最新のAptX LL(低遅延)に対応したQ12Plus(soundPEATS)

低遅延apt-X Low Latencyに対応したので、保護して見ました。
但し、マシンiPhoneやAndroidでも、対応している機器は少ないので、アップデートによる対応を待つ必要があるものが多いと思います。

R0059171

箱です。
特徴としては、Bluetooth5.0とバッテリーの持ち時間が9時間となっています。

R0059173

裏面にも特徴があり、防滴機構、それと今回Q12Plusとなった特徴AptX LLへの対応となります。

R0059176

内容物、本体、ケース、アクセサリー、取扱説明書。

R0059178

アクセサリー類は、イヤフック、イヤピース、ケーブルの取りまとめ用、カラビナは、ケースをカバンなどにひっかけるものです。

R0059180

こちらがケースに入っていたものです。
左が充電用microUSB。右が本体。

R0059181

ヘッドセット部の背面が磁石になっていて、使わない時には首の間で落ちないように結合しておくことができます。

R0059182

背面には、珍しくsoundPEATSロゴがありません。

R0059183

リモコン部は、従来とは若干デザインが違いますが、基本的に操作内容は同じです。
+:ボリューム増、長押しでスキップ。
ー:ボリューム減、長押しでリバース(曲頭に戻す)
中央のいわゆる再生ボタンに当たるところは、マルチファンクション機能があって、
長押しで電源オン、オフ、ワンタッチで、再生、停止・電話時には受話、終話となります。
真ん中の小さい丸は、マイクになります。

R0059184

技適マークもちゃんとあるので安心して使えます。

R0059186

充電は、リモコンの横で行い、充電中は赤。

R0059189

満充電になると青くなります。

R0059188

取扱説明書は2歩ので書いてあって、ちゃんとコーデックの所にはAptX LLの表記があります。
AptX LLがちゃんと動作しているかですが。

R0059193_2

トランスミッター経由で確認してみると、ちゃんと受信側がLLにランプが点いていますので、確認できます。
私はゲームをやらない人なのであれですが、低遅延型のAptX LLは、1万円以上の高級ヘッドフォンには搭載されていますが、普及クラスでは、本機を含めまだ少ないのが現状なので、深夜ゲームをやる人などにはおすすめです。

本末転倒の使い方ですが、AptX LLが動いているか確認するために、こんな使い方をしてみました。
ちゃんと機能していました。

ただ、iPhoneだから使えないとか、Androidの古いマシンだから使えないということはなく、
その場合、SBCやAAC、AptX、AptX HDなど、音を出す側の機能でちゃんと聞こえますから安心して下さい。

この価格で、AptX LLが付いているのは貴重です。


マルチコーデック対応、光入力端子がある トランスミッター レシーバーSPDIF Wireless(CASAFE)

夜中に音が出せずに天井映画館を見るとか、布団の横に置いたモニターで映画を見ることが良くありますが、そんなときに、遅延が発生すると違和感があるというか、見ていて疲れるので、可能な限り低遅延に対応したトランスミッターが欲しくなります。(そこまで神経質にならなくても良いと思いますが。

R0059163

大きさ的には、6.5cm角、47gなので、気にするほどの大きさや重さではありません。
普通の送受信可能なトランスミッター(TX,RXモードあり)と比べると一回り大きいのは仕方ありませんが、モード表示ランプが付いているのと、バッテリーで20時間以上持つというのが特徴になります。

R0059164

トップ写真の左手にあたる部分。
電源スイッチオンオフとトランスミッターモード(TX)とレシーバーモード(RX)の切り替えボタンがあります。

R0059165

トップ写真の右手にあたる部分。
リモコン的に使える場合は、左からリバース、スキップ、再生:停止、右端はペアリングとなります。

R0059166

トップ写真の上側部分
左から一般的なAUX端子(3.5φのステレオミニジャック対応)
中央左、光出力端子、光入力端子となります。
オーディオ機器やAV機器で光の対応ができれば、光経由の音声をそのまま飛ばしたり、受信したりすることができます。
右端は充電用microUSBコネクタ。

R0059160

同梱品
左から、取扱説明書(日本語あり)、トランスミッター本体、オーディオケーブル、AUXケーブル、充電用microUSB、光ケーブル。
と、最初から使いやすいように(追加が必要にならないように)なっています。

R0059162

使いやすいように、日本語マニュアルが入っていますので、安心して使えます。

R0059167

ちょっとシャッタースピードによる手ぶれがありますが。充電中のようす。
充電中は左上のカミナリマークが、赤くなります。充電が完了すると、消えます。

R0059168

標準で、電源を入れたところ。
RXモード、光コネクタ、ペアリングが点灯します。

SBCやAAC、APTX AptX LL AptX HDとそれぞれのコーデックに対応しているので、今接続している機器がどのモードで転送しているか(送受信リンクしているか)というのがわかります。

R0059193

こちらで言うと、トランスミッターモード(TX)、接続ケーブル(AUX:イヤフォン端子)
ペアリングした先の受信モードはAptX LL(apt-X Low Latency遅延防止用モード付き)となります。

R0059195

試しように使った怪しい組み方。
Blu-rayだとわかりにくいので、ストレートに。
左から、トランスミッター、BlackBerry keyone(Android)、リモートはHUAWEI Watch。
普通に聴いている分には特に問題があるかはわかりません。
音は普通にクリアに聞こえます。

似たようなものは多いので、2000円位の安いものからお高いものまで多数あるので、予算と使い道などから考えて探しましょう。

  

天井映画館 番外編ノストラダムスの大予言 海外版5枚組 その2

未発売のノストラダムスの大予言のスチル等を紹介しています。
昨日の続きです。

20181128_200132

公開時の映画館のようす。
千代田劇場。

20181128_200138

今は亡き日劇の宣伝(現有楽町マリオン)

20181128_200259

ここからは、ロビーカードなどのイメージスチル。
終わったら返すのね。

20181128_200305

映画館の待合や、外のケースに、こんな映画やっているよという宣伝の写真。

20181128_200311

赤潮発生のイメージスチル。

20181128_200317

地下鉄の異変

20181128_200329

ニューギニアの調査団。
巨大化する植物など

20181128_200353

宣材。

20181128_200359

清刷と劇場宣伝心得帖

20181128_200405

当時のチラシ。

20181128_200411

その裏面。

20181128_200417

割引券。今の半分のお値段。
同時上映がなぜか、ルパン三世念力珍作戦という、実写版ルパン。これちょっとエッチだったけどつまんなかった記憶が。

20181128_200423

裏面。

20181128_200435

海外版ポスター。

20181128_200441

海外版ビデオのジャケット。

20181128_200447

こちらは海外版DVDのジャケット。

20181128_200453

お蔵入りになった日本版DVD。

20181128_200459

たぶん、少ししか販売されなかったと思う。劇場公開完全版ドラマCD
(音源は、めっちゃクリアです)

20181128_200505

劇場公開完全版ドラマCDの裏面。

20181128_200715

純正版だと思います。映画のサウンドトラック。ステレオ音源。
今でも、冨田勲さんのサントラの一部を購入することができ。私も2枚持っていますが、こちらとは構成が違うように思います。

20181128_200531

記憶があまりないですが、こちらがパンフレットだと思います。

20181128_200537

田中友幸さんと監督の挨拶があります。

20181128_200549

こちらはパンフレットか。

20181128_200625

カラースチルもあります。

20181128_200619

日本沈没もアドバイスした、根本純吉気象学者の寄稿。

20181128_200655

こちらがパンフレットの裏面。
と、かなり本気に構成されています。
全部は載せきれないので、適当にみつくろって。

諸処の事情はあると思いますが、ここはぜひ「不適切な表現や描写が含まれますが、当時の時代背景、社会的状況、制作者の意図を配慮して、正規版を販売(もしくは有料チャンネルで放映)してほしいと思います。
こちらと、「獣人雪男」怪奇大作戦の「狂気人間」、ウルトラセブン「遊星より愛をこめて」について、一刻も早く解禁できることを望みます。

天井映画館 番外編ノストラダムスの大予言 海外版5枚組 その1

配慮すべき点があるとして自主的な放送禁止になっている東宝特撮映画に、獣人雪男と、ノストラダムスの大予言があります。
このほか円谷プロ(TBS)としては、ウルトラセブンと怪奇大作戦に各1話があります。
まあ、最近の作品のCGや激しい嫌悪感を催すスプラッターホラーなどに比べると、表現上の問題や差別を思わせるものはありますが、映像的にはそこまで嫌悪感をもよおすものではありません。
最近の映画(専門チャンネル等)では、「この映画には不適切な表現等がありますが、作者の意図、時代背景等を考慮し、そのまま放送いたします云々」とすれば、問題無いように思いますけど。(個人的な意見です)
ずいぶん前に、アメリカからボックス版があることを知り、購入したのですが、日本編ほか多くのものは海賊版でした。

R0053530

各国封入版。

R0053533

5枚入っています。うち1枚が特典ディスクでした。

まあ、結果多くが流出した海賊版と残念でしたが、少なくとも各国の映画はフィルムカウンターが入っているものではなく、ワイドスクリーンとなったものでした。
その中で1点だけ特典ディスクがあり、今までみたことなかったのですが、ふと再生してみたら、かなりな資料的価値の高いスチル等メイキングがありましたので、部分的に天井映画館として、問題のない範囲で紹介したいと思います。

20181128_195141

こちらが特典ディスクのメインメニューになります。
主には、イメージ、オーディオ、ビデオの3構成からなっています。

イメージ(カット写真類)
フィルムスチル、撮影素材、宣材、劇場パンフレットなどです。
オーディオ
ステレオ音源サウンドトラック、モノラル音源サウンドトラック、幻の劇場公開完全版ドラマCD
ビデオ
予告編、予告編2、世界公開版映像(こちらも流出版かと)がありました。

20181128_195158

ロビーカードなどのイメージスチル(合成版)

20181128_195220

地下鉄を襲う巨大化した植物群。

20181128_195238

消息不明になった国連調査団をニューギニア方面に探しに行って、巨大コウモリに襲われる救援隊。

20181128_195250

超音速旅客機SSTの成層圏での爆発により、オゾン層が破壊されるイメージスチル。

20181128_195314

南極の氷が溶けて海面上昇が発生する。

20181128_195338

大気汚染による、蜃気楼。
これは時々スチルで出てきます。

20181128_195833

カラースチルもありました。
渋滞する首都高の事故による爆発連鎖。

20181128_195839

大陸間弾道ミサイルの発射による人類滅亡(を警鐘する丹波哲郎の演説で出てくる未来予測)

20181128_195926

ロケの記念撮影(たぶん、夢の島の巨大なめくじ事件に協力した自衛隊員だと思います。

20181128_195932

赤潮が発生するというセットを作っている。

20181128_195945

地下鉄を襲う謎の植物、ピクトリアルスケッチ。

20181128_195938

ミニチュアセット。

20181128_200002

SSTの爆破シーンの撮影。

20181128_200008

右下は故川北紘一さんでは?

20181128_200014

爆発するコンビナートのシーン。

20181128_200032

事故による爆発連鎖を起こす首都高のシーン。
結構こうみると、大きなセットを組んでいたことがわかります。

20181128_200050

ICBMの発射シーン。
こちらもセットがでかい。

20181128_200056

スタッフの記念撮影。

続きます。


投げ売りされていたくまさん=brownを保護 その1開封編(LINE)

家には、Amazon EchoとGoogle Home miniがありますが。セールと今なら500円引きというのに釣られて。

R0059094

飼ってしまいました。2,300円位だったので。(^^;)
何かと言うと、LINEのAIスピーカーのclover(クローバー)です。
って、こういうのがあったことすら知らなかった(^^;

R0059095

パッケージ裏もいけてます。

R0059100

開けたとこ。
くまさんがいます。
ちょっと間抜け?

腹巻き部分がスピーカーになっています。

R0059101

くまさんをどかすと、穴からスタートガイドが見えます。

R0059102

ボトム部には、主電源があります。
ちゃんと、逓信省の技適マークがあります。
これ、中国製ではないんですね。
南朝鮮製です。まあ、LINEを作った国ですから。ということで、知らないで使っている若い方もLINEで重要な会話はしないようにね。しっかり半島に情報が行きますから。

R0059103

正面から。

裏面。
ボタン類は、背面にあります。モザイクはシリアル番号。
てゆうか、これ腹の下というかケツの穴に入れれば良いのに。

しっぽに当たる部分が充電コネクタ。
USB-Cです。

R0059105

ボタン部拡大。
上からミュート、Bluetooth、ボリューム+-
至ってシンプルです。

R0059107

くまさんの耳に当たる部分は、マイクだと思います。
Amazon Echoの6~7個マイクを搭載しているものと違い、2つしかありません。
しかも耳があるために、たぶん後ろの方からは聞き取りにくい状況になっていると思われます。

R0059109

箱下には、スタートガイド。

R0059110

ケーブル類があります。

R0059111

USB-Cと電源アダプター

R0059113

ACアダプターは、なんと中国製。

R0059115

設定するにはアプリが必要らしいです。

続きます。

調べて見ると(飼ってから調べるな(^_^))
2017年12月8日発売!料金は本体のみで8,640円。もしたそうです。
てゆうかその値段だったら絶対飼わない。
一年後に2,300円位で(タイムセール:ポイント割引)買えるようになるとは。
発売側も思いも寄らなかったんでしょうね。
相場でも安いところは2,980円位ですから。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【65%OFF】Clova Friends BROWN
価格:2970円(税込、送料無料) (2018/11/26時点)

楽天で購入

敵のAmazonには、Google Homeもクローバーもありませんが(^_^)

切れた樹脂バンドをBONDICで修正する

そういえば、BONDICのデザインが変わっていました。

R0056585

ケース入りです。

R0056586

007の秘密兵器みたいヾ(^ )コレコレ

R0056587

箱から出したとこ。

R0056588

接着剤が出るニードル部分。

R0056589

固着させる紫外線放射ランプ。

最初の頃は、別別のペンになっていたと思いますが、一体化して無くすことがなくなったし、使い勝手が良くなりました。

R0059083

愛用している活動量計のバンドが、ちぎれてしまいました。
低価格なので使い捨て感覚でいれば良いのですが、まだバッテリーは生きているので。

R0059084

こんな感じ。

R0059085

接着液を塗布します。
普通のボンドや瞬間接着剤と違って、張り付く訳ではないので感覚が良くわからないというのはあります(^_^)

R0059089

貼り付いた時という感じの瞬間に、紫外線を照射します。

R0059092

向きを変えて。四方で固定できるように塗ります。

R0059093

何度か、重ね塗りして、固定させます。

固定できたら、同梱されているヤスリか、ナイフなどで調整すれば完成。

 

こちらが、従来モデル。右は予備付き。

こちらが紹介しているデザインのもの。
まあ、UVレジン固化用キットならどれでも良いと思いますが。

 


低価格でしかも2本入り、充電器付きのLED懐中電灯(MaxTeck)

以前懐中電灯類をいくつか紹介しましたが(^^;)
普通でも安いのにタイムセールで更に安かったので保護してしまいました(^^;)
これで、家族分の懐中電灯が確保できたので、わんこの朝晩の散歩以外に枕元などに常備できる、非常用懐中電灯となりました。

R0058834

こんな感じのパッケージに入っています。

R0058835

出したとこ。
懐中電灯2本、充電器、バッテリー2本(ちょっと不安なリチウムイオンの18650type)、microUSBのBタイプ充電ケーブルになります。
使用には自己責任でお願いします。

R0058848

本体内には、単4電池3本用のアダプターが入っていますので、バッテリーが死んでも市販の電池や、エネループ(某大手に吸収されて名前が消えつつありますが、「あえて言おう、エネループであると」某ガンダム風に声高に)が使えるのは安心です。

R0058836

充電器が同梱されているのは嬉しいです。
通電すると薄く光りますが、青い通電マークが光ります。
但し、バッテリーインジケーターではないので、ゲージが上がっていくわけではありません。悪しからず。

R0058837

電池を接続すると、バッテリーインジケーターらしきものは、赤くなります。
充電中ですね。(満充電になると、青くなります)
これがない、簡易充電器も多いのでこいつは有り難いです。
とは言え、以前に紹介したマルチタイプ充電器の方が見ていて今何パーセントかわかるので安心です。

興味がある方はぜひどうぞ。
どんな種類の電池でも充電できる表示計付きのC4 SMART CHARGER

これ本当に便利です。

R0058849

明るさは十分。
てゆうか、前に紹介したものとほぼ同じで若干デザインが違うだけと言うか。

R0058851

レンズ部を前に引っ張ると、サイドに面照射用の多投型のLEDもあります。
かなりまぶしいです。

因みに、LEDとは言え、かなりの出力らしいので、すぐに電池が減ってしまうので、普段使いは小くらいの明るさで使うのが良いかなと思います。
最大出力数で使うと、たぶん3~4時間しか持たないと思います。
また、単4乾電池だと、凄く暗いと思いますので、非常時には出力を加減して使用するか、モバイルバッテリーを併用して使うのが良いかと思います。

価格は1880円(掲載時)なので、一つにしても940円とリーズナブル。
たしか、タイムセールで1380円位で出ていて、ポイント使って1000円以下で買ったので、1本500円位とトンデモ価格での入手でした。

こちらがマルチタイプ充電器の方。市販の単3、単4のバッテリーも一度に4本充電できます。

4K画像体験 AmazonTV4K

以前、4Kプロジェクターを体験するために購入したAmazonTV 4Kで4Kモニターに繋いでみました。

R0058852

モニターの設定を自動にしておかないと、2Kや1080Pのままです。

R0058856

アマプラのビデオには、いくつか4Kデータがアップされています。

R0058857

スチルをモニターから撮影していて、更にリサイズしているので、真価が発揮できませんが、画面でみると凄く美しいです。

R0058858

びっくりです。

R0058860

UHD表記があることで確認できます。

ハイスピードHDMIケーブル(アマゾンベーシック)

普通のHDMIケーブルだと動作の遅れなどがある可能性があるため、アマゾンタイムセールで安かったので保護したのが。

R0058558

ハイスピードHDMIケーブル

2コ用意したのは、パソコン用と、プレーヤー用。

R0058562

あまり変化が良くわかりません(^^;

R0058563

普通だしね。

R0058565

まあ一応金メッキしてあるし(^^;)

でも、タイムセールぢゃなくても、このお値段なのでちと不安。
パソコンと繋げている分には問題無いですが。


天井映画館 何度見ても涙を誘う名作、砂の器(Blu-ray)

放映時以前に、原作時から好きだったのが松本清張の砂の器です。
これほど、色々な状況が複雑に絡まって最後に一つになる。松本清張の真骨頂。の作品しかも、それを見事に作品化した野村芳太郎監督。
松竹系オールスターというのも良いです。

20180903_194019

冒頭から美しい映像です。

20180903_194218

放映自体が1974年の作品なので、リマスターされていても、ロケ映像は嘘みたいに綺麗にはなっていないのも良い所だと思います。
始まりは、目撃者(飲み屋のスタッフほか)の証言から、東北弁で話をしていたということから、それらしい地区に手がかりがないか捜査に行く所から始まります。

20180903_194509

千葉県知事がまだ巡査(違
特段手ががりもないなか東京に戻る。

20180903_194845

回想シーンで被害者の経緯、なんで東北に行ったかが簡潔に話される。

20180903_200213

さりげに見た新聞から、疑問を持った知事、もとい巡査が新聞社に問い合わせる。

20180903_200257

記者は、先日亡くなった保住隆信。

20180903_200410

紙吹雪を巻いたのは、。島田陽子

20180903_200726

捜索願から、殺された人が浮かび上がる。
養子になった息子役は松山省二。

20180903_201815

ズーズー弁のかめだという言葉が、唯一出雲地方にズーズー弁が伝えられている亀嵩とわかり、また捜査。

20180903_202122

なんか、70年代はのんびりしていて良いなと思ったり。

20180903_202747

殺された元巡査(緒形拳)を知る人を聞いて回る。
御前さま(違 笠智周

20180903_203359

千葉県知事(違 巡査が汗をかいて探した紙吹雪から、ルミノール反応で被害者の返り血であることが判明。(当時はDNA鑑定はなく、人の血かABOくらいしかわからないが)

20180903_204653

今度は、伊勢旅行に行ったという殺された元巡査(緒形拳)の足取りを探るべく自費で捜査に。
寅さん、ぢゃなくて、映画館の店主。渥美清。

まあ、ネタバレになるのでこの辺で。
特に前半と後半で、本当に涙無しでは見られない、素晴らしくまとめられた作品です。

普通、名作としての小説を映像化すると、こんなはずではというものが多い中。
こちらの作品は良くも143分の中に上手く収めたなという。編集の上手さが光っています。
未見の方はぜひこの機会に。

 

左が、紹介したBlu-ray、右がDVDそれほど価格差がないので、Blu-rayをオススメします。
また、Amazonプライムでもあると思うので、未見の方は一度見た方が良いです。

«天井映画館 怪獣総進撃 【ゴジラ60周年記念版】(Blu-ray)

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ