« 777 | トップページ | Psion Series5mx (その9 デフォルトのソフト編その1) »

Psion Series5mx (その8 日本語化進化編)

日本語化は進みましたが、辞書はスモール辞書のままです。
書籍を読むと2MBの超ラージ辞書というものが存在しているようですが、残念ながら開発者さんのサイトが閉鎖されてしまっています。(;_;)

Cimg4442
ためもとで、オクに出ていた「PsionSeries5完全マニュアル(CD付)」をゲットしてみました。
この本、新品です。たぶん在庫から多数出品されているようですので、良くオークションで見かけますので入手しやすいでしょう。

書籍の内容的には、既に持っていたThe Book Of Psionと比べて一般的な内容が書いてあるので、それほど真新しいものはありませんでした。
ただし、OPLのプログラミングの解説が丁寧に書かれているので、プログラムをやってみたい。かじったことがあると言う方には良い参考書となると思います。

書籍はあっという間に読み終わってしまいます。(OPLのプログラミングページを除く(゚゚ )☆\ぽか)

肝心の超ラージ辞書です。
CD→JAPANESE→JISHO.EXEが超ラージ辞書になります。

解凍すると、約2MBのjisyo.dicとJISYO.IDXができますので、これをPsionSeries5MxにMyPsion経由(かCD経由)でインストールすれば超ラージ辞書が搭載できます。

これで一挙にストレスだった変換が快適変換になりました。\(^o^)/

ただし、最近できた言葉とかカタカナ語については登録されていません。
あと、これは出るだろーって思っているカタカナ語が変換できなかったり、日常会話に出てこないカタカナ語は変換できたりという不安定さはあります。
おまけに、学習機能が付いていないので、何回か同じ動作で変換をする必要があります。

しかし、それを補っても余りある語彙数です。(ちょっと辞書に偏りがあるのは愛嬌でしょう)

とゆー訳で、ようやく快適入力ができるようになりました。

« 777 | トップページ | Psion Series5mx (その9 デフォルトのソフト編その1) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

なるほど~! 古いHOW TO本のこういう使い方もあるのですね。
参考になりました。(メモしとこ。。 笑)

招き猫さん
この辺はすげー賭ですよ。
ネット検索しても本の目次は出てきても、CDに入っている
データなどは掲載していないのが多いですから。
ちなみに、この書籍ですが、CDの使い方とかこのCDに入って
いるものなんてゆーページすら無いですから(^^;

でも、助かりました。投資したかいはありました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/16444734

この記事へのトラックバック一覧です: Psion Series5mx (その8 日本語化進化編):

« 777 | トップページ | Psion Series5mx (その9 デフォルトのソフト編その1) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ