« パーフェクトペンシル9000番(ファーバーカステル) | トップページ | デビカ DB-1(乾電池式シャープナー) »

パーフェクトペンシル対決

同じメーカーだから対決というのも変ですが(^^;
UFOパーフェクトペンシルと9000番パーフェクトペンシルの比較をしてみました。

Cimg6824

上が9000番・下がUFOパーフェクトペンシル
大きさ的にはほぼ一緒ですね。

Cimg6826

別方向から
クリップは同じものを使用しているみたいです。
天冠は個人的には9000番パーフェクトペンシルの方が、ファーバーカステルっぽくて好きです(^^;

Cimg6829

鉛筆はほぼ同じ長さ。
デザインは丸と六角型の違い、プリントの違いはあります。
消しゴムは黒い方が好きですが、消し味はどちらも同じですね。
9000番の方がレトロっぽくて良いかも。

Cimg6830

キャップは9000番の方が若干短いです。

Cimg6831

シャープナー部は天冠の違いだけで同じものを使っているようです。
天冠はUFOパーフェクトペンシルの方が長いです。その分天冠を閉めても黒い部分がデザインとして残るように設計されているようですが。

Cimg6833

シャープナーは天冠部分がネジで外れるようになっていますので、交換することも可能です。
別売りでもあるみたい。(伊東屋で見かけましたが、値段は失念)
ま、以前シャープナー比較をしましたが、こちらはあくまでも削れるという程度なので、緊急用として考えています。

比較
      9000    UFO
全重量  10.1g  13.3g
キャップ  6.7g  10.1g
鉛 筆   3.4g   3.2g
 筒     4.2g   7.3g
天冠+削 2.4g   2.7g
天 冠   1.0g   1.3g
 削     1.5g   1.5g

全体を見ても、それほど重量差がないです。

« パーフェクトペンシル9000番(ファーバーカステル) | トップページ | デビカ DB-1(乾電池式シャープナー) »

鉛筆・シャープペンシル・メカニカルペンシル関連」カテゴリの記事

コメント

パーフェクトペンシル対決、面白いですね。活躍の度合いの対決は、どちらですか?

ぐっちーずさん
どちらも均等に使っているのですが、仕事で使うにはやはり
9000番の方が落ち着いた感じの方ですね。

私はどちらかと言えばUFOの方がスマートで好きですね。
パーフェクトペンシルの中でだったら、数年前まであったシルバーコートが一番好きです。

ばろっくさん
そりゃ、高いっす(^^;
普通の鉛筆が使えるのでしたら、プラチナコートや925
シルバーのを買っても良いです(゚゚ )☆\ぽかあほ

あー、みなさん
UFOパーフェクトペンシルの鉛筆がもったいないからとかいう
のもあったり(゚゚ )☆\ぽか

シャープナー部が 外れるの....知らなかった。
というか、シャープナー部を頻繁に引っこ抜くと
そのうち ユルユルになってしまいそうで、ほとんど外していません。高価なので。(庶民)
時々取り出して、拭っておいたりしてます。
もっとガンガン使ってあげたほうがイイかな。
ちなみに、私は鉛筆とミスマッチ的な現代的ファーバーカステル派のUFOのみです。
9000番の樹脂の質感対価格に 購入を躊躇。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/40968107

この記事へのトラックバック一覧です: パーフェクトペンシル対決:

« パーフェクトペンシル9000番(ファーバーカステル) | トップページ | デビカ DB-1(乾電池式シャープナー) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ