デュアルドライバー搭載で高音質なTRUENGINE SE(soundPEATS)

いつも低価格で綺麗な音を提供してくれているsoundPEATSさんから、最新型のデュアルドライバー搭載のケーブルレスイヤフォンが出たので買ってみました。

R0061224

箱あけたとこ。取扱説明書を外すと小さめのバッテリー搭載ケースが。

R0061228

同梱されている周辺機器は、充電用ケーブル(microUSB)とイヤピース(SとL、Mは本体に装着済み)

 

R0061230

昔に比べてバッテリー容量は大きく変わらずケースが随分小さくなりました。取説によると、バッテリーケースのみで、イヤフォンを3.5回分充電可能ということなので、効率は良くなりました。

R0061231

裏面は従来ながらのmicroUSB。

R0061232

ちゃんと日本の技適(技術適合証明)を取っているので、安心して使えます。

R0061233

蓋あけたとこ。デュアルドライバー搭載なので、普通のよりも一回りハウジングが大きいですが、それでもめちゃ大きい訳ではありません。

LRもちゃんと書かれているし、向きがあるので間違えることはないと思います。

R0061238

充電中のようす。充電中は白色LEDが点滅し、満充電になると4つランプが点灯します。暫くするとランプは消えます。

R0061242

イヤフォン充電中のようす。soundPEATSロゴが光るので見やすいです。ペアリングの時はこのロゴが半分赤白に点滅します。

R0061239

接続中(ペアリングされている)の状態。白く光っているので、接続したまま放置しても、ペアリングされているのがわかるので良いと思います。(充電ケースに入れると自動的にオフになります)

R0061240

一般的なイヤフォンは、マルチタイプ(1つのドライバーで低音から高音までをこなす)のものを使っており、直接音の出口に接続されていますが、本機はデュアルドライバーなので、低音と高音のドライバーが二つあるため、このようなデザインになっています。

デュアルドライバーが搭載されているのがわかるように透明なハウジングというのもわかりやすくて良いです。

R0061234

いつもは、iPhoneと接続しますが(こちらは、AptーXとAACオーディオに対応しているためiPhoneでも使えます)、音が良いXperia1と接続して見ました。

R0061235

ちなみに、片チャンネルでも使えるようです。

R0061237

Xperia1の再生中の待ち受け画面。

R0061226

こちらが仕様、AptーXとAAC対応なので、どちらのマシンでも問題無く使えます。最大再生時間は6時間。これだけあれば通勤や休み時間に聞きまくっても、業務中や授業中にバッテリーケースに入れておけば数日は充電しなくても対応できます。

R0061225

使い方左右でそれぞれの機能が異なりますので、一読することをお勧めします。

肝心の音ですが。

デュアルドライバー搭載というだけあって、低音から高音までの音の分解が良くできていて、広がりがあるのでメリハリのある音が出ます。

クラシック、ジャズ、ロック、サウンドトラックなど曲のジャンルが異なっても、音の再現性は良いです。

ワイド画面で高画質のミラー型ドライブレコーダーA1000(VANBAR)

今までのミラー型ドライブレコーダーは、純正ミラーと同サイズのものが大きく、カメラ部が干渉することが多くてずらして設置しなければなりませんでした。

今回導入したドライブレコーダーA1000はワイド画面で世界中の車のミラーにも適用できるということでしたので購入。

R0061165

microSD(TF)が入っていないとおもったら、本体に既に収納されていました。

R0061171

後部カメラは1080P(ハイビジョン)で、しかも、金属製で防水なので、本体外部に設置しても対応できるようになっています。

R0061166

附属のアタッチメントを使えば、従来型の背面ガラス内側に固定することもできます。車外に設置するには技術的な問題もあるので背面ガラスに設置しました。

R0061167

 

使用時には、フィルムを剥がしてください。

R0061169

本体上部には、左からGPSユニット(現時点では非対応なので自己責任で)、TFカードスロット(32GB東芝製が同梱)、背面カメラコネクタ、電源miniUSBコネクタになります。

R0061182

ケーブルの配線ですが、ドアモールにはめて収納しました。

R0061185

起動画面は写真の様な感じに。起動すると自動的に録画が始まります。(デフォルトでのミラー表示は正面カメラ)画面全体が表示されていて、非常にクリアに見えます。選択メニューは起動後10数秒で消えますので、走行中には気になることはありません。

左から、設定画面、再生、録画ボタン、ミラー切り替え、スチル撮影、画面ロックとなります。設定できるようにするには、録画ボタンをオフにする必要があります。画面はタッチパネルなのでタッチしたり、左右にフリックしたりすることで設定が可能になります。GPSは非対応(だけど、一部機能が反応します。)なので、日付設定は必要です。

画面は、左右の矢印があるもので切り換える事ができます。両面表示、背面表示など。

R0061186

フロントカメラの最大画質は標準画面の1080Pよりも一回り高画質の1296Pで録画できます。

また、夜間には増感してモノクロモードになるため、ミラーよりも見やすくなると思います。更に、夕陽や浅日が反射して見にくい場合は本体下部の電源スイッチをオフにすればミラーになります。(録画はされています)

 

 

 

 

タッチパネルと動作シャッター付きのドライブレコーダーV10(VANBAR)

以前にも、同様のドライブレコーダーを紹介しましたが、更に改良されて使いやすくなったので紹介します。

R0061146

パッケージです。

R0061155

基本、こちらのV10のみを購入すればフルセットで入っているので追加購入は必要ありません。

あおり運転抑止力の後方録画中シールも入っています。シールだけ貼っている車も見かけますが(^^;

R0061148

詳しい日本語マニュアルもあるので、初めての方でも使いやすいと思います。

R0061149

本体正面。カメラ風デザインです。最大で前後とも2K(1080P)の高機能カメラです。

R0061150

カメラ上。左から後部カメラコネクタ。GPS兼用のマグネット式着脱バー合体ユニット。Wi-Fi同期ボタン。電源ボタンとなっています。

Wi-FiはiPhoneとスマホのアプリケーションをダウンロードすれば、画面を見たり保存することができます。速SNSに投稿する事も可能です。

R0061151

背面は画面のみになります。タッチパネルでメニューなどはタッチパネルで操作します。物理スイッチは入っていません。液晶パネルは、3inchのOLED(有機EL)となっていますので、画面が明るいです。

また、録画中はメニュー操作ができないので、設定変更したい方は、録画中のアイコンを止めて操作します。

R0061152

左側にmicroSDのスロット(32GBの東芝製microSD同梱;但し日本でのサポートはありません)と、長期間停車するときに車の監視モードを使うようにモバイルバッテリーで電源供給ができるようになっています。本機では500mAhの簡易動作バッテリーがありますが、数日注射する時にはバッテリー切れになるときに使うと良いと思います。

ただし、背面液晶パネルを常時点灯すると、過放電してしまう可能性も高いので、背面液晶パネルはオフにして監視するようにしましょう。

そうしないと、バッテリーが過放電して充電不可になってしまいます。

R0061153

下面、下面には動作センサースイッチ(静止画シャッター連動)とマイクがあります。他のメッシュ部分は放熱用になります。

ご使用の際にはフィルムを剥がしておいた方が、センサー感度が高まります。

何かあったときにドライブレコーダーの下部で左右に手を振ると自動でスチル撮影してくれます。(後部カメラも連動させておくと前後とも撮影してくれます。)

R0061156

こちらが標準画面。表示を選ぶことができます。GPSが支柱+電源に連動しているので、GPSを拾うと速度表示も出て来ます。

エンジンをかけると、自動に起動しますので安心です。

アイコンは、左から、動作感知(画面前を横切るなど)、Pは駐車監視モード、車が斜めになっているのは、ぶつけられたりドアをこじ開けようとするときの胴体センサー、アンテナはGPS受信モード。microSDカードが入っている表示、音声はタッチパネルや選択の時にピーピー言う奴。電源は購入直後なので充電中となっています。

R0061209

アイコンは、Amazonから購入するとたぶん最初から日本語設定になっていると思います。

アイコン上から、解像度、ループ録画の時間(1分、3分、5分、カットなしがあります。ネットにアップするなどの場合は1分がよいかな)また、切れ目なく録画できます。リアカメラの胸像かカメラの表示のままかになります。

下段、GPS受診状況、音(タッチパネルや選択時のピーピー言うか無音か)、言語設定。

R0061210

因みにGPS受診状況。これを受信できると速度の記録や、北緯・東経などの座標がデータに記録されます。

別途ダウンロードが必要な動画ビュワーを見ると、地図と連動して表示してくれるので、旅の記録などにも使えます。

R0061211

画面二つ目、時計設定(購入直後は出荷時:製造時の時間になっている)、GMTは世界時計の設定。駐車監視モード(オンオフ)

動態感知(カメラの前を横切ると自動で記録される)、Gセンサー(車体揺れ感知)、時差記録モード(数秒ずらして記録する。なので、停車中に追突されて衝撃があってもその前の数秒もしっかり記録、ロックされます)

R0061212

WDRは、ワイドダイナミックレンジのことで、逆光や曇りなどに標準では白飛びや黒潰れなどを防止するものです。スピード単位は、ワールドワイドなので、km/Hかmile/hかです。日本の場合Kmなのでそのままで良いと思います。画像が転用されないように信号を入れておくものです。(たぶん)

R0061213

ナンバープレートは、ナンバーをわかりやすく記録するものですが、海外と違って日本のナンバーには対応していないと思います。

周波数。ご存じのように、日本は富士川~糸魚川を挟んで東が50Hzと西が60Hzとなっています。お住まいの地域の周波数に合わせておかないと、旧式の信号ではどれも真っ黒に記録される可能性があります。最近のLEDでは点滅して写りますのでたぶん大丈夫です)

 

スーツケースカバー(^0^)

海外旅行に行くと、同じようなスーツケースが多いのと、特にRIMOWA(リモワ)のアルミスーツケースは、乱暴に扱われることが多く、ボコボコのズタズタにされます(T-T)

そのために、スーツケースカバーを導入しました。

20190508-125309

こちらがかみさんよう。

20190508-125344

こちらが私の、私のは大きいので可愛いのがない。

なんか、見た目赤ちゃんのロンパースみたいな(^^;)

20190508-125646

これが着せた所。(事情があって返品=ほつれ)

20190508-125649

こちらが私の。

20190508-125710

並べたとこ。

荷物を受け取るところで、遠くで見ていてもうちの」スーツケースとわかるのが良いです。

海外旅行のサブバッグに、折り畳みトップオープンリュック(MOBUS)

最近では普通に入手できるようになったMOBUSのバッグ類ですが。

R0059998

文具店のバーゲン、3割引で購入(^^;)

R0060014

セカンドポーチくらいの大きさ(小ささ)

R0060018

広げるとリュックになります。

R0060019

わさわさ広げます。

R0060021

こちらが、ボトム部。ボトム部はちょっと記事が厚めになっています。

R0060023

広げたところ。(上から三つ目の開いた所が背中に見えるようになります。

R0060024

上下に、小さいポケットがあるので、チケットなども入れられます。(但し海外の倍はこのような部分はスリの標的になるのでご注意下さい。)

R0060029

このような感じでリュックになります。

普段バッグに入れておいて、海外で買物した時にカバンに入らない時に予備バッグやエコバッグとして使うのが良いと思います。

R0060032

背中の黒いベルトは、スーツケースのグリップに固定できるもの。

20190509-170610

こちらが、スーツケースに入れた所。

20190509-170617

横から。

こちらとても軽い素材でできているので、便利です。

あと、今回行ったオランダは、日本以上にエコの国で、レジ袋は完全有料なので、買物などに持って行くのもアリだと思います。

 

長時間のフライトが楽になるフライトシート

ファーストクラスやビジネスクラスをよく利用する方には縁遠い話ですが、エコノミークラスを利用する人にとって、10時間近くの移動に、狭い座席はかなり厳しいものがあります。

幸い今回は多少座席の前後に余裕があるエアバスA380だったのと、最後部だったり隣が空いていたりなどと楽ができる席でしたが、それでも席がチープなのには変わりありません。

今回(5月)オランダに行く時に導入して重宝したのが。

20190505-084656

こちら。

20190505-084701

何が疲れるのかというと、椅子があたる部分の足が長時間座って居ると疲れてくるのです。それを多少和らげるグッズになります。

20190505-084718

広げるとこんな感じ。

空気枕のようなものです。

20190510-062909

こんな感じで装着します。

20190509-214017

すると、オットマンみたいな感じになるので、長時間のフライトでも楽になります。

また多少空気を減らして、二つ折りにして、背中に当てると背中が楽になるという優れもの。

 

同じものは出て来ませんでしたが、にたようなものはありました。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07QG5NKNN/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=niftycom073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07QG5NKNN&linkId=9ddf91c8860fc9d8f584ac5d3406f0ad

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=niftycom073-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=B07QG5NKNN&linkId=9363d8a34c79ff425358a06270fa8842&bc1=000000&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
</iframe>

リンクがうまく表示できないので、「飛行機 クッション 長距離移動でも腰・お尻に優しい 飛行機快適グッズ (40×40×55cm)」で検索して下さい。


 

オランダ・ベルギー顛末記 その24 番外編 ペットとおまけ編

色々な国を見ているとその国のペット事情が良くわかります。

イタリアでは、ペットを散歩に連れて行くのは良いのですが、誰も(ほとんどの人が)糞をそのままにしています。なので、有名な観光地でも大聖堂の周りでも、写真や景色に夢中になっていると、糞を踏んでしまうことが多いです(^0^)気をつけましょう。

その点、スペインもオランダ・ベルギーも、ペットを大切にしていて、糞もちゃんと持ち帰るので安心です。

スイスは、町や公園のあちこちに、ペットの糞用のゴミ箱があります。

P5110175

強面の兄さんたちもちゃんとペットのリードをつけて散歩させています。

ちなみに、ファッションが日本の冬のファッションですが、5月中旬でも15~6度と寒いので、みんな暖かい格好をしています。

Dscf8013

オープンカフェでもペットはお利口に座っています。このゴルちゃんは凄く人が好きで、観光客が通る度に、おなか見せてくちゅくちゅして~とポーズを取っていました。

P5130649

庭に放し飼いされているラブちゃん。

最後に、日本語風だけど変なブランドのショップを。

Dscf7648

極度乾燥しなさい。って日本語で書いてあるけど、文法おかしなブランド。

地元で人気なのか、それとも欧州で人気なのか?結構すれ違う人の背中のタグというか、ブランドロゴを見かけました(^0^)

恥ずかしくないのかな?帰ってきて調べたら、イギリスのメーカーらしいです。(^0^)

以上オランダ・ベルギー顛末記は終わりです。

長い間ありがとうございました。

オランダ・ベルギー顛末記 その23 番外編 その他交通編

まだ引っ張るか(^0^)

20190512-135532

オランダとベルギーは、基本平坦地が多く、それも海抜0mかそれよりも低いところが多いです。

従って、あちこちに運河が発達しています。

20190512-140229

平底船で大量に荷物を運びます。

20190512-135644

遊覧船や、本編で紹介したように、各地で運河クルーズが行われています。

20190514-115528

また、本編でも書きましたが、両国とも自転車の利用率が凄く高いです。

Dscf7768

面白いのは、自転車専用の信号機があるということ。日本では見たことがありません。

Dscf8746

この量(^^;)しかも

みんな高速でぶっ飛ばしてきますので「ぼーっとしてんぢゃねぇよ!」とチコちゃんに叱られる!ます(^0^)

Dscf8658

エコの町、ドイツに近いこともあって町の各所に電気自動車の充電スタンドがあります。

また、イタリアやスペインでも感じましたが、距離がm(メートル法)表記なので、すごく標識がわかりやすいです。

Dscf8676

まちの観光名所の案内表示もアイコンを含めてわかりやすいのも良いです。

時計は、ドバイもそうでしたがロレックスだし(^^;)

Dscf8689

こちらの標識も凄くわかりやすいです。

Dscf8618

風車の国から、風力発電の国へ。

オランダ・ベルギーは、随所に巨大な風力発電装置が延並んでいます。

電波障害大丈夫かな?とか思っても、ほとんどが牧草地か畑なので大丈夫なんでしょう。

Dscf8599

二枚羽のものと三枚羽のものがあります。

Dscf8593

気になったのが、イタリアやスペインもそうでしたが、送電線がきゃしゃなこと。

Dscf8592

その辺みても、日本とは随分違います。

続きます(^0^)

オランダ・ベルギー顛末記 その22 番外編 電車編

電車編です。

Dscf7542

オランダ・ベルギーは、トラムと呼ばれる路面電車が縦横無尽に走っています。

そう言えば、スペインもそうだったな。

20190514-104551

こちらは、アムステルダムのトラム。

20190514-111454

これはバス(^0^)まぎわらしいわ。

20190514-111503

こちらはトラム。

20190514-113315

駅は短い間隔であるので、庶民の足てきな使い方をしているようです。

Dscf7743

こっちはトラムというより、国鉄みたいな感じ?ベルギーのもの。

20190512-183132

これはオランダの電車。二階建てだけど普通チケットで乗れるらしいです。

20190514-102825

ディーゼル?

20190514-115811

こんなカラフルなものもあります。

が、私的には詳しくないので(^^;)

 

 

 

オランダ・ベルギー顛末記 その21 番外編 その他の車

オランダ・ベルギーは、エコというか、あちこちに電気充電スタンドがあります。(無償かどうかはしりません)

Dscf8095

これはキューケンホフ公園の充電駐車場。

20190514-103032

小さめのBMWバイク。かわいい。

Dscf7637

イタリアやフランスでも良く見かけましたが、バイクの寒さ避けカバー。

これ。日本でも売れば良いのにと思います。5月でも上着(ダウンジャケット)必須でしたから。

Dscf8643

ヤマハのバイク。

Dscf7964

観光地のオープンバス。

Dscf8700

ユトレヒトの二連バス。

Dscf8701

こういう小型バスも多いです。

 

«オランダ・ベルギー顛末記 その20 番外編 日本車事情

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ