« デヂカメ遍歴 EX-P505 (CASIO) | トップページ | EXILIM EX-P505は大きいのか? »

マイカルタ(川口オリジナルモデル)

ペンクリニックで、川口先生との雑談の中で紹介された万年筆です。
Cimg2655
ちゃんと川口先生調整済みのハンコが押してあります。

マイカルタは、2003年に丸善で出したご当地限定万年筆(ロゴがそれぞれ異なるらしい)ザ・センチュリーとほぼ同時期に作られた限定万年筆のようです。
川口先生が持っていたのは、ザ・センチュリーの名古屋モデル。(リングにしゃちほこがデザインされていた)

ザ・センチュリーは完売してしまったようですが、オリジナルモデルの方が若干残っている。とのことで、1本いただきました。(買いましたが)
Cimg2660
マイカルタというのは、素材の名前のようです。
私は初めて聞きましたが、ナイフの世界ではかなり有名な素材のようです。
アイボリー(紙)、ウッド(木)、キャンバス(布)、ストーン(石粉)、リネン(綿)など、があるようです。
使っているのは、キャンバスマイカルタ
>麻の布地に樹脂加工したマイカルタ、仕上段階の選択で、ざらざらした高い
>滑り止め効果。強度的に優れている。
合成樹脂で、強度に優れているということのようです。
持った感じも、かなり重く、ずしりときます。
素材感は、木のようでもあり、革のような感じもします。
滑り止め効果も抜群です。
Cimg2663
ペンは、21K ロジウムコーティングです。
ニブポイントは、M(調整していただいていますが、販売店さんによると、細めですねということです)

調整がしっかりしているので、すごく書きやすいです。
川口先生曰く、「M字用に設計してあるので、FとMがあるけれど、Mの方がよろしい」
ということで、Mにしました。(単純)
Cimg2667
キャップリングはこのようになっています。
ここが、ザ・センチュリーと違う雰囲気を持たせてくれています。

軸の色は、黒が来ました。というか、在庫からなので、指定もしなかった。
ネットで調べると、茶もあったようです。
まー、インクの汚れが目立たないと思うから良いか。

重量は(本体のみ、カートリッジ・コンバーターなし)
全  体:28.7g
キャップ:14.0g
本  体:14.8g
となっていて、この手の万年筆ではかなり重い方です。

興味のある方は、在庫がありそうな店を発見したので、見てください。
解説もあります。
ライトアップショッピングクラブ

« デヂカメ遍歴 EX-P505 (CASIO) | トップページ | EXILIM EX-P505は大きいのか? »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

おおっ、良さげな万年筆!!^^
約30gなら、バランス的にも良さそうですね。
(私は基本的に30g前後が落ち着きます。^^;)

Mニブ、、私も欲しいなぁ~。。
実は今、セーラーのMニブかBニブの購入を検討しています。
(今回のは、満寿屋の原稿用紙用です。^^;)

10mm×15mmの障子升にはどちらのニブが適しているか、判断に困ってます・・・。
う~ん、Mも良さそうだなぁ~。。^^;

コレは釣りか?

うわー釣られたい(笑)
良いけど28.7gってのは結構重いですね。
さらにその半分がキャップってのが後ろヘビー苦手などーむには向いてないかも。。。

にゃんもさん
満寿屋さんの原稿用紙は良いですよね。
とても書きやすくて、自分も愛用しています。
10×15ならBニブでも気持ちよく書けますね。
紹介したマイカルタの太さは、MとMFの中間くらいの太さ
なので、10×15ではちょっと線が弱くなります。
前に紹介したレアロ長刀Mだと丁度良い位かな。

どーむさん
釣られましょう(笑)
とても書きやすいです。
自分もキャップが超重いのは、ちょっと苦手ですが、
30g前後の重さでしたら、キャップをしてもそれほど
書きにくくはないです。
というか、全体的なバランスがよいのでとても書きやすいです。

>紹介したマイカルタの太さは、MとMFの中間くらいの太さ
>なので、10×15ではちょっと線が弱くなります。

とても参考になります。
う~ん、やはりBニブかな。^^

はじめは、レガシーヘリテージのMを狙っていましたが、試し書きしてみた感じでは、シェーファーのニブ自体ほぼ国産と同じ太さというコトが分かり、結局今はセーラーのBを狙っています。

いやぁ、、レガシーヘリテージのFは本当に細かった・・・。^^;

にゃんもさん
悩んでいる時が一番楽しい時ですよ。(笑)
レガシー・ヘリテージも太めで良い万年筆ですよね。

持っちゃうとまた別のが欲しくなるから(゚゚ )☆\ぽか
どうせなら、ズームとか、ミュージ(゚゚ )☆\ぽか

しかし、秋頃から国産の特にセーラー万年筆ばかり買っています。
外国のも興味がありますが、書き味を考えると結局国産に行き着いちゃいます。
とは言え、デザインは外国の方が断然優れていますけどね。

やっぱセーラーですよねぇ~。
舶来モノにセーラーのペン先がついていたら文句ナシなんですが・・・。(ぽか)

それにしても、セーラーの「グランザス」が市場に無いのはどうしてなんだろう。。あの軸の重さとキャップの軽さのバランスが私好みで最高なのに・・・。

趣味の文具箱の最新刊では、あれが唯一欲しい万年筆でした。
もしかして、ZEAKさんはすでに入手済みとか?^^;

にゃんもさん
昨年色々な万年筆を買い込みましたが(゚゚ )☆\ぽか
個人的には、ペン軸のデザインは別にしても、
国産のものが一番書きやすいという結論になりました。(笑)
ですから、値段の高価な海外品や調度品というか、装飾系
の万年筆にはあまり食指が動きません。

グランザスは、通常の文具店では取り扱っていないんだそうです。
流通経路が別だと、文具店の人に聴きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/13556536

この記事へのトラックバック一覧です: マイカルタ(川口オリジナルモデル):

» 丸善オリジナル万年筆が復活!丸善オリジナル万年筆アテナ・ザ・... [万年筆パラダイス!目指せ万年筆の専門店万年筆の紹介使い方手入...]
丸善オリジナル万年筆が復活!丸善オリジナル万年筆アテナ・ザ・ペン クロマ カラー 丸善オリジナル万年筆アテナ・ザ・ペン クロマ 価格30,000円(税込31,500円)送料2002年に発売された丸善オリジナル万年筆アテナ・ザ・ペン クロマ が復活しました。今回はブルーが...... [続きを読む]

« デヂカメ遍歴 EX-P505 (CASIO) | トップページ | EXILIM EX-P505は大きいのか? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ