« BONJOVI Have A Niceday TOUR in TOKYODOME | トップページ | PalmTop その2 SONY (1992) »

その名もPalmTop by SONY(1991)

Cimg0941
随分すごい名前のマシンです。(笑)
しかも、ばりばり(死語)できそうなおねーさんが表紙を飾っています。怖いです笑い

正式名称というか、型番はPTC-550/PTC-500
普通型番が小さい方がスペックが小さいのですが、これは珍しく逆です。
もっとも、基本のCPUは同じでメモリの大きさと若干使用が違います。
CPUは68HC000、8MHz
メモリは、前者が256KB、後者が320KBそのうち32KBがボイスメモ分です。
したがって、記憶できる容量が不思議なことに前者が800件、後者が600件となっています。
ただし。ディスプレイが前者半透過型FST、後者がブルーSTNとなっています。
Cimg0942
PTC-550
これもZaurusといっしょで、手書き文字認識です。
バッテリーは、当時主流だった8mmビデオのNP-55です。
でも、電池持ちません。
PTC-550はバックライトオフで6時間ですが、オンだと1.5時間(笑)
PTC-500だと液晶の関係で6時間持ちます。
でも、問題はPTC-550が970g、PTC-500になると1.3kgもあります。
これでパームトップって重すぎ(笑)

因みに、PTC-500は画面上のスピーカーからトーンが出て、オートダイヤラーの機能を持っています。(笑)
Cimg0944
位置づけ的には、エグゼクティブモデルとなっています。

希望小売価格
PTC-550/168,000円、PTC-500/198,000円
デザイン的には良いのですが、値段が高い割に機能が低く購入する気も置きませんでした。(笑)

« BONJOVI Have A Niceday TOUR in TOKYODOME | トップページ | PalmTop その2 SONY (1992) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね。
例によって、持ってます。
入手したのはジャンク品でしたが……。
あと、PTC-300も持ってます(笑。
ソニーがCLIEに取り組むルーツなマシンだったと思っています。HyperCardマシンとも言えましたね~。Appleとの提携といううわさ話もありましたし、その後のPowerBook100の生産受託にも繋がっているような話もありました。ああ、懐かしい。

これははじめて見ました。
昔のって高いですね。最近の製品はムーアの法則で安くなっているのかな?

ただ「エグゼクティブ用」とうたえば見栄で買う人がいたバブルの名残り?

みのたんさん
何でもお持ちですね。(笑)
ネーミングと言い、布石だったかなと思います。

おなら出ちゃっ太さん
開発当初はビデオも液晶テレビも数が読めないから高いですよね。そのうちだんだんコストダウンできて安くなる。
昔のビデオなんてすげー重くて中身もぎっしりだけど、最近のビデオなんて開けると中隙間だらけですかすかですね。
それと一緒でしょう(゚ ゚ )☆\ばき

ずいぶん前にみのむしさんにもらったマシンだな。
スクリーンセイバーで雪だるまが降った雪に埋もれてゆく
なんか風情のある(笑)マシンでしたね。

PT110ほどではないにしろ、重くって^^;;
殴るとヒトをコロっ☆ばき

ほとんどワイヤードで使ってたかも。

ご無沙汰しています。
PTC300の話は次回位でしょうか? だとするとフライングになってしまうかもしれませんが、PTC300が私のPDAルーツです。今から考えても、よくできていました。
ハードの進化が止まる一方で、データが増えるに従い処理速度が遅くなり、非実用的なマシンになっちゃいましたが…
ちなみに、MacのハイパーカードへバックアップしていたデータがHDDクラッシュで消えてしまい、私がPTC300を使っていた約2年間は、自分の足跡が辿れない期間になっています(.. ;

べあさん
持っていたのですね。カタログにも雪のシーンがありました。

パドラッパさん
お久しぶりです。(/^▽)/ ヘ(▽^ヘ)
PTC300はデザイン的にもかっこよかったですね。欲しかった。
ハイパーカードも懐かしいなあ。(笑)
また遊びに来てくださいね。

ひえー。ごっつい。電池もたね~。(涙)
一番エクゼクティブなのはこのおねーさんかもww

PTC-300は、FENOTE時代にある方がELバックライトを仕込む改造を実行されオフで盛り上がりました。その後、そのノウハウをVALTANさんがHP 200LXやPilotに適用し、FHPPCの猛者の方々も実施して一気にバックライト化が盛り上がったのでした。私の記憶が正しければたぶんこの流れだったと思います(^_^;。

dawnpurpleさん
当時のマシンではこれだけ電池が持てば良い方でしたよ。因みに、このマシンの略はパームトップコンピュータですから。(笑)

みのたんさん
VALTANさん、懐かしい名前だ。
HP200LXのバックライト化って、PTC-300から来ていたのですね。なるほど、納得できるなぁ。
200LXは、外付けバックライト?(笑)をモバ専で買ったのを思い出しました。さすがに自分でバックライト化するまでには至りませんでしたが、オフで見せてもらっていいなぁと思いました。

はじめましてお邪魔いたします。
FENOTEにもちょこちょこっと顔を出させて頂いておりました。

PTC-300はマジで使い倒しました。私にとって理想のスケジューラであり、情報倉庫であり、絵日記マシン(笑)でした。
今でもあのToDoとスケジューラの連携など、「入り口は少なく、活用法は多彩に」の考え方は秀逸だと思います。

まさに「ハイパーカードマシン」でしたよね。
懐かしすぎます…

たままさん
はじめまして。自分は買えなかったのが悔やまれます。
発想は後のPALMに受け継がれていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/9522376

この記事へのトラックバック一覧です: その名もPalmTop by SONY(1991):

« BONJOVI Have A Niceday TOUR in TOKYODOME | トップページ | PalmTop その2 SONY (1992) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ