« 入門者向け万年筆の選び方(吸入機構メリットデメリット) | トップページ | 入門者向け万年筆インクの選び方 »

CAPLIO GX100 (その7)バッテリーの持ち

GX100を使い始めて、ほぼ1か月。
バッテリーは、購入時に充電してからどのくらい持つか試してみました(^^;

結果
通常使用で、617枚
カタログ・マニュアル値340枚くらいでしたので、倍は撮れるようです。
雑誌などで連続撮影枚数は、1000枚とか書かれています(@@;

条件としては、「バッテリーを交換してください」の表示が出るまで。
その後、いったん電源を切ってからしばらく時間をおくとまた撮影ができますが、今回は表示が出た時を終了としました。

ま、実験的に付けたり消したり、屋内での会議風景はストロボを多様などしていますが、結構省電力のデジカメだと思います。

このくらい電池が持てば、4~5日の出張や旅行でしたら十分に行けますね。
あーっと、一日1000枚も撮る方は予備バッテリーと充電器が必要でしょうね。
それでも、単四のエネループを使えば、その1/3位は取れると思いますので、鞄に忍ばせておくとか(^^;

« 入門者向け万年筆の選び方(吸入機構メリットデメリット) | トップページ | 入門者向け万年筆インクの選び方 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

昨日、娘用にカシオのEX-Z1080(16500円)を買ってきました。
カタログ値では370枚とありましたが、こちらのエントリを見て、もといけるかも、、、と期待してしまいました。

自分用には古いデジカメしか持っていないのですが、最近のコンパクトの進歩は改めてすごいと思ってしまいます。

招き猫さん
EXILIMも電池は長持ちしますね。
EX-P505も500枚以上撮れるし。
会社のスリムタイプも確か500枚以上は行っていましたから。

この際だからどさくさに紛れて(゚゚ )☆\ぽか
あ、リフォームしたから厳しいか(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/40674154

この記事へのトラックバック一覧です: CAPLIO GX100 (その7)バッテリーの持ち:

« 入門者向け万年筆の選び方(吸入機構メリットデメリット) | トップページ | 入門者向け万年筆インクの選び方 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ