« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

カスタム74 デモンストレーター+CON70

さて、デモンストレーターですが、普通のカートリッジでは味気ないのでコンバーターを使う事にします。

Cimg6299

デモンストレーターには、CON70というパイロットの中で一番大きなコンバーターを入れました。
このほかに、ピストン吸入式のCON50とゴム吸引式のCON20と3つのラインナップがあります。

CON50はパイロットの逆輸入版ナミキのファルコンに使っています。
ファルコンの形状だとCON70が入らなかったので(^^;
ちなみに、CON50ですが、素材の問題かインクの問題かわかりませんが、棚吊り(インクが途中で止まってしまってペン先まで降りてこない)が頻発します。
セーラーの川口先生曰く、「CON50は少ししか入らないからカートリッジを使った方が良いね」でした。

Cimg6302

CON70は、1.1CC位入る大容量コンバーターです。
吸入方式は、コンバーターの頭にある黒いボタンを何回かパコパコ押すとインクが吸入されていくという不思議なものです(笑)

Cimg6323

パイロットにはパイロットのインクを使うのが相性が良さそうなので、こちらには色彩雫の紺碧(こんぺき)を入れました。
CON70の部品はシルバーなので、スケルトンモデルに入れても違和感がないのが良いです。

プラチナのコンバーターだと金だし(^^;

CUSTOM74 デモンストレーター(PILOT:カスタム74スケルトン)

先日カスタム823のデモンストレーターを紹介しましたが、それとほぼ同時期に入手してしまったのが、こちら。

Cimg6289

最近定番にラインナップされた、カスタム74のスケルトンモデルです。
ペリカンのスケルトンがペリスケ、とゆーことはカススケ?(゚゚ )☆\ぽか

既に多くの方がエントリされているので、今更ですが。
買ったのは3月中旬だったか?
某文具店で35%オフとゆー、破格の値段に負けて(^^;

Cimg6292

カスタム823と比べて、キャップ、首軸共にグレーのスケルトンというのが良いですね。
これだとインクによっては、中の状況までわかりますね。
手帳使い用にFにしてみました。

Cimg6303

ペンのサイズは5、パイロットの14kシリーズの中では小振りなものです。
ま、一般的には一番使いやすいサイズかも知れません。
もっと小さいレグノシリーズを持っていないので、もしかしたらもっと小さいペン先もあるかも(汗)

続く


文房具柄手ぬぐい(伊東屋+かまわぬコラボ)

先週末はごたごたしておりまして、写真を撮っている暇がなかったのですが、金曜日に届いていました(^^;

Cimg6960

伊東屋さん限定手ぬぐい。
本当は10枚限定のはずが(^^;
20~30枚は行っているのでは(汗)

ま、枚数はともあれ、良い感じの手ぬぐいで満足です。

Cimg6963

色の感じは上の方が実物に近いです。

GX100 ケース類について考える

常時鞄の中に入っているGX100ですが、オプションケースを買うまでもないので、手持ちのケースについて実験してみました。

GX100はとても小さいカメラ(カードサイズなどは除く)ですので、液晶ビューファインダーがなければほとんどの市販ケースにも収まると思います。

富士フイルムのデジカメケース

Cimg6649

これは、パソコンショップのワゴンセールで保護したモノです。105円也。
ジャストフィットサイズです。
ただし型番は不明。

Cimg6651

こんな感じで蓋もできます。
これが一番手軽なケースでしょうか?

UMBROマルチケース

Cimg6654

ちょっとアウトオブフォーカスですが(^^;
こちらのケースは、液晶ビューファインダーを付けたまま入れることができます。
これも以前紹介しましたが投げ売りで保護したモノです。

Cimg6657

後ろ側から見たとこ。
ま、全方向ジッパーケースなので、紐は丸めて入れるっきゃないです。

Cimg6656

えーと、ちときついですが(^^;
外部圧力が加わると、液晶ビューファインダーが壊れそうですが、かろうじて入ります。(汗)

手持ちのケースが色々あるので、新たに投資する気はありませんが、ケースを捜すのも楽しいですね。

60万Hit御礼

お世話になります。
いつも、貧弱な内容ですみません(^^;

080427sixty_2

なんと60万超えていました~(^^)/~~~

これもひとえに皆様方の応援のおかげでございます。
濃いブロガーの皆様の足下には及びませんが、
毎日こつこつとネタを探して(゚゚ )☆\ぽか
とゆーか、書きたいことは沢山あるのですが、
どんどん小物が流れてしまt(゚゚ )☆\ぽか

ネタは溜まる一方で、書き手が追いつきません(汗)
連休当あたりに、載せられなかった時代遅れの小物たち
とゆー、特集でも組みましょうか(゚゚ )☆\ぽか

50万ヒットが3月の9日ですので、
1ヶ月と約18日で10万アクセスと言うことになるみたいです。
加速していますね。
単純計算で一日2200アクセスになります。
(同じ方が複数の内容を閲覧下さるので、だいたい1200人/日の訪問者数となるようです)
色々ありがとうございます。
感謝感謝

最近では、はじめましての方からも多くコメントをいただいております。
また、コメントはなくても、お気に入りに登録いただき、毎日巡回される方も増えております。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

みなさん、ネタが尽きるか、本人がお隠れにならな(゚゚ )☆\ぽか
出来る限り頑張っていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

SINDBAT(シンドバット)サンスター

シャープペンシルの芯と言うと、三菱のUNIやトンボのMONO、ぺんてる、パイロットなどが定番ですが、こちらは珍しいサンスターの替芯です。

Cimg6941

シャープペンシルの形状をしていますが、あくまでも替芯ケース(^^;
その証拠に40本入っています。

Cimg6949

替芯ケースがシャープペンシルになっているのですね。
すごい発想の転換。とゆーか遊び。

Cimg6948

ちゃんと消しゴムも付いています。
芯の出し入れは、消しゴムを外して行います。

ま、シャープペンシルとゆーか、メカニカルペンシルはたまにジャミング(゚゚ )☆\ぽか
芯が機構の途中で折れたり詰まったりして、緊急時に使えなくなることがありますが、この替芯シャープ(名称)だと、とっさの時にもシャープペンシルに代替えできるので便利です。

重量9.9g
全長117mm
軸径 12mm

書いてみると、以外とバランス、長さとも考えて作られていることがわかります。

しかし、なんとゆー安直な名前か(^^;

キャッシュトレー・大(無印良品)

ゴールデンウィークに入りましたねぇ。
私は基本的に暦通りです。
おまけに、どこに行っても人と渋滞なので自宅の大掃除でもやりましょうか(^^;

Cimg6939

無印で半額だった「キャッシュトレー・大」です(^^;
直訳すると、現金皿(゚゚ )☆\ぽか
サイズはA5のメモ帳などが挟めるようになっています。
ふちがカーブしているので、ペントレーとしても使えそうなので買ってみました。(笑)

Cimg6944

封を開ける前に撮影したモノしかないので(゚゚ )☆\ぽか
A5サイズはちょうど好きなサイズなので、メモ帳などを挟んで使えるし、上に書いたようにペントレーとしても使えるので、2通りの使い方ができます。

もちろん、定価だったら買いませんね(^^;
半額の更に5%オフなので。

CUSTOM 823 吸入比較

吸入量についてご質問がありましたので、たまたま入れ直す機会があったので(量の計測はできませんが)比較写真を撮ってみました。

比較に使ったのは、ペリスケの愛称で親しまれているペリカンM205デモンストレーター。

Cimg6952

横に寝かせて撮ったので、良い写真ではありませんね。

Cimg6955

首軸が上。

Cimg6956

首軸が下。

両方とも1回の吸入です。(ま、当たり前か(^^;)
軸径の関係と量の雰囲気からペリスケの1.5~2倍近くは入っているようです。

GX100 オプションネックストラップ

仕事柄、出かけるときにはカメラを2台ほど持ち歩く。
最も、常時持ち歩いているのは1台ですが。
視察や旅行、撮影をメインとした現地調査などには保健の意味も兼ねて2台。(^^;

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)は、ほとんどが片側のみのハンドストラップ。
これから暖かく(暑く)なる時期には、薄着になるためどうもネックストラップが欲しい。
(購入したのはずいぶん前ですが(^^;)

Cimg6647

RICOHの良いところは、両吊りできるように設計してくれていること。
ま、GRシリーズのように縦(横?)には止められないのが残念。
首からぶら下げることができるため、2台持ち歩いても片手でカメラ2台ががちゃがちゃとぶつかることがないのがよい。

Cimg6660

ネックストラップの良い点は、液晶ビューファインダーのケースも併せて止められること。
ローアングルや、日差しが強すぎて見にくいと言うことでもない限りあまり液晶ビューファインダーは使わないのでこのようにケースにつけられるのが助かる。

ジャブロー温泉(ガンダム)手ぬぐい

うちの子2号(文具好きの方ね(^^;)が高校の春の旅行で富士急ハイランドに遊びに行ってきまして。
そのお土産でいただきました。
できた子だ(;_;)☆\ぽか

Cimg6950

修学旅行の時にも手ぬぐいを買ってきてもらいましたが(汗)
ガンダムなんちゃらとゆーアトラクション関連のグッズらしいです。

ガンダムはよくわからないのですが(汗)
ネットで調べたら
>ガンダムシリーズに登場する架空の地名、及び基地の名前
>広大な熱帯雨林のジャングルの中にあり、出入り口も植物などでカモフラージュ しているため位置が特定しにくい

だそうです。
2種類あったようなのですが、こちらの方が渋そうだったのでとゆー理由だそうです。
温泉に行くときに使おうっと(^^;

CUSTOM 823 大きさ比較編

さて、恒例の大きさ比較です。

大きさ比較

Cimg6210

上から、セーラーレアロ、カスタム823、カスタム74。
レアロと比べると小さくて、カスタム74と比べると大きい(^^;
ま、中間的な大きさですね。
一般的な万年筆と比べると少し大きい程度でしょうか?

ペン先比較

カスタム823 VS カスタム74

Cimg6214

左:カスタム74、右:カスタム823
参考までにカスタム74はミュージックニブです。
カスタム74の大きさは5、カスタム823は15となっていますので一回り以上大きいですね。

カスタム823 VS レアロ(^^;

Cimg6215

比べる方が間違っていますね(^^;
ま、レアロがいかに大きいかと言うのがわかりますね。
カスタム823が小さく見えます。(笑)

ITO-YA+かまわぬコラボ限定グッズ発売

伊東屋さんと手ぬぐいで有名なかまわぬ(鎌○ぬ)さんがコラボで、限定手ぬぐいとノートを出しました。
かまわぬさんはデザインや創作欲あふれる手ぬぐいを販売していますね。

1710015_3

こんな感じの和風ノート(限定3冊)

1710015_5_2

渋い雰囲気が出ています。

3230008_4_3

手ぬぐいの柄の一部。
限定各10枚
伊東屋さんのレッドクリップが可愛いですね。

3230004_4

詳しい図柄は以下のサイトへ
数量限定ですので興味のある方はこちら

手ぬぐいファンの私としては、文具柄をポチってしまいましたヾ(^ )コレコレ

CUSTOM 823 吸入編

注:以下に示すやりかたは片手で写真撮影をしながら吸入していますので、本来の吸入方法ではありません。
その点ご注意ください。(汗)

なるべく両手で添えて吸入してください。
また、今回は専用のボトルで吸入せずに、機構がわかりやすいようにオリジナルのインクで吸入しています。

Cimg6185

尻軸を抵抗がなくなるまで回し、水鉄砲のように尻軸を引っ張ります。
この時にはインクを付けなくてもかまいません。
上まで上がったら、ペン全体をインクにひたします。

Cimg6186

そうしたら、尻軸を元に戻すように押し込みます。
すると・・・

Cimg6187

最後に「スポッ」という抵抗があって、すぐに「シュワシュワ」しながら、インクが満たされます(笑)
この瞬間がすごい不思議というか、面白いです。
炭酸飲料を万年筆に飲ませているみたいな感じでしょうか。
泡立ちます。(笑)

注:炭酸飲料は万年筆に飲ませないでください。砂糖など色々不具合が発生する恐れがありますヾ(^ )コレコレ

Cimg6188

あとは、尻軸を閉めて、ペン先に付いたインクを拭けば完成。
今回は撮影のためにちょっと斜めに吸入したので、一杯まで入りませんでしたが、普通はかなり上までインクは入ります。
なるべく、こちらを使いましょう。

Cimg2388

一応、カスタム823対応のパイロットインクです。
70mlと非常に沢山入っています。
普通のパイロットインクは30mlですので、倍以上入っていますね。
これは中に筒が入っていて、インクが少なくなってしまってもちゃんと823で吸入できるようになっています。
インク瓶の写真を拡大していただければわかりますが、吸入を開始するときには、蓋をしたまま一度ひっくり返して筒の中にインクを入れてから吸入を行います。
カスタム823は普通の万年筆よりも若干太めですので、ペリカンのM800やモンブランの146(149も?)インクを入れることができます。
逆に、他のメーカーのインクを使いたい場合は、この入れ物を洗浄して別のメーカーのインクを入れれば最後に近い所まで823にインクを入れることができます。ヾ(^ )コレコレ

CUSTOM 823 プランジャー機構

カスタム823は、普通の万年筆の吸入方式とは異なり、プランジャー機構と呼ばれる方式を使っています。
普通は、カートリッジやコンバーター、あるいはピストン吸入式というのが現在の一般的な方式です。
一部復刻版や高価なものには昔ながらの多様な吸入方式がありますが。

プランジャー(パイロットではプランジャと表記)機構とはどういうものかと言うと、トイレや排水溝が詰まった時に使う棒付きの吸盤みたいなものがありますね。
あれと同じ原理で、インクの胴軸を真空にしてインクを吸引するという機構を使っています。

Cimg6166

胴軸の中に棒が入っています。
尻軸を回すことによってこの棒を引っ張ることができます。

Cimg6167

吸入棒を閉めた所。
この写真のシールが貼ってあるところのすぐ右部分に段差があるのがわかりますでしょうか。
この部分が、カスタム823のプランジャー機構のキモです。

Cimg6157

キャップに注意書きのシールが貼ってありますが、上の写真2の部分が栓になっていて、インクが不用意に漏れないように、インク止めの機能も担っています。
尻軸を回さなければ、ペン芯にあるインクのみでA4用紙1枚程度は書けるのですが、フローも若干悪くなるので、指摘されているように、閉めてある栓を開けてから書くという、儀式的な楽しみもあります。(笑)

長くなったので・・・
次回は吸入の様子を紹介したいと思います。


CUSTOM 823 DEMONSTRATER(PILOT)

普段市場に出ていない、パイロットのカスタム823のデモンストレーター、いわゆるスケルトンモデルとゆー奴です。

Cimg6156

ニブはB。本当はBBとかコースとか欲しかったのですが(^^;
カスタム823はB、M、Fしか通常ではラインナップされていませんね。
(店特注とかはあるらしいです)

Cimg6155

通常版のカスタム823は、グレーとブラウンのスケルトンになっています。
こちらの方がインクの吸入がはっきり見えて良いですね(笑)

天冠と尻軸が真っ黒。で、キャップ内も黒です。

Cimg6158

首軸も黒ですね。

写真2を見てもらうとわかるように、黒やブルーブラックのインクを入れると、全体的に真っ黒い普通の万年筆に見えるように工夫されているようです。

Cimg6164

ペン先。
ペンは14kが使われていて、少々堅いです。
別に14kでも柔らかいペンはありますが、個人的な感覚から言うとこのペンは堅いように思います。
15と書いてあるのは、大きさですね。
ちなみに、廉価版のカスタム74は5です(^^;

このデモンストレーターは、特別限定生産品とかいうらしく、常時販売されている訳ではないようです。
万年筆祭りなどのイベントで、吸入機構を紹介するために使われたり、一部販売されているものもあるようです。

続く


CB定規 Realmadrid仕様

以前、CB定規を紹介しましたが、じつはうちの子ども2号が同じものでレアルマドリード仕様の定規を持っていました。

とゆー訳で、比較です(^^;

Cimg6891

使われている木に塗装されていて、Realmadrid CLUB DE FUTBOLとプリントされています。
色違いだけで、まったく同じものですね。

うちの子に聞いたら中学生の頃から使っていたとゆー訳で。
今から5~6年前でしょうか?
定規のメモリが消えてしまっています。
まあ、アルミに印刷しているので、使い込めば当然薄くなってしまいますが(^^;


ドットライナー ラベルメモ

付箋紙は便利なのでつい使ってしまいますが、客先の不在な方に、伝言メモや資料を渡すときに一筆入れたり、図面の外側にメモをするときに、良く使います。
しかし、従来の付箋紙は粘着力が弱いためにすぐにはがれてしまうという難点があります。
何かの拍子にはがれてしまうことも多いですね。
最も付箋紙自体がそのような目的で作られたものですので、(^^;

>ふ‐せん【付箋・附箋】
>用件を書きつけて貼る小さい紙。目じるしのために貼りつける紙。貼りがみ。
By広辞苑6版

Cimg6439

全面にのり!と、注視するキャッチが新鮮ですねぇ(^^;
サブコピーも、ピタッと貼れて落ちにくい!
(ら抜き言葉のような気がしますが(汗))

タイトルにあるように、コクヨのテープ糊の付せん版ですね。

Cimg6481

全面に糊が貼ってあると、はがしにくいのではと思いますが、写真のように、角の一部は糊が貼ってなく、剥がしやすいようになっています。
ただし、使っていって「PULLUP」という所より下になってしまった場合は、どこから開けるか悩みますね(^^;
そういう意味では全面に糊とゆーのは嘘ですね(゚゚ )☆\ぽか

粘着力は普通の付せん紙と同様なので、それほど強くありませんが、ほぼ全面に糊(笑)が付いていますのでちょっとのことでは、はがれて来ませんので安心です。

意外と便利に使えます。


携帯用縮尺スケール[TZ-1598]コクヨ

シートサンスケを紹介しましたが、コクヨでも良い感じのスケールを出しています。

Cimg6795

黒いビニールケースに包まれています。

Cimg6797

こちらは、開けると5枚のスケール(定規)が出てきます。
上下にメモリがあるので、普通の三角スケールの倍のメモリが振られています。
目盛り縮尺は
1/100・1/150・1/200・1/250・1/300・1/33と1/3・1/400・1/500・1/750・1/1250

Cimg6798

拡大するとこんな感じ。

こちらは大昔からの定番(^^;
税込630円

ビニールケースが付いているため、22.3gあります。
前日に紹介したシートサンスケは、わずか3.3g。
どっちがよいかは、利用目的次第でしょうね。

シートサンスケ(ポスト商会)

以前、細くおしゃれな三角スケールシャープペンシル付き三角スケールを紹介しましたが、更に綾しくかつ薄っぺらい三角スケールです。
厳密に言えば、三角形をしていないので、三角スケールとは言えませんね(^^;

Cimg6789

一見何の変哲もない定規。

Cimg6791

普通の定規みたいですね。

Cimg6792

裏返しても、メモリが入っています。

Cimg6793

立ち上げると、こんな感じ(笑)

一丁前に、三角スケールのような形状になります。

Cimg6794

この三角スケールは調査士タイプと言って、以下のようなスケールになっています。
スケール(縮尺)は、1/100、1/200、1/250、1/300、1/500、1/600。
普通のは、1/250の所がなくて、1/400というのが一般的です。

要は土地家屋調査士や不動産鑑定士などフィールドワークを兼ねている人専用ってとこですね。

都市計画とか地図を見るときの標準が1/2,500というのが一般的なので、このようなスケールは重宝します。
一般的なスケールしかない時には、1/500を半分の単位で見るようにしますが、その場合スケールの読み違えが発生する恐れがあるので、1/250の縮尺があると助かります(汗)

ちなみに、登山をやる方だと、国土地理院の1/25,000白図(地図)が標準になります。
登山をされる方にも便利かも知れません。
もっとも、最近ではハンディGPSなどもあるので、ま、このようなアナログ定規はあまり要らないのかも知れませんが、折りたたむと薄くなるので地図帳などに挟んでおくのも良いでしょうね。

定価:683円(税込み)
重さ3.3g

Giuris ジウリス用紙をA5システム手帳で使う

ジウリスは今のところルーズリーフバインダーのものしかラインナップされていません。
A5システム手帳を常用している私としては追加投資でバインダーを買うのもいかがなものかと思っています(^^;
あー、何十年か前のビニール製のA5バインダーノートは持っていたりしますが、いかんせん安っぽい。
とゆー訳で、A5システム手帳用に加工しました。
難しいことはありません。

A4のジウリスを半分に切って使う

Cimg6424

これだと、システム手帳を縦に開けばめいっぱい書くことができます。
しかも、ページを併せて書くようにすれば、A4のルーズリーフにちゃんと収まります(汗)

A5用リフィルを買うヾ(^ )コレコレ

Cimg6629

切っても切らなくても、用紙の単価は一緒なので(笑)
おとなしくA5ジウリスを確保します。

Cimg6632

あとは、6穴パンチで穴を開ければ、A5システム手帳にすんなりと収まります。(汗)

Cimg6635

これでいつでもどこでも気軽に、あのジウリス用紙が気持ちよく使えます。

Cimg6676

フローの良いインクで書いても裏抜けは全くないのが凄いです。

同様に、ライフのバンクペーパなども6穴を開ければ、A5リフィルとして使えるようになりますヾ(^ )コレコレ

注:ご指摘がありましたので変更しました(^^;ジリウス→ジウリスですね。脳内ではそのようにしていたと思っていましたが(゚゚ )☆\ぽか

変漢ミスコンテスト vs ATOK2008

250万人の漢検が募集している変換ミスコンテスト第3弾のエントリが公表されました。
そこで、ATOK2008でもやってみました(^^;

凡例
上:元原稿
中:誤変換例
下:ATOK2008(ZEAK仕様(笑)鍛えてあるという意味)
  共同通信社記者ハンドブック・NHK新用字用語辞書・ぎょうせい公用文表記辞書が入っているので紛らわしい表現や漢字表記にすると難しいモノなどはひらがなで置き換えられています。



うまくいかない画像サイズになった
馬食い家内が象サイズになった
うまくいかない画像サイズになった◎


○○さんの質問は要注意かと思います。
○○さんの質問は幼虫以下と思います。
○○さんの質問は要注意かと思います。◎


日本の秘境100選
日本の卑怯100戦
日本の秘境100
日本の秘境百選(ひゃくとひらがな入力すると自動に選択されますね)◎


小学生問題。水の三態変化を書け。
少額制問題。水野さん大変かを書け。
小学生問題。水の三態変化を書け。◎


何かと胡散臭い時がある
何か父さん臭い時がある
何かとうさんくさいときがある。◎
 これは、難しい時を変換しないようになっていますね。


今日居ないもんね。ゴメン~!
胸囲ないもんね。ゴメン~!
今日以内門ね。ごめん~!×
 口語体に設定していないからだめだな。


置いてかれた感じだ
老いて枯れた感じだ
おいて行かれた感じだ◎


あの人もう重役になったんだって
あの人猛獣役になったんだって
あの一毛重役になったんだって×


裸のままですけど、包装紙ないんですか?
裸のままですけど、放送しないんですか?
裸のままですけど、放送しないんですか?×

10
6個作って下さい
肋骨食って下さい
6コ作ってください◎

11
おれ麻疹になった
おれは鹿になった
俺は市価になった×

12
了解金曜にお願い
漁解禁よウニお願い
了解金曜にお願い◎

13
新宿花園郵便局
新宿は謎の郵便局
新宿は謎の郵便局×

14
渡しましょう
私魔性
渡しましょう◎

15
今日12号棟見学できます
今日中に強盗見学できます
今日12号棟見学できます◎

16
部隊活動
豚以下集う
舞台活動×
そもそもこんな妖しげな文章打たない罠。

17
変わる時なんだよ
蚊割ると黄なんだよ
変わるときなんだよ◎

18
食事したうえで来てください
職辞し田植え出来てください
食事した上できてください○

19
ふんわりソフト感触が楽しめます
ふんわり祖父と間食が楽しめます
ふんわりソフト間食が楽しめます×

20
恋人たちの季節
恋人立ち退き説
恋人達の既設×
 こいつは業界用語を鍛えてあるからだな(^^;

21
講習会の出欠を確認してください。
口臭か胃の出血を確認してください。
講習会の出欠を確認してください。◎

22
あなたのこと理解したい
あなたの小鳥怪死体
あなたのこと理解したい◎


ほぼ正解13/22
ダメダメ  4/22

やるぢゃん、ATOK2008

こんなMS-IMEの誤変換を楽しんでないでATOK入れなさい(^^;
そもそも、例示は文章の言い回しや句読点がなっていないモノもありますねぇ。

一見封筒とゆー楽しさ (BEAMS)

BEAMSクリアファイルその2です。

Cimg6875

一見普通の封筒。とゆーのが味噌ですね(^^;

Cimg6909

まあ、実物と並べてみると・・・ですが(笑)
ただし、クラフト紙もメーカーに寄るのと、古紙含有率にもよったりするので、実際このようなモノがあるのでしょう。

Cimg6911

裏は、マチ付きの封筒にあるような、紐でしばる部分までプリントされています。

Cimg6913

このエイジングてゆーか、茶封筒の雰囲気が出ている所がいけてます(笑)
おまけに、紐のリアルさ(@@;

間違って出してしまいそうヾ(^ )コレコレんなわきゃないか。

RUF軌跡の名車コレクション(ローソン限定)

緑の中を走り抜けてく、真っ黄色のポルシェ~(字余り)(゚゚ )☆\ぽか

Cimg6920

ローソンと各コーヒーメーカー協賛のミニカーシリーズ。
またやっちゃいました(^^;タイミング良すぎ。

ポルシェ911ベースのCTRです。

Cimg6923

今回は、前回の警察車両シリーズと比べて、ましなデザインと塗装になっています。
スーパーカーは詳しくなくても、ポルシェは知っています(笑)

Cimg6928

全部で7種類出ているようですが、色で選びましたヾ(^ )コレコレ
ポルシェ911ベースのRt12です。
CTRと比べて一回り大きいですね。
実物はもてないので、1/72スケールで比較するしかないですが(^^;

Cimg6926

ポルシェは、どこから見てもポルシェってわかるのが良いですね。
BMWやベンツだと型式によってはわかりにくいし(^^;

Cimg6931

2台並べたとこ。

Cimg6934

上から見たとこ。
個人的には、昔のCTRの方がポルシェっぽくて好きだな。

このほか、CTR2(銀)、CTR3(銀:最新?)、RGT(銀)、RkCoupe(赤)、R Spyder(黒:カブリオレ)
があるようです。

興味のある方はお早めに。
この手のスーパーカーは速くなくなってしまいますね。

良くできたクリアファイルPC版(BEAMS)

セブンーイレブン+BEAMSのクリアファイルです。
別にクリアでもなんでもないのですが(゚゚ )☆\ぽか

Cimg6870

一見ふつーの黒いファイル。
しかし、見えないのにクリアファイルという名称がなんだか引っかかるなぁヾ(^ )コレコレ

Cimg6871

裏側の方が雰囲気出ていますね。
ノートパソコンをイメージしているようです。
普通バッテリーインジケーターも前面に持ってきそうな(^^;
CEまで書いてあるのがおしゃれです。
シールをはがした跡も芸細ですね。でも、普通シールは表面に貼らね?

Cimg6873

このクリアファイルの真骨頂は、開いたときですね。
キーボードと液晶モニタが出てきます。
キーボードは印刷とは思えない陰影が出ていますね。
雰囲気的には、ThinkPadのトラックポイントないバージョンでしょうか(笑)
英字キーというのが萌え(゚゚ )☆\ぽか

一番びっくりしたのが、液晶画面に指紋べたべた(苦笑)
最初、客か店員が付けたのかとおもって、一生懸命ティッシュで拭こうと思ったら、指紋も印刷でした(^^;
誰の指紋だろ(笑)

Cimg6916

この陰影で立体感というか、本物っぽく見えるのが凄い(^^;

どーせなら、ビームスマークではなく、実際にあるパソコンくりそつにして欲しかった。
特にトップ画面は重要な所ですが、あれではパソコンか何かわかりませんからね。
できればVAIOとかにしてくれた方が、インパクトがあって(笑)


Giuris ジウリス vs 普及型ルーズリーフ

ジウリスと普及型のルーズリーフで、どのくらい違うのか万年筆対決をしてみました。
とゆーか、普段から万年筆を使っているので、その比較ですね。

注:ジウリス以外は、だいぶ前にまとめ買いしてあったルーズリーフ類ですので、現行のものとは異なることをご承知ください。普及型のルーズリーフもかなり進化していますので、この結果を鵜呑みにするのはご注意ください。たまたま手元にあったものを比較したという程度です。

ジウリス用紙(表)

Cimg6684

インクの乗りは凄く良く、書き味も滑らかです。
さすが高級商品としてラインナップしているだけはあります。

ジウリス用紙(裏)

Cimg6685

画面左側がジウリス用紙の裏面。表面にたまたまインクをこぼしてしまった跡があるが、どの万年筆でも裏抜けが全くない。
このまま、裏にも字が書ける感じである。

コクヨ ノ-826A(表)

Cimg6686

ずいぶん昔に買ったもののため、現行品とは比較にならないが、万年筆で書いてみた。
紙は非常に薄く、万年筆で書くと引っかかりを感じる。
ジリウスが「ぬらぬらさらさら」という感じなら、コクヨは「かりかりしゃりしゃり」と言った印象が感じられる。

コクヨ ノ-826A(裏)

Cimg6687

裏抜けまでは行かないが、長刀のフローがよい万年筆で書いた部分はきわどい感じで染みた状態になっている。
そのほかの万年筆においても、止め部分や、書くときに少し時間がかかった部分は裏に若干見える状態になっている。
注:コクヨ用紙の名誉のために言っておくが、古い用紙で現行あるかは不明な紙を使用。

マルマン ルーズリーフ L840A(表)

Cimg6688

1世代前の薄手のルーズリーフに書いてみた。今のもの(色々なペンがデザインされている)と比べると10kgほど低い用紙である。
書き味は、ジウリスとコクヨの中間。普通の紙に書いていると言うと変だな。(笑)
ツバメノートのフールス紙やコクヨのキャンパスノートに書いているような感じ。

マルマン ルーズリーフ L840A(裏)

Cimg6689

古いコクヨの用紙に比べると裏抜けはない。

マルマン ルーズリーフ L1307(表)

Cimg6775

L840Aとゆーか、3桁シリーズよりも新しいマルマンのニューカマー(^^;
厚口中性紙を採用したというだけあって、書き味は前の3桁に比べて滑らかです。

マルマン ルーズリーフ L1307(裏)

Cimg6776

書いているときに、止めに若干時間がかったり、フローが潤沢な場合のみ、若干裏ににじみが出ます。
それ以外は問題なく書けていますね。
抜けも、裏にどんな字が書いてあるか見えないというのも良いですね。

結論

結論というほどでもないが、ジウリスの書き味は非常によい。(^^;
雰囲気的にはライフのファーストと、コクヨの帳簿ペーパー(CYO-BO)ペーパーに書いているような感じと言えばわかるかな(^^;
でも、非常に高価なものであるので、書くのがもったいない(笑)
今回は文具店バーゲンで3割引だったので買ったが、定価販売なら絶対買いませんってば(汗)
普段使いにはマルマンの4桁シリーズL1***が一番リーズナブルで良いでしょうね。

笑える検索フレーズランキング

このブログには、閲覧記事、アクセスか所、検索フレーズランキングを掲載しています。
なにげに見てびっくり(笑)

Kensaku

第7位にzeakって(^^;

なんか、有名な店とか会社でもあるのかしらん?

で、ググってみたら。
1位がヘアーサロン。
2位が私のブログでした(^^;
ま、変なハンドル使っていますからねぇ。

Giuris ジウリス ルーズリーフ用紙

マルマンの高級用紙シリーズのジウリスです。
通常のルーズリーフに比べ、一回り厚い用紙を使用しているため、とても書きやすいと口コミとゆーか、ネットで広がっている用紙です。私は、つちはしさんから教えていただきました。(汗)

Cimg6379

パッケージも小洒落ていて、普及品のルーズリーフとは訳が違うんだよという位、質感の良い袋に入っています。
しかも、二重構造(^^;

Cimg6401

用紙が入っている袋は、残りの分が湿らないように、ちゃんと封印できるようになっていたりという凝りよう。
マルマンの本気さが伺えます。

これと同時期には、ルーズリーフ用紙もリニューアルされたようで、すべての筆記具において書きやすい質の向上に努め、従来品より一回り厚い紙に変更したとのことです。

それにしても、普及型のルーズリーフがA4サイズ100枚で399円に対し、ジウリスはなんと945円(^^;
とてもお高いです。
こちらもバーゲンでなければ買えない値段ですね(;_;)

Cimg6417

罫線は非常に薄いです。
こちらは万年筆やボールペン、鉛筆などで書くときにはなんとなく罫線が見えるようになっていますが、書いた後はそれほど罫線が目立たないように工夫してあるのだそうで。
けっこう考えて作られています。


WILLCOMからVISTA搭載D4発売

いやぁ、やってくれましたねぇ。

Img02

電話としてはちと大きいですが(^^;
ハンディPCを考えると手頃なサイズ。

Img04

3WAYタイプで使えるとか。
7月発売予定。
詳しくは
シャープサイト
WILLCOMサイト

VISTA搭載
オフィス2007
40GBHDD

気になるバッテリーの持ち時間は・・・計測中に付き表示されていません(残念)

御値段は約92000円
アドエスを昨年買ったので、切り替えと言うより、ダブルフォルダーで考えようか(^^;
悩むなぁ(゚゚ )☆\ぽか
かなり萌え(^^;

簡易シャープナーによる品質比較

UFOパーフェクトペンシルのシャープナー(鉛筆削り)はあくまでも簡易版。
とりあえず緊急時には削れますよ、という程度でしょうか?

この辺は、いろいろな方のブログなどでも言われていますね。
ま、買ってからでないとわからない(゚゚ )☆\ぽかおい。

とゆー訳で、周りにある簡易式のシャープナーでその削り味を検証してみました。

エントリされるのは次の4つ。

Cimg6860_2

左からDUXシャープナーファーバーカステルシャープナーステッドラーシャープナーUFOパーフェクトペンシルシャープナー

ちなみに、こちらが削った後。

Cimg6861_2

本当は、同じメーカーの同じ素材、同じ濃さの鉛筆で試すのが筋なのですが(^^;
予算の関係で(汗)
手持ちの各メーカーの濃さの違うもので実験していますので、実際の削り味とかびみょ~に違うかも知れません。
だって、パーフェクトペンシルの鉛筆って高いんだもん(゚゚ )☆\ぽか

写真左から
トンボモノ HB
三菱9852 B
伊東屋イートン 濃さ不明(^^;
ファーバーカステル パーフェクトペンシル B

一番きれいに削れたのは、芯の削り加減(細さ)が調節できるDUXでしょう。
ちょっと、見本で使った鉛筆が今一でしたので、木の部分が荒れていますが(汗)

その次が、ステッドラーとファーバーカステルの銀の奴
これは快適に削れます。双方とも甲乙付けがたいです。
大きさから見るとステッドラーに軍配が上がるかな?
流石製図メーカー。

リンク先の写真にあるように、ケースあり、ケースなしがありますので、DUXと同じ感じで持ち運びができます。
ただし、DUX(税込み定価2100円)との価格差は(^^;
ちなみに、ステッドラーケース付き(税込み定価472円、本体のみ399円)
最後に、UFOパーフェクトペンシルシャープナー
出先で芯が折れてしまった時や先が太くなってしまった時の緊急用とゆーことで(^^;


Giuris ジウリス カバーファイルA4

だいぶ前に紹介したジウリスファイルノートですが、重いので会社のデスクの肥やし(゚゚ )☆\ぽか

正式名称は、ジウリス ベルトタイプというらしい(汗)リング内径20mm(現行価格4200円)

デスク使用モデルになっていました。(^^;
持ち運び用に軽いものはないかと物色していた所、ジウリスカバーファイル(メーカーでは、同ファイルノートシリーズのメタリックバインダーと呼ぶらしい。)を文具店でみて、ちょっと前から欲しかった(^^;

Cimg6614

とゆー訳で、文具店のバーゲンを待ってカバーファイルを購入。(゚゚ )☆\ぽか
定価では恐れ多くて買えません(汗)

しかも、前に紹介したファイルノートよりも高い。てゆーか、バージョンアップして値上がりしたかも。
ま、以前のジウリスは用紙がジウリス用紙ではなく、普通のマルマンの普及型ルーズリーフ用紙L840Aが入っていたので安かったのかな?

Cimg6622

上が前から持っていたもの、下が今回入手したもの。
以前のものは、全体がしっかりした作りで、めちゃ重い(^^;

今回のカバーファイルは、中身がビニール系樹脂でできているいわゆる普通のバインダー。
それにレザークロスという合皮風のカバーが付けられている。
これだけで、高そうなバインダーに変身してしまうからすごいわ。

Cimg6661

カバーファイルには、名刺入れ2段とポケット、それと右側には太めの万年筆も入れられるペンホルダーが付いている。
ペリカンのスーベレーンM800は余裕で入る(^^;
こういう仕様はなんかうれしかったりします。

セットで入っているものは、ジリウス用紙30枚、タブ部分をPP加工したインデックス6枚、樹脂製のページリフターというか、紙が曲がってしまわないような保護用かな?

Cimg6621

ちゃんとインデックスにジウリスとエンボス加工されているという凝りよう。
インデックスのタブの横に罫線が引いてありますが、それもタブの位置に合わせてデザインされています。
かなり力が入った商品ですね。
最も、何年か前に流行った黒い紙にも書けるゲルインクペンでないと、グレーや黒のインデックスに字が書けない(^^;

重さは、
えんじ色のファイルノートが本体のみで574g(ネットなどでは全部込みで815g(@@;)
黒のカバーファイル   が本体のみで320g
重さが半分近くになったので、いつでもどこでも気軽に使えるようになりました。

マッキーケース(笑)BEAMS

この辺の乗りは好きなので、買ってしまいました(笑)
先に青色文具さんの所でも詳細が出ていますね。

Cimg6864

油性マーカーでメジャーな、ゼブラのマッキー専用ケースでございます。(笑)

Cimg6866

ご覧のように、マッキーと同じ大きさ。
ちゃんと収まるように作られています。
カラビナ風フックもあるので、ズボンのベルトにぶら下げたり(^^;

Cimg6888

ノーマルタイプの万年筆はかろうじて2本入ります。
でも、ジッパーを閉めると、マッキーケースが膨らんでしまうので、1本は細めの万年筆かシャープペンシルとか入れるのが良いかな?

Cimg6889

モンブランの149やセーラーのレアロのような太い万年筆は1本しか入りません。
おまけに出し入れが厳しい(^^;

マッキーから高価な万年筆が出てくるのがシュールです。(゚゚ )☆\ぽか


CB定規(ミドリ)

ペンケースに入れられる洒落た定規はないものかと捜していた所。
御前崎のいつもコメントをいただく、ブングボックスさんの所で発見しました。

Cimg6124

トラベラーズノートで有名なミドリの製品。
品名はCB定規。
なんでCBと言うかというと、写真の定規の右下にCoffee  Breakと書いてあるからなんですね(^^;

ちょっと単純ヾ(^ )コレコレ

寸法 H18×W160×D3mm
重さ 14.0g

実はこのアルミは、再生アルミを使っているそうです。
地球に優しい(^^;

アルミというと、冷たいイメージがありますが中に木をいれることで、ぬくもりというか暖かさが感じられます。
小洒落た定規で、ペンケースの中に潤いが(^^;
質感と重量感もあり、良い感じの定規です。

注:アルミは金属ですので、ペンケースの中で他の筆記具が傷つくことがありますので、その辺は自己責任でお願いします。

セーラーペンクリニック 静岡2008春

恒例のペンクリニックが開催されています。本日2008年4月12日と13日

R0010636

相変わらず年配の方が多いです(^^;

R0010635

実は、川口先生この間の大阪阪急でやったイベントの時にぎっくり腰をやったらしくて、当日は大変だったとおっしゃっていました。
急遽大阪の万年筆常連さんの鍼灸師にお願いして、針で腰を調整しながら、なんとか切り抜けたそうで。
それでも休まない川口先生。プロ魂というか、私だったらめげます(^^;

大丈夫だろうと見せる万年筆が、・・・(汗)
当たりが悪いと言って、簡単なモノですが、ほとんど微調整されてしまいました(笑)

お客様が多かったので今回は地味に見ていただきました(゚゚ )☆\ぽか

明日もやっておりますので、興味のある方はぜひどうぞ。

ツバメノート+分度器.com

ツバメノートのミニ版メモ帳です。
以前あちこちで話題になりましたが、買う機会がありましたので(^^;

Cimg6805

えーと、大きさがよくわかりませんね(^^;

Cimg5672

ロディアのNo.11と同じ大きさです。

これでもよくわからないか(^^;

Cimg5670

左がA5サイズ、右が分度器.comオリジナルメモ帳

Cimg5671

紙は、無地となっています。
中性紙フールスを使っているので、とても書きやすいです。
表紙素材は通常のツバメノートと同じなので、裏側は腰がなくなってしまいます。
そこで、ロディアと同様のボール紙の台紙が入っています。
そのまま使っても下側が厚いので、立ったままでも書きやすいです。
あと、No.11のサイズですので、革製のロディアケースなどにも入れることができます。

残念なのは、ロディアと違って表紙を裏返すことができない。
その分、ツバメノートは通常のレポート用紙と同じ形式ですので、めいっぱい紙を使う事ができます。
ロディアはステープラー止めをしてある分縦に使える面積が少なくなります。

ツバメノートメモ W=6.9mm×H=10.5mm 有効幅 W=6.9mm×H=10.5mm
ロディアNo.11  W=7.3mm×H=10.5mm 有効幅 W=7.3mm×H= 9.5mm 

色彩雫(いろしずく)~紺碧~

昨年末に発売されたパイロットの新シリーズ、色彩雫
既に、多くの万年筆ファンがエントリしていますが(^^;
書くことが沢山あって、今になってしまいましたヾ(^ )コレコレ

第1弾としては、朝顔(アサガオ)、紫陽花(アジサイ)、露草(ツユクサ)、紺碧(コンペキ)、月夜(ユキヨ)
ジャパニーズテイスト満載のネーミングに、これまた和風の色彩が美しい。
(勇者の皆さんはオトナ買いされていますね)
私は小心者なので(汗)、悩んだあげくに、最も好きな感じの色、紺碧を買いました。

Cimg6275

箱はシルバーベースに、きれいな色のラベルが貼ってあって、なんか高級化粧品のイメージがありますね。
瓶もおしゃれです。

Cimg6311

うーん、写真に撮ると色が全然違いますねぇ~。難しいわ。
もっと沈んだ美しい色です。

Cimg6354

とりあえず、万年筆の軸色が紺碧に似ているビスコンティオペラブルーベリーに入れて使っています。
あーそのほかの万年筆にも使っていますが(^^;
この写真も、明るすぎますね。(汗)
カメラは難しいわ。
色を合わせると全体的に暗くなったり。明るすぎるとこんな感じの色になってしまうしorz

これよりも三段階暗いと思ってください(汗)
えー、F字比べの一番上のものですが、これも実際はもっと暗いです。(^^;

パイロットの熊澤さんにお話をお聞きしたら、この色彩雫シリーズですが、次々にラインナップするそうで。
夏前には、新緑に合わせて緑(グリーン)系が5種類。
秋頃には、紅葉にあわせて赤(レッド)系5種類。

と季節に合わせて、日本風の色合いのインクを出してくるそうです。
次が楽しみですね。

ツバメノート+BEAMS

セブンーイレブン限定商品のBEAMSSTATIONARYを入手しました。

Cimg6851

ツバメノートです。
ツバメノートの上に包帯が・・・ヾ(^ )コレコレ

Cimg6852

横開きではなく、縦に開けます。
メモ帳ですね。
サイズはA5と使い勝手の良いサイズになります。

Cimg6854

左が普通のツバメノート。右がBEAMSとなります。
ぱっと見はわからないのですが、背張りテープが印刷になっているのと、ま、上の包帯(゚゚ )☆\ぽか
下のツバメ中性紙フールスと言う所がBEAMSとなっているところでしょうか?

ツバメノートは昔から愛用しているので違和感なく使えます。(笑)

Cimg6858

ただし、普通の罫線ではなく、5mm方眼となっています。
紙はフールス紙を使っているので書きやすいです。

UFOパーフェクトペンシル (2)

あれ(゚゚ )☆\ぽか

Cimg6374

予備鉛筆を売っている店を発見したので、保護してみましたヾ(^ )コレコレ
プレーンの方が暖かみがありますね。

Cimg6408

UFOパーフェクトペンシルロング(^^;
手持ちのRHODIAの鉛筆(三角形)を刺してみました。
なげーっす。
ちなみに、こちら三角形の鉛筆なのですが、ちゃんとエクステンダーに刺さりました。
がたつきもありません。

Cimg6410

ITO-YAオリジナル鉛筆。
伊東屋さんの名品ですね。
実はこのおしりの黒い部分は消しゴムになっています。
ですから、こちらを使ってもパーフェクトペンシル!!
こんなの胸ポケットには刺さりませんね(笑)

Cimg6412

ご存じ定番中の定番、三菱鉛筆の9852。
普通の家やオフィスに当たり前のように転がっている鉛筆です。
こちらも長い(爆)

濃さ比較

Cimg6501

筆圧をかけずに書いています。どれも同じ筆圧で書いてみました。

パーフェクトペンシルは、一応Bの濃さとなっていますが、一番薄いような気がします。
雑誌などでも、ファーバーカステルの鉛筆は全体的に硬度が高く、薄いと書かれているので、パーフェクトペンシルのみ薄く書いた訳ではありません。

伊東屋さんのとロディアのは濃度の表記がありませんでした。
個人的に、書きやすいと感じているのはITO-YAオリジナル鉛筆、三菱鉛筆、RHODIA、パーフェクトペンシルの順です(笑)

重さ

エクステンダー:7.3g
シャープナー :1.4g
キャップ    :1.3g
黒鉛筆     :3.3g
茶鉛筆     :3.0g

鉛筆はたぶん塗装の厚さの関係だと思います。

BAMSSTATIONERYに見る開発側の思惑と地方の反応

昨日4月9日は、セブンイレブンとビームスのコラボにより誕生した、BEAMSTATIONERYの発売日である。
テレビや新聞でも取り扱われたので、関心のある方は既にユニーク文房具を入手されていると思われる。

新製品の発表時の説明資料が行けてる。(^^;
発売店舗:全国のセブンーイレブン店舗(2008年3月末:12,006店舗、BEAMSの一部店舗
      店舗により取り扱いの有無・取り扱いアイテムが違います

ごるあ~、どごかぢゃ~。

Beams3_2

かろうじて1つの店でいただいたチラシ(笑)

開発のコンセプトと背景はなるほど頷(うなず)けるものだし、私もその考え方は同感である。

これがコンセプト
日々の生活をHAPPYに(楽しく)!

こちらが背景
文具小売店舗数の継続的な減少
これって、コンビニや100均ができたからぢゃねぇの?と突っ込みたくもある(笑)

文具には機能性と新規性を求める傾向があり、両方を兼ね備えた文具としてご提案
これには同感。

開発コンセプト、新規性に反応して、あちこち探し回ったがヾ(^ )コレコレ
静岡市内の多くのセブンイレブンでは取り扱いを躊躇(ちゅうちょ)している店が大半である。

その理由は
・オーナーの仕入れへの躊躇
 実際いくつかの店に行って商品名を尋ねると、売価が高いからこの店では入れても売れないので取っていない。とのことであった。
ぢゃあ、学生や若者の利用が多い場所にはあるだろーと思い、電話で聞いてみたが入れていない(^^;

・多くのコンビニは自宅改装や売り場面積が狭く、その上キャンペーン商品が多く、展示スペースが取れない


・そもそも商品自体が出るのを店員が知らない。
 店員の多くがアルバイトで、レジをピッってやるだけで、商品知識がない。
 店員レベルの低さ

 電話問い合わせの多くの怪答
 「本日発売のビームスの商品入荷していますか?」
 「ビームスってなんですか?新しいゲーム?
 こんな具合(^^;

そんなこんなで、結局10の店舗で空振り、5つの店舗に電話で問い合わせても
「置いていない。」「存在を知らない。」
とのつれない返事。

その辺、セブンーイレブンさん、つかみはどーなのよ?と問いたい(笑)

とゆー訳で(^^;
未だに入手できていません。

ま、会社に近い店舗で「置いてはいないが取り寄せはできる」とのことでした。(汗)
実は、上のチラシも300枚くらいかなぁ?レジの前のチラシコーナーに置いてあったが。
夕方行ったら片付けられていた(汗)

アルバイト店員に聞いてもらちがあかないので、オーナーを呼び出してもらいいくつか頼んで取り寄せてもらうことに。

さて、この商品。
文具好きにはたまらないグッズなのですが、一般の方に受け入れられるかどうか・・・
限定品ということと、秋には第2弾を予定しているらしいが、企画サイド、販売店が足並みをそろえて成功するか田舎。もとい否か。
今後の展開が楽しみである。

入手された方いらっしゃいますか?(^^;

UFOパーフェクトペンシル ファーバーカステル

文具ファンの方は既にデフォルトだとは思いますが、今更ながら買ってしまいました(^^;
今まで持っていなかったのですよ。

Cimg6278

店頭では、ディスプレースタンドに立てかけてありますが、こんな箱に入れてくれました。(紙ですが)

Cimg6279

昨年でしたか、ブラックバージョンの鉛筆が日本もラインナップに加わりました。
黒モデルは、定番のブラウンと比べるとクールですね。

Cimg6281

普通の消しゴム付き鉛筆190mmに比べると127mmとかなり短いです。

Cimg6282

鉛筆ホルダー(エクステンダーと言います)には、鉛筆削りが付いています。
パーフェクトペンシルの由来は、書く、消す、削るがこれだけでできてしまうことによると言われています。
だからといって、ちょっと高いですが(^^;

Cimg6283

シャープナーのアップ。
これはねじ込み式になっていて、歯の切れが悪くなったときには、交換用の替え刃とゆーか、ユニットも別売りで出ています。
ユーロ高で全体的に値上がりしていますので、従来の5250円から6300円と1050円も値上がりしてしまいました。(;_;)
ま、店によっては、旧価格で売っている所があるかも知れません。それを探すのも楽しみの1つとか(゚゚ )☆\ぽか
旧価格で、しかも割引で購入したので、それほど高くなかったので買ってしまいました。

Cimg6284

シャープナーを外して覗くと、中は空洞ヾ(^ )コレコレ
段差があって、鉛筆がシャープナーの奥にまで入らないようになっています。

それぞれを分解して計算すると
鉛筆       230円(旧 210円)
シャープナー 1365円(旧1050円)
エクステンダー4705円(旧3990円)

実にこのアルミキャップだけで定価レベルで4000~5000円近くします。
計算するなぁ~(゚゚ )☆\ぽか

入荷当初、店員のお姉さんたちと話をしていた中で、こんな高い鉛筆誰が買うのかなぁ。
と冷めていましたが、買ったのは私です(^^;

Cimg6287

天冠は樹脂に銀メッキがされていますが、ちとチープです。

Cimg6288

キモは、このゴムリングでしょうね。
アルミ軸だとつるつる滑ってしまいますが、このゴムリングがあるおかげで、短くなった鉛筆にエクステンダーとして使用すると滑り止め効果もあるし、持ちやすくなります。

iPod 3Gバッテリー交換(その3 バッテリー取り付け)

バッテリー交換

Cimg6460

ハードディスクが取れたら、画面手前にあるバッテリーのコネクタを外します。
これは簡単に外れます。
ただし、基盤の下を通って配線がされているので、徐々に配線を外します。

Cimg6461

バッテリーを外した所。

Cimg6462

私が買った交換するバッテリーのケーブルは、純正品に比べて太くて長いです。

Cimg6464

ですから、電源コネクターに刺した後で、このような形で丸めて収納するようにします。

Cimg6465

この時に、蓋に余ったバッテリーケーブルが噛んでしまわないように注意が必要です。
私はこんな形で丸めました。

あと、ハードディスクを戻して蓋をすればおしまいです。
この時にハードディスクをコネクタに刺すのが少々面倒ですが、根気よくぱちんとはまるようにしてください。
でないと動きません(^^;

蓋の取り外しの時に、ホールドスイッチがずれてしまった方は、スライドホールドスイッチの位置がちゃんとかみ合うか確認をしてから蓋を閉めましょう。
でないと、また面倒な開封作業が・・・(-人-)合掌

Cimg6471

無事通電が確認されました。

Cimg6472

日付がリセットされますので、再設定ですね。
リセット日時は2000年となっていますが、裏蓋には2003年となっています。
国産のように、初期設定は製造時の年月にして欲しいモノです(^^;

もっとも、音楽を聴くだけのマシンですので最近の多機能型iPodより、オレンジ色の操作ボタンとかレトロな感じが好きです。
多少は電池が残っているようです。
あとは、充電して完了。

iPod 3Gバッテリー交換(その2)

続きです。

かしめが取れたら、iPodを裏返します。

蓋を開ける

Cimg6452

ここで一気に蓋を開けるということはしないでください。
そろりそろりと開けます。
というのは、ステンレス部分にヘッドホン(イヤホン)部分の機構があり、白い本体部とフレキ(フレキシブルケーブル)でつながっています。

Cimg6453

開いたとこ。

Cimg6454

拡大図
このフレキが切れてしまったら・・・(-人-)合掌
蓋を開けるのに細心の注意が必要というのはこのことですね。
でも、それほど神経質になる必要はありません。(笑)

ハードディスクの取り外し

続いて、ハードディスクを外します。

Cimg6455

ハードディスクの下にバッテリーが埋まっています(写真右下の線が見えるところ)ので、ハードディスクを外す必要があります。

Cimg6456

ハードディスクもフレキですが、コネクタが簡単に外れるのでそれほど大変ではありません。
ただし、私のiPodは経年変化でハードディスクを覆っているカバーがべたついていたので、開けるのに少々気を遣いました。
薄いハードディスクですね~。
この辺が林檎公司の技術でしょうか?

Cimg6457

サービスカット(笑)


続きます。

iPod 3Gバッテリー交換(その1)

はじめに
お断り:本エントリは、メーカー保証外の改造を伴う記事があります。改造した時点でメーカー保証は受けられなくなりますので、この記事を見て改造し、壊れても本ブログ執筆者ならびにメーカーは一切保証しませんので、自己責任でお願いします。
よい子の皆さんは絶対にまねしないでくださいね。

Cimg6415

前回のPEG-TH55同様、大昔のiPod、これは第3世代すなわち3Gと言われているもののバッテリーの持ちが凄く悪くなった。
ある意味、よくまあここまで持ったと言うべきか(^^;
最近ではほとんど聞いてなかったというのも、バッテリーのへたりの原因だったのかも知れない。

充電しても、写真のようにバッテリーアイコンが饅頭伝(゚゚ )☆\ぽか、満充電にならない。

で、購入したのが

Cimg6441

ネットで一番安かった電池。
1480円也あ、送料入れると1780円だっけかなヾ(^ )コレコレ
それほど頻繁に聞くわけでもないので、倍の大容量までは要らないし。
確か、標準で525mA、こちらがたぶん850mA。
大容量バッテリーになると1100mAというのもあるらしい。
この辺は記憶に頼っているので、興味のある方は検索してください(゚゚ )☆\ぽか

ちなみに、iPodのバッテリーは凄く沢山のメーカーから出ています。
値段も多様なので、ご自分のスタイルに合ったバッテリーをチョイスしてもらうのが良いかもですね。
信頼できるバッテリーメーカーを捜すのが筋でしょうね。
私は値段で選びましたが。

開腹

さて、回復手順の写真を撮るのを忘れた(゚゚ )☆\ぽか

参考にさせていただいたサイトは、こちら、このページの方がわかりやすいです。(^^;

Cimg6445

どのバッテリーメーカーのにも写真のようなへらが付いています。
これを本体部分のいわゆる、白い部分とステンレスの部分の隙間に押し込みます。
紹介サイトでは、テレカみたいなものを差し込んで開けています。
自分も使わないカードを差し込みました。
隙間が少しできると、カードを差し込んで、上下にスライドさせて隙間を開けます。
この開ける作業が一番面倒ですね。
iPodはネジとかでしまっていないので、この辺が芸術品というか凄い技だと思います。

Cimg6447

開けるのは左右どちらからでも良いようです。
私は左側が開けにくかったので、右からチャレンジ。
これだけ沢山の爪で止められているので、開けるのにも大変です(汗)
でも、片側がゆるめばあとは同じ手順で下と左を開ければ大丈夫です。

Cimg6448

下側

Cimg6449

左側

続く(^^;

LARK X スピーカー

前回、DIMEのモバイルスピーカーで盛り上がりましたが、今度は無料(^^;
喫煙されない方には申し訳ございません。
私もこんなに(ニコチン・タール含有量が)強いタバコは吸いません。
どうもすいません(゚゚ )☆\ぽか
吸ってびっくりしたわ。(@@;)きついし、メンソールだった。目回った(^^;

ラークXとゆー、新製品のタバコにもれなく1コ付いてくるスピーカー。
タバコとスピーカーの因果関係がよくわかりませんが(汗)
このほかに、ライターやアッシュトレイなどのセットもあるようですが。
興味本位で買ってみました。

Cimg6783

Xと書かれている渋いデザインです。
持った感じはプラスチッキぃですが。

Cimg6784

3種類の色があるようで、青のほかに、黒と白があるようですが、店員さんが出してくれたのが青でした。
ま、どーでも良いがw

ちゃんと、スピーカーコードがビルトインできるようになっています。
DIMEのがジャック組み込みだったのに対し、こちらのはある程度自由性があります。

Cimg6785

コードを出したとこ。
このくらい出てくると、スピーカーも収まりが良いですね。
DIMEのは(゚゚ )☆\ぽか

大きさ比較

Cimg6786

DIME  L90mm×H40mm×D13mm 28.5g
LARKX L74mm×H49mm×D22mm 40.7g

説明書に入っていた仕様
パッシブ型スピーカー(ステレオタイプ) 出力0.25W インピダンス8Ω スピーカー口径36mm×2

ダイムのに比べて一回り大きい分だけ、なんとなく音が良いようです。
デザインもカッコ良いし(^^;

ま、喫煙されない方には縁がない話ですね。すいません(゚゚ )☆\ぽか
興味がある方は、喫煙者に買ってもらって、スピーカーだけもらうと(゚゚ )☆\ぽか
出てから時間が経っているらしいので、売っている店ばかりとは限らないようです。悪しからず。

万年筆とラインマーカーの不思議な関係

万年筆にラインマーカー(いわゆる蛍光ペン)を引いた場合どうなるのか、実験してみました。

条件は、万年筆で字を書きます。
20秒ほど置いて、万年筆で書いた文字に蛍光ペンを引いてみます。
使用したマーカーは、消せるマーカーで一昨年?話題になったパイロットのフリクションライン(写真のくすんで見える濃いめのマーカー)と、三菱カートリッジ式マーカーPROPUSです。
注:ご使用のマーカーにより結果は異なると思いますので、色々試してみてください。(^^;


セーラージェントルインク

Cimg5620

セーラージェントルインクの場合、意外に極黒がだめでした。それ以外は問題なくばっちり万年筆で書いた文字にマーカーを引くことができました。

その他大勢のメーカーのインク(1)

Cimg5664

どのメーカーのインクも頑張っています(笑)
気になったのは、パイロットのフリクションラインで線を引くと、一般的な蛍光ペンと比べにじみが出るメーカーが多いこと。
現行のペリカンロイヤルブルー、ラミーブルー、ドクターヤンセンジュールヴェルヌはフリクションラインではにじんでいます。

その他大勢のメーカーのインク(2)

Cimg5665

いずれもパイロットのフリクションラインでだめなのは、以下のとおり。
モンブランは、レーシンググリーンを除いて、定番のブラックとブルーは全滅ですね(^^;
アウロラのブラックも発色が良くて好きですが、にじんでいます。
ウォーターマンのブルーブラック、プライベートリザーブインクのレイクプラシッドブルーも若干にじみが出ています。

結論
黒系インクは、セーラーのジェントルインクを除いて、フリクションラインは苦手(^^;
ドイツ系インクについてもフリクションラインは苦手とゆーことが判明。

万年筆で書いた後に、マーカーを使う場合は、普通の蛍光ペンを使いましょう(笑)
オレンジとかピンクなどで実験するのも良いかもです。

BOSS タミヤRCカーミニチュアプルバックカーコレクション

タミヤ監修のサントリーボスのおまけです(^^;
BLACKBOSSに付いていました。
全6種類のようですが、RCカーは持っていないし、あまり好きでもないのでこれ1つ(笑)

Cimg6778

アップにすると大迫力ですねぇ(笑)

Cimg6781

リアビュー

Cimg6779

サイドビュー

缶コーヒーのおまけだけあって、実際はこのくらい小さいです。

Cimg6787

タイヤが大きいので、チョロQに近い走りをしてくれます。(笑)

あまりコンビニは使わないのですが、ネットで調べたら何回か出ているようですね。
2コパックの大きいものにはトレーラーがある(あった?)ようです。
別に要らないけど(^^;


Removable Sticking Memo(ノートタイプ付箋紙)HIGHTIDE

仕事柄打合せで付箋紙を良く使う。
ま、基本は定番のポストイットですね。
値下げされていたほぼ日付箋紙なんかも持っていますが。
エントリしようと思っていたら、時期遅れになってしまいましたので、こちらで紹介しちゃいましょう。(笑)

Cimg3821_2

2007年版 ほぼ日ふせんです。
これは、LOFTさんで50円で投げ売りされていたのを保護したモノです。
ほぼ日ふせんは始めて買いましたが、全部にイトイと打ってありました。ちょっと・・・(笑)

話がそれました。

Cimg5921

こちらが本題のリムーバブルスティッキングメモ。
ぶっちゃけた話が、付箋紙です(゚゚ )☆\ぽか

フィルムタイプも良いですが、けっこう高いので紙の奴で。

Cimg5923

裏面
裏には180と書いてありますが、全部で180枚入っていますとゆーことです。

Cimg5925

こちらが本題のスティッキングメモですね。
かなり派手です。
本家ポストイットもだいぶカラフルなモノが増えましたが、負けてはいません。(笑)
黄緑と黄色、オレンジはダブっています。この辺多用しますからね。
あとは、どピンクと紫、スカイ(水色の濃いの)が1セット。
ピンクはたまに見かけますが、紫は始めて見たかも知れない。

Cimg5924

ちゃんと手帳に挟めるように、裏に差し込み用の紙が入っているのは考えてありますね。

どの付箋紙も、良くあることですが、ノートに挟んだり鞄に入れておくといつの間にかばらけてしまって、非常に使い勝手が悪くなるのが難点ですね。
ところが、このステッキングメモはちゃんと背貼りがされているので、某3Mのポストイット、その他大勢と比べて鞄の中や手帳の中でばらけてしまう恐れは少ないようです。

キュージョン(キューピーとキャラのコラボ)

ローズオニールキューピーと色々なキャラクターが合体したキュージョンなるものがあるらしい(^^;
ネットで調べたら第2弾。今は第3弾が出ているようだ。

私が買ったのは第2弾みたい。なにぶん、いきをいで買ってしまったので(笑)
ネタというより、面白そうだったのでヾ(^ )コレコレ

Cimg6763

ウルトラマンの科学特捜隊ハヤタモデルとウルトラセブンのウルトラ警備隊ダンモデル(^^;

どっちにしようか悩んだのですが、ケータイ2つ持っているし、まいっかと(゚゚ )☆\ぽか

Cimg6765

ダンは変身ポーズなので、キューピーさんの顔が見えません。

Cimg6766

ハヤタは、ギャグドラマの雰囲気があった重い怪獣(スカイドンだったか?)が空から落ちてくる時に、変身しようと慌てて手を見たらスプーンだったというシーン(^^;
小学生ながらけっこう受けて、給食の時間に学校で流行りました(゚゚ )☆\ぽか
懐かしさのあまり(笑)

ウルトラマンとかバルタン星人とかウルトラセブンの着ぐるみを着ているキューピーもあったけど、上記2点がツボにはまって(^^;

そういえば、ウルトラマンは日本初のカラー特撮ドラマと言うことで、科学特捜隊のあの派手派手オレンジのユニフォームにしたとかいう話を昔聞いたことがあります。


クルトガ話題の効果は?

クチコミで話題のクルトガ。
あちこちのブログでも買った買ったの大ヒット商品となっているようですね。
私は「メカニカルペンシルは最近あまり使わないので縁がない」と、あちこちのブログでコメントしてきました(笑)
どこの文具店でも、品切れ状態のようですね。
春休みというのにすごいわ(笑)
メーカーも生産を頑張っているようですが、しばらくは品薄状態のようで、入荷がいつになるかわからないという店も多々。
そんな中で、偶然見つけたので子ども達に聞いてみると、是非欲しいと(^^;
瓢箪から駒ヾ(^ )コレコレ
使う機会が訪れました(汗)
子どもには内緒で開封(゚゚ )☆\ぽか

Cimg6752

双子なので2本(^^;でも割引セールなので負担も少ない。定価販売なら2本も買いませんってば(゚゚ )☆\ぽか

ここで、機構のおさらい。持っている人は知っている(^^;

Cimg6743

パッケージには、芯が回ってトガりつづける。文字が太らない 文字にムラがない。とあります。
クルトガのグリップ部は透明になっていて、機構が見えるようになっています。
写真にあるクルトガのイメージロゴ「○」みたいなのが回転するらしいのです。
らしいと書いたのは、私が書いた状態ではまったく回らない(^^;
ギアみたいなのがあって、筆記状態で手を離すとギアが芯ごとまわしてくれるとか。

Cimg6745

写真のデモ文字に書いたように、メカニカルペンシルを使っても、万年筆同様に筆圧をほとんどかけないで書くような私のタイプはだめみたいです(汗)

Cimg6754

注意書きにも、この通り(;_;)/

Cimg6751

あと、このように私は普段4Bの芯を使っています。0.9mmには4Bがないので2Bで我慢していますが。
それと、昔図面を書いていたときからのクセで、ある程度文字を書いたらペンを回して(スピニングではないよん)常にペン先を尖らせるようにしているので、どうもこの手のシャープペンシルはだめですね。
文字を書くたびに、手動クルトガをやってしまいます(汗)

Cimg6749

ちょっとぼけ気味で見にくいですが、左が普段使っているCROSS タウンゼント10K0.5mm。
手動クルトガ状態(笑)
右が方減りしたクルトガ。

こうやってみると、手動クルトガに軍配が上がります(゚゚ )☆\ぽか

クルトガはお値段も472円とリーズナブルなので、興味のある方はぜひゲットされると面白いですよ。
0.3mmもあります。
私は330円で買いましたが(^^;

欲を言えば、もう少し重く、高級なものをラインナップして欲しい。
とはいえ、私には使えないメカニカルペンシルでした。

以上現場からお伝えしました。


D-CLIPS ELEPHANT象さん(ミドリ)

ブングボックスさんで発見!!

象さんの形をしたゼムクリップでございます。
邦題は、ディークリップス 製品名ゾウ柄

Cimg6711

よくわかりませんね(^^;

Cimg6712

パーツ自体は、ゼムクリップを加工したみたいな作りです。

Cimg6713

クリップ自体は裏表はないようです。
てゆーか、どちらかに曲線部分が張り出ていますが、その辺は針金のため簡単に左右どちらかに力をかければ柔軟に動きますので。

Cimg6714

黒でも目立ちますね。

アヒルさん、ウサギさん、ブタさん、ペンギンさん、ゾウさん、ウシさん、カバさん、ウマさん
8種類あります。
個人的には象さんが一番雰囲気が出ていたので象さんにしましたが(^^;

出たばかりだそうなのですが、なぜか象さんが一番人気で、
最後の一個を保護しました~(^^;

それにしても、ミドリさん、デザインフィルに社名変更してから矢継ぎ早に色々な商品を展開してきますね。
今後とも目が離せない会社です。

あー、この象さんクリップは仕事で使うには恥ずかしいので、神さん用にプレゼントしました。
(開封済みというのは(^^;)

米に字を書くヾ(^ )コレコレ

ぐっちーずさんからリクエストがありましたので、挑戦してみました(゚゚ )☆\ぽかおい

Cimg6592

こんな感じ(^^;

1mmに字を書いたので、それに比べたら米は大きいですから問題はないだろ、と高をくくっていましたが。
お米って、意外とでこぼこしているのと曲面なので大変ですね(笑)

まず、テープ糊でお米を固定します。って、固定できないし(;_;)
いくつかの文字は米を左の指で持って書いたものがあります(笑)
あと、米でも一粒一粒の大きさが異なるのと、縦に筋が入っているものなどがあるのと、インクの乗りがよいのと悪いのなど多様ですのでけっこう面倒くさいです。(汗)

Cimg6591

拡大するとアラが見えます(汗)
普通こういうのは、面相筆で書くものだが(笑)
ま、恐るべし細美研ですね。

万年筆が欲しくなる本2

一日打合せに出かけていて、昼休みに時間があったので書店に寄ったら発見しました(^^;
この手の雑誌は、事前に色々なサイトで情報が飛び交うのですが、今回気づきませんでした。(汗)

Cimg6737

1号も買ったのですが、紹介していませんでしたね(^^;
趣味の文具箱と違って、カタログ風の雑誌なので、ペンカタログを持っている人には不要かも知れませんね。

前半は、高すぎてとても手が出せない万年筆のオンパレード。
後半に5万円未満の万年筆が特集されています。
初心者の方、これから万年筆を使ってみたいと思っている方には良いかも知れません。

Cimg6739

主な万年筆メーカー31社の概要も載っています。
知らないメーカーもあったり(汗)

Cimg6738

毎年行われている「万年筆ベストコーディネート賞」に選ばれた方の筆跡も見ることができます。
前回も前年の受賞者の一言がありましたが、2号は2004年度から2007年度までの全受賞者の一言が載せられていますので、気になった方の筆跡を見るのも楽しいですよ。

いつ出たかわかりませんが、発行日が今年の5月1日となっているので、出たばかりのようです。
1号は1000円でしたが、値上がりして1200円になっています。

興味のある方は書店でどうぞ。

CAPLIO GX100 (その9)vs 750Z画質比較

GX100 vs Optio750Z

静岡県賀茂郡河津町 河津桜

Optio750Z

Imgp0557

35mm P F5.6 1/250 ISO80 ストロボ発光オート

GX100

R0010388

24mm P F3.6 1/870 ISO100

マクロ比較

Optio750Z

Imgp0568

35mm P F6.5 1/400 ISO80 スーパーマクロ

GX100

R0010404

24mm P F7.2 1/570 ISO100 マクロ

入門者向け万年筆インクの疑問

インクに関する聞いた話

インクはどのくらい持つの
一般的にインクはどのくらい持つのでしょうか。何十コも持っている(゚゚ )☆\ぽか私としては凄く気になる。
川口先生や石丸さんから聞いたところによると、「だいたい1年半くらいが一般的」との事です。でも、「十年近くも持っている人もいる」との話もおっしゃっていました。
が、基本的には1年半と見ておいた方が良いでしょうね。
セーラーのジェントルインクの箱には、パッケージしたときの日付が入っています。

インクに不思議な物体が
私は未経験ですが、「ある日インクを開けたら不思議な物体が浮いていた」という話があるそうです。
これは、カビ(黴)だそうで(^^;
こうなったら処分した方がよいそうです。
通常の使用ではほとんど生えることはないそうですが、カビにとってインクは大ごちそうだそうで、空気中の胞子が湿気や温度などでペン先に付いて、ペン先経由でインク瓶の中に入ってくると言うことでした。(石丸さんより)

インクを開けたら強烈な刺激臭が
こちらも未経験ですが。
これは完全に腐っているということなので、使わないようにとのこと。

古いインク

Cimg6683

写真の2つは、かなり昔の古いインクです。
左側ペリカン旧タイプ、右側パーカーのペンマンインク
ペリカン、パーカーとも未開封でいただいたものです。
この辺の経緯はブログで検索してください。(^^;
自己責任での使用ということで使ってみましたがいずれも今のところ問題は出ていません。
パーカーの古いペンマンインクは、インク成分によりペン芯を溶かしてしまうということがいくつか症例で出たため製造が中止されたものです。
それ以後改良されたものが現在発売されているようです。
ただし、昔のペンマンインクは、発色が真っ黒できれいなため、探している人も多いと言うことです。

インクの保管方法
では、インクはどうやって保管したらよいでしょうか?
私のやり方ですが、基本的に日光が当たらない机の引き出しや、ボックストレーに入れて保管しています。
場所的には高温にならないところ。
この点について、インクブレンダー石丸さんに聞いてみたところ、それでよいとのこと。
保管方法が良ければ、一般的に言われている、1年半以上は持つとのことです。
一番良いのが、冷暗所だそうで(^^;

気になるインクのブレンド
インクの種類が増えてくると、混ぜ合わせて、色々な色を作りたくなるのが人情というものです。
私は、忙しくてまだここまで挑戦はしたことがありませんが、いずれはやってみたいと思っています。
各メーカーで色々なカラーを出していますが、基本的に同じメーカーのものでしたら混ぜるのは可能だそうです。
セーラージェントルインクは、混ぜることを前提として8色の定番カラーを出しているのだそうです。
この辺は各自試行錯誤しながら楽しむのが良いでしょうね。
セーラーの他に、混ぜることを前提としているのが、アメリカのプライベートリザーブインク。
このメーカーは、インクミキシングキットなるものを出しています。

Cimg2312

入っていたのはちゃちなものですので、ホームセンターなどで計量カップ、注射器、保存用瓶などを用意すれば簡単にインクミキシングキットを作ることができるので、興味のある方は挑戦して見てください(笑)

定番の荒技
これも未経験ですが、インクブレンダーを楽しんでいる方は、広口の瓶に通常のインクを入れ、水分を蒸発させて濃くする。なんてことをやっている方もいらっしゃいます。
この点で注意するのは、インクを冷暗所に入れること、1週間から2週間放置して水分を飛ばす。
その際、ほこりやカビの胞子が付着しないようにビニールなどを密閉させずに蓋をかぶせるというところでしょうか。

※この辺の行為も、万年筆には負荷がかかるものですので、自己責任でやるようにしましょう。

いずれにしても、万年筆は奥が深いです(^^;
深みにはまって上がってこられなくなる可能性も高いのでその辺は自己責任でヾ(^ )コレコレ

CAPLIO GX100 (その8)vs LX2画質比較

たまたま、撮影に2台持って行った事がありましたので、どんな違いがあるか比較してみます。
ブログに載せるためにリサイズ・圧縮保存のみ行っています。
画質補正などは行っておりません。

GX100vsLX2

場所、静岡県三島市 源平川 鎌倉時代の橋(発掘)

LX2

P1030259

35mm相当P F5.6 1/250 ISO100 

GX100

R0010261

24mm P F3.6 1/810 ISO100 +0.3補正

サービスカット(笑)

LX2

P1030261

28mm P F5.6 1/320 ISO100
28mmにするには、画角を16:9にしなければなりませんので、こんな感じの絵が撮れます。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ