« 筆圧測定 | トップページ | SigmarionIII キーボード比較 »

最後の名機? SigmarionIII(シグマリオン3)

たぶん、国産H/PCの中で最後のマシンだったのだろうか?
詳しい方フォローお願い(汗)
未だに現役で使っている人も多いマシンですね。

NTT Docomoが発売したH/PCマシン。 OSにWindows CE.netを採用し、極薄ボディで長時間駆動。
同じ頃には、大英帝国謹製のPsion NetBook Proがありますが。
これは大きすぎますね(笑)
キーボードの開閉ギミックとキーの打ちやすさは抜群ですが<NetBook

シグマリオンですが、元祖と二代目は、あの、アタッシェケースで有名なセロハリバートン社のデザインで、クールでしたね。
残念ながら持っていませんが。

当時は、HP社のJornada680(ジョルナダ)を使っていたので、それほど食指が動きませんでした。

Cimg4273

べたな写真で済みません。上から見たとこ。
左側の銀色のエンブレムにSigmarionIIIと書いてあります。
右側にはNTT Docomoのロゴがプリントされています。
黒とシルバーのツートンカラーがクールです。
IとIIがアルミシルバーだっただけに、大きさ、デザインとも大きく変わりましたね。

Cimg4278

左からみたとこ。
写真右がSDカードスロット。左の蓋を開けるとUSBのコネクタが出てきます。

Cimg4279

右からみたとこ。
写真右が電源。こいつが特殊なデザインなので、流用が効きません。残念。
一般的な形状をしてくれれば、USBで充電なんて事もできたのに。(逝)
写真左がCFカードスロット。
こちらには大容量カード以外に無線LAN、有線LANカードなどが挿せます。

ところが、このマシン。CE.netを採用したために、今まで入っていたPocketWordとPocketExcelが入っていません。
ま、その代わりにSeetCE(表計算)は入っています。あとは、Clear vue Document(ワードビュワー)、Clear vue Presentation(パワーポイントビュワー)、Clear vue Worksheet(Excelビュワー)が入っていたり。
ワープロ的なものとしては、MSワードパッドが入っているので、それなりに使おうと思えば実用に耐える程度は使えますね。
私としては、色々なソフトでカスタマイズして使っていますが、普通の方でもまあ実用に耐えるマシンだと思います。
注:最近では発売からずいぶん経っていますので、ネット上や市販ソフトの入手もなかなか難しくなってきてはいます。(根性があれば、見つかるでしょう・・・たぶん)

しかし、この手のマシンが生産されなくなってから月日が経ちますが、オークションや中古屋さんでは未だに人気で、結構高値で取引されているようですね。
パソコンと思って買ったら使えなくて、押し入れに保存されていたとか。
あとは、予備マシンを手放すなって事もありますので、オークションを見れば美品もまだかろうじて入手できるのではないでしょうか。
とは言え、問題はバッテリーでしょう。
この手のマシンは基本的にモバイル命ですから、バッテリーがへたっている可能性もあります。
純正品はわかりませんが、サードパーティではまだ入手できます。
これとていつまで売ってくれるか不安ですが。
昨年(2007)末には在庫切れになっていましたが、また復活しているようですので、しばらくは大丈夫かと思います。(注:保証はできませんのでご了承を。あと純正品ではないので自己責任でご使用ください)


長くなったので続きます。

« 筆圧測定 | トップページ | SigmarionIII キーボード比較 »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

出ましたねーシグ3。
たぶん当初はドコモの呪縛にかかって通信は厳しかったのも評価が落ちた原因じゃないでしょうか。
ジョルとか200LXを使ったことのない私にとって、CEノート機では間違いなくベストな機種です。

dawnpurpleさん
本体の厚さと言い、キータッチの絶妙さと言い。
ベストマシンだと思います。
これで無線LANが内蔵されていたらヾ(^ )コレコレ

sigmarionは初代とⅡを持っていましたが、
残念ながらⅢは買えずじまいでした。
先のゼロハリ・ボディが気に入っていたので、躊躇してしまいましたが、
やはり買っておくべきだったと後悔しています・・・。
このsigⅢは、確か先日のNHKの番組でも机に置かれてましたね(笑)。

WAKIさん
私は逆にゼロハリはちょっと躊躇していました。
あと首折れの噂というか、症状が多発していたので。
SIGIIIになって、薄くて使いやすそうだったので、でも、入手した
のはずいぶんあとですけどね。

よく、わかりましたね。(@@;
意図して置いておきましたが、ヾ(^ )コレコレ
写っていたかは気づきませんでした(汗)

偶然にも井上真花さんのところでも似たようなサイズのマシンを取り上げてますね。
ま、こちらはWindowsXPマシンですけども。
http://d.hatena.ne.jp/mica/20080301/1204383804

CE機って特殊だから、結局は手が出なかった。σ(^^;
予算もなかったんですけどね。( ̄∇ ̄)オホホホホ

おなら出ちゃっ太さん
EeePCは、6万円未満の話題のPCですね。
残念ながらバッテリーが2時間くらいしか持たないのと、メモリ
が4GBしかないので、私的には興味はありましたが、様子見
ですね。
内蔵メモリが40GB位あって、バッテリが8時間妥協して、
普通の使い方で6時間動いてくれたら真っ先に買っていたかも(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/40276390

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の名機? SigmarionIII(シグマリオン3):

« 筆圧測定 | トップページ | SigmarionIII キーボード比較 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ