« その名もPalmTop by SONY(1991) | トップページ | りぶのぱく?(゚ ゚ )☆\ばきmobioNX(1997) »

PalmTop その2 SONY (1992)

1991年に手のひらに載せたら重いPalmTopを発売しましたが、わずか1年の間に手のひらサイズになりました。(笑)
Cimg0939
PTC-300/310、別名ポケット電子ノート
重量360g、型番の違いは300がハードケース(タイプ)、310がソフトケース(タイプ)因みに、ソフトタイプの方が高いです。
CPUは68HC000/8MHzで、前の500シリーズと同じCPUを使っています。
ディスプレイは白黒FST液晶、256×320
ROMは2.5MB、うちユーザーエリア80KB。
データは300件
バッテリーは専用バッテリー使用時5時間、アルカリ単3電池×2本使用時9時間
となっています。
重量はハードタイプ435g、ソフトタイプ560g(ケース込み)、360g(ケースなし)いずれもバッテリー含む。

Cimg0938
1年の間に大進化で、6カ国語カード、英和辞典カード、など電子手帳並みのソフトがカードで提供されるようになりました。
これ、一時期欲しかったですが、シャープの電子手帳の方が小さくしかも将来性があったので、結局落ちませんでした。中古で見かけたときにぐらっと来ましたが、その時には既に時代遅れ・・・

拡張性も高く、専用プリンター、拡張メモカードなどもありましたが、いずれも16000円~30000円もしたので、トータルでそろえるとなると半端な金額では収まりますまい。(笑)

でも、後のニュートンやPalmをはじめとするPDAの走りとなった感じがあります。

希望小売価格、PTC-300 65,000円/PTC-310 68,000円
1年で外見も重量も本体価格も半額です(笑)

« その名もPalmTop by SONY(1991) | トップページ | りぶのぱく?(゚ ゚ )☆\ばきmobioNX(1997) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

ZEAKさんに刺激されて電子手帳に火を入れたのに続き。
オークションでシャープの液晶パッドWIZを飼ってしまいましたぁ。
何使ったらいいだろう?(.。 )☆\ ぽかっ
1996年6月6日発売当時の価格が33,000円。
今回落札額が510円+送料500円(エクスパック)

ムーアの法則d(゚ ゚ )☆\ばきおい

おなら出ちゃっ太さん
WIZ書いてくださいね。(笑)
当時、電子手帳のミニ版として、Zaurusはちょっとというおじさんたちに人気がありましたね。

ああ、この機種はニフティのSFフォーラムのオフで見たことがあります。

こんどはおねーさんはいないのですね(しつこい)
この時代はあんまりわからないのですが、電子手帳が華やかなりしころなんですかね?
今は電子辞書が流行ってるけど、用途が分割されちゃったんですかねえ。もったいない。

くろすふさん
SFフォーラムでみるってのが、サイバーチックでいいですね。

dawnpurpleさん
80年代後半から2000年は電子手帳が出始め、各社シノギを削っていた頃なので、いろいろなOS(独自のモノが多い)が採用され、システム手帳の普及からスケジューラーとして、また、パソコンデータの閲覧などいろいろなマシンが出たころですね。
最近ではひっそりしましたが、モバイルマシンも多数出ていたし、過渡期でもありました。
各出版社からもモバイル雑誌が出ていたのもこの頃ですね。

モバイル雑誌が出て太時期、懐かしい。
今やモバイルっていうと携帯電話のことだし。(^^;

モバイル黎明期の骨董品、#のWizについてアップしたですよ。

おなら出ちゃっ太さん
そういう意味では、PDAなんかもそのうち死語になるかも、でもそうなったら哀しいです。
モバイル=ケータイってのもなんだかなぁ。

wizはね~。ケーブルで通信ってできなかったっけ?
スタンドアロンで使うのも哀しいですね。
でもwizのデザインっていいでしょ?
自分も後年ほしかったなぁ。(笑)

使い道は、自分で考えましょう。1000円前後でおもちゃが手に入ったと思えば。(笑)

デザインはいいですね。さすがは33K円。
今では510円だけど(落札額)。(.。 )☆\ ぽかっ
ただちょっとふたが開けにくいかな?

用途を考えたのですが・・・、
手書き認識の練習にd(゚ ゚ )☆\ばきおい

「ら」という平仮名は「点」から書くらしい。
そうやったら、やっと名前が書けたから(おなら出ちゃっ太)。

おなら出ちゃっ太さん
らは、ふつー点から書きませんか?(笑)
でも、子どもの頃に間違って覚えると、この電子手帳馬鹿だなぁ~って思いますよね。「必」とか間違えそう。(笑)

まー自分がZaurusからHP200LXに移行したのは、前にも書いたかも知れませんが、手書き認識が貧弱だったからでしょうね。
「ニ」と「二」、「エ」と「工」「1」と「I」ってのを理解してくれなかったから。
それに比べてPALMは文字認識エリアを「英字」と「数字」を分けてある分、ご認識はおきませんでしたから。

43年間ずーっと・・・、いや、赤ん坊の時は字は書かないか。(^^;
物心ついてからずーっと間違えまし太→「ら」

「この手書き認識バカだナー」って声に出したら、
「バカはお前だ」って言い返されたりして。
おかげでいいネタが出来ました。今度更新に使おう。(^^;
(T▽T)(T▽T)(T▽T)

「必」とか「女」とか要注意ですねー。

おなら出ちゃっ太さん
大丈夫ですよ、うちの社長も、在だっけかな?Zaurus使っていて、なんでこの字が出ないのか不思議でしょうがない。とか聞かれたので、よく見たら、字の書き順が違っていまし太。(笑)
誰でも思いこみというのがあるのですよ。自分もだけど。
字が下手だなぁとマシンに言われるといやですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/9522553

この記事へのトラックバック一覧です: PalmTop その2 SONY (1992):

« その名もPalmTop by SONY(1991) | トップページ | りぶのぱく?(゚ ゚ )☆\ばきmobioNX(1997) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ