« Psion NETBOOK PRO その5(重量比較編) | トップページ | Psion NETBOOK PRO 大人気のようです(転送) »

Psion NETBOOK PRO その6(困った編)

打ちやすいキーボード、大画面、そこそこに持つバッテリーなど、良いところ満載のNETBOOKですが、若干問題がない訳でもないです。
若い娘のちょっと前に流行った言葉でゆーと、なくなくなくない(゚゚ )☆\ぽか

その1 キーの音編
どのマシンもキークリックやエラー等、何かに付け音が鳴るのがいやなので基本的にサイレントモードにしています。
もちろん、ケータイやデジカメも含め(^^;
ところがです。
NETBOOKですが、なぜかわかりませんが、スペースキー(バー)だけは、どんなモードにしても、「かちゃ」とか「かちっ」「ぱちっ」(どれか当てはまるべ(゚゚ )☆\ぽか)って音がします。
これはちょっと・・・ですね。
会議中に使うにはちょっち抵抗があります。
でも使っちゃいますが(^^;

その2 エンヂン音?
電源を入れると、静かな場所では「ぅぃ~ん」っていう音がします。
普段使いにはそれほど気にならないのですが、夜中一人で残業したり自宅で使っていると気になります。
テリオスが無音な分、余計気になります。
ノートパソコンと比べてハードディスクや熱くなるような高速CPUがあって、ヒートポンプやファンが入っている訳でもないと思いますが、ちょうどノートパソコンのファンの音のような感じです。

その3 標準装備のソフト
本機は、sigmarionIIIをお持ちの方はなじみがあると思いますが、WindowsCE.netとゆーOSを採用しています。
その後は、PocketPCというバージョンになり、実質的なH/PCの最終バージョンのようです。

PocketPCとその前の無印CEには、PocketWord、Excel、Accessなどが搭載されていて、それなりにPCとの連携を持って使えていました。

ところが、このPocketWord等にも癖があって、パソコンとまったく同じではありません。
その辺がいやなので、自分はエディタを使っているのですが(^^;
エディタを入れないというか、運用試験をするために、同ソフト(PocketWordやワードパッド)を使うわけですね。
そのときの保存形式を、汎用性のあるrtf(リッチテキストファイル)形式にして保存します。
これについては、別に問題があるわけではないのです。

長くなりましたが、ここからが本題(゚゚ )☆\ぽか
WindowsCE.netには、これらのPocketおひすシリーズは搭載されていません
その代わりに、ビュワー(閲覧)ソフトが搭載されています
すなわち、メールなどに添付されて来たExcelやWordなどを見たり、母艦からのデータを本機に転送して、参照するって感じで使うわけです。

入力はどうするのかというと、ワードパッド(メモ帳とWordの中間的なソフト)で行うらしい。
これでも、自分としてはrtfで保存する。
そういえば、XPやVISTAにはまだ搭載されているのか?
そこで、困ったことが発生。
パソコンなどにも付いている最近使ったファイル。
こちらにいろいろリストアップされて、本来ならそれをタップすると、それを使ったソフトが起動して「さて続きでも」って感じになるのであるが、これがrtfだとならんのよ(^^;
タップした瞬間にWordビュワーになっちゃうのねん。おーい。

その4 キーとゆーか入力
端端に書いていますが、英字キーを搭載しています。
それ自体は問題はないのですが、システムプロパティで、キーボードの設定を「英字」にしておけばそのまま記号とか入力ができるので入力自体に問題はありません。
ところが、ワードパッド等でフォントを変更していると気味が悪い状態になります。
確定したものは、ぱうフォントで表示され、入力中のはMSゴシックで表示されるのです。

これが、「日本語」として設定をしてあげれば変換中の入力文字もちゃんとぱうフォントになるのです。
この辺が不思議です。
あと、キーカスタマイズユーティリティがいろいろ出ていますが、いくつかのものは「漢字」「全/半」「変換」「無変換」「ミ田」などの特殊キーをメインに使うようになっているので、この辺のソフトが厳しいですね。(^^;

まー、いろいろ書きましたが、それほど苦になるというものではありませんので、ご承知おきください。

« Psion NETBOOK PRO その5(重量比較編) | トップページ | Psion NETBOOK PRO 大人気のようです(転送) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

確かに『ぅぃ~ん』は気になりますね・・・(^^;
そういえばCLIE UX50も液晶画面から『きぃ~ん』音が聞こえてきますが、同じようなモノなんでしょうかねぇ・・・

物欲さん
やはり音がすると言うことは、個体差という訳ではないのですね。
自分のだけなら外れかなと(^^;

言われてみれば、UX50を使っていたときにも気になるほどではなかったのですが、音しましたね。
もしかしたら、共鳴しているとか?(゚゚ )☆\ぽか

何か発振してるのかな?
TVなんかも電話へ受話器ノイズとして
そのような音を伝えてくることがあります。
スピーカ回路の信号線がアンテナになり
拡声されるとか。

ACアダプタも音してたり。

Sig3もシステムフォントを大きくし過ぎると
インライン変換が見えず、変換キーの回数を
覚えて変換させるとかやったコトも。

↑これがあってメイン機にはしていない^^;

.rtfはPCでワードに読ませる度に、フォーマットが
とっちらかるので、絶対に使いません。
CEではダブルクリックで開くのをあきらめ、
ソフトから開くようにして解決するのがヨイかと^^

(ファイル仕様はやっぱテキストしか)

PocketPCからはWordのまま読めるし、あくちぶシンク
したら、pocket wordのデータもPCで読めるので
結局 Sig3ではレス書き程度にしか使っていません。
もっぱら iPAQでつくつく字を書いています。

大量に文字を書くなら、SLザウのが楽です。
(キー・ヘルパいれて)

一番楽なのは 200LX^^;

べあさん
結局の所最終的にはHP200LXになっちゃうのね。
(^^)人(^^)
自分もテキスト打ちでしか使っていませんよ。
NETBOOKもTeliosも。
RTFにしたのは、実験的に打ち込みをするのに
ぱうフォントで打った方が見やすいからとゆー
単純な理由です。(゚゚ )☆\ぽか

何が発信?(共鳴)しているのかはわかりません。
かといって分解する勇気もありません(^^;

楽しく読ませてもらってます。NetBookProが手元に届いた時、スペースキーを押してカンカンという音がするのを聞いて、おおコレがみんなが言ってたあの音だーと思いました。
さっそくスペースキーを外して見ると、すごい構造になっています。横幅一杯にワイヤーが張ってあり、本体側左右の支柱によって大きなパンタグラフを形成していました。押し込んでもこの支柱に当たらないにすれば良いのでは、と思い、使用済みパスネットを5ミリ幅くらいに切って、二つ折にしたものを左右に分けて本体手前側に両面テープで貼り付けて見ました。これで左上の部分を力いっぱい押さない限りカンカンと鳴らなくなりました。キーを壊しても良い人はお試しを。

tzoracさん
はじめまして。(昨日コメントを書いたのですが、消えてしまっていましたのでもう一度(^^;)
いきなり改造しちゃったのですか(@@;
すごすぎ

国産のパソコンやモバイル系マシンの場合、買うとすぐにキートップとか外してみたりするのですが、このマシンの場合は手に入りにくいという理由から開けていないです(^^;

ちなみに、最近では加減して打つようにしたので、それほど気にならなくなりました。

でもやってみたいかも(^^;
情報感謝です。
あまり気になるようでしたらトライしてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/15855820

この記事へのトラックバック一覧です: Psion NETBOOK PRO その6(困った編):

« Psion NETBOOK PRO その5(重量比較編) | トップページ | Psion NETBOOK PRO 大人気のようです(転送) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ