« はかりの話その1 | トップページ | W-ZERO3 »

はかりの話その2

前回に引き続きはかりの話です。(^^;
紹介したバネばかりでは2g単位という非常にアバウトな表示なので、ホームセンター等で見かけた記憶を頼りに探してみましたが、精密なデジタルはかりは2万円前後するものが多く断念。
変わって入手したのが、体重計などで有名な(か?)タニタのキッチン用スケールです。
tanita
これは、近所のホームセンターもどき(なんて言うんだろう、いわゆる日用雑貨のスーパーみたいなの)で、週替わり特価で1000円でゲットしたものです。
デジタルスケールで1g単位まで測れますが、なんせキッチン用スケール。
TANITAデジタルお料理はかりKD-173で最大1kgまで測れます。本体重量は400g(@@;(仕様書に載っていなかったので、これもキッチンスケールで測りました(爆))
非常にでかいです。(笑)
なので、持ち歩こうという気は起こりません(逝)
ごらんのように、ネットにアップするときなどに使おうかと(買ってから使い道を考える<俺(゚ ゚ )☆\ばき
でもって、この表示1g単位なので、びみょーな値の時には数字が前後して点滅します。(笑)
まー、本来の目的(砂糖や小麦粉の重さを量るとか)とは違うので、自己責任で使っています。

« はかりの話その1 | トップページ | W-ZERO3 »

計測器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/6894378

この記事へのトラックバック一覧です: はかりの話その2:

« はかりの話その1 | トップページ | W-ZERO3 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ