« REALO セーラー万年筆95周年 | トップページ | REALO3 本体編 »

REALO2 印傳ペンケース

Cimg2209
レアロに付いてきた、印傳のペンケースです。
ペン入れ先?は、がま口になっています。
がま口の周りにも傷が付かないように革が巻かれています。

おもて部分は、錨マークがちりばめられています。
これだけでも欲しいという方が多いようですね。

メインの革は、野生の鹿革を使っていると、取説に書かれています。
それに漆で刻印するとのこと。
Cimg2211

確かに品があります。

革自体は柔らかく、軽くて丈夫とのことで、戦国時代には、鎧、兜の
装飾に使われていたそうです。
江戸時代になると、巾着、財布などに使われるようになったそうです。
確かに、小さい頃、祖父母がこのような財布を使っていた記憶もあります。

Cimg2213
ケースの内側も、このような柔らかい革でできています。

レトロ感あふれる逸品です。
ちゃんと、印傳屋さんのシールと保証書が付いているのが安心ですね。

でも、これもったいなくて使えません(゚゚ )☆\ぽか

つづく

« REALO セーラー万年筆95周年 | トップページ | REALO3 本体編 »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

素敵なペンケースですね~。
男性がこういうものを
さりげなく鞄から出したら
とってもカッコいいだろうなあ。。
って妄想。。

☆なな☆***さん
渋いでしょ(笑)
でも、印傳で揃えていくととてもではありませんが、高すぎます。
先日、ペンクリニックで年配の方が、バッグからキーホルダーから色々揃えている人がいまして、川口先生と印傳談義で盛り上がっておりました。
持っている方はやはり、「値段がね~」と、ぼやいておりました。

ほんとだ!
よく見るとセーラーのマークが至る所に・・・。
知らんかった。。^^;

もったいなくて使えない気持ちもわかります。(笑)
どうぞ大切にしていってくださいね♪

ところで、ペン先のレビューまだぁ~?(ばき)

にゃんもさん
印傳の場合、普通はとんぼとかになるんですね。
それが、全部錨マーク。これには驚きました。
1箇所入っているんじゃと思っていましたから。

続きます(゚゚ )☆\ぽか

碇のマークはビックリしました!
こんなびっしりと入っているとは、お金かかってますね。

使うのに二の足踏むのは分かりますが、死蔵するのも勿体無い気が。

渋い!しかもがま口!
ぜひ使い倒して渋い魅力で職場の受付嬢をノックアウトしてください(笑)

どーむさん
予想外でしょう。(笑)
にゃんもさんにも書きましたが、1箇所だけ錨マークって思っていたので。
そうですよね、使わないと革が堅くなっちゃうので使ってみようかな。
でも渋い。

dawnpurpleさん
小さい会社なので、受付なんてないから、出先でホレホレしてm(゚゚ )☆\ぽか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/12992735

この記事へのトラックバック一覧です: REALO2 印傳ペンケース:

« REALO セーラー万年筆95周年 | トップページ | REALO3 本体編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ