« 密かなブーム わさびらむね(木村飲料) | トップページ | MinervaBox ロールペンケース(MB) »

Psion NETBOOK PRO その9(使用感)

ほぼ毎日使用している、Psion NETBOOK Proですが、しばらく使ってみて感じたことをいくつかまとめてみます。

ここが○
キーボード
何と言っても、キーの打ちやすさ。
モバイル系のパソコンなどもいろいろ使ってきましたが、これほど打ちやすいキーはあまりなかったように思います。
非常に打ちやすいキーボードです。
普通ノートパソコンなどのキーボードはほぼ平らになっているものが多いのですが、NETBOOKの場合は奥の方から手前に向かって微妙に傾斜しているのでその点が非常に打ちやすくなっている要因だと思われます。
あと、キートップの大きさなども絶妙ですね。

見やすい大きな画面
CEマシンでは一番大きな画面でしょう。ビクターのCEマシン、InterLinkは画面はちいさいのですが1028×いくつか?の高精細表示ができましたが、画面はNETBOOKほど大きくなかったように思います。
縦130mm×横170mm(8.5インチ)の大画面です。
この大きさはちょうどFIVA206VLと同じ大きさになります。
画面はSVGAの800×600の表示なので、こちらもFIVAと同じになります。
sigmarionIIIはNETBOOKよりもかなり小さくて、800×480?(確か5インチ)だったかと思いますので、表示的には同じでも、一回り大きく見えるので、目が高齢化しはじめているおじさんには快適です。(^^;

バッテリーの持ち時間が良い
モバイルマシンとして導入したNETBOOKですが、重いソフトや動きの激しいゲーム・動画などを見なければすごくバッテリーは持ちます。
カタログ値が8時間ですので、実際そのくらい持っています。
以前購入したTeliosも8時間程度持ちましたので、ほぼ同様の長時間稼働と言うことになります。
テキスト入力中心に1日30~1時間入力、時々母艦とHotSyncするという使い方で1週間以上持ちました。
ただし、バッテリーの警告が、24%で出ると言うのが若干早いような気がします。
Teliosの場合確か17%あたりで出たと思います。
もちろん気にせずに使えますけど。
無線LANなど通信系のカードを使って長時間試したことがないので、この点は何とも言えませんが。
(ヘビーユーザーのブログを参考にしてください(汗))

ここが×
英字キー
絶妙の打ちやすさのキーボードですが、英字キーなので若干慣れが必要です。
普通に日本語入力する分には何の問題もありません。
これに合わせて、特殊記号もとっさの時には使えませんというか、使いこなせていない(汗)
いわゆる日本語キーボードでは当たり前のようにある 「 」 ^ ¥ _ BSキー がない(表示されていない)ので、会議録や講演会での記録などを取っているときなどとっさの場合の入力にとまどう事があります。
この辺はキーカスタマイズを行うとか工夫次第でいろいろ調整ができると思いますが、なにぶん忙しいのでじっくり遊んでいる暇が取れないというのが現状です。

あと、ATOKを始め日本向けのソフト(含むフリーウエア)のキーカスタマイズの設定で、日本語対応に見られる(半角/全角・漢字)や(変換)(無変換)(カタカナ・ひらがな)キーをコマンドの中に指定されているソフトの設定が大変です。(自分はそこまで使い込んでいないので何とも言えませんが)

ただし、不満点より満足点の方が大きいので、導入した結果はおおむね満足と言うところでしょう。

« 密かなブーム わさびらむね(木村飲料) | トップページ | MinervaBox ロールペンケース(MB) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

ATOK積んでいるのなら登録して記憶させる方法がないかな。
記号とか打って変換させるとか>英字

普段から英語キーボード使って人間のほうが慣れるd(°')☆ばき
という手もあります。

キーに割り当てて、テプラを張っておくとか。。。
かっこ悪いか。。。。(笑)\バキ!

僕も大満足中であります。

僕の難点は、作りがやすっぽいという所くらいです(^^;

それ以外は使いたいソフトも動いていますし、ZEAKさんが書かれている通りキーボードは最高に入力しやすいですしいい感じです。

ブログ更新に大活躍中でーっす。

べあさん
いくつかはATOKに登録してありますが、昔使っていた頃には
登録できる数が少なかったように記憶しています。

まー、かぎとかで「」は登録しています。
あとは、(゚゚ )☆\ぽかとか(^^;とか、(笑)と化は必携(おい)

招き猫さん
それなら、プラモのデカールみたいなほうが(^^;
ってちょうど良い記号がないか

tomuさん
本当は、元祖NETBOOKの革貼り仕様を期待していたの
ですが、違っちゃいましたね。
あと、プラ素材とゆーか、グレー部分ももう少し品のある
塗装をして欲しかったですね。

デザインは日本やアメリカのメーカーにないデザインなので
満足です。

それ以外は問題ないです。

ご無沙汰して済みません。
初代InterLINKの画面は112mm×150mm(今実測^^)です。Psionの方が遙かに大きいですね。
PDA工房さんは、そろそろ売り切れみたいです。WS011SH購入でPsionまで手が届きませんでした(TT)

D_U_hiro さん
お帰りなさい。真っ黒けになっていたりして(^^;

初代戌りんをお持ちでしたか。
あれって電池駆動も可能な103とゆー奴ですか?
あの手のマシンも欲しかったり(^^;
薄いし電池でも使えると言うのが良いです。
私みたいに台数を集めるのが趣味でなければ(汗)
無理して買う必要もないかと(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/15991078

この記事へのトラックバック一覧です: Psion NETBOOK PRO その9(使用感):

« 密かなブーム わさびらむね(木村飲料) | トップページ | MinervaBox ロールペンケース(MB) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ