HT2150ST その3空の大怪獣ラドンBD編 #BenQアンバサダー

BenQプロジェクターのモニターで、色々試してみています。
今回は映画を早朝から朝日が昇るまでの見え方についてどんな感じになるかやってみました。

R0051897_2

試したのは、東宝特撮Blu-rayで数少ない高評価を得ている、空の大怪獣ラドンのBlu-rayです。

R0051898_2

こちらが裏面。
ラドンとフランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラは、Blu-ray化で綺麗になったので評価が高いです。
他の作品は今一ですが、それは追って紹介します。

Dsc_0035

こちらが設定画面。
フルサイズ表記ですが、私が産まれる遙か前の今から61年前の1956(昭和31)年の作品なので、テレビサイズというか4:3風の画面です。

Dsc_0038

四隅が切れているので中央のみの映画です。
61年前の作品とは思えない綺麗な映像。

Dsc_0041

うん、これだけ綺麗に投影できれば満足です。

Dsc_0055

前半はサスペンス調の映画で、誰が殺人犯かというのが主題で、全体的に暗い画面の中で連続殺人が続きます。
犯人は、こやつ「メガヌロン」と呼ばれる怪獣。

この辺くらいから外がピーカンになってきて、画面が薄くなってしまいました。

Dsc_0085

中盤から、ラドン出現。ここからは明るい映画になります。
ちと薄いですが、そもそも、プロジェクターに光が入っているように。
カーテン越しに結構光が入っています。
リビングなので、完全遮光カーテンではないので。

Dsc_0090

60年前の主力戦闘機はセイバーF86F、米軍が朝鮮戦争で大活躍した戦闘機。

Dsc_0309

同じような絵をモニターで再生して撮影。
これだけ明るくて綺麗です。

Dsc_0094

佐世保の街並み。
結構賑やかです。

Dsc_0303

同じ絵をモニターで撮ってみました。
別の日に、暗い中再生したのですが、それだとこのくらい鮮やかに映りました。

夜試聴編に続きます。

こちらが紹介したもの。


復刻版DVD名作セレクション。

短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー

BenQさんからお借りしているプロジェクターを設定したので紹介します。

Dsc_0019

設置を始めようとしたら、電源入れちゃったので(汗)

Dsc_0020

ちょっと見にくいですが、まず最初にどういう形で設置するか設定します。
天井に吊すのか、背面から投影するのかなどです。

Dsc_0021

初回のみ言語設定を聞いてきます。
さすがワールドワイドのメーカーBenQさんです。
かなりな言語設定ができます。

Dsc_0022

初回は、枠がちゃんと出てくれるのでキーストーン(台形補正)が楽にできます。
画面幅は2.2m位。概ね99インチ相当(汗)惜しい。

Dsc_0023

自動ソース探知。デフォルトではオンになっています。
基本的には自動で良いと思いますが、スタンバイからの復帰など結構切り替えられたり、ディスク読み込みなどでオンオフが頻繁になったりするので、邪魔と思う方は手動で設定した方がよいと思います。

Dsc_0026

ぼけてますが、色々な設定ができます。

Dsc_0028

システム設定ほか全部で5つのメニューがあります。
一度設定してしまえば特に見るものではありませんし、設置時のデフォルト設定でほぼ満足がいく投影ができるので、あまり見ることはないと思います。てゆうか見なくても良いし。
会社などで、頻繁に持ち歩くのと、投影する場所がホールや会議室などを行き来する人は設定を変える必要があります。

Dsc_0031

基本的にはHDMIだけで使えます。
右側は外付けスピーカー端子ですが、昔に比べて、音を小さくすることができるようになったので外付けスピーカーは不要です。
左右のドット部分がスピーカーになります。
左右とも製品購入時にはフィルムで保護されていますので、使用時にははがしてご使用ください。

試聴編に続きます。

短焦点で大画面HT2150ST その1開封編 #BenQアンバサダー

BenQさんの新型プロジェクター、ホームシアタープロジェクター(短い距離で大画面を実現できる短焦点タイプ)HT2150STのモニターに選ばれたので、暫く使ってみましたので紹介します。
本記事はBenQアンバサダーモニターに参加して紹介しています。
選択肢はいくつかあったのですが、あまり遠くにプロジェクターを設置できないために短焦点タイプのHT2150Sを選びました。

R0051938

箱はでかいです。

MHL:アンドロイド用の高品位出力対応
Cinema MasterAudio:DTSなどの映画館などで使われている高品位音声出力対応。

R0051940

10w×10wスピーカー搭載
1.5mで100インチ相当
とまあ、凄いマシンです。

R0051944

お高い版なので、鞄が付いてきています。

R0051945

前面ポケットの内容物。
左から、肩掛けベルト、電源、リモコン、取説とCD類
となります。

R0051946

こちらがリモコン。
汎用かな?最近のBenQプロジェクターに付いてくるものとほぼ一緒だと思います。

R0051947

リモコン拡大1
電源、ライトというのは後述
各種設定。

R0051948

本体と同じ機能が使えます。
キーストーン(画面補正)やボリュームなど。

R0051949

リモコン機能。
下段は明るさやモード変更、コントラストなど各種調整ができますが、ほとんどデフォルトで良い感じで写るので特に設定するとしたら、明るい場所などでの輝度アップなどでしょう。

R0051950

こちらが、ライトを点灯させた状態。
暗闇でもどのボタンかわかるバックライトなので、わかりやすいです。

R0051951

上からみたとこ。
全体的に丸みを帯びたデザインになっています。

DLP方式(デジタル・ライト・プロセッシング)で、映画館の投影にも採用されているとのこと。

R0051953

リモコンとほぼ同じで、特に操作体系にはコマラナです。
以前は9つボタン方式でしたが、使い勝手が良くなっています。

R0051954

背面コネクタ。

R0051955

右側にはAUX端子があり外付けスピーカーが使えます。
但し、以前に比べてスピーカーの音を小さくすることもできるようになったので、使わなくても良いと思います。

R0051956

パソコンのアナログ端子、ミニB、USBもあります。
3Dにも対応しているようですが、家に3Dを出力できるマシンがないのでわかりません。

R0051957

HDMIが2つあり、うち1つはAndroidの出力ができるMHL対応となっています。

R0051960

正面から。
シンプルな構成になっています。
写真左側は放熱ファン用のスリット。

R0051961

会社の廉価版マシンと比較。
大きさが全然違います。

R0051963

ぼけてますが、少し前のBenQプロジェクターのボタン類はこんな感じでした。

 

こちらが今回紹介しているもの。

こちらが会社で持っている物の後継機。

海外版ダーティハリーコレクションその2閲覧編

さて、昨日紹介したインポート版ダーティハリーコレクションですが、再生してみます。

P2090001

リージョンALLなので、入れた途端に日本語の注意書きが出て来ます。
そうでないもの、ジュラシック・パークなどは、入れると言語の設定が出て来てそれを日本語にすると、注意からメニューから全部日本語対応になります。

P2090003

こちらはお約束の画面。

P2090004

いきなり始まります。
昔懐かしい1970年代のワーナーのロゴ。

P2090005

デフォルトでは、日本語字幕になっています。
ちゃんとこの時点で字幕が出るのが良いです。

P2090006

めっちゃ綺麗だ。
でもって、ポップアップメニューも日本語になっています。

P2090007

この状態で、音声を日本語にして字幕はオフにしても大丈夫。

P2090008

当時の映画にしてはめっちゃ解像度高いです。
流石Blu-ray

P2090010

このあとお姉さんが狙撃されて・・・

P2090013

サンフランシスコ市警のキャラハン刑事の登場\(^o^)/

P2090015

最初のタイトルがダーティハリー

P2090020

オープニングは一切しゃべりはありません(^^;
狙撃されたと踏んで、プールが見える高層ビルを一人で探るのが良いです。
普通は二人一組なんすけどね。
ああれは、巡査か。

P2090021

音楽はラロ・シフリン。燃えよドラゴンなど、ジャズ風の軽快なサウンドトラックを提供しています。

P2090025

殺人予告を発見。

P2090026

サンフランシスコ市長への脅迫ということで、重鎮の会議の後に呼ばれるハリー。
ここで山田康雄さんの初音声。
クリント・イーストウッドよりもハリーっぽい(笑)

P2090032

いつものハンバーガーショップ(店名はハンバーガー)で、いつものヤツとホットドッグを頼むハリー。
ついでに銀行強盗が起きているから警察に電話してねと頼む(笑)
この辺の感が鋭い。
食べようとしている時に、銀行から非常ベルが鳴って・・・

P2090033

ハリーの登場。
44マグナムは、車も止められる(^^;
あ、運転手一撃ね。

P2090036

この辺がカッコイイ(笑)

P2090039

最初にぶっ飛ばした犯人のところに向かう。

P2090041

で、得意の台詞。
慌てていたので何発撃ったか忘れちゃったけど、抵抗するか?的な。
カッコイイ(笑)

と言うわけで、出だしから最期まで見させてくれます。
美味しいところだけでおしまい。


興味がある方はレンタルするか、Amazonビデオで見るか。

高品位なら、インポートのが低価格で5枚組が買えます。


 

こちらは日本版でお高いです。

こちらが紹介したもの。が日本のAmazonでも買えます。
金額はアメリカから買うのとそんなに変わらないのでは?

因みに、バック・トゥ・ザ・フューチャーもジュラシック・パーク3本パックも海外から買いましたが、
いずれも日本語吹き替えと日本語字幕入ってました。
数倍安く買えるので、海外版もオススメです。

海外版ダーティハリーコレクション日本語字幕と山田康雄さん吹き替入

日本版のダーティハリーBOXって、日本語字幕しか入っていなくて、それなりのお値段なんですけど、インポート版というか、USAmazonから買ったものには、テレビで放映した当時のルパンの声で有名な、山田康雄さんのハリーの吹き替えが入っていました。
これはラッキー。

R0052035

アメリカらしい、ちゃっちぃ作りのボール紙に入っています。

R0052036

こちらが裏面。
5枚組なので、結構な厚みがあります。
もちろん、海外版なので全部英語。
でもこのくらいはわかると思います。

R0052037

ハリー・キャラハンといえば44マグナムということで。

R0052038

良い感じでタイトルが付いてます。

R0052040

箱から出すと2つケースが付いています。
左が4と5、右が1~3
だんだんハリーの額ががはげ上がって(゚゚ )☆\ぽか

これがまたちゃっちぃ(笑)・・・粗末というかぼろいというか。
CDもそうですが、日本みたいにしっかりした素材で作ってないんです。

R0052041

こちらが盤面なのですが。

R0052043

JPNという文字が見えます。
それって日本?o(^-^)oワクワク

R0052044

どれにもJPNと書いてあります。

R0052047

しょぼいはずです。
爪が全部折れてます(^^;

R0052050

こんな爪の残骸も出てくるし。

まあ、盤面に傷が付いていないのが幸いです。

と言うわけで、試聴編に続きます。

 

こちらは日本版でお高いです。

こちらが紹介したもの。が日本のAmazonでも買えます。
金額はアメリカから買うのとそんなに変わらないのでは?

因みに、バック・トゥ・ザ・フューチャーもジュラシック・パーク3本パックも海外から買いましたが、
いずれも日本語吹き替えと日本語字幕入ってました。
数倍安く買えるので、海外版もオススメです。


Android用CDプレーヤーその3外付けDVD編(ロジテック)*minpos #Logitec

昨日紹介したミニBーUSBケーブルを使って外付けDVD(リーダーライター)として使ってみました。

With PORTABOOK

R0052029

まずは話題の?ポータブックと。
見た感じ強そうですが。

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

R0052030

ご覧のとおり。

R0052032

起動時には、普通に点いたのですが。
ポータブックの場合、非力な電力なので、外付けバッテリーで増設するか、電源を繋げないと使えませんでした。

他のマシンだと、パソコン用のUSBでも、たいがいバスパワー対応しているので、単独使用でも使い勝手が良いようです。

常時AndroidマシンでCDを読み込んだりすることがない分、寝かせておくだけではもったいないので、最近の外付けDVDとして機能するのは大変良いことだと思います。


USB2.0AオスーミニBケーブル(Amazonベーシック)

ふとあることを思い立って、USBminiコネクタがどこかにあると思ったのですが、なかなかないのでポチってみました(^^;
最近では、microUSBが主流になりケーブル箱には大量にmicroUSBコネクタのものは大量にあるんですけどね。

R0051994

Amazonベーシックの0.9(90cm)のものです。
もっと安いものもあったのですが、なんせ合わせ買い対象商品ばかりなので。

R0051995

USB2.0AオスーミニBケーブル
とゆうらしい。

R0051996

ちゃんと金メッキしてるのが良い。

R0051997

こちらが昔懐かしいミニBとゆわれるヤツ。

R0051998_2

こちらが普通のコネクタ。

どんな物に使うか、そろそろ感づいた方もいらっしゃると思いますが。
かみんぐすーんでございますですよ。

Android用CDプレーヤーその2Android使用編(ロジテック)*minpos #Logitec

さて、使用編です。
今回はできたかできないかも含めて紹介してみたいと思います。

AndroidのGoogleストアから、Logitec CD Pipperをインストールします。

R0051992

パソコンのように見えますが(^^;
Xperia Z4Tabletです。

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

R0051999

できるか試すために。モバイルバッテリー2.1A対応を使ってみました。

R0052000

こんな布陣(^^;
パソコンみたいね。

R0052001

インストールされたアイコン。
右は以前お試ししたDVDビュワー

すんません。なんかこのアプリは縦対応です(^^;

R0052002

まず最初に、電源の最適化をしないみたいな設定をしなければ先に進まないようになっています。

R0052003

瞬時にPDFに切り替わるのは好感が持てます。

バッテリーの設定でアプリをオフにしろっていう切り替えって初めて見たかも。

R0052004

最初、これで見ても、あXperia だから違うんだと思ってなんどかやってみたら。

R0052005

設定を変えるところが出て来たので、これをチェックしたら警告は出なくなりました。

R0052006

相変わらず横向きですが、
警告出ずに、アプリがちゃんと起動しました。

ここから、動かない地獄が(^^;

R0052007

対応したUSBデバイス、またはWi-Fiデバイスを接続して下さい。
と出て、無限ループ。

R0052008

電源切って接続しなおしたり、何度もやってみましたが、ダメです。

R0052009

3回目のエラー
(^^;
もしかして壊れてるんぢゃね的なことが頭をよぎりましたが、パソコンとは繋がるので、壊れている訳ではない。
と思って、Xperia Z4を諦めて。

Xperia Z3TabletCompact にスイッチ。

R0052012

警告(^^;

R0052010

お!これは期待できる。

R0052016

お~、やっと動き出した。

R0052018

一応、アクセスを許可しますかと聞いてくるので、OKに。

楽曲を探しに行く、Gracenote。

R0052020

偉い。
先日紹介した、日本未発売のサイレントランニングのサウンドトラックを見事読み込み始めました。
因みに、CDプレーヤーとしても使えるし、Ripperとあるようにリッピングして母艦に録音してくれることもあります。

※Xperia シリーズの場合、ミュージックアプリ(以前はWALKMANという名称だった)が搭載されていますが、どうも本機とは互換性がないらしく。
録音したマシンを別のアプリフォルダには入れられない、外付けSDのミュージックファイルとは別の本体に記録されるなど、使い勝手はいまいちです。

但し、Xperiaシリーズ以外を使っている人は普通に使える可能性はあります。

R0052021

Xperia Z3もZ4も横にしてステレオ音声になるので(Xperia Z3Compactのスマホも)、画面が横を向かないのがちょっとあれですが。
ステレオとして聞くならこうしないと音の広がりがおかしくなるので。・・・

再生モードだとこんな感じ。

もしロジテックの関係者の方がご覧になっていただければ、アプリの横向きに対応してくれると嬉しいです。

R0052022

読み込みが完了した音楽。

R0052023

録音開始ボタンを押せば録音してくれます。

R0052024

デフォルト(標準設定)でエンコードしてる。

R0052025

読み込みの状況でバーが右に進んでいきます。

R0052026

リッピングするのにもそれほど時間が係りませんでした。

R0052027

マシン内に保存された音楽。
これを再生することもできます。

日本のCDで比較的普通のヤツだとジャケットも探して読み込んでくれると思います。
すんません、私は変態なので、クラシックかジャズ、サウンドトラックくらいしか持ってないので。
しかも海外版(゚゚ )☆\ぽか

別の体験に続きます。


Android用CDプレーヤーその1開封編(ロジテック)*minpos #Logitec

パソコンがなくてもAndroidスマホに音楽が入れられるスマホCDプレーヤーです。
型番は、LDRW-CDPLABKになります。

みんぽす/WillViiさまの応募に当たって、いただきました。(いつもはお借りするものですが)

最近の若者のみならず、普通世代の人たちから高齢者まで、スマホ全盛時代になりました。
そもそも、ガラケー(フューチャーフォン)が各メーカー3機種あるかないかの時代ですから。

また、スマートフォンの普及に伴い、パソコン持たない世帯も増加。
こちらが行っている仕事での市民アンケートも、以前は結構パソコンを持っていた人が多かったのですが、最近はほとんど持たない人が増加しています。
とゆうわけで、昨年末くらいに、iPhone(iOS)を本体でアップデートさせようとしたら、多くの人がエラーになって、復活させるにはパソコンのiTunesに接続して下さいといわれて、パニックになったのがパソコンを持っていない家が増加したことを如実(にょじつ)に表しています。
そもそも、Androidケータイは、昔からスタンドアロン(本体そのまま)で使えていたのですが、iPhoneやiPadは、母艦のiTunesに接続しなければ使えなかったのが、時代の流れで、アップデートくらいは本体でもできるようになったのが、つい数年前の話。

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

閑話休題。
今回紹介するCDプレーヤー、iPhoneは非対応ですが、Androidマシン(含む一部のタブレット)に対応した物です。
なんでiPhone非対応かは後述。

R0051964

至ってシンプルなパッケージ。
ちゃんとgracenoteのライセンス済みとなっています。
gracenoteって、CDの情報から、楽曲などを探してきて曲名、やアルバムタイトル、収録年、歌手・演奏者名をダイレクトに曲ファイルに記録してくれる優れたサービス。
iTunesよりも、WALKMANのMediaGoのアプリの方が、アルバムジャケットを探してくれる率が高い。というのもgracenoteさんのおかげ。

箱だけでまた余談になってしまった。ヾ(^ )コレコレ

R0051968

こちらが同梱品。
マニュアルとACアダプタ、ケーブル類。

R0051969

家ではこちらを使った方が確実。

R0051970

上が電源、下がCDプレーヤーとAndroidマシンと接続するケーブル。

R0051971

こちらが、マシン本体。

R0051972

ちょっとびびっと来る点があって、みたらウルトラスリムオプチカルドライブとあります。

R0051973

トレイを見ても「おお~」てなる。

R0051974

DVDマルチレコーダー\(^o^)/ワーイ

R0051981

しかもCompact Discリライタブル。
最近使わないけど、CDの書込もできるよってヤツ。

R0051978

DVDRWも対応。

て、普通の外付けDVDや。

R0051982

取説に対応メディアって書いてあった。
うん、まんま外付けDVDですね。
これは別の意味でも嬉しい。

MBAもDELLのXPSも、スリムで光学ドライブ非搭載だったから。

R0051983

とゆう訳で、最初にパソコンに繋げてみたら、普通に使えました。

R0051977

ここで、iPhone非対応というのが、こちら。
USBミニコネクタ搭載。先端はmicroUSBですから。
これで、UniversalドックコネクタがあればiPhoneでも音楽送れそう。

続きます。

こちらが今回紹介している物。

こちらはiPhoneやiPadにも対応できる無線LAN搭載モデル。(以前紹介しました)

iPhone6sの初期不良交換で・・・(^^;

昨年の秋にiPhone6sの初期ロットで、バッテリーというか突然切れて再起動するという挙動不審な動きがたくさん伝えられて、初期ロットのみ診断サイトというのがあって、先週末2月3日の朝一に集荷されて、待てど暮らせど反応がなかったのですが、問い合わせしてみようと思ったら7日に受取という表示が(^^;
おいおい。
普通は郵便でも東京までなら普通郵便でも翌日着くのにどういうわけだと思っていたけど。
まあ、仕方ない。8日に修理して発送。9日に届きました。
でも、復元データとSIMを会社においてあったので、会社でやったのは良いのですが・・・

R0052051

こちらが戻ってきた物。

R0052052

開けたらマトリョーシカっぽい(笑)
たぶん、iPhonePlusにも対応した箱かと。

R0052054

出してみました。

R0052055

封印されています。
番号は送ったときと同じ。

R0052057

修理の受付番号も同じ。

以前のように他人の物が間違ってくるというのは今回なかったのでまあ、今回は許してやるわ。(゚゚ )☆\ぽか

R0052058

綺麗です。

R0052059

裏に貼ってあった、保護シールはなくなっていました。
残念。
まあ開けるときに面倒だったので剥がしちゃったんでしょうね。
出荷用のフィルムは貼ってありました。

R0052060

バックアップからの復元は特に問題もなく粛々と(笑)
まあ128GBモデルで50GBは残ってるのですが。
それなりに復元に時間がかかります。

R0052061

50分になったり1時間になったり、1時間が2時間になったり、不安定です。

R0052062

その間に、以前キャンペーンで当たった保護ガラス貼ります。
前は0.5mmでしたが、今回は0.21mmの方。

R0052063

こんな感じ。

上手く貼れましたが、悲劇はここから(^^;

以前は、機種変でバックアップから復元したので、特に問題なかったのですが、今回は何故か初期状態からという感じで、オールリセット(^^;
アプリや色んなものは元に戻りましたが、なぜか設定がなんも戻らず。

一部のSNSは認証ができずに復活できなかった(T-T)

皆さん、色んな設定は事前に送る前に他のマシンで認証させて使うようにするか、マシンから削除して登録しないと登録できなくなる可能性があります。
ご注意ください。

あと、電子書籍アプリも一旦認証解除しないと1カウント減ります。orz

メーカー送りにするときに、iPhoneを探すは設定を殺したんで良かったというか殺さないと予約できない(笑)
ので良かったのですが、他のに気づきませんでした。

«海上自衛隊カレンダー

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ