« DAVINCI 徳用A5リフィル(Raymay) | トップページ | 藤原伊織氏逝去 »

リフィルの紙質の違いによるチェック

前回、RaymayのDAVINCIのリフィルを多用していると書きましたが、ほかのメーカーのリフィルも使ったことがあります。
Raymayの安いリフィル
Cimg3209
こちらは111枚で367円(税込み)のもの。
Cimg3429
色が黄色で目に優しいのですが・・・
Cimg3430
ご覧のように、ばっちり裏抜けします。
なので、電話メモ帳と化しています。
打合せ中に万年筆で書くと裏は使えなくなるので、いくら安くても意味がありません。

Cimg3208
もう一つが、ユナイテッドビーという会社のルールドリフィル。
Cimg3431
こちらの用紙は、漂白されている感じのまっさらホワイト。
横に色が塗ってあるのは何か意味があるのか?(笑)
裏抜けはないのですが、インクが紙に染みこむまでに時間がかかる上、ペンが紙にひっかかるような感じがしてなめらかに書けません。

とゆー訳で、先に紹介したRaymayのDAVINCIを多用するようになった訳です。

« DAVINCI 徳用A5リフィル(Raymay) | トップページ | 藤原伊織氏逝去 »

手帳・ノート・メモ帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAVINCI 徳用A5リフィル(Raymay) | トップページ | 藤原伊織氏逝去 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ