« 1日1000件突破(汗) | トップページ | Psion NETBOOK PRO その6(困った編) »

Psion NETBOOK PRO その5(重量比較編)

NETBOOKの連載(?)を続けていますが(汗)
読者の方からお便りを頂きました(゚゚ )☆\ぽか

どうも重さがネックになっているようです。

とは言っても、市場から姿を消しているので、欲しいと思われた方は、中古かオクでしか入手できないと思いますが(汗)

手持ちの類似モバイル系グッズで重量比較を行ってみました。(実測値です)
条件を同じにするために、FIVA206VLとVaioU1はデカバ(大容量バッテリーで計測です)

            本体      バッテリー     計
Psion
NETBOOK   :  915.5g    186.0g  1101.5g
Telios
HC-VJ2C   :  677.0g    162.0g   839.0g
FIVA
MPC206VL :   839.0g    313.0g  1152.0g 
VAIO
PCG-U1    :  633.0g     471.0g  1104.0g
Let's note
CF-Y2     : 1180.0g     310.0g  1490.0g


           AC+コード   本体+バッテリ+AC
Psion
NETBOOK   :  300.0g    1401.5g
Telios
HC-VJ2C   :  290.0g    1129.0g
FIVA
MPC206VL :   280.0g    1432.0g 
VAIO
PCG-U1    :   243.0g    1347.0g
Let's note
CF-Y2     :   217.0g    1707.0g

           カタログ上の持ち時間
Psion
NETBOOK   :   8.0時間
Telios
HC-VJ2C   :   8.0時間
FIVA
MPC206VL :   11.0時間 
VAIO
PCG-U1    :   10.5時間
Let's note
CF-Y2     :    7.5時間

           時間当たりの重さ(爆笑)おい(本体+バッテリ÷持ち時間(^^;)
Psion
NETBOOK   :  137.7g
Telios
HC-VJ2C   :  104.9g
FIVA
MPC206VL :   104.7g 
VAIO
PCG-U1    :   105.1g
Let's note
CF-Y2     :   198.7g

最後のは冗談ですが、ジョルナダとかsigmarionIIIなどのライト級マシンは別にしても、自分が持っているミドル級のマシンを比較してもそれほど差は感じられないので、別に普段の持ち歩きマシンとしてもNETBOOKが取り立てて重量級ではないように感じます。

容積当たりで比較すれば、たぶんLet's noteのY2が一番軽いということになるでしょうね。
面倒くさいからやらないけど(^^;

いずれのマシンも「一日は出先でもバッテリーを使わずに利用できる」と言う条件で買い集めてきたマシンですので、そこでの300g前後の差は許容範囲ということです。(当社比w)
ただ、普段使いには大きすぎてめったに持ち出しませんが、見た目からくる軽さはダントツLet's noteY2でしょう。
ほかのマシンは中身がぎっしり詰まっている感じで重いのですが、Y2だけは中身入ってんのか?って思うくらい軽いですから。

もっとも、これは地方都市で移動手段の大半が車という条件から出たものですので、東京など移動手段は電車かバス+徒歩という条件になると持ち歩きは厳しいかと思います。

ただ、その昔重量3~4kgの98ノートNS20+デカバ+巨大なアダプタを、新幹線通勤で静岡~渋谷間を持ち歩いていたことを思えば、上記マシンを3台持ち歩いても大丈夫とゆー事でしょうσ(゚゚ )☆\ぽか

« 1日1000件突破(汗) | トップページ | Psion NETBOOK PRO その6(困った編) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

> 移動手段の大半が車という条件から出たもの
おお、なんてアメリカンな発想!
ZEAKさんはアメリカ人だったのですね!(゚ ゚ )☆\ばきおい

痴呆という条件は北海道も同じでしょうねえ。
まあオイラは車もってませんけど。

おなら出ちゃっ太さん
お住まいの所は、電車と(高速)バスが
大都市とアクセスしていますので、
恵まれているかと。(汗)
そういう意味では車がないとゆーの
は、都会人なのですわ。
うちとこは、それなりに交通機関は
ありますが、やはり移動手段が車に
頼らざるを得ません(^^;
まー最近ではもっぱらチャリで移動
するようにしています。
そうなると、気軽に持ち運べる小物
が欲しく(ぽか)それかい

お便りを出した者です。さっそくの重量レポート有難うございます。(笑)
こうやって並べてもらうとわかりやすいですね。
特に、ACアダプターとセットにした重さはカタログでは解りづらいですから、参考になります。
本体のみで、やれ100g軽いだのと騒いでみても実際にはあまり関係ないことが良くわかりますね。
時間当たりの重量は、面白い発想ですね。(笑)
次の機種検討の際には、実働8時間に必要な重量(バッテリが2個とか、、)も考慮してみようかと思いました。

招き猫さん
ACアダプターは意外と盲点です。
sigmarionIIIやリナザウの場合小さいのですが、CLIEなんて
ラジカセの電源?ってゆーくらい大きいし。
かつて使っていたジョルナダ680のアダプターも大きくて重
かったです。
外人系の電源は得てして大きい傾向にありますね。
この辺は、資源小国から生まれた軽薄短小技術ニッポンの
面目躍如てところでしょうか。

オイラなんてHP200LXが精一杯!
Mobile Gearですらカバンに入っていると重い・・・。(^^;

おなら出ちゃっ太さん
自分の鞄の中は、四次元ポケットですので、
何でも出てきますよん(゚゚ )☆\ぽか
電車で移動なんて時は歩く範囲が増えるの
ですが、肩が痛いです(笑)

ジョルナダにはジョルミニ(社外品)を使わないと(笑。
hp社のはiPAQになってもアダプタが巨大で困っています。
やはり社外品のUSB給電とかで非常時は逃げてます。

荷物が多いときはACアダプタの代りにUSBハブからの
給電に割り切ってしまうのも手ですね>5V方面

ところでCE4.2ってエクセルのグラフ表示できましたっけ?
WZero3ではできたような気もしてますが、そこら辺が
買い替えのトリガーになりそう>ぢぶん^^;

べあさん
掟破りの方法はおいといて(笑)

USBからの給電は良いですね。

CE4.2のビュワーでしょうか?
そもそも、同OSには、Excel含めオフィス関連は
ビュワーしか搭載されていないので厳しいです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/15862773

この記事へのトラックバック一覧です: Psion NETBOOK PRO その5(重量比較編):

« 1日1000件突破(汗) | トップページ | Psion NETBOOK PRO その6(困った編) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ