« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

W-ZERO新色と周辺機器発売に思うこと

シャンパンシルバーがでるらしい。
たぶん、指紋が付くとか色々文句もとい、要望(笑)が寄せられたので出したものらしい。
でも、写真で見る限りにおいては、軽薄な色に見える。実物を見ないと何とも言えないが。
確かにW-ZERO3は結構売れているようだが、果たしてどれだけ需要が見込めるか。

同時に周辺機器も出始めた。本来なら発売に合わせて色々出してくれば良いと思うのだが、様子見で行けそうと思って出し始めたのか(笑)

◆まもるくん
ケース本体をがしっとカバーするカバー(゚ ゚ )☆\ばき
まもるくんって、ネーミング安直すぎないか(ワラ)
これ、発想は良いのだけど、一回り大きくなりますね~。あと使い勝手はどうなんだろう。
でも、この発想で行くとカラーバリエーションも大幅に増やせそうで、シャンパンシルバーなんか出すよりも、こっちのケースに力を入れた方がとか思えたりする。

◆W-ZERO3専用スタンド
クレードルと呼ばないところにポリシーを感じる(笑)
このデザインで、この値段3150円也でクレードルとして、最初から出してくれていれば・・・
メールとかスケジュールとか、フォトスタンドなんかとしても使えそうですね。
けっこういいかも。

◆W-ZERO3ホームシアター仕様
って、何というタイトル。_| ̄|○
そんなにたいそうなものではありませんね。名前負けしています。
単なるiPodのスピーカーみたいなのんやんか。(ワラ)

◆W-ZERO3ヘッドホンセット
これも何だかなぁ。
単なるオーディオテクニカのヘッドホンが平形になっているだけじゃん。
それなら、ヘッドホンにsonyの平形マイク&ヘッドホンアダプタを買った方が、なんぼか安いし。
自分はオーディオテクニカのヘッドホン持ってるし(^^;

結論
もうちっと洗練されたデザインとかネーミングにして欲しかったぞ。衰退傾向にあるSONYのデザイナーを引っこ抜くとかしてがんばってもらいたい。<WILLCOM
まー、どーせ全部サードパーティ製だろうけど。

迷惑メールもここまで来れば

先日来、フィルターをくぐり抜けてきた迷惑メールをサイトの拒否アドレスに入れるんだけど、同じような内容のメールを別のアドレスから送ってくる。全然心当たりがないのに、しつこい位のメール。

文面から見ると、完全に勘違いしているみたい。(爆)
最初、変なメールが着始めたときに、間違いメールだよんって、来たアドレスに返事書いたら、「宛所に訪ね当たりません」って悪魔の返事が来たので、以来無視している。

今まではgooだったのが今度は話題のライブドア(^^;敵ながらあっぱれ。ってほめている場合じゃないか。

万が一、本物のトーシローの女性から来ていたにしても、なんか、「危険な情事」とか「氷の微笑」みたいなヒステリックな女性なんだろうなぁ~。そんな女性と遊んだ相手って可愛そう。

まー、書いている内容を見ると、無差別攻撃の文面とほぼ似ているから、今後も来るたびに無視籠行きなんだけど、本当に参りますね。
アドレスは仕事やソフトの登録、買物用にも使っているので、容易に変更する訳にもいかないし。_| ̄|○

共同通信記者ハンドブック辞書 for ATOK(ATOKに足したもの4)

CIMG0714
もう止まらない(゚ ゚ )☆\ばき
前から欲しいと思っていたもの。でも高かったから我慢していたんだけど、パソコンショップのポイント期限が来ていて使えなくなるともったいないので、げとしました。だから無料(ただ)です。(笑)
本当は、パソコンかデジカメなんかの割り引き用に貯めておいたポイントなんだけど(泣)背に腹は代えられない。
まー、こういうときでもなければあえて記者ハンドブックは飼いませんでしたが。

でも、意外と記者さん達の文章って、一般的な用語とは違うことが判明。
例えば、今流行のウォーキング。これが、記者ハンドブックだとウオーキングで、オが大きく表現されるのね。その際、《記:表記ゆれ》→ウオーキング(置換え候補)とか指摘してくるのね。
広辞苑だとちゃんとウォークなど、ォが小さく出るのですが、いったいどっちが正しいんだ~。(笑)
因みに、前回紹介した知恵蔵ではウオーキングでした。
全体的にみると、「うおーく」や「うおーきんぐ」など「お」が大きい方が多いですね。
ということで、「うおーきんぐ」が一般的には使われるようですが、イベントなどでは「うぉーく」と小さい「ぉ」の表記を
多用しているようです。
JRが主催するイベントでも、「ウォーキング」となっており、JRウォークツアーのアンケートを作ったときにも、「ウオーク」と書いたら、「ウォーク」に訂正してくださいとの指摘が入りました(^^;
日本語って難しいですね(笑)

知恵蔵2006 for ATOK(ATOKに足したもの3)

NPO
広辞苑は言葉の基本的なものを押さえるために必要ですが、自分の仕事としては最新用語の説明などが必要になります。というわけで、ネットで落としちゃいました(゚ ゚ )☆\ばきあほ
というか、知恵蔵2006はダウンロード版しかないのですね。だから、残念ながら証拠の箱写真はありません(爆)
値段はたしか2993円(税込みだったかと)値段が安いのが助かります。
うちの場合、コンサルティング系なので、都市計画や総合計画、子育て支援、高齢者福祉、地域福祉、障害者福祉、男女共同参画社会、地域町おこしなど色々こなさなければならないので、用語の解説は必須です。なので、仕事の上では、こっちの方が広辞苑より使い出はあります。(笑)
kaigo
写真のキャプチャーの上のように、変換途中で辞書検索ができるほか、介護保険のように、「介護」と「保険」の2つ以上の熟語が並んで言葉を形成している場合には、ATOKだけでは表示できませんので、一太郎の右側の辞書エリアに表示させて探します。
当該文書の解説が出たらコピペすれば、簡単に引用可能です。
おまけに、当該文字を前後して色々な関連文が出てきます。(ちょっと検索エンジンがおばかなところもあり、変換を続けていくと全く関係ない意味が出てくる場合もありますが。(笑))
それにしても、認知症がペットの病気だとは思わなかったぞ(゚ ゚ )☆\ばき

注:写真は拡大して見てください。画素落としたから見にくいですが(ワラ)

ぎょうせい公用文表記辞書(ATOKに足したもの2)

CIMG0720
これは2005の時に入れましたが、一番重宝しているものかな(笑)
役所の仕事がほとんどなので、文章表現には気を遣っています。
この辞書は意味を教えてくれるものではなく、役所言葉などの表現の違いを注意してくれるものです。
便利には使っていますが、国と市町村ではまだ表記の仕方が統一されていないので、その点を注意する必要があります。
例えば、取組(とりくみ)という言葉。国などでは、この表記を使っていますが、役所によっては取り組み、取組み、とり組みなどに違いがあります。
また、行う(おこなう)。にしても、行う、行なう。などの2種類があるのですね。
ですから、仕事に入る時に、あらかじめ役所に表記を確認しておく必要があります。
でも、かなり助けられています。

広辞苑(ATOKに足したもの1)

CIMG0713
2月10日の一太郎2006と併せて購入したものが、広辞苑第五版 for ATOKである。
言わずと知れたメジャー辞書(笑)
この辞書凄く沢山持っています。第四版の電子ブック、CD版(スーパー統合辞書)、ZaurusSL-C3000用。それと今回のATOK用。
第四版はCLIE PEG-TH55用に圧縮して入っていて、W-ZERO3にはCD版のを加工して入れています。それだけあるのだから、別に要らないんじゃと思いそうですが、仕事柄報告書を作っている時に、難しい字の注釈とか補足が必要なために導入しました。けっこう使えます。
因みにZaurusなどの活躍の場は、委員会などでの用語の説明とか。こちらは委員会での議事録作成で立場上記録をしていますが、委員の方から何か質問が出たときに、役所の方に説明するときに使っています。
そういう状態なので、ATOKに辞書が搭載されると、いちいちZaurusを開いて、電源入れて、調べたい語句を入力して~なんていう手間が省けて、委員の意見を入力しているときに、調べたい語句を入力して変換しながら辞書検索なんてやっちゃうと、すぐに意味が確認できます。おまけに広辞苑第五版 for ATOKで調べた内容については、コピペもできますので、特に報告書を作っている時にそのまま、言葉の説明などの注釈を作ることができるので買って活用しているソフトの一つになりました。

WZERO3にクレードル

が出るらしいです。

http://www.thanko.jp/cradle_zero3/

4280円だそうです。
電源の口が逆だったら良かったのにね。画面横にすると見やすくなるし、キーボード打てたし。

マウスを新調

mouce01
伊豆の打合せの帰りにパソコンショップに寄ったら、無線マウスが安かったので久々に新調。
レーザーではないが3000円ちょっとなので、まーよしとしよう。バッファローのBOMU-WC/MNB
このマウス、単4電池2本だけど、ニッケル水素を使っていて発信器とマウスをケーブルで繋ぐと充電ができる仕組みとなっている。
早速開けて電池をチェックしたら1.2Vしかなかったので、とりあえず充電器で充電。
会社のマシンがXPなのでUSBで接続したら勝手に使えるようになる。

mouce02
色はこれしかなかったのでまー場違いな色だが、仕方ない。
使い勝手は800カウントなのでそこそこではないかな。フィット感も良いし。
あとは、しばらく使っていないとスリープ状態になり、復帰に若干のタイムラグがあるということ位かな。
問題は、電源のオン・オフが手動だということ。
帰るときに電源を切っておかなければならない。ってゆーか、説明書読め(゚ ゚ )☆\ばき

敵もやるもの(笑)

先日受信拒否をしたメール先が、今度は別のアドレスで同じ内容のものを送ってきた。
それだけ工夫するチカラがあるのなら、もっとまっとうな仕事で設ける手段って沢山あると思うのに(爆)
しかし、毎回よくやりますね。
おかげで最近はアウトルックで開く以前に、ニフティのメールのページを先に開いて事前に捨てるような癖が付きました。
かえって良かったかも。
驚いたことに、この前発言してから、受信拒否されているメールが120通もあった。(-人-)こんなに無駄な努力をしているH系サイトって、いったいどのくらいの人が騙されているんだろうか?
まー今のところ他愛のないくだらない援交とかのメールなのですが、これが全部架空請求だったらすごいよね。幸いうちのところには架空請求やフィッシングのメールは合ったことがないので助かっていますが。

Optio750Zで月

750TSUKI
先週か?満月に近い時に月の周りがぼやーとなっていたので撮ってみました。
8倍ズームでしかも手持ちなのできれいではありません。ピントはいまいちですし、画面はがさがさです。
本来デジタルズームって画面が荒くなるので好きではないので、普段はオフにしていますが、なんせお月さんって光学ズーム最大でも豆粒ほどなので、デジタルズームを使ってみました。
Optio750Zは手ぶれ補正が付いていないので、夜の撮影はかなり厳しいです。
やはりこのカメラは風景向きかな?
いちお、この位までは撮れるとゆーことで。(汗)
Fz30だともっとはっきりくっきり撮れます。

B-1グランプリ初代チャンピオン(笑)

自分たちが手がけた仕事で富士宮やきそば学会という市民ボランティア組織があるのですが、市民ののりが良く数々の話題で4~5年の間に全国区に知られるようになりました。
2月19・20日と青森で開催されたB-1グランプリ(B級グルメの全国大会)において、チャンピオンを獲得しました。\(^o^)/

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=home&NWID=2006021901001575

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060219-00000115-kyodo-soci

仲間から送られた写真です。200602191725
200602191123

Optio750撮影枚数

先日購入しレポートを書いたOptio750Zだけど、仕事が忙しくてというか仕事でしか使っていなかったので、バッテリーがなかなか切れ(終わり)ませんでした。(^^;
本日やっとバッテリーがなくなりましたという表示が出たので、確認してみたら。
撮影枚数391枚。(ストロボは30%程度かな)
因みにカタログ値では245枚。(カタログではたぶん50%)
とゆーことは、カタログ値の1.6倍(@@;
先月(1月)の17日に買って本日2月19日だったので32日持つということだな。
ということは一日12枚撮っても、1か月はチャージしなくてもよいということですね。(笑)
毎日12枚撮りフィルム(なんて若い人は知らないだろうなぁ。)を消費することを思えば、安いですね。

ちなみに
RICOH CaplioGXが583枚、39日なので、GXに次ぐスタミナカメラということだな。
カタログ値が約400枚となっているので、1.45倍。

単純に倍率で出すならOptioの勝ち(笑)
それにしてもこれだけ持つなら、長期の旅行でも予備電源はいらないなぁ。
もっとも、前に言ったように、Optio750ZとCaplioGXのバッテリーは共有だし、CaplioGXは万が一の際には単三電池2本でも撮影できるから問題ないか(^^;
DSCF3494


手を替え品を替えよく考えるよなぁ

プロバイダの迷惑メールフィルターを設定したら、スパムメールはかなり激減した。
以前は一日30~40通も届いていた。その後しばらくは一日1~2通だったが、今度は新手のスパムメールがぞろぞろと。連れの気になって気軽なタイトル、後は合いたいとか電話かメールでみたいな変なもの。中身は、金暮れるから遊んでみたいな文句(笑)
またメールもうまく作ってあって、差出人は女の名前、メールアドレスもいかにもってものが多い。プロパティで見てもそれらしいアドレス。
迷惑メールをかいくぐってきたメールは、それからしつこい。一日10通近く来る。フィルターに入れてしばらく来なくなったなと思うと今度はまた別の名前で入ってくる。内容はほぼ一緒。ここに連絡くれれば無料で連絡できるとか秘密は、ばれないとか。ネットを使ってライブカメラでお互い・・・以下自粛(爆)
いい加減にしてもらいたいよね。

まー、中にはまぢで間違えメールなんてのもあるらしいし、一度なんか全く知らない人から間違いメール来ましたよ~って。自分のアドレスも勝手に使われているかも。

みなさん、スパムメール対策ってどうしてます?

一太郎2006ってすごいかも

先日購入報告をしました一太郎ですが、いままでそういうことをしたことがないので気づかなかったかも知れませんが、かなり改善されているようです。
仕事でPDFを引用して文章を作るときに、ACROBATで範囲指定をしてコピー、一太郎にペーストしたら段組や表組み、フォントの大きさまできれいに移すことができました。
(もしかしたら2005でもできていたかもしれませんが?)
けっこう使えるかも。\(^o^)/

W-ZERO3の不思議な現象

今朝起きたら、W-ZERO3がメールを6通受信していたのでタップして閲覧しようとしたら久々に固まってしまった。
電源を長押ししても電源を落とせないので、裏蓋を開けて久々のリセット。
初期画面が出たのは良いけれど、「メールはありません」とのつれない表示。
まー、全部パソコン宛のメールだったし、スパム3通どこかのDMだったので無問題だったが、それにしても不思議な出来事だ。

M1000

昨日久々に電車で打合せに行ったが、車中でM1000を使っている営業風の兄さんを見かけたが、電話で使っているだけのように見えた。(゚ ゚ )☆\ばき
あの兄さんどこまでカスタマイズして使っているのかなぁ~なんて思いながら、W-ZERO3でメール打ってた(笑)

DOCOMOでもノキア?

昨日、パソコンショップに行って、ケータイコーナーを見ていたらマニアックな店員が来てくれて(笑)、色々教えてもらっていたところ、春か夏頃にDOCOMOでもシンビアンOSを使ったノキアのNKシリーズを採用したケータイが出ると言っていました。
そういえば、昔はDOCOMOでもノキア採用していたことを思い出しました。
ぼだほんと同じのかな?
店員の話で、裏はとれていないのですが、参考までに。
今年あたり沢山スマートフォンが出てくればおもしろいのにね。

インターネットの普及における小売店舗の盛衰(家電編)

第3弾です(汗)
◆小売り家電店VS大型店
タイトル以外に厳しいのが町の電気屋さん。全国展開している大手家電店が隙あらばと次々進出してくる。
有名どころでは北関東エリアベースの店(コ*マ、ヤ*ダ)などを始めとして、巨大な売り場面積を誇り物量で攻めてくる。
流行のポイント制度で、客を逃がさない。(笑)この影響でこけた小売店は多い。(-人-)
耐えられているのは、出張サービスなど人と人とのふれあいを大切にしている店。
信頼関係で構築されているので、次もおたくからというイメージ。
何か壊れるとすぐに飛んできて簡単なものなら直してくれる。
(もっとも最近は出張費とか手数料をとるところもあるらしいが)

大型家電店だが個人的には店員の資質を疑う店も少なくない。
買うつもりもなかったが、色々くわしく聞こうと思ったら、胸のバッヂに派遣社員・・・どうりで要領を得ない訳だ。
あと、他店より高い場合は笑顔で差額を云々謳っているが、これも眉唾物。
某店で値段をチェックして、大型店に行っていくらにならない?って言ったら、「お客さん、見積書ありますか?」だって、そんなもん店頭価格をチェックしてあんたの店に来て価格交渉しているんだから~。
「じゃあいいです、そっちの店で買うから」と言って、まぢでその店で値段交渉して、表示価格よりかなーり下げてもらって色々おまけまで付けてもらって、ほくほくで帰ってきました。
以来、その大型店には接客態度が悪いので一度も足を運んでいません。

あと、大型店で気をつけなければならないのが、特売や土日などはメーカーの営業さんが応援に来ているのね。指名買いなら良いのだけど、これがくせ者で、自社の商品をしつこくすすめる人けっこういます。みなさん研究してから買いに行きましょう。(笑)

◆小売り家電店VSネットショッピング
がんばっている小売店。
これはもう時流に乗ってネット販売している店でしょう。
簡単に言えば、楽*を始めとするグループなどに出店している地方の小売店ね。
でも、*天で確認して直でその店のサイトに当たると楽天よりもかなり安い店あります(^^;要チェックですね。
買う商品の値段にもよると思いますが、自分が買った商品のうち1350円程度が楽*に逝くのでしょう(笑)

*天に加盟している店。調べてみたら、大半が都心や大都市の電気屋さんやらカメラ屋さん、パソコンショップなのですが、中には四国、九州、東北などの小さい店もヒットします。
これらの小売店のネットショッピングでも対応がよい店悪い店ありますが、今のところ当たりが多いです。

ある店で、在庫有りで注文したら、タッチの差で在庫が切れてしまったらしく、いくつか頼んだもの全てが送料無料でしかも現在どのような状態かを定期的にメールしてくれて、急いでいないものだったし、その店が群を抜いて安かったのでほかで買う気もせず、非常に好感が持てた店でした。
しかし、必ずしもその店の全部の商品が安いかと言うとそうではないので、使い分けをしていますが。

小売店も自助努力しだいで商圏は全国や世界中を相手にできるという良い例ですね。

がんばれ地域の小売店\(^o^)/

W-ZERO3を使いたおす本

WB3
を買った。とゆーか、これもネットで随分前に予約した本。
先週末に入手。
で、内容は。ほとんど内容を知っていた本で残念。
初心者向けには分かりやすく書いてあって、良い本ですが、自分としてはかなり消化不良。
唯一良かったのは、料金確認ができるサービスがあるということ。
これについては、後日詳細を書く・・・予定(汗)

ということで、お薦めの本はW-ZERO3 PERFECTGUIDE>W-ZERO3の本>W-ZERO3GUIDEBOOK>W-ZERO3を使いたおす本の順かな(笑)

インターネットの普及における小売店舗の盛衰(書店編)

厳しい業種その2(汗)
◆小売り書店VSネットショッピング
本が何より好きで、暇があると書店に向かう。
今どんな本が良く売れているのか、また、雑誌などでは何が流行っているのかなど、本屋さんに行けばある程度トレンドがわかる。まーインターネットでもわかるが。
ところが、欲しい本が入手できないことが最近は増えてきた。大きめの書店でも扱っていない。扱っていても少量しか入ってこない書籍などもけっこうある。

そこで問題なのが書店の注文システム。(今はどうか知らないがちょっと前は)書店にない本を注文しようとすると、本の卸問屋(有名所ではトー*ンなど)を経由して受発注を行う仕組みになっていて、書店で在庫切れの本を頼むと「2週間ほどかかります」と言うつれない返事。
この前も書店で子どもの勉強の本を頼んだら切らしていて、同じ返事をいただいたのでシステムは変わっていないと思う。

おまけに、小さい書店は昔無料で配達してくれていたんだけど、経費・人員削減で配達もなくなったり、新規の受入れはしてくれないなど、弊害が出ていますね。
もっとも、お役所とか大企業など得意先は、大量に注文があるので欠かさない店も多いですね。(差別だ(゚ ゚ )☆\ばき)

ここで登場するのが、AMAZONや7&Yに代表されるネットショップである。
上記の本をネット検索したら出るわ出るわ(^^;在庫があればどこでも1~2日で届きますね。
しかもAMAZONなら1500円以上送料無料、7&Yは近くの7に取りに行けば送料は無料。
紀伊国屋など大手の書店でも同様のサービスはありますね。何冊以上とかいくら以上は送料無料。

ネットショッピングの場合、一度登録してしまえば、カード番号が変わるか住所が変わらない限りほとんどがワンクリックで決済に回っちゃう。これが悪のワンクリックなんだけど(爆笑)

こいつは昔ながらの殿様商売のギョーカイは厳しいでしょう。
まー、なにげに見回ってこんなもの出ていたんだ~と想定外の本を買うのはネットショッピングにはない楽しさがありますが。

また、ウワサ先行で発売前の本をネットで予約して後悔する場合もよくありますがσ(゚ ゚ )☆\ばき
近場の書店に並んでいる本ならやっぱり書店で内容確認をした上で買った方が安心ですね。(大汗)

書店の競合相手としては、最近流行のBOOKOFFなどに代表される綺麗な古本屋さん。
この辺の店舗の資質を問いたいものもあるが(笑)
昔ながらの古書店は、印刷数が少ないハードカバーの初版本なんて言ったら高価に買い取ってくれたものだが、最近の綺麗な古書店は、本が綺麗かそうでないかで選別しちゃうもんね。

まーそれは置いておいて、この綺麗な古本屋さんも書店にとっては驚異ですね。
新刊本がすぐに並びますから。また、絶版本なんかも市価の60%程度(昔は半額だったが、値上がり(逝))で買えますからね。多少汚れていたり綺麗でも開店の悪い本は105円で売られていたりもするので重宝しています。

そういう意味で、もっとがんばって欲しいぞ、まちの本屋さん。\(^o^)/

インターネットの普及における小売店舗の盛衰(文具店編)

インターネットが普及し、ネットショッピングが容易になった。
この現象を日常の生活の中から、どのようになっているか考えてみる。
まー、そのきっかけとなったのが、ZIPPOハンディウォーマーなんだけど。実は、この商品前日の昼休みにネット上でワンクリックして購入したもので、翌日の朝9時には届いていた(@@;

◆小売り文具店VSカタログショッピング
上記の件を仲間内で話題にしたが、「なんだかアスクル(文具のカタログショッピングね)みたいだよね」、このアスクル、ネーミングは「今日頼めば明日来る」から来ているとか。(おやぢぎゃぐの世界)アスクルの成功以来、類似のサービスはかなりの団体が実施している。
身近な文房具屋さんピィーンチ。ただし、アスクルの発想は、身近な文房具屋さんが客先にカタログを渡すと、売り上げの何%かがそこの文房具屋さんにバックがあるシステムなので、まーそこそこのような。

◆小売り文具店VSネットショッピング
(小売店に注文したことがないので想像で書いています)
地域の文房具屋さんって、よほど大きな店でないと多様な商品が置けませんね。必然的に需要が少ない商品は扱ってくれません。
例えば万年筆(^^;
こんなのもう趣味の世界でしょう。置いてあったとしても国産品と利ざやが稼げるごく一部の商品。定番でモンブランのインクくらいか?
あとは、ロディアとかモールスキンなどのメモ帳や手帳系ね。こんなの都会の文具屋さん位とかマニアックな文具屋さんしか置いていないと思う。
マニアックな文具になるとデパート(いわゆる百貨店であって、ショッピングセンターではない店ね)などにも置いてあることにはあるが、ほとんど定価。
ところが、ネットで検索すると大量に出てきますね。しかも、一定金額以上購入すれば送料無料(^^;
こりゃもう、ネットショッピングの勝ちでしょう。
がんばれ文具屋さん。

一太郎2006

TARO06
一太郎2006が来た。昔は、パソコン用のワープロソフトとしては、大ヒットした商品である。当時は松とかP1EXEとかオーロラエースなんていうワープロソフトも沢山出ていた。*忘れちゃいけない、VJE-PENなんてのもあった*群雄割拠の時代。
自分も昔の会社でバージョン2、3を使っていたっけ。当時はハードディスクなどなく、5インチフロッピーで、システムディスク、FEP(辞書)ディスク、文書保存ディスクなどが必要で、システムディスクでパソコンのメモリーに読み込み、立ち上がってからはシステムディスクは不要でFEPディスクと文書保存ディスクが必要だった。(懐かしい)

その後現在の会社でバージョン8を使った記憶がある。
昔はGUIやDTPなんかも充実していなくて、一太郎とロータス123を使って、文字は一太郎、表とグラフは123で、別々に打ち出し、切り貼り。もう紙切り職人であった。

WINDOWS3.1になり、DTPソフトのページメーカーを使い始めるとワープロソフトは不要になり、HP200LXで打ち込んだテキストをプリントアウトするだけの機能として使っていた。

ところが現在はWORDの時代。
取引先の役所も大半がワード、一太郎は2~5%位か?
一太郎が凄く変わったらしいということで2004から使い始めたが、使いにくいワードとは全然違う印象。というわけですっかり一太郎ひいきになってしまった。

2005、2006と改善が進み、機能的にもだいぶ使い勝手が良くなっている。
2005で問題(自分として)だったのが、図表グラブが入って1MBのワードを一太郎で読み込み一太郎形式で保存すると15MBにもなった。それをWORDで読み込み上書き保存すると4.6MB位。
それが、2006では誤差がびみょーな位。
これだけでもかなり助かる。
ざっと使った感じでは、毎回使い勝手が改善されている。とゆーかんじ。

TAROHAKO
送られてきた箱が笑える。早配厳禁(爆)
因みに、配達履歴をみると2月8日にはもう地元の宅配センターに届いていた(^^;

ナウなヤングの必須アイテム(笑)

ZIPPO
数年前より密かなブームを巻き起こしていた(謎)ZIPPOのハンディウォーマー。
何のことはない、おぢさんたちには昔懐かしい、ハクキンカイロでございます。(爆)
ハクキンカイロってゆーと、みょーにじじくさい響きがありますが、ZIPPOブランドになるとなぜか俄然とかっこええアイテムに変身するから不思議。
たぶん、2年位前に発売されたと思いますが、当初欲しいな~と思っていたけど確か定価で4200円くらいだったか?アウトドアショップで見たのですが、入手するまでには至りませんでした。(本体高いし、オイルも高いし)
で、何で手に入れたのかというと、カメラ仲間が使っていて、これいいよ~って教えてくれたのがハンディウォーマーでした。(色々聞いたら、公表はされていないけど、まんまハクキンカイロだからベンジンでも使えるとのこと)
最初形を見たときに感じていましたが、やはりそういうことなのね。ということで、値段もこなれてきたのでげとしました。
ハクキンカイロを知らない若い世代向けにフォローすると、使い捨てカイロでない、燃料を補充すれば半永久的に(口火部分は定期交換が必要)使える優れものです。
仕組みは、ZIPPOオイルもしくはベンジンを気化してそのガスを口火でゆっくり燃焼するものです、って分かりにくいか(^^;
とにかく、写真にある給油キャップ2杯分で24時間以上暖かさが持続するというローテクの商品です。
ちなみに、ハクキンカイロの給油方式(計量カップがじょうごみたいになっている)の方が、こぼさずに燃料を注入
できます。

昔のハクキンカイロは、えんじ色?(小豆色?)のビロードの袋に入れて、いかにもって感じのものでしたが、最近のハクキンカイロはZIPPOモデル同様、フリース素材でできているらしいです。

市販価格もどちらともほぼ2800円前後で発売されていますので、お好きな方をどうぞ。
っておなかぬくぬく(*^o^*)状態で書いています。

伊福部 昭さん逝く

日本のクラッシック界の大御所というより映画音楽界の方が有名か?伊福部昭さんが亡くなりました。91歳
ゴジラのサントラで有名ですが、東宝だけでなく大映ほか多方面で活躍された方です。
映画音楽から一時期足を洗うという話も聞きましたが、晩年においても作曲に努めるなど、かなり精力的に活躍していました。
渋めの管弦楽を中心に重厚な音楽を提供し、映画の雰囲気を盛り上げてくれました。
ご冥福をお祈りします。

W-ZERO3にぴったりの袋

ZERO3CASE
カメラ保存ケースの中をいじっていたら出てきました。
アウトドア用のコンパクトカメラケースとして使っていたものです。
W-ZERO3を入れてみるとぴったり。
mont-bell(モンベル)のたぶんMサイズだったかと(記憶が・・・)
前後と下にウレタンが入っていて、アウトドアだけあって、上部にはナイロンの巾着口ってゆーのか?があります。
今まで使っていたのはFinePixのカメラケースでしたが、中敷きがなくて不安でしたので、これで安心して腰にぶら下げることができます。

モンベルサイトを調べてみたらヒットしませんでした。残念ながら廃盤のようです。
アウトドアショップを探してみると丁度良いものがあるかもです。

W-ZERO3とWindowsの変な関係

MACが出始めのひじょーに高価だった頃1980年代後半、マイクロソフトは未だDOS2.**の時代に既にGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)を備えていた。そのころ自分は東京の企画会社に転職して、静岡から新幹線通勤をしていた。新幹線通勤の走りの頃である。前の会社の退職金で当時出始めの二代目98ノートNS20、3kgはあっただろうか?それにトランスのような大容量バッテリーも入れて、仕事の資料を入れたら何kgになるのか。手に持ったら重いので肩にかけて通っていた。毎日型にあざができていた。
その会社は既に社内LANが完備され、MACでLANが組まれていた。もちろん一人1台自分にはSE30。(すげー会社だった)
その時に感じた第一印象は、「うわ、こりゃ幼稚園児でもいじれるパソコンだ」であった。
DOSの呪文を理解しなくても直感的にいじれるマシン。操作体系は統一化され、どのソフトでもほとんど同じ操作で対応できた。
DOSソフトのソフトごとにコマンドキーが変わったり、FEPが変わるのとは大違いだった。まさにカルチャーショック。
因みに、SE30にプリンターを加えると軽く100万円の時代だった。

そこで、タイトル(^^;
W-ZERO3のコマンドバーって、MACと同じなんだよね。
ところがWindowsって下にコマンドバーがあって、下からずりずりと上がってくる。
自分はそれが許せなくてWindows95の頃からコマンドバーやアイコンをMAC風にしているから違和感ないけど。
たぶん、ゲイツ閣下はMACから訴訟を起こされると困るので敢えてコマンドバーを下に持って行って、それを固定するのではなく好みで好きな位置に持って行けるようにしたんだろうね。

ということで、みなさんのWINDOWSのバーはどのようにしています?

W-ZERO3に望むこと

前回使い分けについて書きましたが、W-ZERO3がこうなればある程度1台で済んじゃうのかなと感じたことを書きます。

◆バッテリー
バッテリーが持たないと評判(笑)のW-ZERO3ですが、確かに電話のみとしての数値だと、カタログの5時間は持つかも知れませんが、ユーザーは何でも使えるといううたい文句(写真のカタログ参照)で導入している人がほとんどだと思います。
CIMG0640
それに対してのバッテリーの持ち時間を記載しないのはどうかなぁ?
Zaurusも無線LANを使ってネットーワークを見ているとやはりバッテリーの消費が早くなくなります。
そういうことから、カタログにはネットワーク接続(インターネット閲覧)●時間、スケジュール確認●分、Excel●分、ワード●分、メモ帳●分、音楽聞く●分使うとなくなるみたいな標準的な使い方の表示をやってもらいたかったです。

そもそも、この実物大カタログのキャッチコピーは、嘘は書いていませんし、スタンドアローンでも使えます。しかし、例えばケータイからの機種変ではないか、買い換えしたときに電話帳やメールアドレスのデータが簡単に移行できないと思われます。
データ交換やアドレス、スケジュール、またはソフトのインストールなどを考えた場合、パソコンは必要になります。その点で考えると電話は要らないかも知れないけれど、パソコンは必要になります(゚ ゚ )☆\ばき

そういう事から、背中にくっつけられ、一体化できる大容量バッテリーの販売を希望します。カメラ部分の処理が難しくなるなぁ(^^;
SONYの場合ちゃんとそこまで考えてデザインされていますが、W-ZERO3の場合はラウンドシェイプした綾しい曲線があるから難しいか?
それか、単三電池四本を鉄人28号((゚ ゚ )☆\ばき古いわ)のロケットブースターみたいな形で作ってくれないかなぁ。

◆専用台のオプション販売
確かにモバイルを謳っているマシンですが、会議録とか打合せメモを使う場合キーボードが欲しくなりますね。
そうなると、小さくても良いのでオプションで台を出してもらいたいですね。形状からクレードルは難しいけど、クレードル機能が付いた台がほしいなぁ。(笑)
キャンペーンで出るそうですが、そんなの当たる人はまれですから、ぜひ台だけなら安い価格で、充電とシンクロ機能が付いたら3500円以内(実売:2500~2800円)で出して欲しい。

◆USBホスト機能
上記のように会議録や打合せメモを入力する際に欲しいのが外付けKBです。オリジナルのキーボードにすると値段も高くなるのでできれば、USBホスト機能を付けて市販の好みにあったキーボードが使えるようにして欲しい。
ホスト機能だとホストアダプターを1800円未満(実売:1300~1500円)で出して欲しい。

◆改善して欲しいメモ帳
メモ帳はプレーンのテキストが使えるようにして欲しい。現在のメモ帳は機能が豊富で、手書きメモ、ボイスレコーダー機能など沢山ありすぎです。おまけに、ワード的な保存がされるので、CLIEなどでは単純に見ることができません。

◆赤外線通信機能
CLIEやZaurus、ケータイなどとのデータ交換が簡単にできるようにこの機能は標準で搭載して欲しかった。
最もZaurusの場合は、人からもらうことはできるけど、Zaurusから人にあげる事ができないのが問題ですが(笑)

このほかにも沢山あるけど、とりあえず最低限改善あるいは追加してもらいたいものはこんなところで許してあげよう(爆)
ほかに欲しい機能があったらぶら下げて(゚ ゚ )☆\ばきあほ

電脳小物の使い分けにおける考察

リクエストがありましたので、ちょっと自分の使い方を紹介します。
常時使っているマシンは、W-ZERO3、CLIE PEG-TH55、ZaurusSL-C3000の3種類です。ほかにも色々ありますが(笑)

◆使い分け
●SONT CLIE PEG-TH-55 主に予定の入力+電子書籍で読書
●Zaurus    SL-C3000  電子辞書+映画ビュワー
●WILLCOM  W-ZERO3   メール確認、インターネット巡回、TODO

どうしてこのように住み分けしているのかというと、それぞれに得意不得意があるわけで(汗)
以下にその理由を書きます。
みなさん小物使いはそれぞれ試行錯誤しながら、これ1台で何でもこなせるというのを理想に色々使ってきていると思います。

自分の場合、基本的にビジネスパートナーとして、物忘れが激しい頭の補助をするための道具として使っている訳ですが、真っ先に必要となるのがスケジュール管理な訳ですね。あとは入力のしやすさとか、起動のサクサク感とか人により好みが分かれるところです。

◆スケジュール
どのマシンも相互にデータのやりとり(シンクロ)ができますので、それぞれ相互に連絡調整ができているので、どれかを家や会社に忘れても大丈夫なようになっています。(笑)あとは、それを補完するものとして、ほぼ日手帳がありますが。
そこで、出てくるのが「ぱっと見て瞬時にわかるものです」(視認性)
確かにZaurusもW-ZERO3も置き換えアプリを使えば、月間予定表でも文字が読めるようになっていますのでかなり便利に使えます。

しかし、自分が使っているTH-55に入れてあるAGENDUSは、文字の代わりにアイコンで表示することができます。
このアイコンを仕事名(自分の場合は役所が中心なので、役所の頭文字の漢字をアイコンにして入れています。これだと、電話などでスケジュールを聞かれたときに、ぱっと見て分かるわけです。

もう一つの理由としては、グラフィティ+Po-Boxがあります。PALM系の場合英字を一筆書きして文字入力を行うグラフィティがあります。使ったことがない方には凄く抵抗があると思いますが、一度慣れてしまうと非常に高速で書けるようになります。(筆記みたいなものですね)
それにPo-Box(ケータイなどで使われている予測変換)が加わると鬼に金棒です。いくつか文字入力をすると、よく使っている順番に単語や熟語が出てきますのでそれをタップするだけであっという間に入力が完了します。
特に予定を入れる場合は、数文字書くだけであっという間に終わります。

これが、ZaurusやW-ZERO3になると手間がかかるので自分はスケジュール管理をTH-55で行っているわけです。
それは以下の状況からです。(月間表示をデフォルト設定している場合)

●TH-55の場合
ボタン一つでソフトが起動、予定の日をタップ、希望の時間をタップで入力開始。それ以外に連絡先とか相手などワンタップでほとんど処理できます。
●Zaurusの場合
蓋を開ける、電源を入れる、ソフトを起動するボタンを押す、テータ、新規作成で初めて入力が可能になります。
●W-ZERO3の場合
スタンバイから立ち上げる。予定表をタップ、(PocketInformantの場合)、新規、ここでおもむろにキーボードをスライドさせる(笑)で入力。
ほかのソフトが起動している場合には切替など色々面倒になります。

◆グラフィティに慣れた男の悲哀
以上書いたように、大変優れた入力手段のグラフィティに慣れてしまっているので、W-ZERO3とZaurusの手書き入力がだめなんですね。ついグラフィティになってしまって文字が分からないと怒られるか、1ーフとか訳の分からない字になってしまいます。また、最初は頭を切り換えて漢字で書くのですが、間違えて戻そうとするときに、グラフィティの消すコマンドを書いてしまうために、余計変な漢字になってしまいます。ストレス溜まりますよ。(爆)

◆通信
通信環境は断然W-ZERO3です。本体自体がPHS機能を持っていますので(笑)
因みに、TH-55には無線LANが標準装備されています。Zaurusにしても無線LANカードを挿入すればネットワーク接続ができます。
では、どうしてW-ZERO3かと言うと、TH-55の場合表示画面が小さいので、サイトによってはレイアウトが崩れてしまうのですね。
gamenhikaku
写真は左からTH-55、Zaurus、W-ZERO3
Zaurusの場合は、本体が重い(爆)巡回に若干もたつきがあるなどからW-ZERO3というわけです。
画面自体の綺麗さはZaurusに軍配が上がりますが。

ただし、bitWarpを使ったことがないので、何とも言えません。bitWarpがどのような基地局を使って電波を発信しているのかがわからないので、導入していないというのも理由一つかな?自分は静岡県内を移動しているので通信がとれるところばかりではないのですね。
ところが、W-ZERO3を買って移動していると結構車で走りながらメールの受信をしているので、bitWarpがWILLCOMの基地局を使っているとするなら案外メリットあるかもです。
昔、P-inM@sterを使っていましたが、これはダメダメでした。ある町ではちゃんと使えるのに、別の町では全然だめとか。そもそもDOCOMOがPHSに力を入れないのが原因ですけどね。

◆動画(映画)の閲覧
自分は映画を圧縮してZaurusに入れています。仕事が忙しいのでそもそも家に帰るとニュース23が始まる時間ですので、自宅でのんびり映画を見る時間がとれません。したがって、出張時の打合せ前の昼食か夕食の時間の30分~1時間くらいに映画を見ます。
そこで活躍するのがZaurusです。TH-55にも動画を入れて見ることはできるようですが、メモリースティックが128MBのものしか持っておらず、当然、将来性のない(失礼)媒体に投資をする気にもなりません。また、TH-55やW-ZERO3は手に持っていなければ固定できないという欠点があります。
その点Zaurusの場合、重いのですが小さなパソコンの形状をしているので机において食事をしながら見るのにも十分適しています。
W-ZERO3でもマルチメディア云々言われていて、かつ実践している人もいますが、自分の場合どうしてW-ZERO31本にしないのかというと、現実的にバッテリーが持たないという欠点があるからです。
Zaurusの場合は、公称7.5時間となっています。実際、1時間30分~2時間の映画を2~3本見てもバッテリーが残っています。
EIGA
唯一の欠点というのは、Zaurusの場合動画の仕様が320×240でないと再生できないことです。
したがってフル画面表示にするとブロックノイズが出まくります。(笑)
小さい画面で離れてみているのでそれほど気になりませんが。
W-ZERO3でも動画は見ることができますし、実際見ている人もいますが、なにせ電池が持たない。これに尽きます。
インターネット閲覧して、メールを20~30本受けるとバッテリーは半減します。バッテリー表示もあてにならないときがありますが。多くの方がバッテリーの持ちについて発言していますので間違いないでしょう。(笑)

というわけで、1台に絞り込めない理由(言い訳)を書いてみました。
なにかあったらまた書きます。(書くのか?笑)


eneloopその2

enecase
買ってきたeneloopですが、出荷時期の違いか、電池のみが1.4v、充電器付が1.3vとなっていました。
継ぎ足し充電が可能という謳いなので、1.3vの方を充電したら饅頭伝もとい満充電で1.5vになりました。ある程度パワーを必要とするマシンでもそこそこ使えるのかなと思います。ただ、パワーを使うってものがデジカメくらいしかないので、比較検討ができません。(笑)

◆外ケースは電池フォルダー
販売つり下げ用パッケージですが、これなかなか考えてあって、電池フォルダーとしても使えます。
チープな作りで、端がふくらんでいるというか、鋭角なのでちょっと面積をとりますが、こういうところにも配慮してあるというのがいいですね。電池って無造作に鞄の中に入れておくと鍵など金属部分に当たるとまずいですからね。
捨てないようにしましょう。

W-ZERO3パーフェクトガイド

wzeropb
最近は仕事が忙しくて書店にも行けません。おまけに、ワンクリックという恐ろしい呪文があるのでつい押してしまいます。(爆)
書店には初めてW-ZERO3を使う人向けの超図解なる基本機能のみを中心とした書籍も出ているようですが、自分としてはW-ZERO3関連本なら何でも買うというものではありません。(笑)
入手した本の第2弾は、W-ZERO3パーフェクトガイドです。これは京ぽんから始まって特殊なケータイを使い倒すシリーズの第4弾に当たります。
ほとんどがネットで入手できる情報なのですが(汗)読み物になるとそこそこおもしろいし、気づかなかったやり方なども載っています。
前回書いたW-ZERO3の本はどちらかというと初心者向けでしたが、こちらの本はそこそこ使いこなせる人向けなのかな(笑)
レジストリのいじり方なども色々載っています。
ただ残念なのはFEPの導入方法や設定方法が載っていないということでしょうか?Po-BoxとATOK for PocketPCの設定はありませんでした。(別に良いけど(^^;)
大きさと厚さの割に値段が安いのは前半のみ白黒で大半が二色刷で構成されているからかな?
W-ZERO3の本はフルカラーでしかもコンパクトにまとめられているし、印刷時点までに入手できた周辺機器情報なども載っていますので、どっちもどっちなのですが、設定を色々いじりたい人にはこちらの本がおすすめかな?
あとは、W-ZERO3を使い倒す本とかいうのも出るから、どこまで濃い内容なのか楽しみです。(^^;

こんなもの見ちゃった(汗)

http://k-tai.impress.co.jp/cda/readers/crash/27608.html
これは・・・

W-ZERO3の本

BOOKW1
W-ZERO3の本を買った。ネットで知り合ったぬりかべ魔人さんが執筆しているというので、中身を見ずにだいぶ前に予約したものです。
内容的には、W-ZERO3というかPocketPC初心者向けなのでちょっと物足りない部分がありますが、所々に知らなかった事が書いてあるので、参考になります。
ごらんの通りW-ZERO3より少し大きいカッパブックスサイズってゆーのんか?新書版ですね。なので、持ちやすく読みやすいように見開きでほぼ完結するようにかいてあります。
まー、初めての人には設定方法から基本機能の使い方、周辺機器の紹介やメジャーソフトの紹介などバラエティに富んでいます。
ほとんど知っていた機能だったので自分的にはもう少し突っ込んだ記事を期待していましたが(゚ ゚ )☆\ばき
それは別の本に期待しましょう。(^^;ただ、お値段が・・・

不思議な電池 eneloop

packege
ネットで話題の不思議な充電池サンヨーeneloopを買ってみた。
写真に撮ったら美しいブルーがイメージ通りには再現できないが(^^;
パッケージのブルーについては、サンヨー曰く、地球の環境を守る一役を担おうと青い地球をイメージしているらしい。確かに綺麗なパッケージだ。
以前あった(今もあるかも(゚ ゚ )☆\ばき)スポーツドリンクのmiuのイメージに似ています。
これは、どういう充電池かというと。
・買ってそのまま使える(つまり工場出荷時に満充電されているらしい)
・1年くらい放っておいても放電が少ない。普通のニッケル水素充電池は放電力が大きく、1年も充電しないと過放電になり使えなくなる。
・デジカメなどで威力を発揮する。
・-10度の寒冷地でも使える。(普通電池は寒くなればなるほど使える時間が短くなったり、使えなかったりするらしい)
・1000回充電ができる。最近では高パワー充電池の中でも1000回充電できるものもあるらしいが、一般的には500回程度。まー使い方を間違えると過放電などで壊れてしまうこともある。
・継ぎ足し充電他可能。普通ニッケル水素、ニッカド電池などは、使えなくなってから充電しないとメモリー効果が発生して、利用時間が次々短くなる。(メモリー効果って、80%しか使わない電池をまた充電すると、今度はそこから充電した分つまり20%しか使えなくなるというようなもの。ただし、最近のニッケル水素電池は、それほど気にしなくても良い機種も増えている)
口コミやネットで話題が広がって、地域によっては品薄や入手できない所もあるらしいが、この電池すごいです。
残念ながら、2000mAhなので、高パワーを要求するマシンなどでは動かないものもあるらしいです。
ニッケル水素充電池などは、2700mAhや3000mAhなどの高出力の電池も出ている中、環境に優しい電池が出たなぁと感心しています。

eneloop
充電池付きもあります。買ってから気づいたんだけど、従来型のサンヨー(ないしOEM)充電池でも対応しているとのことで、電池だけ買えば良かった(^^;
でも、オレンジやブルーなどの派手な色の充電池が多い中、このeneloopのデザインはお洒落です。
充電器も小さくて、買って後悔はしていませんが。

買ったばかりなので、どれだけ持つかは未知数ですが(゚ ゚ )☆\ばき

TH55 HOTSYNCケーブル

TH55CLAY
昨年末、ビサビさんから210円で買った、在庫処分、バルク品のHotSyncケーブルです。
これ、コネクター部分にHotSync用のボタンが付いていて、いちいち画面付けてHotSyncアイコンタップしてなんて面倒なことをしなくても良い奴です。
最もTH55のボイスレコーダーボタンをカスタマイズして、ボイスレコーダーボタンにHotSyncを割り当ててあるので良いのですが、他のT650とかTG50なんかを母艦とシンクロする場合に重宝しています。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ