« 伸び縮み万年筆?パイロット萬年筆 | トップページ | BUN2(ステーショナリーマガジン)は万年筆特集 »

伸び縮み万年筆 その2

Cimg3002
インクの入れる部分の機構を見ると、μ701やエリートよりも前のものであると思われます。
首軸比較
上が、今回紹介している伸び縮み万年筆のもの。
下が、以前紹介したパイロットスーパーV100
いずれも古い物ですが、見ると機構がそっくりです。

パイロット萬年筆の場合、昔の製品はカートリッジを刺す時にカートリッジの先が外にむき出しになります。
一般的な万年筆では、機構が中に隠れてしまうのでこの辺が見えない構造になっています。
パイロット スーパーV100はインク残量が確認できるように透明になっています。

年代的には不明なのですが、機構的なものを考えると、大ヒットしたエリートが出る前で、試験的に作成したショートタイプ万年筆のプロトタイプ的なものであったかな~なんて考えたりします。

重量
全体 12.4g(カートリッジ除く)
本体  6.9g
キャップ 5.5g

重さ的にはほどよいバランスという感じでしょうか?
ペン先は14kですが、昔は筆記具と言えば万年筆と言われる時代だったので、とても柔らかでなめらかな書き味となっています。

Cimg2944
この色の組み合わせ、どこかで見たような(笑)
以前紹介した、プラチナのPMB5000に似ています。
Cimg1825_1
PMB5000との違いは、ペン先の柔らかさですね。
プラチナPMB5000は、同じ14kですが、ペン芯をくるむようなペンの形状が書き味を堅くしているように思います。
パイロット伸び縮み万年筆の方は、非常に柔らかくできていて、書いていて気持ちいいです。

« 伸び縮み万年筆?パイロット萬年筆 | トップページ | BUN2(ステーショナリーマガジン)は万年筆特集 »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

パイロットはペン先で年代特定できますよぉ~
http://blogs.yahoo.co.jp/ttokondo/46132503.html

この差込部分のむき出しっぷりが昔の製品のかほりがしますな。

どーむさん
なるほど、と言われて見てみましたが、たぶん首軸の中にはいってしまって見えませんね。残念

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伸び縮み万年筆?パイロット萬年筆 | トップページ | BUN2(ステーショナリーマガジン)は万年筆特集 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ