« 1mmマスに字を書く(笑) | トップページ | 万年筆のメーカーによるF文字(細字)比較 »

CAPLIO GX100 (その5)GX100vs750Z

PentaxのOptio750Zです。
ペンタックスオプティオ750Zは、ペンタックスのコンデジの最上位機種として発売されました。
それ以後は後発が出なかったので未だに人気のデジカメのようです。
700万画素と、1000万画素の今では画素数は見劣りするモノの写りはかなり良いです。
レンズ精度の良さや、ぼけの美しさなどは絶品です。

正面

Cimg6075

クラッシックカメラ風のデザインと、金属質の無骨なのが良いです。
横幅はOptio750Zの方がかなり小さいです。

液晶ビュー

Cimg6076

液晶モニタを出すとOptio750Zの方が大きくなりますヾ(^ )コレコレ

Cimg6079

上から見たとこ。
Optio750Zは、シャッターボタンの周りにダイアルが付いているので、全体的にあっさりしている。

後ろ

Cimg6077

Optio750Zは液晶モニターがバリアングル(メーカーによって名称は異なります)になっていて、回転させれば普通のデジカメみたいに収納することも、また、光学ファインダーだけで撮影することもできます。
ボタン類はどちらもわかりやすいですね。

レンズ出したとこ

Cimg6080

レンズを出すとほぼ同じくらいですが、それよりOptio750Zの厚みが(^^;
ちなみに、Optio750Zと元祖GXのバッテリーは供用です。

« 1mmマスに字を書く(笑) | トップページ | 万年筆のメーカーによるF文字(細字)比較 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

ペンタのオプティオは「クラッシックカメラ」の趣きで評判でしたね~!デザインが好いけど厚過ぎかな?
リコーはGR1sを持ってるので、デジⅡのGRが欲しいです。

ライカ市としさん
GR1sは銀塩最終形の名機ですね。
自分はその頃はNikon35TiとMinoltaのTC-1を持っていたので
結局買わずじまいでした。
GRIIか悩みましたが、24mmの画角に負けました(^^;

おっ!出てくる出てくる! (笑)
まだまだ別の機が出てきそうで楽しみです。
さすがZEAKさんのコレクションは、基本的にレンズのしっかりした物が中心ですね。
どれも現役で十分いけそうな物ばかりでうらやましいです。

招き猫さん
同クラスで残っているのはこれだけですよん。(^^;
>基本的にレンズのしっかりした物
どうせ買うなら琴線に触れたものをと思っています。(汗)
いくらワゴンで安く並んでいても、レンズ精度とか、何か特徴が
あって、前から欲しかったもの以外は揺れませんってば(^^;

あと、おっしゃるように、画素数は低くても写りはばっちりなもの
が多いですね。
メーカーごとにCCDや色補正の味付けが違っていて面白いです。
下取りに出しても良いのですが、子ども達が独立するときに
それぞれ必要になるのと、下取りでは二束三文になってしまう
ので、知らぬ間に貯まっているだけというのもありますがヾ(^ )コレコレ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/40494594

この記事へのトラックバック一覧です: CAPLIO GX100 (その5)GX100vs750Z:

« 1mmマスに字を書く(笑) | トップページ | 万年筆のメーカーによるF文字(細字)比較 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ