« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

BRAVIA XDV-D500(その5 評価)

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)
--------------------------------------------------------

■電池の持ち■
初充電から、どのくらい時間が持つか試してみました。
カタログ値では、8時間(ワンセグ受信)となっています。
私の普段の使い方では、一日だいたい以下のような時間テレビもしくはラジオを使用します。
朝:始業までテレビのニュースを付けています。30分程度か?
昼:こちらもニュース。だいたい20分
  一部ラジオ(ラジオはだいたい正時の前後10分程度か?ニュースや交通情報、天気予報など)
  ただし、ラジオを受信している時間はほとんど電池は消費しないかと思います。
夕:食事後ニュース番組。試験的にスポーツ(バレーやサッカーなど)30分程度
就寝前:ニュース番組。こちらは15分程度か?

1日あたりの視聴時間は、平均60~95分/日
それに、タイマー録画30分、30分、1時間(試験的に実施)
ビデオの閲覧は、一回の充電で計2時間

バッテリー切れ警告が出るまで使用してみました。

結果:6日
カタログで言うのは、連続で8時間と言うことなので、必要に応じて閲覧する分には、私の使用パターンでは1週間近く電池が持つようです。
これは予想以上の結果となりました。\(^o^)/

◆ここが○

・AMラジオが聴ける。
以前、DoCoMoからラジデン(ラジオと電話が使える)という画期的な携帯電話が出ていましたが、一般的な携帯電話ではワンセグかFMラジオしか聴けませんね。
また、ワンセグ+MP3プレーヤー+FMラジオというのもありますが、AMラジオ付きというのはほとんどありませんね。
その点、これは便利です。これだけでも買ってよいと思わせてくれます。

・録画機能
通勤ワンセグと位置づけてある1ランク下のXDV-G200は閲覧のみで、録画機能がないので、録画できるというだけで安心感がある。

・ワンタッチ録画機能
携帯のワンセグにも録画ボタンはありますが、別の機能との合わせ技などもあって、必ずしも使い勝手がよいとは限りません。このマシンのワンタッチ録画スイッチは便利です。

・バッテリーの持ち時間が長い
上記に書いたように、普段使いではほぼ1週間近く持ちます。
携帯電話のワンセグだと、連続使用で平均4.5時間ですが、これ以外にメール、通話、ネットなど色々な機能を使用するので、一時的に見ると言う程度でしょうか?そもそも、ワンセグ視聴しすぎてバッテリーが少なくなり、肝心なメールや電話ができなくなるのは怖いです。
その点、XDV-D500は専用マシンですので、安心して使えます。

・就寝前に気軽にニュース番組が見られる(^^;
我が家は寝室にテレビは置いていません。
寝る前にニュースが見られるのは便利です。(笑)

・オートパワーオフ機能
上に関連してですが、テレビを付けたまま寝てしまっても、設定さえしておけば自動的に電源が落ちます。

・録画方法が簡単
手動設定、番組指定、繰り返し録画など録画方式が多数あるのは便利です。
最近の機種はどうかわかりませんが、私が持っているワンセグ携帯(D903iTv)はタイマー録画ができません。
最近では、深夜に面白そうな番組や、スポーツ番組(サッカーなど)をやっているので、録画しておいて会社に行ってから見るとか、後で見るなどが簡単にできます。

・AM・FMの音質は良い
ラジオ部隊の製品だけあって、AM音声は非常にクリアです。
残念ながら、本マシンはモノラルです。

これでAMステレオ(まだやってるのかな?)対応していれば、サッカーラジオ中継でどちらに攻めているか雰囲気がでそう。

◆ここが×

・動きの速い番組はだめ
ワンセグ特有のものでしょうが、動きの速いものは苦手です。
名前にブラビアと付いていますが、ワンセグだと、まこんなものかでしょうか。

バレーボールやサッカー、野球など動きの速いスポーツでは、モザイクになってしまうことが多いです。
ニュースやアニメなど普通の番組では、画面が崩れることはあまりありません。
これは、ブラビアに限らないことですが(^^;

・単色の背景はだめ
テレビ番組で、背景が曇り空だったり、壁や、ドアなどを背景としている絵では、画素をかなり落としたデジカメの写真みたいに、昔の30万画素のような画質飛びとゆーか、不自然なグラデーション(モアレ?)がかかったような、安っぽい画像になる時があります。
もちろん、立体感のある人物やモノの表示は詳細に写りますが、どうも背景に目が行ってしまいます。

・録画は本体のみで外に出せない
この辺、私は濃くないのでよくわかりませんが、どこのメーカーもたぶん本体内で簡潔させているのでしょうね。
でも、新しく出る(出た?)DoCoMoのSo906iのカタログを見ると、マイクロSD(なぜソニーがマイクロSD?(^^;)を拡張用の録画エリアとして使用できると書いてあります。
そう考えると、データとして出したいなぁ(^^;はかない希望です。
たぶん著作権の関係でだめかなと思いますが。

・画面キャプチャーがない
ニュース番組のグラフやランキング表、応募の宛先など(最後のは見えないか(^^;)。
とっさの時にキャプチャーしたいモノがあると思いますが、付いていません。
携帯電話のワンセグは、キャプチャー機能が付いているので、この点が残念ですね。


・ACアダプターがでかい(^^;
できれば携帯電話のアダプター位の大きさにして欲しい。
小さくするのが無理ならコンセント部分が折りたためるようになっているとよい。

Cimg7357

・FMを聞く場合、ヘッドホン端子を刺さなければ聞こえない
ヘッドホン端子にケーブルを刺す事で、アンテナ機能が有効になります。
したがって、そのままではFM放送は受信できません。
AMは本体内にアンテナが組み込まれているので、聞きやすい方向に本体を回せば良く聞こえます。
せっかくワンセグ用のアンテナがあるので、なるべくなら、FMとワンセグの共用にしてほしい。

・充電スタンドのアンテナの切り替えが・・・
充電スタンドにはアンテナの切り替えスイッチがあります。
これ意外と面倒。できればオートになっていると安心ですね。

・プリセットとマニュアルの合わせ技が×
ラジオなどでは、地方の局はプリセットされているので良いですが、キー局例えばニッポン放送や文化放送などを登録するのが面倒です。あと、ラジオ専用機と比べて、遠い局の電波とゆーか音声の受信状態が今一かな?
これは個人的な感想です。
首都圏など大都市に住んでいる限り問題ないでしょう。

ラジオだけでなく、テレビも同様ですね。
その県のキー局が受信できる範囲内で移動する場合は問題は無いと思いますが、あちこち移動しながらテレビを見たりする場合は、面倒です。

----------------------------

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。
本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。
(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)
商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

ボールペン型のり(強力ペンタイプ PT-WP)

最近、女性の間でスワロフスキークリスタル(ラインストーン)をケータイやいろんなものに貼り付けるのが流行っていますね。
ま、それを見越してかわかりませんが、TOMBOW(トンボ鉛筆)さんの液体のりのAQUAPITシリーズに、ボールペンタイプの糊が出ました。

Cimg7375

パッケージに「強力、美貼」とあります。その横の写真を見ても、金属、ガラス、ラインストーン、ボタンなど紙以外のモノもしっかりと貼れるようです。

Cimg7377

一見、ボールペンのようですね。
てゆーか、ボールペンのボディ使ってるし(^^;

Cimg7378

クリップ部には、AQUAPIT 強力ペンタイプ (液体のり)と印刷されています。

Cimg7380

キャップにはペン先が乾いてしまわないように、黒いゴムパッキンがあります。
糊の色は、薄い水色なので、インクならぬ糊が無くなったかわかるようになっています。

糊とゆーと、プリットやピットなどスティックタイプ(リップスティックなど)大きめなものが多いので、なかなか持ち運ぶと言うことをしにくいのですが、このタイプだとペンケースにさりげに入れられるので良いですね。

使用後は、先端部分をしっかり掃除してしまいましょう。
瞬間接着剤もそうですが、ちゃんと液が出る部分を掃除しておかないと、次に使いたいときに使えなくなります。
それは、こちらの液体のりも同様ですね。

ちなみに、プラスチック同士ではくっつきませんでした(゚゚ )☆\ぽか
あくまでも、紙と上記の小物パーツのようです。
あと、注意書きには「糊の吸い込みが早い紙や布には適していません」と書かれていますので、服にラインストーンを貼るなどはできないようです(笑)

LAMY M22とジェットストリームリフィル

LAMYnotoですが、M22リフィルが使えないか(使う必要はないですが(^^;)やってみました。
ちなみに、M22リフィルの後ろにキャップを付けると、サファリのボールペンでは問題なく使えます。

Cimg7351

ところが、先日入手したLAMY notoにはM22+アダプターは入って、ノックもできますが、止まってくれません。

どうも、M16にある黒い樹脂の突起が関係しているようです。(下写真)

Cimg7350

この樹脂による突起がM22は付いていませんので、ノックはできますが、軸から出て筆記状態にするために止めることができないようですorz
ま、だからなんだってありますが(^^;

さて、今度はあちこちで人気の三菱ジェットストリームのリフィルです。
私は、廃盤のウォーターマン クルトゥール・ライト・ソフトに入れて使っています。

Cimg7352

これが何とか使えないモノかと思って挑戦しましたが、・・・
形状がなんとなく似ているので、多少の加工をすれば簡単にできるだろと思って(笑)

結論を先に言うと、残念ながら無改造のnotoではだめでした。

と言うのも・・・

Cimg7354

拡大しても・・・わかんねーか(^^;
ボールペンの先端部分の太さがびみょーに違います。

LAMY M16     φ2.1mm
ジェットストリーム  φ2.3mm

このびみょーな太さでnotoの口金部分からリフィルが出ません。

ちなみに、サファリも若干太いので合いません。
てゆーか、、サファリは無理すればボールペンの先端部分は出ますが、今度は引っ込まなくなってしまいます(^^;

どうしてもサファリでジェットストリームのリフィルを使いたい場合は、ボールペンの口金部分を棒ヤスリ(丸いの)で少し削ってあげる必要があります。

削ってしまうと今度は、純正のM16を入れた時に使いにくくなってしまうので、ボールペンマニアでは無いのでそこまで冒険はしませんヾ(^ )コレコレ

カポッ

どなたかのブログなのか、有名な作家の(雑誌の)コラム(随筆)なのか失念したが、以前読んだものの中に、「ペリカン(鳥さんではないよ)のスーベレーンM800(もしくは1000)のキャップを開け閉めする音が、すこぶる気持ちの良いモノだ」ということが書かれていた。

Cimg1535

私が持っているのはスーベレーンM800。
それ以外には、M100、トラディショナルM150、デモンストレーターM205しかないが。(^^;
ペリカノ(ペリカーノ)、ペリカーノJrは除く。

ペリカンの万年筆の特徴として、キャップを閉める際に、「カポ」とか「カポッ」と言う音がする。
素材によって音は若干違いますが、M800、M100、M150、M205いずれも似た感じの音がします。

一番気持ちいいのが、スーベレーンM800である。M800は、市販普及クラスの定番品。
その上にはM1000という超弩級の万年筆。(モンブランのマイスターシュトゥック149と同程度の大きさ)もあるが、個人的には一番使いやすいと思っているサイズがM800。

書き終えた後に、キャップを閉める時の音が実に心地よい。
鳥さんのペリカンは、くちばしの下がゴムのように膨らむので、こんな音はしないと思うが、万年筆のペリカンさんは、「仕事を終えたよ。」みたいな感じで「カポッ」とくちばしを休めるための音を出してくれるような気がする。

ペリカンをお持ちの皆さんは、どんな風に聞こえますか?

BRAVIA XDV-D500(その4 周辺機器)

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)
--------------------------------------------------------
充電スタンド

携帯電話の充電器に似たスタンドが付属しています。

Cimg7304

上から見たとこ。
雰囲気も充電スタンドですね。
画面右上にあるのは、テレビアンテナ用端子。

テレビアンテナ用端子

自宅で、受信状態が今一な場合、アンテナ端子とアンテナ(ケーブル:注UHF)を接続することにより受信状態が良くなります。

Cimg7305

ただし、スイッチの切り替えが必要になります。
充電しながらテレビの閲覧が可能になります。
ちょっと、切り替えが面倒。
できれば、オートになっていて、充電スタンドに置いた場合は自然に外部アンテナになると良いかも。
幸い私の自宅でも会社でもアンテナを上げなくてもテレビが見られるので、あえてアンテナケーブルを接続する必要はありませんが。

ACアダプター接続部分

この辺の作りは流石ソニーさんですね。

Cimg7306

コネクタ部分をさりげに入れるようになっています。

Cimg7307

ジャック部分を別アングルから。
雰囲気は、iPodやモバイル系PCのドッキングユニットに似ていますね。
電池容量が不安になってきたら、ドッキングしておけば充電が完了します。

Cimg7314

充電+閲覧スタンドって感じ。
白いボディには、白いケースが付いているのが良いですね。
これが、ケータイみたいに黒一色だと興ざめです(^^;

Cimg7315

別アングルから、見やすいように傾斜されている。
そういえば、CLIEも途中まではこのようなデザインされた充電+HotSyncスタンドが標準で付いていたなぁ。(゚゚ )トオイメ
結局、最終モデルになるに従って、充電スタンドは消えてしまったが(-人-)合掌

純正ケース

純正ケースが標準で付いています。

Cimg7322

たぶん合皮ですが、最初から同梱されているのが良いです。
デジカメやケータイのようにオプション扱いされていないのが評価されます。
写真を見てお気づきかと思いますが、これも考えて作られている優れもの。

ケース中央にある白い部分がキモになります。

Cimg7325

そうです、閲覧用のスタンドになります。
ケースの蓋部分を白いベロに差し込むことによってスタンドに早変わり。

Cimg7326

別アングルから。
こちらも、計算によって、見やすい位置になるように設定されています。
このギミック。何かに似ていませんか?
そうです、RHODIA(ロディア)の表紙を裏側に回すような(笑)
こんなことでも嬉しくなったり(゚゚ )☆\ぽか

ヘッドホン(イヤホン)
あえて写真は載せませんでしたが、見たい方はこちらをご覧ください。
全体の同梱品にあるものです。(^^;
写真を載せなかったのは、なんと全盛期の遺物とも思える、カセット式のウォークマンに付いてきたイヤホンと一緒のものです。
この辺、ワンセグウォークマンのようなメタリックなものを付けて欲しかった(^^;

ACアダプター

ACアダプターとあえて書いたのは(^^;

Cimg7357

でかいです(^^;
もちろん、げんこつのような昔のアダプターと比べると遙かに小さいのですが、本体と並べて見ても大きいのがわかるかと思います。

Cimg7358

別アングルから。
おまけに、コンセント部分が引っ込み(折りたたみでき)ません。
4.8V必要なので大きさは仕方ありませんが、できれば足は折りたたみできるようにして欲しかった(^^;

----------------------------

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。
本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。
(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)
商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

考えられたリフィル LAMY M22(リフィル)

先週LAMY notoのエントリをしましたが、LAMYのボールペンつながりで(^^;
以前紹介した、LAMY ピックアップ(現ピックアップマネージャー・ピックアップマネジャー)には、LAMYピコ(ワンプッシュで長くなるの)と同じ、短めのボールペンリフィルが使われています。

Cimg7346

こちらが、交換用のリフィル(リフィールやレフィルとか呼ぶことも)
ペン先が乾燥やインクが他の場所についてしまわないように、キャップが嵌められて売られています。

長さは、一般的なLAMY M16と比べてこれだけ短いです。

Cimg7347

M16は、サファリやLAMY200をはじめとする汎用のリフィルです。

Cimg7348

後ろから見た図
後ろから見ると、なにやら穴が空いています。
ここで、最初の写真をご覧ください。キャップの先端に若干段差があります。

Cimg7349

そうです、ボールペンの保護キャップを外して、後ろの穴に組み込むことによって、M16とほぼ一緒の寸法になります。
つまり、サファリやLAMY200などの、M16タイプにも使えるという優れものリフィル。
流石、デザインに凝ったLAMYですね。


BRAVIA XDV-D500(その3 使い勝手編)

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)
--------------------------------------------------------
初期設定

いきなり電源を入れても良いのですが、バッテリーを充電してから使用しましょう。
カタログ値では3時間で充電が完了しますとの事ですが、2時間程度で充電が完了しました。
出荷時にある程度充電してあったと思います。

ま、テレビなのでパソコンやPDAと違って、データが飛んでも問題は無いと思いますが。

電源を入れると最初に地域の設定が出てきます。
これは写真撮らなかった(^^;

Cimg7295

次に出てくるのが日時設定。
日付を入れて、右上にあるバーを上下する。決定は押せば次に進む。
ちなみに、だいたいの時間を入力すれば、後は本体でテレビ閲覧状態の時に、正時に補正してくれる機能が付いています。

参考までに、エリア設定をするだけで、テレビだけではなくFMもAMもその地域のエリアの放送局が設定できます。
ラジオの場合、あとは首都圏からの放送は手動で登録すれば可能です。
プリセットはあくまでも地域の放送局だけになります。

写り

どんな感じか、手持ちのワンセグケータイDoCoMo D903iTvと比較してみました。

Cimg7333

デフォルト(初期)での明るさは、4(明るい)になっています。
写真は、NHKその時歴史が動いたの再放送

画面の大きさ(液晶端含む)

BRAVIA  W:6.60mm×D:3.70mm
D903iTv W:6.20mm×D:3.77mm

対角線
BRAVIA  7.54mm
D903iTv 7.23mm

いずれも実測。
数値上ではほぼ一緒ですね。
ちなみに両方とも3.0inch

画面を見ていただけれはわかりますが、画面の大きさはブラビアXDV-D500の方が何となく大きく見えます。

オプションの設定

オプションボタンを押すと次のような画面が出てきます。
このメニューがあるために、マニュアルを読まなくても、感で使う事ができますヾ(^ )コレコレ

Cimg7342

このメニューを出して、決定ボタンを上下にスライドさせて、階層内に入る場合は決定を押せば次の画面に入ることができます。

録画方法

このXDV-D500は録画ができます。
録画方法は、本体上にある録画ボタンを押すほか、タイマー録画などができます。

Cimg7343

画面上でも今すぐ録画というのができますが、これはボタンでも対応できます。
このほか、日時指定予約、番組表から録画の2種類が設定できます。

番組表から予約は、受信局を指定して、番組表から選択します。
日時指定や毎週決まった番組を録る場合は手動で時間帯を設定します。

Cimg7345

画面右上にはあと何時間録画できるか表示されています。


----------------------------

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。
本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。
(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)
商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

5パーツホルダー(デルフォニックス)

クリアフォルダーというと、1枚か2枚のものが定番です。

デルフォニックスさんのフォルダーは、5枚の仕切りが入っています。

Cimg7016

使い方はそれぞれ考えられますね。

月から金までのウイークディ用に仕切るとか。
仕事、家族、遊びなどジャンルごとに区切るとか。
仕事の優先順位で区切る。
契約書類などでも良いですね。

とにかく、仕切りがいっぱいあるというのが良いですね。
こうなっていると、クリアフォルダーを何枚も持って行かなくても済みますし(^^;

文具は想像力や工夫の力を与えてくれる面もあります。

こちらは、色々なカラーバリエーションがありますので、その日の気分やジャンルなどを考えても良いでしょうね。

BRAVIA XDV-D500(その2 機能編)

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)
--------------------------------------------------------
外観・並びにスイッチ類

本体上

Cimg7309

写真は本体上から見たところ。
プリントは逆になっていますが、本体正面から見ると普通です(^^;
画面左から、
音量調整:ボリュームのアップダウン
ファンクション:このボタンで、ワンセグ・ビデオ(録画データ)・FM・AMの切り替えができます。
ワンタッチ録画:録画したいモノがあったときに、スライドさせることですぐに録画ができます。

本体左

Cimg7310

こちらが、本体左側。
左にある白い半円形のモノが内蔵アンテナになります。
イヤホンジャックは、通常のミニジャックではなく、ケータイと同じ平型ジャックになっています。
この辺、薄くと考えてこのような形にしてあると思いますが、できれば標準のミニジャックにして欲しかった
とゆーのは、アダプターを介すると無駄にコードが長くなるから(^^;
BLUETOOTHが内蔵されていれば、無線ヘッドホンで聴けたのに(゚゚ )☆\ぽか違う

本体下

Cimg7311

取り立てて載せることも無いですが(汗)
本体下の左右にあるのが、充電スタンドからアダプター経由で電源が供給されるもの。
画面右端にあるのが、不具合が発生した時に使う、リセットボタン。
(この辺があるのが親切ですね)
もっとも、充電池が本体内蔵なので、フリーズしたときの必殺電池抜きができないので、リセットボタンがあるのは安心です。

本体右

Cimg7312

画面左から、
電源コネクタ
充電スタンドを使わなくても、ACアダプターから直接充電ができます。
これも、安心感がありますね。出張などで、いちいちドッキングユニットを持って行かなくても、アダプターと本体を持って行けば荷物が減ります。
ホールドスイッチ
視聴中のチャンネルが変わってしまわないように、また、移動中に電源が入ってしまわないなどの安心スイッチです。
これはCLIEにも付いているし、何かと便利です。

電源ボタン
電源ボタンヾ(^ )コレコレ 電源のオン・オフのためのスイッチ。

本体正面右上

Cimg7313

こちらが、何かと使うボタン。
たぶん、電源スイッチに次いで使うボタン類でしょう。
私は、基本的にマニュアルはほとんど読まない人なので(゚゚ )☆\ぽか
この辺のボタン類の使い勝手の良さが大きく左右されます。
基本的に、このスイッチ類でほとんどの操作ができます。

オプション
このボタンで、色々な機能を呼び出します。
簡単に説明すると、番組表、録画メニュー、字幕表示、画面モード、画面の明るさ、画質モード、音質モード、二重音声、その他の設定などがあります。
それぞれに階層がいくつか分かれています。
基本的にこのオプションボタンでほとんどの設定ができます。
また、それぞれの機能を設定するには、・・・

決定
画面真ん中にある、銀色の決定ボタンで操作します。
このボタンはチャンネルを変えるときのボタンの機能も合わせています。
決定と書いてありますので、上から押すことで各種機能を決定することができます。
いわゆる、ジョグダイヤルのスライドスイッチ版ですね。

戻る
これは各種設定から上に行ったり、テレビやラジオの視聴に戻ると言ったボタンです。

コラム(笑)
このXDV-D500ですが、色が白と黒の二種類あると言いましたが、うちの子ども達に見せたら(含むカタログ)、白の方が良いと言うことでした。
なぜ?と聞いたら、iPodも白だし、白の方がなんかカッコ良いでした(笑)
私が思うに、ま、CLIEもW-ZERO3もシグマリ3もみんな黒だから黒でも良いかなと感じていましたが、色々な考え方があるものですね。
確かに、白だとおしゃれな感じがしますし、女性が持っても違和感がない感じがしますね。
特に、同梱されている純正ケースも白はおしゃれですね。
ただ、何年か使っていったときに、樹脂が黄ばんで来ないかな?なんて頭をよぎりました(^^;
いずれにしても、色の選択肢があるのは良いです。

----------------------------

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。
本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。
(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)
商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

SILICON POWER 2GBSDカード

SDカードが出始めの頃は、32MBとか64MBで、何千円もしていましたが、SDHCの8GBや16GBが出てきたことにより、SDカードが急激に安くなってきています。

もっとも、最近ではマシン自体が小型化するなどにより、miniSD、microSDの需要も高まってきています。

Cimg7362

ジャストシステムのサイトで2GBが1枚998円(送料無料)で出ていたので、つい2枚ぽちってしまいました(^^;
転送速度は80倍ですのでそこそこのものでしょう(^^;
ま、秋葉やパソコンショップに比べると若干高いかも知れませんが、最近は文具店は良く行きますがパソコンショップや家電店にはすっかりご無沙汰になってしまいましたので、送料無料でこの値段のため落ちました。

Cimg7365

今まで、古いデジカメには256MBや512MB、1GBなどを入れて参りましたが、ここに来て手持ちのデジカメのほとんどが2GBとなりました(笑)
ま、個人的にはRAW撮影はほとんどやりませんのでこのくらいあれば十分でしょう。

HP200LXを購入したときに、40MBのATAカードが98000円もして、本体価格よりもカードの方が高かったことを思えば隔世の感ですね(;_;)しみじみ

BRAVIA XDV-D500(SONY)

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)
----------------------------
とゆー訳で、今回みんぽすさんから、表記の商品をお借りする機会がありましたので、使用感などをエントリいたします。

パッケージ

Cimg7297

箱です(゚゚ )☆\ぽか
SONYのブランドイメージ「ブラビア」を前面に出したXDV-500です。
SONYさんによると商品カテゴリーは、ラジオ扱いです。(^^;
ワンセグTV・ラジオとゆー訳で、テレビ以外にFMとAMのラジオが聴けます。

商品構成一覧

Cimg7302

内容品は、画面左から本体+ケース、ACアダプター、充電+充電スタンド(上)+イヤホン+イヤホンアダプター。
このマシン、通常のミニアダプターではなく、ケータイ(携帯)と同じコネクターになっています。

書類

Cimg7301

取扱説明書、登録葉書、その他説明書類です。

本体

Cimg7319

今回送られてきた(お借りした)マシンは、白いモデルですが、黒のものもあります。

大きさは、こんな感じ(^^;

Cimg7320

古いマシンで済みません(汗)

Cimg7321

ワンセグも見られる初期のケータイ、D903iTvと。

iPodの3G   160.8g
XDV-D500  107.9g
D903iTv    117.9g
いずれも実測値

厚み
iPodの3G   15.8mm
XDV-D500  14.2mm
D903iTv    20.0mm

大きさはiPodとだいたい似ていますが、重さはXDV-D500の方がずいぶん軽いです。
こうやってみると、XDV-D500がいかにスマートにできているかがわかります。

続く

----------------------------

このレビューはWillVii株式会社さんが運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽすさん」から商品を無償でお借りして掲載しています。
本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。
(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)
商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

吊して使える洗面用具ケース・三つ折タイプ(無印良品)の別の使い道

さて、こちらも無印良品週間でゲットしたものです。
吊して使える洗面用具ケース・三つ折タイプ、ネーミング長げーわ(^^;

Cimg7262

一見普通のバッグかポーチのように見えます。

Cimg7277

広げると、3段の袋が出てきます。
左側には、ハンガー用のフックがあります。
これは、本来出張や旅行などでブラシや化粧品などを入れて使うモノです。

Cimg7280

一番下には、大きめの袋になっていて、小さい仕切りが3つとジッパー付きの仕切りなどがあります。

お値段は・・・・

Cimg7275

元値1800円が1200円
それが、15%オフの1020円(^^;

何に使うかというと、出張の時の文具ケースに(^^;
メッシュ部分には手帳や名刺の予備、メモ帳などを入れます。
ポーチ部分には、予備の万年筆やインク、鉛筆削り、封筒、便箋、切手などを入れます。
出先の棚に吊せば、簡易マイ書斎の誕生(^^;
ま、そもそも化粧品などを入れるポーチは昔から使っているモノがあるので、移動書斎キット用に買いました。

Cimg7282

こんな感じ(^^;

Cimg7284

インナーケースの感じ
そもそも、グルーミングキットや化粧品を入れる用なので、筆記具を入れるにはちと厳しいですが、それでも普通の筆記具程度の高さはあるので、いくつか入れられます。
さすがに長い鉛筆はインナーケースの高さは合いませんが、横にすれば入ります。

エチケットセット(無印良品)

先週から23日(月)まで無印良品週間です。
文具系は取り立てて、欲しいものが無かったので、別の小物をゲットしてしまいました(^^;

Cimg7264

なんだかわかりませんね(^^;

Cimg7266

グルーミングキットです。
爪切り、はさみ、ひげそり、毛抜き、油取り紙
の5点が入っています。

Cimg7265

元値2100円が割引されて、1400円
更に、無印良品週間で10%オフと、西友の5%オフで都合1190円
これなら安いでしょう(^^;

Cimg7267

ひげそりとかは温泉やビジネスホテルなどにある、使い切りの安っぽいものですがそれ以外は一応、金属製でそれなりに使えそうです。

ひげそりを外して、アーミーナイフ、ラッピングフィルム、眼鏡用クロス、金・銀磨きをセットすれば、なんちゃって万年筆調整キットのできあがり(゚゚ )☆\ぽかそっちかい(^^;

万年筆のインクが適正に出るか確認する(その2)

ペン芯とインクの関係は理解できたかと思います。

さて、肝心の万年筆のインクが適正に出るかです。
やりかたは簡単です。
別に小難しいことではないですが、写真入りで説明します。(^^;

Cimg7285

手を広げて、親指と人差し指の間に万年筆を置きます。

Cimg7286

そっと紙の上にペン先をおろします。
手は広げたまま。

Cimg7288

手を広げたまま、ペン先を紙に滑らせます。
この状態でインクが潤沢に出てくれば、特に問題はありません。

要は、万年筆の自重だけで、筆圧をかけずにインクが滑らかに出てきていると言うことで。

書き出しで出なかったり、途中でかすれてしまう場合は何らかの問題があるということです。

この状態で書けないということは、切り割りの寄せが強すぎて、インクが上手く出てこなかったり、ペンとペン芯の間に隙間ができていてうまくインクがペン先まで伝わってこなかったり。
ペンが左右にずれてしまっていたりと言うことが考えられます。

筆圧をかければ、インクが出てくると言うのでしたら、余計切り割りの問題の可能性が高くなります。
インクが出ないからと言って、筆圧をかけて書き続けると今度はペンが開いてしまってますます書けなくなります。

上のようなテストでうまくインクが出てこないのでしたら、修理に出すかペンクリニックで相談してみましょう。
見違えるような書き味になると思います。


おかげさまで70万HIT 御礼

皆さまお世話になります。

本日、70万アクセス越えました\(^o^)/

70man

キリ番践んだのは初めてです(^^;

70man7week

アクセス数は、日平均1700(この1週間)
訪問者数は、日平均1000(この1週間)
ブログ開設からの日平均アクセス数が900。

特に、毎日訪問される多くの方々、ありがとうございます
おいちゃんは嬉しい(;_;)☆\ぽか

これからも、暴走ヾ(^ )コレコレもとい
つましく更新いたしますのでよろしくお願いします。

万年筆のインクが適正に出るか確認する

最近、「万年筆がうまくかけないので嫌い。」「インクが出ない。」「書き出しに引っかかりを感じる。」というコメントが寄せられます。

万年筆は、ペンとペン芯の間をインクが毛細管現象によってペン先まで流れる構造によりインクが出てくる仕組みになっています。

ペンとペン芯の状況

Cimg7292

ペンをばらしてみました(゚゚ )☆\ぽか
あー、普通の方、初心者の方はやらないでください。
万年筆の種類によっては、ペンを首軸に固定するフィン(突起)などが出ていたりします。
また、首軸の内側からペンとペン芯を差し込んでいるタイプもあります。(昔のパイロット・パーカーなど)

特にモンブランやペリカンなどの高級品は下手に触ると、二度と元に戻らなくなる恐れがあります。

また、このように自分で開けてしまった時点で、メーカー保証外になります。(^^;
どうしても、分解してみたい方。
あくまでも、自己責任でお願いします。
もし、壊してしまったり、元に戻せなくなっても、私ならびにメーカーは一切保証しません。

というのも、写真の万年筆の場合は、見ていただくとわかりますが、ちゃんとペンをペン芯に収めるガイドラインが付いていますので、万年筆が書きやすい理想の位置にペンが収まるようにデザインされています。
しかし、普通の万年筆の場合、ペンは付けペン用のペンと同じでガイドがないものが多いです。
したがって、下手に分解するとどのように合わせたら良いかわからなくなってしまい、収納時にペンが出過ぎたり、奥に入れすぎたりして以前より書きにくくなる可能性が高くなります。

前置きが長くなりましたが、ペン芯の中央部には、このように細い溝が2本ないし3本あります。
中央部にインクが流れ、左右の2本は空気が通る溝になっています。

写真は、ウォーターマンのクルトゥール・ライト・ソフト

まず、ペン芯とペンがちゃんとくっついていないとインクがペン先まで降りてきません。
書けない原因の一つですね。

昔の万年筆はペン芯がエボナイトでできているモノも多く、ペン芯とペンが離れている場合、ペン芯を暖めてペンと合わせてなじませる事もできます。
ただし、最近のモノは多くが樹脂でできていますので、下手に暖めない方が良いです。
溶けてしまう可能性がある上、ペン芯の溝が埋もれてしまう恐れがあります。
長原神さまが、濡れたティッシュを包んでライターであぶったりするパフォーマンスがありますが、あれはエボナイトなどを暖めてペン芯とペンを合わせるという事をやっています。

Cimg7294

こちらがインクを保持するフィン部分。
これは、水性ボールペンにもあるものなので、見たことがあると思います。
この部分には、余分なインクがペンまで行って、紙にボタ落ちしてしまわないように保持するものです。
ちなみに、この辺のデザインもメーカーや万年筆の種類によっても異なります。

ハート穴
クルトゥール・ライト・ソフトには、ペンにハート穴は空いていませんが、多くの万年筆にはハート穴が空いています。
ま、ハートの形をしているモノばかりではなく、○が多いです。
切り割りの末端部ですね。
これは、インクをペン先に持って行くと同時に、空気が入るようになっています。
ハート穴の大きさによって、ペンの柔らかさが変わってくるという効果もあります。

いかん、解説だけでここまで来てしまった(^^;

長くなりましたので続きます(゚゚ )☆\ぽか

LAMY noto のデザイン

前振りが長すぎたので(汗)
本体の紹介です。
ここでは、私が一番最初の頃に飼ったサファリ(W-GERMANY謹製)のボールペンと、新旧対決としましょう。

上から見た図

Cimg7246

大きさは、若干ノトの方が、ノック部(黒い出っ張り)が長い程度です。
9.8mmほどノトの方が長いです。

後ろから見た図

Cimg7248

シルエットは全然違いますね。
サファリの○に対して、ノトは全体を通して△です。
エルゴノミックスというか、サファリのグリップ部(筆記時に握るところ)もそうですが、筆記状態にしたときに自然に適正な筆記アングルになるようになっています。
もっとも、最近の若い子達に多い不思議な握り方では逆に握り辛いと思います。
この辺はしっかりと考えたデザインとなっていますね。

前から見た図

Cimg7247

ちょっとアウトオブフォーカスなのはご容赦ください。(゚゚ )☆\ぽか
サファリは指が当たる部分のみ△ですが、ノトは先端のみ○です。

ノック部拡大図

Cimg7237

この辺が、深澤直人氏のこだわりか?
ノック部は三角形ではなく、楕円形になっています。
ノックをしたときに重量感がある(私の個人的な感覚)のは、デザイン+機能としてのこだわりでしょうか?

クリップ部

Cimg7238

クリップ部は、あえて外に出るのではなく、デザインの一部として、中にはめ込まれている。
ボールペンの場合、どのモデルでもダマ(ボテ)が出ることがあるので、私はシャープペンシル同様に、少し書いては回して書く癖がある。このようにクリップが本体の中にあると、ペンを回しながら書いてもクリップが引っかかって書きにくいという事が無いのが良い。

この引っ込んでいるクリップ。
使いにくいかというと、これがまたワイシャツのポケットに差し込むと、自然な感じでクリップ部がポケットの生地の間にさらっと入るのがすごい。

デザイン的に見た感じには、クリップを広げてから入れないとだめなように見えるが、無造作にポケット放り込まない限り、生地に沿ってNOTOを入れると自然とクリップされるのは流石である。

伊達に、オファーを受けてから2年もかかっている訳ではない。

2つ上の写真を見ていただくとわかるように、クリップ部は本体と一体成形ではなく、はめ込み式となっている。
この辺のデザインと実用性を考えて、ノック部を楕円にしたという感じも受ける。

接合部

Cimg7240

ボールペンのリフィルを交換するための接合部はサファリと比べて後方。
サファリで言うところの胴軸が丸くなった当たりにある。
ここで面白いのは、簡単には接合部が回ってしまわないようになっている。
テンションが一つかかっていて、カチっと言う感じで開け閉めされる。
こればかりは、紙面での表現は難しいが、普段筆記している状態や、ちょっとやそっとの振動でゆるまないような
ストッパーがあると想像していただければ良い。
安いボールペンやシャープペンシルだと、裸のまま鞄の中に入れておくといつのまにか、先端のみ外れて閉まっている経験があるかたもいらっしゃると思いますが、このノトではそのようなことが起こる可能性は少ないように感じられる。

肌触り(^^;

Cimg7242

ちょっと万年筆を持つのと同じくらい後ろを持って撮影してみました。(左手で持ちながら撮影なので(^^;)
これほど遠くを持つとボールペンでは書けません。
もう少し前の方を持った方が良いです。
話がそれました。
私が買ったスペシャルエディションは全体的にマットコート(つや消し)がされているので、手に持った感じは滑り止めが効いているような感じで良いです。
他のモデルを見ていないので、なんとも言えませんが、ネット上の写真とかを見てもどの色もマットコートされているように見えますので、サファリのようにつや有りではないので、どれも書きやすいかなと思います。

重量比較

NOTO :13.1g
サファリ:13.9g

数字で見ると、サファリの方が0.9g重いのですが、実際持った感じではNOTOの方が、重量感があってバランスも良いです。
この辺は、色から来る影響も大きいかも。


LAMY noto スペシャルエディション

さて、LAMYファンの方のほとんどが既に購入して、エントリされていますが(^^;
先週頭にようやく手に入ったので紹介します。(ま、今更ですが)
ドイツ本国ではもう少し前から発売されていたようですが。

LAMY NOTO(ラミー ノト)です。
世界的にも有名な、工業デザイナーの深澤直人さんのプロダクトです。
日本人としては初のLAMYのデザインが、日本でも発売されました。

深澤さんのデザインでインパクトがあったのは、無印良品の壁掛け式CDでしょうか。
CDむき出して、マシンに嵌めて再生するというもの。あれにはたまげました(^^;

Cimg7194

で、本品は3000本限定のスペシャルエディション。
スペシャルエディションと言うだけあって、デザイン雑誌POL OXYGENが付いてきます。
これ、普通で買うとオーストラリアドルで$18.50。
現在のレートがよくわかりませんが(汗)
単純にA$100円と仮定しても、1850円。

ちなみに、本品のNOTOは1570円。
何とお得な\(^o^)/

あー、雑誌自体は英語になっていますが(^^;
日本向け?に特別に深澤直人氏のページのみ日本語とゆーとっても親切な雑誌です。

Cimg7200

これだけでもお買い得。
ノーマルバージョンだと1470円ですから。
あと、首軸と胴軸の色違いでは1890円というのもあります。

普段ボールペンはあまり使わない私が、買いたくなったのは・・・

Cimg7235

これ(^^;
スペシャルエディションのみ、深澤直人氏のサイン(印刷)入りなんです。ヾ(^ )コレコレ
おまけに、サインの横にはしっかりLAMYのロゴも印刷されています。
ノーマルバージョンにはLAMYのロゴは同じ部分には印刷がありません。

Cimg7236

裏側には、サファリと同じようにエンボス加工で、LAMYのロゴが印刷されています。

いかん、前振りが長くなった(^^;
続きます。(゚゚ )☆\ぽか

CROSS WALKER (WACOAL)

CROSSと書いてありますが、文房具ではありませんヾ(^ )コレコレ

下着メーカーのワコールが、男性用下着に参入してとゆーか、少し前から参入していたか(^^;
女性の補整用下着で培ってきた技術を元に開発したとかテレビでやっていましたが、
父の日のプゼレント(゚゚ )☆\ぽか
プレゼントで子ども(+神さん)からいただいたものです。

今、ちまたでは話題になっているらしい。
クロスウォーカーという名称ですね。

P1030452

全体を写すとエロくなってしまうので、タグのみ(汗)
キャッチフレーズにあるように、これを履くことによって、エクササイズ効果があるようです。

P1030454

なんか、履いた感じと、子ども達の見た目の感想は、レーザーレーサーだそうで(^^;
自分も、ちとこれは・・・今流行の膝丈競泳水着を履いているような(汗)

締め付け感が何とも言えず、とゆーのは、サイズはMで合っているのですが
なんか、サポーターとゆーか、・・・違和感あります。

ちょっと前まで、トランクスで最近はボクサー系なので余計辛いかも知れません(汗)
はき慣れないというか・・・びみょー

ま、これでシェープアップできれば言うことありませんが・・・
週5日で一日6000歩歩けば効果があるらしいのですが、1コしか無いので(゚゚ )☆\ぽか

ちなみにこの下着、ローライズなんですねぇ・・・
いわゆる、腰パン。
それが余計違和感を感じさせる元になっているのかも知れません。

でも・・・とゆー事は、腹出ている人に効果はあるのか?(笑)
ちなみに、注意書きがあって、
胴回り105cm以上の方
心臓が弱い方
は使わないでくださいと書いてありました。
とゆーことは、まぢで効果は期待できるかも(^^;

DUO PROGRAM(デュオプログラム)

文具好きだからとゆー訳ではないと思いますが(^^;
ちょうど1年ほど前に、いつも行く病院でいただきました。
ま、遺伝で少々血圧が高いので選ばれたとも(汗)
親父も自分も、弟も親父の親戚の人もみんな血圧高かったり(;_;)

Cimg3107_3

なんか、メーカー(薬品会社か医療機具メーカーかわかりませんが)のモニターかなんかで、看護師の方から、もらったからやってみてとゆわれて。

Cimg3108_2

箱から出すと、なにやらシステム手帳のような物体が(^^;

Cimg3110_2

健康管理のためのシステム手帳のようです。\(^o^)/
別名血圧手帳と書かれています(汗)

Cimg3112_2

肝心の手帳部分が、血圧、体重、薬、運動などの項目があります。
できれば、これに朝・昼・晩の食べたものとカロリー・塩分、飲酒量などを書く項目があれば完璧ですが(^^;

Cimg3113_2

この紙は複写式になっていて、もう一方を医者に渡して、血圧や体重、運動などの変化をチェックするようになっているみたいです。
要は、メタボ対策ですね。(^^;

幸い、私の場合昨年秋から行っている食事量(カロリーや塩分)を減らして、今回の人間ドックでは医者からほめられる位、全体的な値が減り、毎回引っかかっていた血圧と中性脂肪なども激減しましたので、まずは一安心とゆー所です。

メタボも、値が全体的にかなりセーフでした。\(^o^)/

なお、このシステム。
登録すると、月に1回ほど色々なメニュー(健康の話、減塩やカロリー控えめのレシピ、運動方法など)のリフィルが送られてきました。
あと、歩数計(+カロリー消費計+距離計)ももらえたし。(これは、義母が歩数計無くしたって言われて上げちゃった(゚゚ )☆\ぽか)

問題は、運動量が少ないこと位かヾ(^ )コレコレ

Cimg5799

1年を迎える頃に、挨拶状と共に送られてきたのが、もう1年分の記録リフィル(^^;

ま、私はCLIEのソフトで血圧や体重などを管理しているので、最初の2か月ほど併用して付けましたが(゚゚ )☆\ぽか

このまま、健康維持ができれば良いなぁと思っています。
皆さんも、食べ過ぎ飲み過ぎに注意しましょう。


LAMYのすべて

ずいぶん前に発売された本ですが(^^;
LAMYファンの方は、発売時に入手されていると思います(汗)
その時には色々なブログで盛り上がりましたね。

でも買いませんでしたヾ(^ )コレコレ
先月、とっても安かったので買ってしまいました。

Cimg7043

これも偶然バーゲン本で発見。
発行元は、以前紹介した頑張る日本の文房具と同じ所です。

両方とも現行で売っているので、絶版ではないです
もしかしたら、廃業した書店さんなどから、バーゲン本に流れている可能性が高いです。
残念ながら、1冊しかなかったので皆さんの分もという訳にはいきません。(汗)

ちなみに、2年ほど前に流行った、えんぴつで奥の細道、大人の塗り絵なんかも、安く売られていました。
買いませんでしたが(^^;
バーゲン本は、古本と違う流通経路みたいで、デパートやディスカウントショップなどの特設コーナーで良く見かけます。
ダイエット本やペットの本、料理の本など、ムック系が中心なのでお宝はめったにありませんが、特売コーナーを見かけたら、捜してみるのも良いかもです。(^^;

あ、いけね~。肝心の内容を書くのを(゚゚ )☆\ぽか

LAMYの現地取材をしてあるほか、LAMYの歴史や外国でのパッケージ販売などLAMYファンにはたまらない本です。
興味のある方は書店でご覧ください。

このような本が出ているのはLAMY位でしょうね。
できれば、有名ブランドごとに出てくれると楽しいのですが(^^;

クリップテープ(KOKUYO)

補強シールのワンパッチを紹介したので思い出しました(^^;

Cimg5026

こんなのも持っていました(゚゚ )☆\ぽか忘れるな
引き出しから発掘。(^^;

Cimg5027

開けたとこ。

これはどのように使うのかとゆーと。

Cimg5032

資料などで穴が開けられないけど、バインダーなどに綴じて保管したい時に使います。

Cimg5033

ちょっとA4サイズ企画からは大きくなってしまいますが、穴を開けないので、めいっぱい字が書いてある資料やパンフレットなどに使うと便利です。

ガイド用に線が引いてあるので安心です。

ワンパッチ(KOKUYO)

なんかなじみのないネーミングですね。
商品も知名度が少ないかも知れませんが、前から使っているモノです。

Cimg5016

どういうモノかとゆーと・・・

Cimg5018

システム手帳やルーズリーフなど、取り外し可能な用紙の穴が破れてしまったモノを止めたり、補強するモノです。

Cimg5021

使い方は、穴の位置を合わせて、上から押すだけです。

Cimg5019

こんな感じで補強されます。

Cimg5025

普通は、こんな感じのシールを一枚一枚剥がして貼るのですが、紹介したワンパッチは、ワンタッチでパッチがはれる優れものです。

システム手帳用のパッチは結構高いのですが、ワンパッチなら安くて済みます(^^;


アポロ クロッキー(CROQUIS)

ブングボックスさんで購入しました。
正式名称は、APOLLO HANDY BOOK SERIES / HC-SQと言うようです。

Cimg6731

地方では、画材屋さん以外ではなかなか手に入りにくいモノですね。
てゆーか、専門店でもなければ置かないでしょうね。幻のって奴です(^^;
ネットで検索してもなかなか出てきませんね。

Cimg6705

大きさは、ご覧のようにスクエア(四角)タイプ。
18cm×18cmです。

このくらいの大きさは気軽に利用できるクロッキー帳として十分ですね。

紙は上質紙を使っていて、マルマンのクロッキーと比べて、厚手の紙になります。
ですから、色えんぴつなどで着色しても問題ありません。
ただし、水彩画には向きません。
水彩画ですと水分を含んでしまうので紙がよれよれになってしまいます。

Cimg6732

1枚目にしっかりと説明が書かれているのが親切です。
ただし、表紙が裏側とセットになっているため、リング綴じになっていても、裏返すことはできません。

マルマン クロッキー

定番中の定番、クロッキー帳です。
昔からこう呼んでいるので、「帳」と言ってしまいます(^^;

Cimg7141

もう、何冊目でしょうか。
かなりの冊数使い込んでいます。

クロッキーとゆーと、素描とゆうか、ラフスケッチのためのノートみたいな感じでしょうか?

Cimg7147

初公開(汗)

最近ではパソコンでCG処理してしまう方が多くなったのですが、たまにイラストレーター(プロ職:PCソフトではない)の方に、イラストを描いていただくためのイメージスケッチ(下書き)です。

Cimg7149

大昔は、こんなのや

Cimg7148

こんなのを描いて、必要に応じて着色したりしていました。(汗)
プロではないのでこっぱずかしいです(*^^*;

万年カレンダー

ニューヨーカーで服を買ってもらいました。\(^o^)/
何の変哲もない、黒いケース。

Cimg7067

一見ラジオのチューナー風ですね。

Cimg7068

中には、日付がずれているカレンダーが7枚入っています。

Cimg7069

こんな感じで使います。

Cimg7070

大きさは、このくらい(^^;
小さいですが、それなりに見えます。

ま、全部の月が31日まで入っていますので、月末は要注意ですね。(汗)

月が5月なのはご愛敬(゚゚ )☆\ぽか

モノフェローズ・みんぽす

先月、モノフェローズみんぽすのサイトを運営されているWillVii(ウィルヴィー)さんから、アプローチされました。

こんなウスウスな私の所に(゚゚ )☆\ぽかあほ
(どうも、ブログ検索してみんぽすへ参加してくれくれそうな方を捜している時に、アンテナに引っかかった模様です(汗)そー言えば、NHKさんもブログサーフィンして引っかかったとおっしゃっていました(^^;)
みんな、色々な仕事でネットを活用していることがよくわかりますね。すごいわ。

会員になるには、審査が必要です。
週平均のアクセス数や個人情報、提供機材に関連した企業に勤めているか否かなどですね。
確かに、関連会社ですと色々と障害がありますからね。(^^;

モノフェローズならびにみんぽすとは、一般ユーザーさんに家電・デジカメ・オーディオ機器、ゲーム機(ソフト)などをメーカーさんからWillViiさん経由で、ブロガーさんに貸し出して、ブロガーさんなりのレビューを行うモノです。
貸出(モニター)期間はおよそ一ヶ月。気に入ったからと言ってこのまま買える訳ではありません。
メーカーさんから、テストや貸し出し(モニター)用として貸していただけるようです。

ライターさんやニュースサイトですと、多少ぬるめのコメントになりがちなので、このようなブロガーさんが使ってみての感想をブログに書き込み、使い勝手や良い点、悪い点(改善すべき点)などをエントリして、購入を検討する方の参考にするという使い方をするようです。

確かに、私のブログにも多くの方が検索ワードで訪れていただいています。
興味のあるものや欲しいけれど、本当に自分としての使い勝手が良いかと言った時に検索して参考にしている人が大勢います。
ま、私も気になった商品を検索して参考にするのは、レビューサイトもありますが、どちらかというとユーザーさんの本音の所が知りたいので、興味があるモノはブログで調べていますので、それと同じでしょうか。

ま、わかりやすく言うと、モニター制度のようなものだと(私は)思っています(汗)
(違っていたら、どなたか訂正のコメントをお願いしますヾ(^ )コレコレ)

ま、私のブログは近年文具系に特化しつつありますが(汗)
とゆーのも、電脳小物系は年数回買い換えたり買い増ししたりするデジカメ以外、欲しいものがなくなってきているのと、金欠から来ていますが(゚゚ )☆\ぽか

今後、モノフェローズ(WillVii)さんからお借りしたものをレポートすることもございますので、その点参考になればと思います。

一番の問題は、借りた結果物欲全開で、欲しいものが増えてしまわないかとゆー事ですね(^^;

CON50の棚吊り解消

万年筆を使っていると、突然書けなくなる事がたまにあります。
ところが、胴軸を開けてみるとインクは半分以上入っています。
が、インクが後ろ側で止まったままで、首軸方面は空の状態。
これがいわゆる棚吊りと呼ばれているモノです。
コンバーターなどに多いですね。

私が経験しているものでは、1つのコンバーターのみ(^^;
パイロットのCON50と呼ばれているもの。
どうも素材によるのでしょうか?

そこで、多くの方がやっていると思いますが、私の例を。

用意するモノ。
不要になったプラチナのカートリッジ。
もしくは、プラチナのカートリッジに近い大きさのベアリング(鉄玉です)
棚吊りしやすいコンバーター。
注:ヨーロッパタイプの場合口が小さすぎて使えませんので悪しからず。
国産のものでしたら、セーラーとパイロットは可能です。
本家プラチナは口が小さいので、できません。

単純にプラチナのカートリッジから持ってきた銀玉を棚吊りしやすいコンバーターに入れるだけです。

Cimg7071

この鉄の玉が上下することによって、棚吊りしていたインクが下に降りてきます。

Cimg7072

拡大図

CON70だと中に棒が入っていますし、CON50でしか使えない技かも(^^;

ま、コンバーターのピストンを回せば済む話ではありますがヾ(^ )コレコレ

大人の逸品+(創刊準備号)

綾しいおまけと記事タイアップ商品を色々な雑誌に展開する小学館から送られてきました。
ずいぶん前に来ましたが(汗)

Cimg7105

薄い冊子ですね。
サライ・BE-PAL・駱駝・Lapita・DIME
の共同企画。
たぶん過去に何回かLapitaショップで買い物をしたことがあるからでしょう。

Cimg7106

創刊準備号
とあるので、今後雑誌として展開していくのでしょうか?

Cimg7107

要は、色々な雑誌で紹介している通販向け商品のラインナップですね。
紙が薄いので裏移りしていますが(^^;
それ以前にぼけてまんがな(゚゚ )☆\ぽか

Cimg7108

残念ながら文具や万年筆系はありませんでした。
一安心

商品を見るとどうも団塊の世代の人たちをターゲットにしている商品が目立ちました。

もう少し年齢層を幅広くすると良いかも知れませんね。
なんか、通販生活を見ているみたいでした(笑)
それにしても、エイ出版さんも最近では、オリジナルカラーや商品開発などをやっていますが、サイドビジネスとして儲かるのでしょうか?

せかいいちながいきのはし

静岡県島田市、静岡からちょい西寄りの大井川沿いに、ギネスブックにも登録されている「世界一長い木の橋」の蓬莱橋(ほうらいばし)とゆー、橋があります。

P1030361

全長897.4m、通行幅2.4mの木造歩道橋です。

ここは良くテレビや映画の時代劇で出てくる橋でも知られています。
水戸黄門などで、みんな並んで橋を歩いているぅ~みたいなぁ~(^^;

良く台風で流されてしまったとゆー、TVニュースでご存じの方もいるかも知れません。

この地域の特産品開発で、うちの社長が提案したものが商品化されて、あちこちで話題になっています(笑)

それが・・・・

Cimg7151

蓬莱箸(ほうらいばし)(^^;
通称、世界一長い木の箸(せかいいちながいきのはし)ヾ(^ )コレコレ

どのくらい、長いかとゆーと。

Cimg7152

普通の箸(男性向け)と並べて見ました。
橋の長さが897.4mですので、2本併せた長さを89cmとなるようにしています。
1本分は約45cm。

Cimg7154

ちゃんと、蓬莱箸と刻印が打ってあります。
また、地域で有名な大井神社でちゃんとお祓いをしていただいている霊験あらたかなお箸です。

ま、この長さでは普通の箸としては使い辛いので、菜箸(さいばし)として使います。

こちらにも、だじゃれがあって、菜箸、さいばし・・・幸箸
幸せを呼ぶ箸でもありますヾ(^ )コレコレ

興味のある方は、旅行かたがた、島田の蓬莱橋にぜひ遊びに来てくださいね。
ちなみに、金谷駅は、SLで有名な大井川鐵道がありますので、世界一長い木の橋を往復した上で、SLに乗って川根温泉とゆー旅行のパターンも可能です。
ま、その逆もありますが(汗)


MDノート+革カバー

書き味

書き味は、トラベラーズノートと同じヾ(^ )コレコレ

Cimg6418

紙が厚いので、万年筆のインクの乗りも良いです。

Cimg6419

裏ぬけもほとんどありません。
フローが良すぎる万年筆や書き出しなどで万年筆を置いたままにすると、抜ける場合がありますが、その辺はそれほど気になるモノではありません。(個人的には)

手帳カバー

そのまま使った方が味があるMDノートですが、サイズが文庫サイズとA5サイズですので、汎用の文庫カバーなどが使えます。

Cimg6421

以前紹介した、無印良品2007年版の手帳に使われていた革ケースを使ってみました。
大きさ的にはぴったりです。
上に見えるのは、Dressco(ゴム付きしおり)

Cimg6422

こんな感じで使えます。
なんちゃってモールスキンですね(^^;

MDノート

MIDORI(デザインフィル)さんが出している、MD-ノートです。
これも3月に買ったきり、なかなかエントリーできませんでした(^^;

Cimg6141

私が買ったのは、文庫サイズとA5(゚゚ )☆\ぽか

それと・・・

Cimg6143

透明ビニールカバー(^^;

Cimg6324

ビニールカバーにはペンホルダーも付いています。
でも、みなさんがおっしゃるように、パラフィン紙だけの方が渋いですね。

Cimg6326

開けると、MD NOTEと書いてあって、その下にはタイトルなどが書けるようになっています。

Cimg6328

私が買ったのは、横罫。これ以外に無地があります。
紙は、MDと書いてあるように、ミドリダイアリーというミドリが開発した手帳専用の紙が使われています。
これは、トラベラーズノートの標準タイプのものにも使われているクリーム色をした紙で、適度にこしもあります。

中央にあるのは、ノートが増えた時に使う背ラベル。
ちなみに、背部分は布で止められていて、栞も強引に引っ張ると取れてしまいますので、このテープなどで止めておく必要があるかも知れません。

Cimg6341

文庫サイズとA5サイズを並べたとこ。


ブルーブラックのインクが美しく発色する万年筆のための便箋(ミドリ)

なげータイトルですが(^^;
Letter Paper for Fiuntain Penとゆーのが正式名称でしょうか?(汗)
ま、万年筆用便箋ってとこか(゚゚ )☆\ぽか

P1030276

買ったのは、ブルーブラック用ですが、同シリーズにブラックインクが・・・とゆーのもあります。
私は、ブラックインクはほとんど使わないので、こちらにしました。

P1030287

罫線は10.5mmと太いです。

同シリーズの封筒

P1030275

ペリカンの絵が書いていますが、別にペリカンの万年筆専用ではないと思います。
たぶんヾ(^ )コレコレ

Cimg7074

実際、手持ちのブルーブラックインクで書いてみました。

自慢しているだけあって、どのメーカーのブルーブラックもそれなりにきれいに発色しているようです。
あとは、好みのインクで書くってか?

ちなみに、罫線が太いのでなるべくM字かB字あたりで書いた方が、見やすいかも知れません。
万年筆で手紙を書く場合、細い罫線でFかEF当たりで書くと字がきれいに見えるようですが、自分は太い字でどばどば書くのが好きなので、このくらいの太い罫がちょうど良いです。


きれいな手紙が万年筆で書ける便箋(ミドリ)

いきなりすげータイトルの便箋です。

P1030277

字が上手に書けるということでないのが味噌ですね(゚゚ )☆\ぽか

どのような仕組みになっているのかとゆーと

P1030279

まず、手紙の基本みたいなガイダンスが付いています。
こんなの、普通の便箋には付いていませんね。

P1030281

つぎに、縦書きと横書きの見本があります。

P1030280

決め手は、ガイドライン(^^;
縦書きと横書きがあります。

参考までに、結構厚紙です。
これなら、無地のペーパーでも曲がることは無い。(笑)

あと、白とクリーム色の2色の用紙が入っています。

きれいな宛名が書ける封筒

P1030286

さて、こちらは同シリーズの封筒です。
封筒は、便箋と比べて罫線がないので、もっと難しいですね。

P1030285

とゆー訳で、入れた感じ。
これなら、縦書きでも書いているうちに曲がってしまうことがないので安心ですね。

GX100に化粧(笑)

CAPLIO GX100はGRシリーズとは異なったカテゴリーに設定されています。
見た目はGRDに似ていますが、素材は違いますね。

Cimg6692

GX100を買うずーっと前に購入したGX100本(ムック)です(^^;

Cimg6694

こんなおまけが付いています。
GX100をカスタマイズするシール(笑)

Cimg6693

GRDと違って、GX100はCAPLIOの上位機種に位置づけられているため、CAPLIOのロゴがプリントされています。
RICOHとCAPLIOは数年前にロゴを変更してしまったため、味気ないロゴになってしまいました。
個人的には昔のロゴが好きだったりします(笑)

Cimg6695

まず、シールを貼り付ける部分をきれいにします。
これは、油分やほこりがあると使用しているうちにシールがはがれてしまいますので。

Cimg6696

私が選んだのは、往年の名機「RICOHFLEX」。

Cimg6700

こんな感じになりました。
安っぽいロゴに比べて、渋いGX100になりました(^^;

Cimg6698

近くで見るとシールを貼ってあるのがわかりますが、遠くから見るとわかりにくいです。
安っぽいCAPLIOロゴに比べると情緒がありますね。

注:雑誌にも書いてありますが、このようなことをするとメーカー保証外の行為ですので、自己責任でお願いします。


AMAZONオリジナルブックマーク(しおり)

しおりつながりで(^^;

Cimg4987

昨年か、アマゾンで本を頼んだついでに2つ買ってみました(^^;

Cimg4988

革?革風?
よくわかりませんが(゚゚ )☆\ぽか
端部分がクリップになっています。

Cimg4989

こちらも本の端にクリップを挟みます。

Cimg4990

そこから、紐を引っ張ってきて、読みかけのページに挟むという元祖紐しおり風。

と、ここまでは良いのですが。
このしおり、片面のみ着色してあって、裏面は素材のまま。
使い込んでいくまでは、この革部分が本の上側に粉状にぱらぱらと付いてしまうのが難点です。


« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ