« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

CLIE PEG-N700C(クリエ)その2

700cup

256色で稚拙な色合いでしたが、当時のPALMはほとんどが白黒。
おまけに解像度も低かったのでこれでもよかったと思います。
OSのバージョンは3.5

700c300

こんなこともできました(笑)
S300のクレードルに載せて充電。

残念ながらN700Cになって、通信アダプタは標準装備されずにオプション扱いとなってしまいました。
それでも、S300の通信アダプターをカッターで削ってはめ込めるように加工すれば、N700Cでもばっちり通信はできました(笑)
残念ながらその写真は残っていませんが。

Crefront

クレードルの比較。
右はS300のもの。
CLIEのクレードルの中では、N700Cが最も力が入っていて、美しいデザインをしていたと思います。

Creside1

横から見た図
S300にN700Cは載せることができますが、S300はN700Cのクレードルにはカーブのデザインのため載せられませんでした。

Year

こんなに豪華で独自設計のリモコンと、ウォークマンで使われていた着せ替え式のヘッドホンが付いていました。
(音はうるさい人に言わせるとそれなりなのですが)私的にはPALMで音楽を聴きながら、メモができたりゲームができるというので満足していました。

このヘッドホンならびにリモコンは、代替わりするに従って徐々に省略されていったので、いかにSONYがN700Cに力を入れていたかがわかりますね。

迷惑メールフィルタにトラブル@ニフティ

パソコンのメールソフトを起動する前に、@にふてぃのメールフォルダーで重要か否かのメール判断をしている。
というのも、スパムメールが混ざっていたり、特に要らないメールを処理するためである。
@ニフティの迷惑メールフォルダーは、昨年末頃から機能が強化され、99%はフィルターで処理されるのが良くて活用していた。
ま、そういうものをかいくぐって来る強者メールもあるのですが。
迷惑メールフィルターにかかったものが毎日ほぼ100件程度くるので、面倒なので見ずにさくっと捨てていました。
なんの拍子か、先日たまたま見てみたら、こちらへのコメントやフィルターに引っかかるはずのないメールが入っていたりというのが数日ありました。

それ以来、さくっと見てチェックをするようにしていましたが、本日ニフティから以下のような不具合報告があり、やはり機能が若干おかしかったことが確認できました。


迷惑メールフォルダー振り分け処理トラブルについて(お詫び)

 平素は@nifty(アット・ニフティ)をご利用いただき誠にありがとうござ
います。

 この度、お客様がご利用の@niftyメールにおきまして、お客様宛の一部の
メールが誤って迷惑メールフォルダーに振り分けられるトラブルが発生いたし
ました。
 お客様にはご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。深くお詫
び申し上げます。

 ■発生期間 2007年11月15日 16:30 ~ 17:30
         11月16日 16:00 ~ 18:00
         11月19日 15:00 ~ 11月27日 12:00

 ■発生した事象
  上記の期間、迷惑メールフォルダーで採用している株式会社シマンテック
  の判定システムが、トラブルにより誤判定しやすい状況になっておりまし
  た。そのため、お客様宛の一部のメールが誤って迷惑メールフォルダーに
  振り分けられておりました。

以下略

皆さん、迷惑メール対策をOutlookでなく、プロバイダーなんかでやっている場合は、過信せずにざっとチェックしてから捨てましょうね。(^^;

Psion Series5Mx リストア

先日てゆーか昨日、Psion Series5MxのCが飛んだと書きました。
昨日は、母艦との接続が認証されずに、時間が取れたときにやればいいかとあきらめていました。
電池は抜いておりました。
今朝、試しに電池を入れて母艦に接続してみたらなんと認識してくれるではありませんか。\(^o^)/

とゆーことで、リカバリーに成功。

Psionrest_2

リストアするときのアイコンがまた行けてます。
金庫からPsion Series5Mxに書類が移動していきます。
バックアップはこの逆の表示。
この辺、イギリスらしい遊び心が出ていて和めます。(笑)

ちょっととゆーか、夏に再設定して以降、特に問題もなく使えていたのでバックアップもそれほど気にしていませんでした(゚゚ )☆\ぽか

無事リカバリーできたのですが、日本語化のソフトが一つないと言われてしまい、そのデータは母艦からインストールして、ちゃんと日本語表示ができるようになりました。

テキストデータは最初からDドライブに保存するようにしていたので、大切なデータは飛ぶことが無く被害も最小限に抑えることができました。

さて、電脳小物をお使いの皆さん、データ管理とバックアップ、電源管理はちゃんとしておきましょうね(笑)

バックアップは取っておくモノですねヾ(^ )コレコレ

CLIE PEG-N700C(クリエ)

SONYのPEG-S300/500からわずか半年後に、高詳細画面・ミュージック再生機能付と大進化を遂げたPEG-N700Cが衝撃のデビューを果たしました。

Newvsbkfr_3

デザインも質感もぜんぜん違います。
S300が160×160だったのに対し、N700Cは320×320と画質は倍。
写真は暗いですが、ちょうど撮影したときにバックライトが低輝度になってしまった所(^^;
残念ながらこのマシンは色数256色でした。

それでも、S500に比べたら数段に明るいし、ぼけぼけながらも動画の雰囲気が見られるなど先進機能満載でした。
わずか半年で、S500はなんだったんだ~なんて叩かれたりもしました。

Newvsbk1_2

裏。PEG-S300の下部分には懐かしいPALMのロゴが入っています。

Clieside2

写真ではちょっとわかりにくいのですが、PEG-N700Cの方が厚みがあります。

Clieside

拡大図
S300にはバックボタンがありませんが、N700Cにはバックボタンとヘッドホンリモコンのボタンが付きました。
また、S300は妙にプラスチッキーでしたが、PEG-N700Cになり、白を基調とした美しいデザインと共に、表面だけだったと記憶していますが、金属が使われるようになりました。
素材は忘れた(^^;

これに取り外し式の青い蓋がついていたかと記憶しています。

つづく

Psion Series5mx データ飛ぶ(^^;

かつて、HP200LXを使っていたときには、メインバッテリーである単三電池の容量がなくなってしまうと、バックアップ用バッテリーであるCR2032が、急速にバッテリーを消耗し、結局メインシステムであるCドライブが飛んでしまう(消えてしまう)という状況は知っていたので、こまめにバッテリーチェックを行いデータが飛ばないように注意をしていた。

最近では、電池駆動のマシンも減り、いずれのマシンもほとんどがリチウムイオン電池を採用し、バッテリーが半分程度になってきたら、早めに充電すれば問題なく使えました。
バッテリーが無くなってもメインシステムが飛んでしまう仕様も、CLIEなど一部の機種を除きそれほど多くはありません。

とゆー事で、しっかり油断していました(゚゚ )☆\ぽか

以前紹介したPsion Series5mxですが、単三電池2本で連続使用35時間(カタログ値)、一日数十分使用でほぼ1.5か月も持つと書かれていますし、体感使用もだいたいそんな感じでした。
ちょっと前まではバッテリーを気にしながら使っていましたが、前述のように本当にバッテリーが長時間持つのですっかり忘れていました(汗)

実際問題それほど多く使用している訳ではなくたまにメモ代わりに使っていたのですが、電池の持ち時間を気にすることなく使っていたら・・・・・

逝ってしまいました(゚゚ )☆\ぽか(゚゚ )☆\ぽか(゚゚ )☆\ぽか

さて、あの時に苦労して(と言っても意外とあっけなく日本語化できましたが)セッティングしたのに、すっかり忘れていますヾ(^ )コレコレ

おまけに、リフレッシュされてしまったのが原因なのか、前は接続するだけでばっちり認識していた母艦との接続がうまくいきません。

さて、カード経由でもう一度日本語化するか、PS-WIN2(シンクロソフト)からインストールするか。
悩むところです。

ただし、仕事が忙しいので、当面じっくりと設定できる時間がないので、しばらく休んでもらうようにします(;_;)
皆さんも古いマシンを使っている場合は、バッテリーの消耗に注意しましょう。
ご利用は計画的に(゚゚ )☆\ぽか

ほぼ日カロリーブック

LOFTカード会員割引セールだったので、いくつか買い残したモノを買ってきた。
その中の一つがこれ。

Cimg4963

ほぼ日手帳のオプションで出されたカロリーブック。

Cimg4965

おおよその目安ではあるが、ジャンルごとにカロリー、タンパク質、脂質、ビタミン、塩分などが書かれている。
かろうじてほぼ肥満ではないが、油断するとやばい。
ウエストは79cm。体重は72キロなのでぎりぎりセーフ。
でも、遺伝としてびみょーに高血圧気味で医者からは、もっと痩せろ~って言われている(;_;)
あとは、塩分の取りすぎに注意。これは見た目ではわからない。

Cimg4966

拡大図。和定食ってカロリーはそれほど高くないモノの、塩分が意外と多い。

Cimg4967

同様に高いのがラーメン類。
これ塩分の固まり(^^;

塩分は一日11.2gが良いとか言われても、ラーメン食べるとこれだけで半分以上の塩分になる。(@@;
同様にカロリーも塩分も多いのが、スパゲッティ類。

たまたま古本屋で見つけたのがこちら。

Cimg5119

夏頃から話題のベストセラー。
岡田斗司夫さんのいつまでもデブと思うなよ
これ、面白い本であっという間に読んでしまった。
なるほど、いちいちうなずける点が多い。

ここまでの危機感はないが、この本を読んで以降、以前も気にしていたが、外食の際に今まで以上にメニューのカロリー表示や塩分表示を気にするようになった。
仕事で出かけると基本的に外食中心になってしまうので。(^^;

招き猫さんはカロリーメイトで体重をキープしているし。
そこまでの根性がない私は、岡田さんのレコーディングダイエットでも参考にさせてもらいましょうか。
って、(゚゚ )☆\痩せろ。

これで気がついたのですが、ガストなどはカロリー、塩分表示をしているのですが、あまり表示していない店が多いですね。
マックの場合は、サイトでしか確認できないし。
サイトで表示されている飲食店のデータは仕方がないのでデータをメモっています。

いくつかのチェーン店にメールを送りましたが結局返ってきません(^^;
不都合なんでしょう。

なるべくなら、個人店は難しいけれど、FC展開をしている食事を提供する店はその場でわかるようなカロリー・塩分表示をしてほしいですね。

年末に向けて、飲食の機会が増えますが、皆さんもカロリー表示・塩分表示は気にした方がよいですよ。


MONOzeroから見たスティック消しゴムの変遷

タイトルは大げさですが(汗)
あくまでも、私が使ってみてってゆーことで。

昔、手書きで製図とかやっているときに必携だったのが

Cimg5112

字消し板と呼んでいたもの。
消したい部分にこの板を当てて、消したい形状の穴を選んで、上から消しゴムで消します。
ロットリング(製図用ね)で書いたものだと、ロットリング用消しゴムなるものがありました。
主にトレーシングペーパーや第二原図用紙などで使いました。

Cimg5114

ちょいと進化したのが、こちら。(写真下)
TOMBOW (デザインコレクションなのか?)ZOOM636eh
こちらは、ノック式ではなく、横にあるストッパーをスライドさせ必要な長さの消しゴムを出すモノ。

横6mm縦2mm

この幅の薄さが便利だった。

続いて(年代は前後します)いつ出たか覚えてないしヾ(^ )コレコレ

Cimg5115

写真上から2つめの奴。
ぺんてるのZE32 CLIC ERASER HYPERASER
邦名、ハイパレイザーと言うみたい。

これはどういう消しゴムかというと、万能消しゴム(^^;
いちお、消去対象は以下のようになっています。
PPC・ジアゾコピー文字・インクリボン式プリンター印字・油性ボールペン筆跡・製図インク筆跡・印刷物等
とあります。
雑誌なども本来インクを紙に塗ってあるので、消すことができますね。
ぶっちゃけた言い方をすると、質の高い砂消しですね(^^;

たぶんこの2つは未だに売っている・・・かもしれない、たぶん。

Cimg5116

こうやって並べると、なんか出番を待っているサンダーバード2号コンテナみたいでかっこいい(゚゚ )☆\ぽか
ま、今回紹介した2つは最近ではほとんど使わなくなってしまったモノで、
久々に文具引き出しを漁ったら出てきたモノですヾ(^ )コレコレ

MONOzero(ホルダー消しゴム)

既に文具系ファンには定番の消しゴムです。
詳細は詳しい方に譲るとして、仕事柄昔からこういうスティックタイプとかの消しゴムは必需品として使ってきました。
最近では、パソコンで図面やCGなどを作っているので、それほど消しゴムの出番というモノが少なくなりましたが、それでもアナログガジェットに目がないので(^^;

Cimg5094

2.5mm×5mmタイプのものと、2.3mmφのものがあります。
って二つとも買ってしまった(^^;

Cimg5096

先端はこんな感じ。
丸いものと、長方形のモノですね。
軸部分は、モノカラーの青・白・黒と写真のマットブラック、シルバー(ややガンメタ風)の3色出ています。

モノと言えば、ちょっと前にMONOoneなるコンパクト消しゴムを出したというのに。

Cimg3148_3

消しゴム業界としては、矢継ぎ早の新商品投入ですね。

筆記スタイル(゚゚ )☆\ぽか消字スタイルは、このようになります。

Cimg5110

大きな面を消す場合。

Cimg5111

小さい面を消す場合。
これだと、1本で二役

Cimg5109

丸タイプは細字向けでしょうね。
この消しゴムの良いところは、シャープペンシルのように、ノックで0.7mmずつ出てくるところでしょうか。
でも、替え芯を購入して笑えた(ショック?な)のは、上げ底だったこと。

Cimg5093

棒付きキャンディのような形状をしています。
写真右
結局消しゴムは全部入っているのではなく、棒の先全体の2/5程度しか付いていないこと(;_;)
お店で確認してくださいね。

手帳などとセットで持ち歩く人は・・・好みの方を買いましょう(゚゚ )☆\ぽか

SPIN ECO(PLUSテープのり)

がっちりマンデーを見ながら打ってます(^^;
忘れないうちに。

コクヨ ドットライナー、ぺんてる テープのり テープングルー、ジオメイト テープのり、トンボ テープのり ピットテープ、パイロット テープのり スーパーグルーなど、テープタイプののり(糊)市場は活発化していますね。
従来の液体糊、でんぷん糊、スティック糊に、新たにテープ糊が市場を賑わしています。

そんな中、90年代に元気だったPLUSからスピンエコという名前のテープ糊が発売されました。

Cimg5098

新発売キャンペーンで、今なら交換用テープ付きに釣られて(^^;

とゆーのもありますが、わんこのえさがなくなってしまったので神さんの買物につきあって、AEONお客様感謝デーで5%オフだったし、前出の安いウォーターマンのインク(今度は黒)を買ったついでに発見しました。ヾ(^ )コレコレ
以前紹介した格安販売のインクは、たぶんどこのイオン、メガマートにもあるらしいです。
今回は自宅から車で15分程度の場所で発見、保護しました。
お、話がずれたわ。

Cimg5099

ばらすとこんな感じ。

Cimg5104

なんとなく、クールなデザインでツボにはまったのかも知れない。
おまけに、20m分も糊が入っています。
大きさは手のひらにすっぽり収まる感じね。

Cimg5107

テープ部分が直接触れないようにストッパーというか蓋が付いています。
裏返しています。

使い方は、どこのメーカーもほぼ一緒ですね。
修正テープと同じ感じで、ずりずりと止めたい場所にテープを引き、不要になった場所で垂直にあげる。
これで元ができました。
後は貼っておしまい。
かなり強い粘着力です。

本来ならこの手のモノは紹介せずにスルーしてしまうのですが、何故エントリしたかというと・・・

Cimg5102

切手不要のアンケートがあったから。
普通こういうモノって、最近では50円切手を貼ってお出しくださいと言うのが定番なのですが、料金受取人払いという太っ腹。
プラスのやる気が伝わってきます。

残念なのは、無記名式なこと。(^^;
これで、抽選で何人にプラスのステーショナリーグッズ1年分プレゼントか
プラスチームデミプレゼント(゚゚ )☆\ぽか古い
などあればもっと良かったのに。(苦笑)

airpen ストレージノート 2.0

昔もありましたが、レポート用紙などに文字を書くと、電子データ(テキスト化)されて、思考がじゃまされずにかつ、テキストに打ち直す必要がない。
これすごいですよね。
ぺんてるさんが開発したのか?
従来に比べメモリをストレージにしたとか識字率をアップしたとか、どこでも使えるとか改善されているようです。

Top2_img01_2

ノートに気ままにメモをする。
それが自動的に(ま、接続作業は必要だが)電子データ化される。
理想のパターンです。

ただ、気になるのが、

・自分でも後で解読できない悪筆の人はどうなるのか?
・走り書きしたミミズの這ったような字はどうか?
・本人が字を間違えたりスペルアウトして書いたらどうか?
・略字など(例えば、職=耳伝とか、間なんか略しますよね)で書くとどうか

気になるところと突っ込み所満載のガジェットであります。(゚゚ )☆\ぽか

昔のZaurus(リナザウではない)を使っていたときにも、インクワープロなる機能がありましたが。
これが、また変換に時間がかかる、おまけに誤字や認識してくれない文字があるなどすげー腹立って以降HP200LXなどのキーボード端末に逃げてしまった。
という、いやな思い出があるので、なかなかこういう、デジアナガジェットには興味はあるものの手が出せないのが現状です。

どなたか使ったことがある方、試し書きしたことがある方いらっしゃいましたら、コメントよろしくお願いします。

ストレージノートはこちらこちらでも

電脳小物vs文房具に思うこと

今日は、サンクスギビングデーヾ(^ )コレコレ
勤労感謝の日ですね。
とゆーわけで、タイトルにあるような対決をしてみようかなと思います。
全然脈絡がないやん。

Cimg5125

ちょっと捜し物をしていたときに偶然発見した大昔の本。
大昔と言っても1989年~1990年(平成2年)の雑誌を発見して見返してみるのですが。
当時は、ファイロファクスなどのシステム手帳がバブルの影響と共に爆発的に売れ始めた時期と電子手帳が一応市民権を得て多機能になりつつある時期にちょうどオーバーラップしていますね。

これがまた懐かしいの何のって(゚゚ )☆\ぽか
ちなみに、もっと古い文具の本とか持っていたり。
確か高校生の頃だったか(^^;
昔から、電脳小物と文具は好きだったということが確認できます。

閑話休題

で、そこで以前から気になっていたことが。

Cimg5129

今も昔もそれほど劇的な変化がない文具。

アナログ小物(いわゆる時計とか万年筆とかですね)って、時代を経てもそれほど古ぼけた感じはほとんどしません。
とゆーか、かえってアンティークな感じが出てきて良い味が出てきます。

ところが、電脳小物って、時代の先端を行っている分すげー古ぼけた感じしませんか?
おまけに、古くなったら使えなくなってしまう可能性が高い。
例えば、OSのバージョンの違い、コネクタの違い、バッテリーとサポートの供給終了など。

Cimg5126

1990年のケータイ事情。コンバットの通信兵みたい(゚゚ )☆\ぽか

たまに、中古屋さんとかオークションで懐かしい商品を見かけても、ほとんどがジャンク扱い。
ここで痛いのがバッテリー劣化。
昔のは特にニッカド電池とか使っていたマシンが多かったので、メモリー効果とヘタリでもうだめってのが多い。
そもそも、電池駆動できるパソコンってIBMのTP220とTP230Cs位しか知らないし。
あーHP200LXとかPsion Series 5mxなどは別格ですよ。
あと、ソフトの供給がほとんどされていない。

Cimg5127

今のPDAやケータイの進化の発展の礎となった電脳小物たち(笑)

私みたいに、昔から延々電脳小物を買ってきた場合、かろうじて昔のソフトを持っていたり、周辺機器、特にカード類なんかを捨てるに捨てられずに死蔵していたなんていうと、根性で使えるまでにするのですが、それでもVISTAは絶対、XPにしてもサポート対象外。
もっと怖いのが、RS232Cケーブルとか専用接続端子。
WINDOWS98の頃って、確かSP2位からUSBがサポートされたと記憶しています。
ちょっと前なら、RS232C<USBケーブルなんて言う変換器も破格で売っていたのですが、今になるとなかなか手に入りません。

おまけにデザインも妙に古ぼけて見える。
当時としては画期的だったマシンなども、今見ると何でこんなの熱入れて買ったのかなぁみたいな(゚゚ )☆\ぽか
確かに、当時としては新鮮で機能的だったように思っても、10年15年と過ぎるともう使い物にもなりませんね。

それはカメラにも言えます。
5年ほど前までなら、銀塩フィルムカメラが何十年も伝統を引き継いでそれほど大きな変更はなく過ぎてきましたが、この5年ほどで駆逐されてしまって、今はデジカメ中心。

デジカメの場合も、初期の頃は35万画素とかで使えないし、1~2世代前の高級一眼レフデジカメも300万画素や500万画素で陳腐な印象を与えます。
その辺は長年培ってきた、銀塩フィルムカメラの方がつぶしがききますね。
私の仲間も、デジタルにシフトしてはいますが、50年前のレンズとか使って未だにフィルムカメラを愛用していたり。

Cimg5128

カバーのデザインは変わっても、大きな変化はないシステム手帳たち

それに引き替え、文房具達は何十年も同じデザインで製造を続けていても古さを感じません。
ノート類なんて、50年も前のデザインとかもあるし。
メジャーなシステム手帳のファイロファクスなんかも戦前から使われているし、デザインは変わっても基本機能はほとんど変わりませんからね。

どっちが良いとか悪いとか言うモノではありませんが、サンクスギビングデーということで、ふと感じたことをつらつらと書いてみました。

日本のモノづくりに一生懸命働いてきた(いる)人たちに感謝いたします。

シャーボXのジェルインクの回答

先日、親切な対応と書いた、ゼブラシャーボXのジェルインクリフィルですが、早々に回答が来ました。

なんと、いずれもインクが空の状態だったそうです。(@@;
マゼンダは結構書けた(書いた)と思いましたが、ボルドーとセピアはほとんど使った記憶がなかったのに。

以下回答の引用です。


ジェルボールペンはきれいな発色と非常になめらかな書き味が特徴ですが、従来の油性ボールペンと比べるとインクの出る量が多いため、筆記可能距離が短くなっております。
ジェルボールペン単体の商品(サラサクリップ0.5)ですと、インク量は1gで、筆記可能距離は700mですが、シャーボの替え芯は、複数のペンを1本に収納するため、構造上中心形状が決まっており、シャーボX用の替え芯「JSB-0.5芯」は、インク量が0.12g、筆記可能距離は80~90m(A4用紙3枚程度)、「JSB-0.7芯」では、60~70m(A4用紙2枚程度)となっております。

とゆー、事でした。
しかし、0.12gってほとんど入ってないじゃん。..._| ̄|○
今度から油性ボールペンを使うようにしよう。

シャーボXで、ジェルインクリフィルをお使いの方、予備リフィルは多めに用意しておくか、油性インクを使いましょう。(^^;


引き続き研究すると共に、~品質向上、技術の向上に取り組む所存でございます。

と、丁寧な回答を頂きました。
こういう紳士的な回答で末尾に書かれている品質向上に期待しましょう。

ペリカン4001インク比較

M150に付いてきた4001インクですが、以前文具店の店長からいただいたモノと一緒です。
店長曰く、古いものだから使わないようにと言われて、帯封もそのままディスプレー用に保管してあります(^^;
でも、M150についていたものは勢いで開けてしまいました(^^;

Cimg4737

正面から見たら変わりません。

Cimg4738

右側だと、頂いたモノには黒と白の↑マークが付いています。
ドイツのリサイクルマーク?ヾ(^ )コレコレ

左側も、びみょーに違います。

Cimg4739

ラベルの70って書いてあるものの下(画面で言うと右側)部分に若干差が見られます。

詳しい方がいらっしゃいましたら、この辺の差教えて頂きたいと思います。

思わず鳥肌(^^;

WILLCOMのデコカバー(限定)女性には人気らしいが(汗)
どこでも、スワロフスキークリスタル、流行のようですね。

画像がないのでリンク先を見て、拡大してくださいね。

こういうの、本能的にだめですね。

丸形の鋼材が大量に並んでいるトラックの後ろとか(^^;
蜂の巣のハニカム六角形が沢山並んでいるのとか
あと、落ちたキャラメルに群がっている蟻さんなんかを思い出してしまう。
粒の集合体とか見るともうだめ。

DNAにある嫌悪感がもたげてきます。
もしかしたら、前世は虫で、ハチさんに捕らえられて、蜂の巣に閉じこめられ、ハチの子ども用にえさにされた虫さんだったのかも知れない。

あ~、思い出すだけで背中が鳥肌(^^;

同様な理由で、たらことか数の子、蛸やイカの吸盤などもだめですねぇ。
蛸やイカは食べられますが、吸盤見ちゃうともうだめ。

あ、もしかしたら小さい頃に見た海底二万マイルとか、キングコング対ゴジラ、ウルトラQなんかの蛸やイカに絡まれて殺されちゃうイメージがトラウマになっているかもヾ(^ )コレコレ
あと、ハニカム(蜂の巣)は巨大生物の島でミツバチに閉じこめられたシーンを思い出すのかも。
親父に連れられて、子ども心に衝撃を受けた映画たちですね。
今DVDなんかでどれを見ても別に何でもないのですが。

ヘビさんとかなら平気なんですが。(注:毒蛇はさわれませんが、害のないヘビさんは大丈夫)

プチプチはまだ隙間が空いているので、かろうじてセーフ。

旧版ペリカンM150/481(その2)

Cimg4728

ペン先はステンレス?で金色にコーティング?がしてあります。
ただし、ペン先は経年変化なのかくすんでいるみたいに見えます。
EFなのですが、20年以上昔のペンなので意外とペン先が軟らかく書きやすいです。

Cimg4725

すごく綺麗ですが、リングには確かにW-GERMANYと書いてあります。

大きさ比較
どのくらいの大きさかと言うと

Cimg4729

ペリスケ(ペリカンスケルトンモデル)のM205とほぼ一緒の大きさです。

ただし、天冠部分にペリカンのロゴが入っていません。

Cimg4730

ペンの大きさ

Cimg4736

基本的にM205と同じペンの大きさです。
したがって、ペン先はM205と交換が可能です。
キャップも相互にはまりますし。(^^;

ALWAYS続・三丁目の夕日

久々に映画を見に行った。
と言っても、先週の11月12日。
書くことがたくさんあったので事後報告か(゚゚ )☆\ぽか
月曜日はうちの地域ではメンズデーとゆーことで、夜に行きました。
夜なので空いていました。
案の定、おじいさん達が多い。後は年配の夫婦とか、年代的には親子連れを除いて私が一番下だったかも知れない。(^^;
シネコンだったので、ほとんどの若者やカップルはバイオハザード3に行ったらしい。

前作が良かったので、続編も見てしまいました。

詳しく話すとネタばれになるので。
今回もストーリーはさることながら、昭和30年代の町並みのCGは抜群ですね。
寅さんや釣りバカのようにシリーズ化されると面白いと思うのですが、オールロケとかセットと違い、作り込んだCGが必要になるので大変でしょうね。

続というんで、ストーリーは前回の続きから。
でも、懐かしいトーホースコープのマークが出たと思ったら、いきなり笑えるシーンでやってくれました。(^^;
これは見てのお楽しみ。

ま、羽田空港やレシプロ飛行機、懐かしい国鉄の特急こだま、高速が通っていない日本橋などよくまあ違和感なく合成しています。
雑踏を歩くCGの人のぎこちなさが目に付きましたが。
(これは初回の上野駅でも違和感があったけど)
それ以外はしっかり作ってあって、セットとCGのとけ込んだ作りの妙に、厚みのあるストーリー、個性ある俳優さん達の演技が光ります。
子ども達がちょっと大きくなっちゃったかなぁ~みたいなのは、年代設定と共に大きくなっているからまいっか。

じんわり温かくなる映画ですね。
お薦めです。

旧版ペリカンM150/481(西ドイツ製)

統合前の西ドイツ時代のペリカン(デッドストック?)です。

Cimg4715

残念ながら希少な100Nとか400とかではありませんが。

現在も継続して売られている安いトラッディッショナルM150シリーズの前進ですね。

箱には昔のロゴが使われています。
GUNTHER WAGNER

Cimg4716

蓋を開けると、以前紹介した古いペリカンの4001インクが入っています。
(いちお、未開封らしいが、封印の帯封はなかった)

Cimg4718

ちゃんと日本版の保証書?取説?もあります。
郵便番号3桁だし、電話番号も2・3・4桁なので、古いでしょうね。

Cimg4721

M800だと無理ですが、M150は小さいので、こんな感じでインク瓶の上に載せることができます。

つづく

LAMY2000(万年筆)インク漏れ

子どもに貸してあげていたLAMY2000(ラミー2000)の万年筆ですが、「書くときに手が汚れて困る」と言ってきました。
よく見ると首軸と胴軸の付け根、キャップをはめるときのストッパー(金属の出っ張り)部分が黒くなっています。

黒いインクが良いというリクエストがありましたので、アウロラのインクを入れてあげました。
残念ながらLAMY(ラミー)のインクはブルーしか持っていません。

インクと万年筆は、インクのpH(ペーハー)バランスやペン芯、ペンとの関係で、けっこう相性があります。
フローが悪かったり、良すぎたりなどもありますので、書きにくいからと行って使わなくなるのではなく、インクを替えてみるのも良いでしょう。
ただし、それ以前にペン先の調整が必要ですが。

インクを抜いて、水を入れたグラスに浸すと、確かに黒いインクがにじみ出てくるって感じです。
朝軽夕方打合せから帰ってきて、拭き取ってもまだ少しインクが出てきます。

仕方ないので超音波洗浄。

Cimg5064

すると、出るわ出るわ(^^;
肝心なペン先より、首軸と同軸の接合部からドバドバインクが出てきます。

こりゃ、まぢで壊れているのか?いよいよ困った(汗)
ネットで調べても、インク漏れで輸入代理店に修理依頼や交換とかいう文字が浮かびます(^^;

2~3回洗浄しているうちに、首軸と胴軸の隙間が見えるようになってきました。
もしかして、LAMY2000の首軸って、回るんぢゃないか?
と思い、回してみると案の定簡単に回ります。

注:吸入式の万年筆は、ペリカンやモンブラン(現在の)などは、首軸と胴軸が固定されていますので、普通回りません。

Cimg5068

分解した図
クリップの勘合止めは別パーツになっています。
どうも、びみょーにゆるんでいて、そこから毛細管現象のようにインクが伝わってきたように思います。

いろいろな方がLAMY2000(ラミー2000)について書いていますが、一体成形されたかのようにつなぎ目が見えません。
ですから、まさかばらせるとは思いませんでした。(^^;

ばらした状態で再び超音波洗浄。
これで、またドバっとインクが出てきます。(汗)

Cimg5070

こんな感じではまります。

こういう状態になれば、ペンとペン芯を出すことも可能ですヾ(^ )コレコレ

綺麗に洗浄した後、きっちりと締め、水を何回か吸入と排出で漏れを確認。
一応大丈夫のようなので、一日置いて乾かした後に、ペリカンの黒を入れておきました。

これでしばらくは大丈夫でしょう。・・・・たぶんヾ(^ )コレコレ


AMPAD(リーガルパッド)

自宅と会社の机で良く使っているのが、アムパッド社のリーガルパッドです。
以前には、A5タイプを紹介しましたが、あちらは持ち歩き用。

Cimg5028

どばっと大きめのA4変形版です。
アメリカではごく普通に使われているとか。
紙質は、ぜんぜん良くないです(^^;
日本で言うと「ざら紙」「わら半紙」印刷業界で言うと「馬糞紙」みたいな質感ですね。

ですから、3冊セットでいくら。みたいな感じで売られています。
とは言え、日本で買うと3冊で840円とかになっちゃいますが。

Cimg5031

大きさで言うと、A4変形版。
紙の上部をロディアと同様にステープラーで止めてあるので、A4より若干大きめになっています。

縦3mm 横幅8.5mmほど長いです。

以前、ITO-YAのリーガルパッドでも書きましたが、誌面が黄色なのでどこに置いてあっても目立ちます。
書類の間に埋もれていても発掘可能ヾ(^ )コレコレ

最近ではちょっと大きめの文具店などでもいろいろなメーカーのものが置いてありますね。

レポート用紙との違い

表紙がない。
レポート用紙のように糊止めだけではないので簡単には取れない。
でも、ミシン目があるので、必要なページのみ破ることができる。

って感じでしょうか。

ちなみに、前回紹介したITO-YAさんのリーガルパッドもAMPAD社に委託して作っているようですね。

CLIE PEG-S300(クリエ) その2

何故モノクロモデルにしたか?
S500とS300という2機種ラインナップしていましたが、多くの方はPALM初のカラーモデルにしたという話を聞きました。

当時、店でも多くの方がS500のカラーモデルを購入していると聞きました。
へそ曲がりな私は、あえてS300のモノクロもでるを選んだのは。

・画面が見やすかった
カラーの場合、画面がすごく暗くて見にくかったのですね。
メリハリもはっきりしないし、その点モノクロモデルはしっかり見えた。
この点が大きかったですね。
後から知ったのですが、カラーは屋外でほとんど見えないという話を聞きましたので、モノクロモデルを選んだのは正解だったのかも知れません。

・カラーを必要としない
解像度が今一なので(16ドット)カラーの必要性が感じられなかった。


・バックライトが反転しない(おまけに綺麗(^^;)
本家PALMやWorkPadの場合、バックライトを付けると、白黒が黒白に反転していました。
この点CLIEは、バックライトを付けてもちゃんと白黒のままになっていました。

・値段が全然違った
オープン価格とは言え、当時店頭でも1万円前後の差があったかと思います。

Clienc2_2

S300を買ったときにおまけでもらったネックストラップ
通信ユニット部にしっかり挟んで首からぶら下げても落ちないようになっていた。
現在、このひものみ代々受け継がれてきて、PEG-TH55に付いています(^^;

リストカメラとの連携(笑)
当時色々デジタルグッズが出てきていましたが、これもその一つ。

Clvsrc3

CASIO(カシオ)のリストカメラと赤外線でのやりとり。
当時、CLIEにはデジカメは付いていませんでした。
で、ディスカウントショップで投げ売りされていたリストカメラを保護(^^;

面白かったので色々と実験した記憶が(笑)
Rc02

赤外線通信ができるので、CLIEのテキスト画面をデータ転送。
字は小さいけれどしっかり読めました。
これで試験を受ければばっちりカンニングができまs(゚゚ )☆\ぽか

リストカメラの紹介は、こちら

実は、元祖CLIE(PEG-S300とかS500)は、場末の個人経営や市内チェーンのディスカウント店なんかでは、まだデッドストックとしておいてあったりするのをたまに見かけます。
でも、強気で値段付いているのを見ると笑ってしまいますが(^^;
万年筆だとデッドストックは稀少がられるのですが、電脳小物は経年変化だと価値が激減ですので面白いですね。

CLIE PEG-S300(クリエ)

文具系小物ばかり書いているとクレームが付きそうなので(汗)
懐かしのシリーズ
注:当時はブログとかなかった時代だし、デジカメの品質も低いので、お見苦しい点等がございますので、ご了承ください。
ちなみに、ブログに載せるなんてことも考えていなかったので、写真撮らずに流してしまった商品も多数あります。
その際はイメージで表現いたします(^^;

Cliecs1_3

純正ケースですヾ(^ )コレコレ

Cliecs2

SONYが満を持して出した電子手帳CLIE(クリエ)
それ以前にもその名も大胆にPALMTOPなんてものを出してくれちゃっていました。
その1その2
これはこれで欲しかったけど、高かったので買えませんでした。
後になって中古で見かけたけど、そのときには使い道も、そもそもソフトやパソコンとの連携もできなくなっていたので結局買わずじまいでした。
もし買ったとしても使いこなす以前に使えなかったかと(゚゚ )☆\ぽか

ちなみに、元祖CLIE(クリエ)のS300はモノクロモデルです。
これとは別に、S500というカラーシリーズもラインナップされていました。

S500はもっと青いボディカラーをしていました。

Cliedt2

なんか、今見ると無骨で返ってかっこいいかも(^^;
ボタンの雰囲気が、本家PALMやIBMのWorkPadみたいですね。
当時はそれほど気にせずに使っていましたが。

何でCLIEにしたか

数あるPALMマシンの中で、どうしてCLIEにしたかとゆーと、・・・
最初から全部そろっていたのね。

決め手は、モデムが同梱されていたという単純な理由で(汗)
映像としてはないのですが、本体の下にガチャンコとはめるユニットがあって、MOVAやPHSなど各社の通信ケーブルが一式そろっていて、ケータイさえあればすぐに通信ができたのです。

これが、PALMやWorkPadなんかだと別売りで・・・ってなっていたので結局くらくらと目がくらんで(^^;

ちなみに、当時はHP200LXがメインマシンで、それ以外にいろいろ買ってはいじりという時代で。
おまけに、PDAも、百花繚乱、群雄割拠の時代でしたからね。
選び放題。

あ、いけね。
こういう話をすると長くなるので、続きます。(゚゚ )☆\ぽか

親切な対応、ゼブラシャーボX

シャーボXのジェルインクリフィルのうち、マゼンダ、ボルドー、セピアの3本があまり使わないのにすぐに書けなくなって、何本か買い換えた。
ちなみに、ロイヤルブルー、ブルーブラック、エバーグリーンなどは、同じ時期に開けて同様に使っているのですが、特に問題なく書けたのでクレームというより、質問としてサイトに相談しました。

すると、以下のメールが来て、調査するので不具合製品を送り返して欲しいとのこと。

>いつも当社製品をご愛顧賜わりまして、厚くお礼申しあげます。
>この度は「JSB-0.5芯」の品質につきまして、
>大変ご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。

>できましたら、現品を拝見し、調査致したいと存じます。
>当社より、本日 代替品と返信用封筒をお送りいたしますので、
>今一度お試しいただければと存じます。

>尚、大変恐れ入りますが、不具合品につきましては、
>同封の返信用封筒をご利用の上、ご返送お願いいたします。
>後日原因調査のご報告をさせていただきたいと思います。


ゼブラのボールペンは以前から使いやすくて愛用していたので
こういう、紳士的な対応は好感が持てますね。

調査結果の連絡が来たらまた紹介したいと思います。

ココログメンテのお知らせ

>◇メンテナンス日時

> 2007年11月13日(火)20:00~11月14日(水)10:00の約14時間

>※ PCからのココログの閲覧はメンテナンス時間中も可能です。

とゆー事で、今夜から明日朝にかけて閲覧はできますが、
コメント等の発言はできなくなるようです。
ご了承ください。

牛ヌメ革ペンケース(無印良品)

ハロウィーンの前にアウトレットに行って、買物した予告をしていましたが、すっかり忘れておりました(^^;

Cimg4806

タイトルにあるように、ヌメ革のペンケースでございます。

Cimg4809

開けると何重にも厳重に梱包されているペンケースが出てきます。

匂いもスゲー、革の香り(*^^*)

作りは・・・ま、そこそこって所でしょうか?

Cimg4812

ちょっとびっつってますが。

Cimg4813

手持ちの黒革ペンケースと並べてみました。
これは昔から使っているけど、高かったのよ(^^;5000円くらいだったか?

Cimg4818

ま、値段が値段なので、内張はしていませんね。
荒い革のままです。
傷が付きやすいモノは入れない方が無難でしょう。

衝動買いしたのは、値段が半額というのもありますが、ほぼ日手帳とおそろいのヌメ革兄弟にしたかったから。
というのと、色がどう変わってくるかの皮革用にもとい、比較の意味もあって。(汗)

Cimg4817

今まで持っていた革製品は、全部黒で統一していましたが、来年はプレーンなヌメ革に挑戦してみようかと思った秋でございます。(^^;

笑えるメール

迷惑メールフィルターに時々すげーおもしろいメールが入っている。

>差出人 : マイミク
>題名 : リカ さんからマイミク申請が届いています。
>開封確認 : 開封確認を要求しています開封確認が要求されています

>こんにちは!リカ さんからのお知らせです。

>□■コメント ■
>マイミク初心者のエリカです。リカのコミュ見てくれますかぁ?
>リカと趣味とか合えばいいなぁ。ちょっぴり期待しちゃってます☆
>アフターでコミュの仲間でオフ会を定期的にしてるから土日都合よかったら
>集まりましょう☆
>リカからマイミク誘うのって初めてだからちょっぴりドキドキしちゃうけど
>宜しくネ!

>リカ さんのプロフィールを見るには以下のURLをクリックしてください。

>www.ex-commun***.info/mymixy

>リカ さんがあなた様のご参加を心よりお待ちしております。

>マイミク☆ログインページ↓(無料)
>www.ex-co+++nity.info/mymixy

>コミュニティを広げるきっかけ作りになる情報をお届けします。

>────────────────────────────────────┐
>□■ マイミクシィ最新日記
>日記を更新されたマイミクシィの記事をお知らせします。
>.ex-commu***y.info/mymixy
>※配信時点での最新の記事になります。
>────────────────────────────────────┘

>━━http://www.****ommunity.info/mymixy━━━━━━━━━━━━━━━

>■□■□コミュニティ・エンターテイメント [mymixy] news ■ ■
>運営会社: 株式会社マイミクシィ
>Copyright (C) 1999-2007 mymixi,Inc. all rights reserved

>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007━━━━━

とか、こんなの

>差出人 : マイミク
>題名 : エリカ さんからマイミク申請が届いています。

>こんにちは!エリカ さんからのお知らせです。

>□■コメント ■
>マイミク初心者のエリカです。エリカのコミュ見てくれますかぁ?
>エリカと趣味とか合えばいいなぁ。ちょっぴり期待しちゃってます☆
>アフターでコミュの仲間でオフ会を定期的にしてるから土日都合よかったら
>集まりましょう☆
>エリカからマイミク誘うのって初めてだからちょっぴりドキドキしちゃうけど
>宜しくネ!

>エリカ さんのプロフィールを見るには以下のURLをクリックしてください。

エがあるなしで、本文が全く同じ。
しかもサイトも一緒。(^^;
まーひっかかる人はいないと思いますが。

なんとなく、フッタとかパクりだし。
笑えますねぇ~。

ウォーターマンとペリカンのボトルインク

先日、出先の会議と打合せの合間に、時間がかなりあったので、某役所の近くにあった、メガマートに行ってみた。
メガマートと言えば、ジャスコなどのイオングループのディスカウント店ですね。
ディスカウント店は、どちらかというと安売りの吊し文具が中心で、まったく期待はしていませんでしたが。
こんなの見つけました~(^^;

Cimg4870

なんと、ウォーターマンとペリカンのボトルインクです。

普通この手の店にあるのは、カートリッジと相場が決まっていますが。(^^;
あったのは、

ペリカン・・・ブラック、ブルーブラック、ロイヤルブルー
ウォーターマン・・・ブラック、ブルーブラック

ま、地方の人口3.5万クラスの都市なので、案の定埃を被ってひっそりとおいてありました。

ペリカンのインクはけっこう持っているけど、ブルーブラックを持っていなかったので保護。

ウォーターマンのインクは、カートリッジなら沢山持っていますが、こちらも持っていないので、ブルーブラックを。

Cimg4871

ウォーターマンのインク瓶はカクカクしているのですが、これがまた考えて作ってありまして。
箱の横に、インクが減ったら、瓶を斜めって使ってくださいみたいなのが、フランス語で書いてあります。
読めねーけど、たぶんそんな感じ。で、斜めって見ました。(゚゚ )☆\ぽか

そういえば、ペリカンも似たような形状。

Cimg4872

で、斜めって見ましたヾ(^ )コレコレ
ウォーターマンのボトルに比べるとちょっと無理がありますが(汗)

心配なのは、製造年がわからないこと。
セーラーのジェントルインクなら蓋に製造年月日のゴム印が押されているのですが。

心配になったのと、こんなのあり?な点が


Cimg4977

じゃ~ん(^^;
この値段。
ペリカンのインクは、定価840円→557円也(66.3%)
ウォーターマンのインクなどは、定価1260円→717円也(56.9%)

注:メガマートのどこでも、ペリカンやウォーターマンのインクが売っているとは限りません。
  また、この値段で売られているという保証はありません。
  ので、ご注意ください。また、ブログで見たが安く売れと言うことはやめましょう。

ぬぉ~、これでお客様感謝デーだったら、さらに5%オフぢゃん。
打合せの日を20日、30日に設定して、残りの色も買ってこようか(゚゚ )☆\ぽか


万年筆のカラーインクを替える

色々な万年筆や多種類のカラーインクを使っていると、さて、今どこのインクをどの万年筆に入れて使っているのかわからなくなることがある(゚゚ )☆\ぽか

仕事で図面の構成(デッサン)をするときに、色々なインクが必要となったため、普段お休みしている万年筆(安いの)を引っ張り出してきて、インクを入れました。
このエントリはあくまでどの万年筆にどのインクを入れたか忘れないようにするために書いています。

Cimg5013

シェーファーカリグラフィ
B:セーラージェントル イエローグリーン(ACTオリジナルインク)

M:シェーファー オレンジ(カリグラフィセットに入っていたもの)

F:セーラージェントル ブルーグリーン(ACTオリジナルインク)

LAMY JoyAL:プライベートリザーブインク レイクプラシッドブルー

ふでDEまんねん:エルバン ナイトブルー

このラインナップに、前に紹介したプレピーのサインペンに入れたカラーインクがあればそれなりに色区分して使えるので、当面はこの色分けで行こうと思う。

自分用の防備録(゚゚ )☆\ぽか
もとい、備忘録です。(^^;

スリンガーII(パーカー)CROSSionのぱく(゚゚ )☆\ぽか

文具店に並んでいましたが・・・
Gry_a

おもいっきり、CROSS アイオン(ion)のぱくりぢゃねーか。

店長にそのこと言ったら、ionの方がだんぜんしっかり作ってあるね。
とのこと。
見た目は似ているのだが、CROSS ionの場合、キャップが簡単には外れないようになっているのですが、こちらのはちょっと負荷がかかると、ぱきっと、外れてしまいます。

唯一ほめられるのが、
ionに比べて長いこと。(すなわち書きやすい)
クリップが付いている。(ポケットに挿しやすい)
ってとこか?

ionの場合、ネックストラップはキャンペーンや限定しか付いていなかったのが、パーカーのは標準装備ってところが救いでしょうね。

でも、お洒落さでは、断然CROSS Metal ionでしょう。


ダイハツミゼット対決(後編)

長くなってしまったので(汗)

サイドビュー

Cimg4995

横から見ても良い感じですね。
ふと思ったのですが、ライトの下にある彫り込みは、当時エアコンがなかった時代。
この部分を開けて走ることにより、涼しい風が入ってくるという優れもの。(^^;
というのを思い出しました。
昔は工夫して車づくりをしていたんだなぁ。(しみじみ)

フロントビュー

Cimg4997

日本のミニカーづくりも、おもちゃとは言えすごくリアルにできていますね。
ミニカーと言えば、本家はマッチボックスなどが有名ですが、どっこい日本のミニチュアづくりも捨てたモノではありません。
外国製のミニカーも最近ではかなりリアルにできるようになってきましたが、数十年前は、何の車かよくわからないものもけっこうありました。

裏面

Cimg4996

鈴木オートのミニカーは中国製ですが、15年以上前のミゼットは日本製でございます。
それ以外のロゴはまったく変わっていませんが。
あとは、鈴木オートのミニカーの後輪部分がゴムになっています。


ジャンポップ シャープペン(三菱鉛筆)

うちの子2号が、私に似て文具大好き人間で(^^;
ちょっと前のBUN2に出ていた、三菱鉛筆のジャンポップが欲しいと言ったので、買ってきました。

Cimg4849

これがまた、ギミックがあるシャープペン(メカニカルペンシル)で、携行時には短くなって、使うときには中央部分にあるボタンを押すと、しゃき~ん!!って飛び出して、筆記にちょうど良い長さになる。
という、遊び心のあるシャープペン(ボールペン)でございます。
値段も、294円程度の安いモノなんで、気軽に買えるし、ま、その程度のモノなんですが(^^;
店によっては割引とかあるので、格段に安い。

で、早速使い始めた子ども曰く。
軸がプニョプニョして、安定して書けないから、使いにくいと(^^;

ま、ギミックを楽しむためのモノですね。(゚゚ )☆\ぽか

開けた姿は、どーむさんの所見てね(汗)

Ain Supplio(サプリオ ぺんてる)

昔、香り付きボールペンとかは流行りましたが、ぺんてるさんがやってくれました。

Cimg4846

リフレッシュブレンドの香り・・・気分を変えてもうひとふんばり!
ヒーリングブレンドの香り・・・ちょっと疲れ気味のときに!
ポジティブブレンドの香り・・・もっとやる気をだしたいときに

とゆー、3つの香り。
子ども用に買ってきました。

てゆーか、ヒットしているようで、発売当初は大量に見かけましたが、口コミからかあちこちの店で売り切れているみたいです。
前回は大量にあったのですが、ほぼ売り切れで、別の文具店でかろうじて各1種類ずつ残っていたのを保護しました。

個人的には、青が良い香りと思うが(^^;子ども達には青と赤が好評でした。
でも、香りはほのかなので、風邪や鼻炎などで鼻が詰まっているとだめなようです。(笑)

自分としては、2B以上の濃さの芯を使っているので、縁がないかな。
てゆーか、3B、4Bでもこの香り付きを出してもらいたい。

あ、万年筆のインクで香り付きというのがあるが、
リラクゼーションや目を覚ましたい時なんかの香りモデルでも良いよヾ(^ )コレコレ

詳しい解説は、こちら

ダイハツミゼット対決(笑)

ちょっと前に、鈴木オートのミニカーを紹介しましたが、その後、子どものミニカーボックスとゆーか、ミニカーが入っていたおもちゃ箱(引き出し)の中から発掘してきましたので、比較しましょう。
残念ながら幌(ほろ)は発見できませんでした。(;_;)

Cimg4991

こちらがその勇姿。

Cimg4992

子どもが小さい頃だったので、大切に保管するというより、トミカワールドで遊ぶとゆー使い方をしていたので、かなりへたっています。
子どもとゆーものは不思議なモノで、メカ好きなのは共通なのですが、育った環境により何が好きか決まってしまうような。
ちなみに、当時は巨大な団地に住んでいたのですが、同年代の子どもでうちの子は眼下に国道を見下ろす場所にいたので車好きになりました。
別の棟は、隣にJR東海道線が走っていたので、プラレール好きと(^^;
子どもにもプラレールを子どもの誕生日かクリスマスにもらったのですが、結局ミニカーの方が好きでしたね。
ここで、鉄ちゃんとカーマニアに分かれたのかもしれません。

閑話休題

Cimg4993

後ろから見た図。

鈴木オートのミニカーは映画の使い込んだ錆びのイメージが出ていますが、適当にすれた感じが出ている子どものミニカーも良い感じで時代が現れていますね。(笑)


NOTE & DIARY Style Book Vol.2

Cimg4983

昨年からラインナップされた、NOTE & DIARY Style Book(ノート&ダイアリースタイルブック)、ノートと手帳の本の第2弾が発売されていました。(^^;知らなかったり。

前回に引き続き、見応えと物欲爆発の内容です(笑)

まだまだ持っていないモノも多いので、そのうち東京などで仕込んでこようと思います。(゚゚ )☆\ぽか

今回の買いは

Cimg4984

このおまけ。
FIROFAXとえい出版のコラボ栞です。
表面は、通常の定規のほかに、1年、1か月、1週間、1日、1時間のタイムスケールが付いています。

Cimg4985

こちらが拡大図です。

これを使うことにより、バイブルサイズのリフィル1ページにそれぞれの時間枠が設定できるので、1ページで各日付や時間を割り振ることもできます。

私の場合は、現在A5サイズバインダーを使っているので、6穴が開いている上下両端をカットすることにより、A5ファイルサイズのバインダーにもはさむことができます。

Cimg4999

こんな感じ。
単純にはさみで切るも良し。パンチで穴開けるもよし。一個失敗しちゃったけど(^^;

定規やタイムスケールとして使うだけでも良いと思います。
ミドリのトラベラーズノートのジッパーポケットにも入れられます。

裏は5mm方眼

Cimg4986

裏面は5mmのメッシュになっているので、罫線のない白い紙(コピー紙の裏など)を使うときに便利です。

ガムケース携帯ストラップ付き

最近ではガムを食べるのにコンビニなどで並んでいる紙の箱に入った粒が小さいモノではなく、スーパーやディスカウントショップでまとまって入っているモノを常用している。
所が、この箱がまたでかい(^^;
いちお、全種類制覇したんだがヾ(^ )コレコレ

打合せがある時には、でかいケースはじゃまなだけだし、鞄の中に放り込んでおくと、いつの間にか蓋が開いていて悲惨なことになる。

とゆーわけで、見つけました。

Cimg4973

右側のものがガム用ケース。
ビニールには、薬やサプリメントなどの容器としても使えますと書かれています。

粒ガム用の紙ケースでも良いのですが、単価が高い上に、鞄に入れておくとつぶれてしまって悲惨な状態になるのがいやで。

Cimg4975

中はこんな感じで、傾けると一つずつガムが出るようになっているし、包み紙を収納するポケットも付いています。

Cimg4974

横の厚みもそれほどないので、鞄に入れておくにはちょうど良い。
ストラップがじゃまではありますが、外してしまえば問題ないし。

買ったのは白いケースですが、ブルーのケースもありました。

Oh!! 30万HITだわ(@@;

全然気づかなかったのですが、30万を超えていました(@@;
思わずびっくり(汗)

30man_4

8月6日に20万ヒットの記事を書かせて頂いたので、ちょうど3か月で10万来客って所でしょうか。
単純計算で一日あたり1111件閲覧されている計算になりますね。
今年に入ってから、閲覧する人が急増いたしました。

Ruikei_2

なぜか知りませんが、商品名と何かの検索ワードを入れて検索すると、Yahoo!とGoogleで上位に出てくるようになったのが一因かと思います。

新たに訪問される方、期待外れな内容でしたら済みません。m(_ _)m

基本的に、興味があるもの、手に入れたいもの、手に入れてしまったモノヾ(^ )コレコレ
を中心にお届けしています。

なるべく、わかりやすく図解(写真)入りで解説しておりますが、失礼な点、間違い等ありましたらご指摘ください。
随時訂正して更新します。

好きなこと書いているので、調べたいこと、聞きたいこととは違う内容の記事でしたら済みません。
手持ちのモノ、入手予定のモノでお聞きしたいことがありましたらお気軽にお尋ねください。
リクエストもまってまs(゚゚ )☆\ぽか

今後ともよろしくお願いします。


MIFES(マイフェス)8

VzEditorとライバル関係にあったMIFESですが、まだあったのですね。ヾ(^ )コレコレ
私は、VzEditor派でしたが、MIFESを使っている人もけっこういました。
VzEditorはWZEditorに移行しましたが、最近はあまり見かけなくなってしまいました。
優れたソフトなんですけどね。

Img01_2

こんな感じでプログラムやHTMLが編集できるようです。
W2K(Windows2000)の頃までは、DOS窓でVzとか、FDなんかをかたくなに使っていましたが、WINDOWSが進化し、WINDOWSに使われるようになってしまってからは、Editorもテキスト入力にしか使わなくなってしまいました。

プログラマの方は御用達かも知れませんね。
懐かしかったのでつい紹介してしまいました。

参考までにこちら

鈴木オートのミニカー(ダイハツミゼット)

大ヒットしたALWAYS三丁目の夕日の続編、ALWAYS続三丁目の夕日が11月3日に公開された。
見に行く予定だが、なかなかいけない(^^;

Cimg4929

第1作目の時には、それほどタイアップ商品もなく、地味に展開されたが、今回はCMもすげー沢山タイアップしているよね。
そんな中、出るとは思っていたけどやっぱり出ました。
鈴木オートのミゼット(^^;
セブンイレブンで見かけてつい買ってしまった(゚゚ )☆\ぽか 高かったけど(^^;

子どもが小さい頃にパックで買ったミニカー類にも確かミゼットはあったはずだが、どこかに埋もれてしまって(^^;

Cimg4934

印刷だけど、この汚れ具合がなんとも(;_;)
自分が小さい頃、近所の米屋さん御用達のダイハツミゼット。
小さい路地も平気ですいすい入っていけるということで大ヒット。
うちの実家の前の道路も狭かったので、ミゼットは余裕。
当時は子どもの数が多かったので遊び場は必然的に狭い路地になっちゃうのね。
駅に近いとは言え、田舎故三丁目の夕日の商店街というより、住宅街ね。
そこにわんさと子どもが遊んでいるの。
石蹴りやったり、女の子はゴム跳びとか、鬼ごっこ、かくれんぼなど。家の目の前がフィールドになって(^^;

ま、とにかく郷愁を誘うミニカーですね。

Cimg4935

荷台もこのとおり汚れています。

気がついた方もいると思いますが、このミゼットは、昔出ていたミニカーの鋳型を使っています。
ですから、荷台の左右に昔販売されていた頃の名残が(^^;
この穴に、幌をはめ込むことで、荷台がカバーされるようになっていました。

Cimg4945

ロゴが大昔の子ども二人並んでいる奴が残っています。
でも、よくよく見ると中国製・・・・
塗装に鉛が入っているかも知れないので、入手された方は決して口に入れないようにヾ(^ )コレコレ

昔買ったミゼットと幌は捜せばどこかにあると思うので、また気がついたらエントリしましょう。

あー、早く見て~ぇ~(^^;

モンブラン2色ボールペン(Sライン2カラーシルバー:No2735)

回転繰り出し式のボールペンは沢山ありますね。

Cimg1321

モンブラン2色ボールペンです。
名称、型番等はよくわかりません(^^;

尻軸だけではなく、クリップ部にもモンブランのホワイトスターが付いています。

Cimg1322

接合部にモンブランとドイツという刻印もあります。

開けた所がこちらになります。

Cimg1320

4Cサイズのリフィルが使われています。
右、左に回すことにより芯の色を変えることができます。

Cimg1324

これが全容(^^;
いつもと逆の紹介の仕方か?
素材はステンレスだと思いますが、全体的にマット仕上げをしているような感じでしょうか?

ほぼ日手帳お試し改訂版到着

先月中旬に、ほぼ日手帳お試し版不具合報告をしましたが、11月1日に、改訂版が届きました。
書くことがいろいろ詰まっていて、報告が遅くなりましたヾ(^ )コレコレ

Cimg4968

わかりやすくするために、ブルー(浅葱色)からクリーム(パステルイエロー)に変更されています。

Cimg4969

並べてみてもわかりませんが(^^;
紙質が全然違います。
触ってみると、初回版はざらざらした感じなのに対し、改訂版はつるつるした感じとなっています。

どちら(発注者・紙元・印刷会社)が、どのくらいの割合で負担したかはわかりませんが、前にも書いたように、不正をそのまま関係機関に報告せずに、黙っていたり、儲け(利益)優先で、粗悪品を使ったり、消費期限の改ざんを行っている企業とは大違いの対応です。

よその企業もこの辺は見習って欲しいですね。

CHROMATIC(クロマチック)アメリカ

Cimg3093

その昔、CROSSと並ぶメイドインアメリカ製のボールペンがCHROMATIC(クロマチック)だったようです。
昔はモンブランにOEMとして提供していたという話も残されているようです。

ずいぶん前にやめてしまったようですので、リフィルは手に入りません。
長さが現在の4Cリフィルとは違い非常に長いのが特徴です。

Cimg3097

回転繰り出し式なので、元祖シャーボって所でしょうか(^^;
赤と黒のリフィルで、細身の割に使い勝手はよかったようです。

Cimg3095

定番・廉価版CROSSと並べたところ。
太さ、長さともCROSSにくりそつ?

Cimg3096

クリップの位置がCROSSとは異なって高めにあります。

親父からもらった文具一式に入っていました(^^;
インクは経年変化により劣化しているので書けませんね。(合掌)

ボールペンを復活させる方法?

検索ワードで結構多いので紹介します。

インクはまだ沢山残っているのに書けなくなったボールペンは、ボール部分(ペン先)のインクが固まってしまうことが多いです。

最近のボールペンはわかりませんが、子どもの頃に使っていたボールペンは、粘性というか油分が悪かったのか?
で、少年雑誌や科学と学習などの雑誌で見た記憶では以下のように対応する。

耐熱ガラスコップ(もしくは不要になった空き缶)
熱湯90℃くらいか?

※やけどに注意

そこに、リフィルの先端のみ入れてしばらく置くと、固まってしまったボール部分のインク成分が熱により軟らかくなり、書けるようになる可能性があるものがあります。

ただし、油性ボールペンの場合、経年変化による粘度の硬化がけっこうあります。
リフィルが入手できる場合は、そちらを購入された方が良いです。
それでもだめなら、あきらめましょう(^^;

ボールペンを逆さまにして書かない
あと、これは趣味の文具箱などで紹介されていますが、ボールペンは通常筆記状態では常時インクがボール部分に流れてくるので、通常では書けるのですが、横向き以上、逆さにして書いた場合、ボールとインクの間に空気が入ってしまい、それで書けなくなってしまうことが多いです。

基本的にその特性を知っていれば、ボールペンを天井に向けて書くことはしませんが、忘れ安いので注意しましょう。

逆さまにしても大丈夫なボールペン(ガス加圧式)
ただし、フィッシャースペースペン(USA)やXPAのリフィルなどは、ガス加圧式と言って、後ろ部分にガスが入っていて、逆さまにしても書けるボールペンもあります。
アウトドアや工事現場などで天井に向かって印を付けたり、メモをする方はこのようなガス加圧式の万能ボールペンを使うというのも手ですね。

車内の常備筆記具
普段使っているボールペンでも車に放置すると、室内の熱で書けなくなってしまうという例も多いようです。
これは、ボールペンに限らず、サインペンや万年筆、マジック(フエルトペン)などにも言えることですね。
密閉した車内は、夏だけでなく秋・冬でもかなり高温になります。
その結果、インク成分が蒸発したり、キャップが熱で緩くなって蒸発。樹脂系の筆記具の場合は変形すらする可能性が高いです。

車内に置いておく筆記具は、ボールペンよりも鉛筆やシャープペン(メカニカルペンシル)を常備する方が良いと思います。(私もそうしています)

検索ワード:ボールペン書けない 書けるようにする 車で使う筆記具

大道芸ワールドカップ

静岡の中心街までチャリで買物に行ったら、大道芸ワールドカップだったことをすっかり忘れていました(^^;
目的は、いつも行く文具店とLOFTなんですが(゚゚ )☆\ぽか

商店街のあちこちでこのように、大道芸が行われています。

071103114814

黒人の山だかり(゚゚ )☆\ぽか
黒山の人だかりです。

手前の人が持っているのが、町のあちこちで売っているテレスコープ?
昔の潜望鏡のおもちゃのでかい奴です。
人混みで前が見えないので、背が低い子どもとか女性などに売れています。

そもそも、蟻のように大量に人でごった返していますので、チャリは文具店に置かせてもらって、徒歩で移動。
車も半端な量ではないし、バス停ごとに人があふれています(^^;

ま、いろいろ買ったけどそれはまた後日。
以上現場からZEAKがお伝えしました(゚゚ )☆\ぽか

カメラは持っていなかったので、WSO11SH→Advanced/W-ZERO3[es]で撮りました。

食欲の秋・・・でも、BMI値・肥満判定カード

実りの秋、天高く馬肥ゆる秋、などいろいろ色に関する名言が多くあるのがこの季節ですね。
でも、気をつけたいのが、メタボ(^^;
流行語になる勢いです。

人のことは言えませんが、遺伝的、体質的に太りやすいです。(;_;)
ま、今のところうちの子はガリガリ君です。
体育測定だっけ?
もっと太れと二人とも言われている位細いので、安心しています。(^^;
一人などは、神さんの父親(おじいちゃん)に似ているため、胸がえぐれているくらい薄いです。
神さんからも、どこに内臓が収まっているのか(^^;と言われるくらい。

それに引き替え、私は胸厚いです。
骨格自体が大きいので、余計おでぶに見えてしまいます。
定期的に診断を受けに行く病院に、ご自由にとあったのでもらってきました。
Cimg4455

題して、BMI値・肥満判定カード

これによると、かろうじて普通の一番最後にひっかかっていますが、ちょっと食べ過ぎると大変なことになります。(汗)
食欲の秋だけではなく、スポーツの秋でもありますね。
皆さん、メタボリッ君にならないようにお互い注意しましょう。

カードポケット(ダイソー)

ダイソーシリーズの続きです。
ファイルなどに名刺交換した客先の名刺を差し込んでおけるカードポケットです。
このシリーズも、サイズがいくつかあります。

Cimg3589

手帳やメモ帳(RHODIA)などに貼って、映画のチケットやレシート、引換券などを挟んだりするのにも重宝します。

Cimg3590

自分が購入したのは名刺サイズですが、写真のように縦バージョンと横バージョンがあります。
主には最初に書いたように、仕事に使うバインダー(紙ファイル)の見返し部分に貼って、客先の名刺を差し込むようにして使っています。

100均って結構面白い隙間商品などもありますので、侮れませんね。
ホームセンターなどで高く売っているものも、100均とかに行くと結構並んでいたり。
素材など品質が違うモノが多いですが、ちょっとしたモノなら安く手に入るのが良いですね。

検索ランキング、年末向けに変わってきた

ブログの人気記事ランキングですが、夏はPsionNetbook Pro、9月頃はAdvanced/W-ZERO3[es]が全部占めたりした時期もありました。
最近の動向はというと、
ほぼ日手帳、トラベラーズノートが上位を占めるようになってきました。

来年に向けてなのでしょうか?

検索ワードもほぼ一緒。

ま、最近では電脳小物の記事が減ってきたのも一因でしょうね(^^;
個人的に季節感を感じたのでついエントリに書き込んでしまいました。

ただし、閲覧ランキングは、万年筆やステーショナリーなど、全体を見てくれる人が多いです。
この場をお借りしてお礼申し上げます。m(_ _)m

コーナーポケット(ダイソー)

めったに行かない100均ですが、たまーに行くと面白いモノを発見します。

Cimg3587

コーナーポケット
何をするモノかと言うと、ファイルやノートの表紙や裏表紙の裏(見返し)に貼って
メモ用紙などを挟むものですね。

昔は要らなくなった封筒などをカットして、糊で貼って使っていました。(^^;
便利な時代になったモノだ。

サイズ違いでいくつか用意されています。

Cimg3588

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ