BlackBerry KEYone BlackEditionその2本体編(BlackBerry)

本体編です。

R0054696

iPhone同様、樹脂フィルムに覆われています。

R0054697

物理キーボード。
スペースバーは、ロック解除用の指紋センサーが併用されています。

R0054698_2

裏面
わかりやすくイラストが描かれています。
本機は、Xperiaのように防水ではありません。

R0054699

下段は製品名等

R0054701

イラストによるSIMやmicroSDの入れ方。

R0054702

写真左側にSIMとmicroSDのフォルダーがあります。

フィルム編に続きます(^^;


こちらに32GB版とブラックエディションがあります。

  

純正品のケース。定評のあるミヤビックスのフィルム、耐衝撃ケース

 

廉価版ケース。

BlackBerry KEYone BlackEditionその1開封編(BlackBerry)

iPhoneXで盛り上がっているところですが、流石におじさん的にはいささか高くて手が出ない。
てゆうか、それより半額近いモデルを保護(^^;
そろそろ、iPhone6sもバッテリーが大丈夫か?みたいになってきているのもあるし。

とゆう訳で、今年の夏前に32GBモデルが出て、少ししてから64GBモデルがでました。そちらを保護。

R0054666

いつもは、海外から買いますが、日本版がSIMフリーなので。

R0054667

裏は仕様が載ってます。
メモリが、記憶容量64GBとメインメモリに4GB(先行モデルは32GB+3GB)になっています。
バッテリー容量は3,505mAh

となっています。

R0054671

ちゃんと日本語で説明が入っています。

R0054673

スリーブを外したとこ。
おお~エンボス加工のBlackBerry KEYoneロゴが。

R0054674

もう一回拡大(^^;)

R0054675

蓋開けたとこ。
この辺、日本メーカーのだと、はじめにお読み下さい、とか注意とか、保証書とか無粋な物が沢山あって(^^;)
アップルに通じる潔さがあります。
開けたら「おお~っ!」ってなりますから。

R0054676

本体を外すと、箱。(黒い部分には、取説とiPhoneと同じSIMを押し出すピンがあります。

R0054677

このパッケージングって、やはりiPhoneを意識しているような(^^;

左から、USB TypeCケーブル、ACアダプター、イヤフォン、イヤピースとなっています。
使わないのでそのまま仕舞います。

R0054679

さっき書いた、iPhoneと同じSIMを出すピン。

R0054680

iPhoneと同じように薄い取説。

こんなもんで十分です。

日本の製品って、取説が100ページ以上あって、見たことが無いですし(^^;)

長くなったので続きます。

こちらに32GB版とブラックエディションがあります。

  

純正品のケース。定評のあるミヤビックスのフィルム、耐衝撃ケース

 

廉価版ケース。

新型DELL XPS13をつかってみた その6XPS13でガルパン編(DELL) #DELLアンバサダー #デルアンバサダー

そろそろ、ってゆうか、来月ですが、ガルパン(ガールズ&パンツァー)最終章が始まります。関係無いけど(^0^)
画像の高詳細さに加えて、音質にも定評があるXPS13なので、DVDを再生してみました。

R0054910

使用したアプリは、VLCメディアプレーヤー
注:公の体験マシンなのでぼかしてます。

R0054911

出だしから、2CHですが音が良いです。

R0054913

戦車砲の音なども良い感じで分配されています。
本当は5.1chや7.1chで再生すれば、センシャラウンド(戦車の射撃などに合った音声)が再現できますが、まあこれはこれで、音の解像度が高いし、重低音から高音までカバーできているので素晴らしいと思います。

R0054914

オープニングのテーマ曲も良い感じで再生してくれます。

なので、音が関係するプレゼンなどでも小さな部屋程度でしたらこのスピーカーで十分再生できると思います。

R0054915

続けて、ハリーハウゼン版元祖タイタンの戦い
特に意図して居る訳では無く、たまたま持っていくのに手元近くにあったので(^^;

R0054916

ライオンさんの声も良いです。

R0054920

このアプリですが(^^;)
字幕設定の選択画面がずれているので(汗)

R0054922

日本語を選ぶのが大変でした(^^;

使ってみて。

全体的な満足度は高いです。
バッテリーの持ち。
起動(はちょっと元祖の方が早かったけど)もそれなり。
動作、音、キー入力、画面の質。モニターの色合い、トータルバランスに優れたマシンであると思います。


1枚で2度美味しい、フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)Blu-ray(東宝)

マタンゴと同時発売されたのが、フランケンシュタイン対地底怪獣です。

20171103_141914

小さい頃映画館でみた記憶では、このまま地滑りで地底に没したと記憶していましたが、違いました(^^;

20171103_142245

好きな作品なので、海外版も持ってたりします。

20171103_201828

フランケンシュタイン対地底怪獣とかいてありますが、バラゴンとルビがふってあります。
ところが、怪獣の呼称がないまま、ストーリーが展開していくのですが、終わりの方になるとドクターのニックアダムスが「バラゴンがすぐに迫ってくる」(と納谷悟朗の声で)言うのですが、いつ名前がわかったのか?(^^;
これ、子どもの時からの疑問です。まあ、それは置いといて。

画質は全体的に向上しています。

20171103_202330

敗戦色濃いドイツで完成したフランケンシュタインの心臓を日本に受け渡すというところから始まります。

20171103_202455

昭和40年代になると、急に特撮の制度が上がります。

20171103_202515

原爆投下前の広島
もしかしたら、すずさんがいたかも。(違

20171103_202637

志村喬と土屋嘉男、こういう人達がちょい役で出てくるので、映画の重みが出て来ます。
安心して見られます。

20171103_202753

原爆投下から、15年でここまで復興しているのが凄いです。
まあ当時は、放射性物質の怖さが認知されていなかったという意味もあると思いますが。
そういう時代背景を考えると、この作品は丁度良い時代だから作られたと思います。

今作ってもおかしいですから。

20171103_203139

20171103_204023

Blu-rayの効果でしょう。新聞の文字がはっきり見えます。

20171103_204306

テレビがステレオ風。

20171103_205717

閉じ込められていた檻から逃げ出したが、育ててくれた水野久美の家は覚えていて、会いに来たフランケンシュタイン。
スケール感が丁度良い。

20171103_205735

なんか言いたそうなフランケンシュタイン。

ストーリーなどもしっかり作ってあるのが良いです。

20171103_211156

イノシシを捕まえようと落とし穴を掘ったのは良いけど、戦車が落ちてしまうと言う。
自衛隊(防衛隊)が出たのはこれと、エンディングの撤収せよ、だけで今回出番が全くなかった防衛隊。
次のサンダ対ガイラは、自衛隊(防衛隊)中心の映画でしたが。

20171103_211910

一方、家畜や人を襲って食べる地底怪獣。
何故バラゴンという名前になったのかは不明(^^;)

着ぐるみの怪獣対生身の人間という設定は当時としては斬新でした。
因みに、これが放映されたのが昭和40年、これがヒントになり、ウルトラQの変身(モルフォチョウの鱗粉を浴びて、人間が巨大化する設定)や、後のウルトラマンに繋がっていく事を思えば、興味深い作品だと思います。

20171103_141924

裏も良い感じです。

20171103_141942

中のディスクは、現行市販のDVDジャケット版で使われている写真です。

20171103_142308

海外版DVDは、日本公開版と海外版の2種類入っています。
安心して下さい、今度のBlu-rayは、どちらも入っていますから。


 

こちらは価格差の違いが、画質の違いにはっきり出ています。

マタンゴBlu-ray(東宝)

最近のスプラッターホラーや、テレビから髪の毛の長い女性がもぞもぞ出てくるものに比べたら、なんてかわいいという映画です。
さすがに小さなお子さまには厳しいかも知れませんが。実際、FB等で見るとあれで、きのこが嫌いになったとか、トラウマとかいう意見もありますので、確かに小さい頃に見たらショック倍増かも知れません。

20171103_141707

アニメ版ゴジラのシールが貼ってありました(^^;)

20171103_141819

ジャケットは、清純なX星人とは打って変わって、妖艶な水野久美さま。

20171103_141827

裏のまとめ方も良いと思います。

20171103_141855

中のディスクも良い感じで、みんな映ってます。

20171103_184054

映画は、東京風のネオン街の所で、久保明のモノローグから始まります。

20171103_184142

原案は、ウイリアム・ホープ・ホジスンの闇の声ですが、その辺はヒントで星新一さんが大きく変えて作ってあります。
高精細のBlu-rayになったので、はっきりくっきりしてしまい。このような絵とか

20171103_184254

セットでの撮影がバレバレです(^^;
まあ昔の映画ですし。

天井にプロジェクターで投影しているので、時々カーテンや照明などが見えますがご容赦下さい。

20171103_184554

いわゆる、お金持ち仲間が遠洋航海も可能なクルーザー(豪華ヨット)で航海に出ていたら嵐に遭って無人島に流れ着くというお話。
写真は呆けていますが、スポンサーのバヤリースとかアサヒビールなどの懐かしい缶が出てきます。

20171103_185931

所々、青空などが見えるときがありますが、それ以外はほとんど霧だったり雨だったりしているので、Blu-rayの恩恵はあまり無いかも知れません。

20171103_190500

先に漂流した調査船(難破船)を取りあえずの居住地としますが、難破船に残されていた食料を勝手に盗むわ、掘り起こしたウミガメの卵を金持ちに売るわ。
まあ、色々人間の欲というかが出てきて、仲間意識も分かれてという、怖い面は心の奥底にあるものがむき出しになるのが怖いと言えば怖いです。

20171103_200823

特典映像もけっこう入っていますが、DVD版の特典を流用した物も多いので既にお持ちの方は面白くないと思います。

確かに、画質が良くなっていますが、良くなった分逆に粗が見えてしまう面もあるので、その辺を差し引いて買われるのが良いかなと思います。

 

東宝Blu-rayにありがちなのは、長く販売されていても洋画のように値崩れしないで価格がほとんど下がらないことです。
興味がある方は逆に早めにお求めされるのが良いかなと思ったりします。

DVDでも良いと思いますが。
マタンゴだけ、値段の下がり方が遅いというか、少し安く買ったのですが200円位上がっているので、本数が少ない場合は、逆に値上がりする場合があるかもしれません。


新型DELL XPS13をつかってみた その5起動比較編(DELL) #DELLアンバサダー #デルアンバサダー

ふと気になって、元祖XPS13とお借りしている新型DELL XPS13の起動を比較してみました。
まあ、あまり使用には関係無いけど何回やっても意外な結果になりました。

20171116_073142

たまたま、XPS13新旧は、電源ボタンの向きが左右逆になっているため同時に押すことができます。


時間がずれているのは不明ですが(^^;

5回やって5回とも同じ結果でした。
あ~、このあとパスコード入れて正規に起動させるのがあるのですが、それは全く同じなのと、パスコード入れるのが何回か映っちゃったのでやめました。

時間を改めても変わりませんでした。
まあ些細なことですが。
もしかしたら元祖XPS13はアップデートしたからというのと、タッチパネルではないからという可能性があると思います。
その辺で、色々設定の読み込みなどから起動に時間がかかるのかも知れません。

20171116_071244

BIOSもアップデートされました。

新型DELL XPS13をつかってみた その4新幹線編(DELL) #DELLアンバサダー #デルアンバサダー

たまたま東京に出張があって、それにパソコンを持っていって打合せをする必要があったため、お借りしているXPS13最新版を使ってみました。

20171108_184047

13インチで高詳細しかもエッジ部分に限りなく近いためそれなりの画面構成で使えるので、便利です。
しかも、新幹線のテーブルにのせても十分余裕だし。
今回はバッテリー不足になる子ともなかったのであれですが、最近の新幹線は車両や席によってはコンセントもあるし安心して使えます。

また、バッテリーも元祖XPS13に比べるとバッテリーも省エネルギーモード化されているため、使いやすくなっており、便利です。

注:左側にあるのはモバイルルーター。
新幹線内には無線LANが飛んでますが、生憎キャリア関係ではなく、SIMフリーで運用しているためログインできないので(^^;


密かなヒット商品プレイカラードット(トンボ鉛筆)

FB友達が紹介していたので保護してみました。

残念ながら、全色12色セットモデル(ケース付き)は完売だったので、3色モデル2種類と欲しそうな色を押さえてみました(^^;)

R0054780

全12色のうち、9色(^^;)
ということで、買わなかった色は、グレー、茶色、紫。
たぶん持っていても使わないので。

R0054781

セットAは、チェリーレッド、アップルグリーン、ブルー(別の名前は付けないのか(^^;)
セットBは、サクラ、ハニーイエロー、ミントグリーン
こうなってくると、なんでブルー(^0^)

ほかに保護した色は、いちばん上の写真左から、オレンジ(これもまんまや)、コーラル(ピンク系)、スカイブルー

R0054782

なんで買ったのかというと、普通の蛍光ペンと違って、太字は丸くなっており、ドットが押せるから。
ただそれだけ(^^;)

R0054783

こつが書いてあります。

R0054803

やってみました。
でもうまくできません(^^;)
書いてあるようにやっても、たぶんトモエリバーだからだと思いますが、インクが手を離した方に片寄ってしまいます。
修行しないとダメだなぁ(^^;)

Amazonには全色セットがあった(^^;)


アンリ=ジョルジュ・クルーゾー傑作選その4恐怖の報酬映像比較

こちらは、紹介するまでもない、超有名な作品です。
ロイ・シャイダー主演で80年代にも作られました。
私的には、どちらも好きな作品です。

イブ・モンタン版(アンリ=ジョルジュ・クルーゾー版)は、最初の部分が凄く長く感じてそこで飽きてしまう方がいると思いますが、どちらも名作です。
今回は、岩波版のHDマスターと、こちらの4Kリマスターとの比較をしてみたいと思います。
いずれも出だし部分なので、肝心な部分はネタバレしていません。
再生機の設定で、本来は4:3版で作られていますが、DVDの方は拡大表示されていますのでその辺はご容赦下さい。
いずれも、天井映画館で撮影した物なのでランプなどが映り込んでいる場合があります。

R0054110

こちらが恐怖の報酬の表面。

20170904_202026

オープニング、子どもがGに紐を付けて遊んでいるシーンから始まります。
DVD版

20170904_203007

Blu-ray版
この時点で解像度が全然違います。

20170904_202034

カメラが引いていくと、子どもがGに紐を付けて遊んでいるのがわかります。
DVD

20170904_203016

Blu-ray。
麦わら帽子の編み目がはっきりくっきり映っている。
肌の色が詳細に映っている。周りの砂利が綺麗に見える。

20170904_202055

物乞いの風景
DVD

20170904_203036

Blu-ray
壁のひび割れの精細さ。
テントで売っている商品がよく見えます。

20170904_202114

川で洗濯をする主婦。
DVD

20170904_203054

DVD
お母さん達の服の柄が良く見えます。

20170904_202208

イブ・モンタンが店の椅子に座って新聞を読んでいます。
仕事待ちの人達がたむろしている風景
DVD

20170904_203150

Blu-ray
隣の先生と呼ばれている人の服の柄
新聞の記事などの詳細さがわかります。

20170904_203234

こちらはBlu-rayのみですが、店内の売り物の麦わら帽子や、外で散水している馬車などがはっきり見えます。

この後もかなり日常の記述が長く描かれていて、その後、油田で火災がありそれを消火するのにニトログリセリンを爆発させその勢いで消火しようという話になって、運転ができる人を募集。

20170904_203607

20170904_203718

大勢の応募の中から、運転が上手い人、車中の水をこぼさずに運転できた人を選んで、運ぶという。
書けばめっちゃ簡単な話なのですが、鬼の洗濯板みたいな道や、崩れている道、最後の方では油を送るパイプが破裂していて原油の池になっているなどまあ、次から次に障害が出てくる凄い話です。

 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0716HYY73/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=zeak-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B0716HYY73&linkId=86fd004e901721208f5d7698a2e9d68d

左がボックス、右が単品

こちらが比較で使ったDVDですが、Blu-rayの方が断然高精細です。

てゆうか、これもう廃盤で、高騰しています。
自分は2000円位の時に買いましたが。


アンリ=ジョルジュ・クルーゾー傑作選その3スパイ

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー傑作選Blu-rayBoxのみで提供されている、スパイです。

R0054118

こちらがジャケット。

R0054119

こちらが裏面。

R0054121

解説。

20171105_193350

こちらの作品は、ワイドサイズでした。
周りを自然に囲まれた病院(左のフェンス内)
バイクに乗っているのが先生。
フランスのある町?村?にある、流行らない精神科(当時の精神病院)借金ももうできないという病院。

20171105_193429

ある日アメリカのハワード大佐と名乗る「心理戦研究所」の人が訪れます。

20171105_194250

そこで、守秘義務と東西どちらにも傾倒していない先生を見込んで、数日ある人をかくまって欲しいという依頼があります。
まず手付けに100万フラン(^^;
成功したら残り400万フランをあげると言われます。
最初から色々な人達が、興味深げに会話を探っているのが不気味です。
(後でこの人達もまた出てきますが)

20171105_194510

テレビがある時代です。
作品的には1957年の作品なのであれですが、テレビは始まった頃っていう位置づけかな?
口約束の依頼が成立して、100万フランを渡された先生ですが。

20171105_195259

翌朝から、病院内のスタッフが全部入れ替わってしまっていました。
使用人の人が二人になり自由気ままに動き回っている。

20171105_195449

色々世話を焼いていた事務のおばちゃんが居なくなり、きつそうなおばさんが受付を仕切っている。

20171105_195646

向いのバーに行けば、店主以外は全部入れ替わっているのですが、先生の飲み物の好みは全部知ってる。

20171105_195916

更にうさんくさい客が入り浸ってる。

20171105_200252

更に患者として、いかにもエージェントらしい人が出入りするようになってしまったり。

20171105_201805

患者がまた、監督の奥さん。(^^;

20171105_202017

ある晩、タクシーが来たけど、誰も客が乗っていない。

20171105_202155

問い詰める使用人達。

20171105_202741

タクシーの運ちゃんの隙を見て、病院内に侵入したアレクス(クルト・ユルゲンス)。

20171105_202853

病院の周りには植木屋、煙突掃除など、今まで見かけない人が沢山集まってきて、病院を監視し始めます。

もう、東西両陣営のスパイに加え、金のニオイに群がるギャングなども集まってきて。もう誰が味方か敵かわからなくなっちゃって次第に追い詰められる先生。

部屋には盗聴器が仕掛けられているわ、安心できない環境になっていて、
こちらも心理的な怖さというか、もう誰が誰やらわからん(^^;
しかも、エンディングがまた怖い。

さすが、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー作品。

20171105_214602

選択メニュー

恐怖の報酬比較編に続きます。


«アンリ=ジョルジュ・クルーゾー傑作選その2悪魔のような女

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ