« アルミポケット万年筆 無印万年筆第2弾 | トップページ | アルミポケットシャープペン 無印良品 »

アルミポケット万年筆 その2

Cimg1910_2
前回紹介した無印アルミポケット万年筆ですが、なかなか具合が良さそうなので、持っている万年筆と色々比較してみました。(笑)


プロフェッショナルギア・mini VS アルミポケット万年筆
まずは、ミニ万年筆同士の対決です。

プロフェッショナルギア・miniと並べてみました。
Cimg1912

アルミポケットの方が若干短いです。

ところが、伸ばしてみるとアルミポケットの方が長くなります。(笑)


モンブラン329MB VS アルミポケット万年筆


Cimg1914
学生時代に使っていたモンブランです。
ステンレス軸のスリムタイプですね。
閉じた状態では比較になりませんね。(笑)
軸の太さが似ているので、比較してみました。

筆記状態にすると、長さがそれ程変わりません。
329MBはスリムですが、非常に書きやすい万年筆です。
モンブラン同様に、アルミポケットも非常にバランスが良く、書きやすいです。

Cimg1917
ペン先はスチールですが、別に金やステンレスなどでなくても、書き味が良いというのが良いです。

« アルミポケット万年筆 無印万年筆第2弾 | トップページ | アルミポケットシャープペン 無印良品 »

万年筆」カテゴリの記事

無印良品」カテゴリの記事

コメント

今回の比較、参考になりました。^^

今日は仕事の前に無印に寄ってみたのですが、こちらの万年筆はまだ入荷していませんでした。 なので、こういったエントリがあると、実物がなくても分かりやすいですね。

比べてみると、プロフィット21ベースの万年筆って、けっこう太いですね。でも、長時間筆記には程よい太さでもあり、自分としては気に入っています。

さすがに無印アルミ万年筆は長時間筆記にはキツいです。^^;

こうやって見るとプロフィットミニって本当に短いっすね。
アルミ万年筆とタッシェ(OHTO)のどちらを買おうか思案中。

でも良く考えたらどっちも、ヨーロッパ互換カートリッジ+シュミットのニブだ(w

にゃんもさん
無印の万年筆は、ちょっとしたメモ書き用でしょう。
自分は、前のアルミ軸の万年筆は電話の横に置いています。
PGminiとアルミでは、筆記のしやすさは比較にはならないですね。

どーむさん
どちらも同じ物ではないかと(笑)
きっとOHTOのOEMなんですね。
それなら値段の安いOHTOのタッシェが良いですね。
自分ならレトロデザインのF-スピリットがいいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/12174194

この記事へのトラックバック一覧です: アルミポケット万年筆 その2:

« アルミポケット万年筆 無印万年筆第2弾 | トップページ | アルミポケットシャープペン 無印良品 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ