先ですね。

morinagaさん
25年以上前のウォーターマンって、今とカートリッジが
違うのですか。
それは知りませんでした。
ウォーターマンだとヨーロッパタイプ(モンブランやペリカン
など)と同じ形状だとばかり思っていました。

はじめまして、たまたま拝見致しました。

この万年筆は31年くらい前に発売されていた【グラジュエート】だと思います。
(胴軸・キャップ゚は艶消クロームでペン先はスチール)

ビッツさん
はじめまして、コメント&情報ありがとうございます。
おっしゃるとおりの雰囲気ですので、名前がわかり
助かりました。
早速追加してみます。

はじめまして。ランボゥと申します。
私もこの万年筆を2年ほど愛用しています。

父の使用してない机の引き出しから出てきました。
父に入手経路など確認しましたが、残念ながら覚えてないそうです。。。


名前や字の太さなど調べたいのですが、情報がありません。
分っている事は、書き心地が良くてとても使いやすい事と、名前だけです。
(名前はこのブログで確認しました。(笑))

その後何か情報ってありますか?

ランボゥさん
こちらのは古いモノで、その後ウォーターマンのペン。
ペンにウォーターマンのロゴが入ったものに変更されて、
少し前まで出ていた廉価版の万年筆ですね。
既に全部廃番になってしまい。

グラデュエート、グラデュエイト’(まあ卒業みたいな意味ね(笑))
とか呼ばれていますが、ペン先が新しいバージョンで、
紹介した同じ個体ではヒットしません。
金ペンを使ったバージョンもあるらしいです。

総じて5~6000円前後で売られていたもの。

ただし、今のガチニブ(硬め)、特にウォーターマンは
美しいデザインの万年筆が多い割に、全体的に硬め
のニブが多いっすが、紹介しているモノは、鉄ペンの
割に私的には軟らかく感じるので、良いです。

詳しい情報がなくて済みません。

そうですね。ペン先と首軸のデザインが若干違うなと思っていました。
私のは、もっとシンプルなペン先と首軸です。
ニブは柔らかくて私的にも使いやすいです。

廉価版の万年筆でも、ウォーターマンにないシンプルさと控え目な所が
とても気に入ってます。(笑)

色々と情報ありがとうございました。

※他の記事も楽しく拝読させて頂いてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/41660083

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーターマンらしくないスリムな万年筆(グラジュエート):

« BRAVIA XDV-D500(その5 評価) | トップページ | BRAVIA XDV-D500(その6 録画機能編) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ