13インチで4K高精細高画質タッチパネルの新型XPS13その4デザイン比較編(DELL)#デルアンバサダー #パソコン #XPS13

デルアンバサダープログラムよりお借りしている、新型XPS13と元祖XPS13の比較編です。

20190421-091706

左が元祖XPS13、右が新型XPS13

同じ13インチなのに時代の進化か、一回り小さくなっています。

20190421-091729

重ねて見た所。レンズ収差と遠近感があるので見た目とは違いますが。

20190421-091733

短辺方向(横幅)でこんなに違います。

20190421-091750

長さは大きな差はありません。

20190421-093127

裏のデザイン。黒が元祖XPS13、シルバーが新型XPS13

どちらも放熱のスリットがあります。元祖XPS13の時代は、マイクロソフト認証番号等のシールがダサく外に貼ってあったため、、それを隠すために蓋がありました。

今は内部認証になったのか、シールはありません。

 

20190421-093155

横から、厚みが全然違います。薄くなった理由として、USB-Cが採用されたため、薄くできるようになったのも大きいです。

また、元祖XPS13にはSDカードスロットが搭載されていませんでしたが、microSDカードが中心となったことから、スロットも加えられています。

20190421-093200

先端部分、当時も細いと思いましたが、輪をかけて細くなっています。

20190421-093410

キー配列は大きく変化はありません。目を惹くのは(白だから余計目立ちますが、液晶フレームが本体蓋ぎりぎりまでできたことです。

20190421-093900

こちら。全然違います。

20190421-093908

もう一点は、角度が元祖よりも深めになりました。

元祖の頃は、液晶面があまり倒れないという意見が多かったですが、以前よりも見やすく調整できるようになっています。

最近では、パソコンとキーボードをひっくり返すことでタブレットにもなる2in1も売られたり、サーフェスのようなものもありますが、私的にはタッチパネルがあるとしても、ヒンジの強度などからパソコンタイプの方が安心して使う事ができるので、こちらの方が良いです。

不定期で続きます。

 

 

 

13インチで4K高精細高画質タッチパネルの新型XPS13その3起動・画面編(DELL)#デルアンバサダー #パソコン #XPS13

お借りしている新型XPS13ですが、起動させてみます。

R0017197

モニター品なので、通常起動します。(新規で購入した場合は、初期設定画面から始まります。セットアップ画面ね)

R0017199

こちらが起動直後の画面。

アイコンやメニューが非常に大きいです。とびっくりしたら、デフォルトでは300%が推奨画面。

どおりででかいワケだ。

R0017200

画面中にスタートメニューだらけでびっくり。

R0017203

デフォルトで468GB,使用領域35.9GBなのでかなり自由に使えると思います。

初期の元祖XPS13は、SSDが出始めだったので128GB(まあ、モバイル用なので気にしたことないですが)

R0017204

こちらが推奨画面。でも、字でかい!

R0017205

と言う訳で、100%表示にしてみました(^0^)

とたんに、4K画面。しかも、アイコンと文字が見えな~ぃ(ハズキルーペのCM風に、(^0^))因みに、以前4Kプロジェクターで100インチの画面でパソコンのデータを4K表示しましたが、それでも、3m離れていると、アイコンがなんも見えなかったので、ちと厳しいかな。

さすがに、これでは厳しいので、間を取って200%に落ち着きました。

R0017208

設定に際し、表示スケールをオンにしておくと、アプリによって適正な画面になるように設定してくれます。

気になった点。

R0017195

 

今回お借りしているマシンが、白モデルですので余計気になるのかも知れませんが、通常入力してもキートップのバックライト(オンオフは可能だと思う)が点いてしまって、文字が見難くなります。

私の場合は、ブラインドタッチができるのでとくにキートップを見ながら入力は不要ですが、文字盤を見ながら入力をする人、特に座面に座ってキートップを見る時に光ってしまって見にくいときと、光の具合が中途半端になって見にくいときがあるので、ネット購入する前に、点灯で状況を見てから判断することをお勧めします。

たぶん個人的には、黒モデルを選べば見にくいことはないと思います。

また、別の機会に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13インチで4K高精細高画質タッチパネルの新型XPS13その2本体編(DELL)#デルアンバサダー #パソコン #XPS13

本体編です。

R0017170

天板です。お借りしたのはホワイトボディなので、天板はマットホワイト調です。

蓋を開けることで、DELL文字が正位置になるようになっています。(これは林檎もVAIOも一緒)

R0017172

向かって右側(先日紹介しましたが)。左側から、スピーカー、microSDカードスロット、USB-Cコネクタ、小さい穴は3.5φのイヤホンコネクタ。

R0017176

向かって左側の状態。

左から、ケンジントンスロット(キーロック用)、USB-Cコネクタ×2、(うち一つは充電用コネクタ)、ボタンはバッテリー残量インジケーター(これ、元祖の頃から付いていますが、結構便利です)、それと写真にはないけど、左チャンネルのスピーカー

R0017181

充電コネクタを挿したところ。通電するとランプが点きます。

R0017182

こちらが、キーボード

キー配列は従来のものとほぼ同じです。昔から思っていますが、デルのキーは打ちやすいです。

 

R0017185

ボディは初期の頃から継続されていると思いますが、カーボン調で、指紋が残らない感じになっています。

また、インテルのCORE i7ですが、8thジェネレーションの高速CPUを搭載しています。

R0017183

こちらが、左側

R0017184

こちらが右側

R0017186

こちらはタッチパッド。一般的なパソコンでは、LRのキーが別になっているものが多いですが、XPS13は元祖から一体型になっています。この辺は、MacintoshとVAIOなどと一緒です。

元祖の頃から使いやすくて便利です。

R0017187

USB-C=USB変換ケーブルを差し込んだところ。こうすることで、有線マウスやUSBメモリなどを使う事ができます。

左右にあるので3rdパーティーの拡張USBコネクタを挿すことで、使い勝手が向上します。

R0017189

画面ですが、フレームが凄く小さく、ケースギリギリまで画面になっています。

R0017190

画面下と画面上はそれなりにフレームはあります。

R0017192

こちらの点のようなものが、DELL新開発のビルトインカメラ。完全にピンホールのような小ささです。

R0017194

どのくらい小さいかということで、iPhone8と並べてみました。

すげ~小さいです。

起動編に続きます。

 

 

13インチで4K高精細高画質タッチパネルの新型XPS13その1開封編(DELL)#デルアンバサダー #パソコン #XPS13

デルアンバサダープログラムに参加しています。

4月末から最新鋭の4Kモニターを一か月お借りして、いろいろ楽しんでみたいと思います。

まずは、開封の儀、というまでもないですが。(モニター品をお返しするとき用に(^0^))備忘録として。

R0017150_1

こんな感じの箱に収まっていました(注:モニターのため実際とは異なる場合があります。

R0017152_1

かなりスリムな本体ケースです。

R0017153_1

横には、電源アダプターとUSB-C=USB変換ケーブルが同梱されています。

R0017154_1

箱から出したとこ。(これにUSB-C=USB変換ケーブル)

R0017155_1

開けたとこ。雰囲気的にMacintoshに通じるわくわく感があります。

R0017156_1

本体を出すと、下には取説類があります。

R0017157_1

電源は、最近主流のUSB-Cの電源コネクタになっています。

ACアダプターはトランス部が凄く小さくなっているのがわかります。

R0017158

こちらがUSB-Cコネクタ。

R0017159

こちらが、元祖XPS13のACアダプターなのでどのくらい小さく進化したかがわると思います。

R0017160

こちらは、新型XPS13の裏面。

R0017165

同梱されているUSB-C=USB変換ケーブル(全容)

R0017166

変換口

R0017167

XPS13側のUSB-C差し込み口。

R0017168

本体右側のスロット。USB-CコネクタとmicroSDカードスロットになります。

今やmicroSDカードが主流になっています。

 

本体編に続きます。

 

 

 

 

iPhoneにAndroidWearのHUAWEI Watch W1を同期させてみた

いままでずっと、BlackBerry keyoneとリンクさせて使っていましたが、たまには気分でiPhoneと同期させてみようとおもって。

 

R0059984

 

Androidとのリンク解除だけではiPhoneとは接続できず(エラーにより認証不可)。
一度時計本体を出荷状態に戻す必要があります。

 

その後、iPhone用に提供されているWear Osからリンクをさせるという手順になります。

 

5~10分ほどで繋がりますが、やはり一部機能は使えません。
でも、iPhone側で通知を設定してあるものはちゃんとHUAWEIWATCHにも連絡が入るので、特に問題はなく使えます。
また、Wear Os経由というか、時計本体からネットに接続して、時計用のアプリを入れることもできるので、そんなにハンディがあるわけではないです。
時計に搭載されている心拍数や歩数管理なども、iPhoneの健康アプリとのリンクもできます。
但し私の場合Nokiaのヘルスメイトを健康アプリにシンクロさせているので、特にその部分はリンクさせていません。

 

 

 

口臭防止に、ゴッソトリノを使ってみた

ネットで流れてきたオススメで、お試し価格というのがあったので頼んで見た(^^;)
乗せられやすいタイプ(゚゚ )☆\ぽか
というのも、頑張って歯磨きやうがいをしているのにも関わらず、講習もとい甲州もとい口臭があるとよく家族に言われるので。(^^;)

 

R0059754

 

こんな感じのケースに入って送られてきた。
初回お試し朝晩用で2980円、以降はうんとお高いので初回のみ(^^;)

 

R0059756

 

後ろに効能と使い方がかかれています。
1回だけ使う場合は。夜寝る前に歯磨きしたあとにやると良いらしい。
というのは、原因菌が広がるのは夜寝ている時だから。だと。
おっしゃるとおり

 

R0059755

 

こんな感じで、個包装30袋入。

 

ここでは見せられませんが、口に含んで15~20秒くらいクチュクチュして、洗面に吐き出すと、食べかすみたいなの(発売薬剤メーカー曰く、たんぱく質が固形化されたもの)が出ます(但し日によって出るときと出ないときがあるのでその加減が良くわかりませんが。

 

 

メーカーでは、通販で買うと断るまでずっと送り続けて来ますが、このお値段で30袋なので、結構お高い(メーカーだと4400円超え、朝晩にすると6500円位と安くなる)なので、密林さんで時々買った方が良いかもです。

 

 

 

 

 

 

 

予備用プリンターインク(他社製)を保護

うちには2台のプリンターがあるのですが、どちらも純正インクは使っていません。ヾ(^ )コレコレ
とゆうワケで。
R0059778
昔は、注入式のを買っていましたが、リセッターが出ていないので。
取りあえず何ちゃってを。
R0059780
横から。
それと、350シリーズは、以前300円位で全色入りのがあったのですが、いつの間にかお高くなっちゃって(^^;
R0059779
超怪しいものにしました(^^;)
 


電動耳かき/ポケットイヤークリーナー デオクロス C-ears(DEMET)

うちには、ニーナさんという保護犬がいます。
ケージ飼いしている訳でも無く、家中を気ままに歩き回っていて、寝るときはかみさんに足下に寝て、明け方人を起こしに来ます。

 

ここで問題が(^^;)
たま~にニーナさんの毛(つまり犬の毛)が耳の中に入ります。

 

耳かきだと中に押し込んでしまうし、(以前やって、耳鼻科に行って取ってもらった)
鼓膜に動物の毛がくっついていたと。

 

以来、綿棒は使わず。
そもそも私の耳質は、粉耳。普通の方はけっこう堅いものが耳に張り付いて膜を形成しますが(^^;)
と言うワケで、導入してみました。

 

R0059787

 

こちらが箱です。

 

R0059793

 

電動歯ブラシみたいなものでしょうね。
換えの耳に入れる部分と掃除用ブラシ、電池と本体になります。

 

R0059791

 

ちゃんと日本語説明書もありますので安心です。

 

R0059794

 

ちょっと怪しいですが(^_^)

 

R0059796

 

電池は引き出して入れます。

 

R0059797

 

ちゃんと+-がかかれているので間違えないと思います。

 

R0059798

 

耳かき(ホース)部分と本体に溝があるので、操作中に回ってしまうことはありません。

 

R0059800

 

見えにくいですが、耳かすが入っています。
耳に入れると、掃除機で吸っているみたいな感じになります。
要は、耳かき部分で掻きながら、それを吸引する形。

 

R0059788

 

箱の横。実用新案取得だって。

 

R0059789

 

取説にあるように、ごっそり取り除くのはどうかと思いますが(^^;)
少なくとも私の粉耳は簡単に取れます。

 

これで、耳に入ったペットの毛を奥に押し込むことなく吸引することができます。

 

骨盤矯正や体幹用にストレッチベルト ラクナール

デスクワーク中心で、ほぼ一日中椅子に座ってパソコン入力していると、やはり腰が痛くなります(^_^)
今更ですが、このようなものがタイムセール+ポイントで安く買えたので導入してみました。
R0059803
べつに女性専用ではないようです。
R0059809
折りたたむと持ち運びしやすいように取っ手がありますというか、この状態で来た。
R0059808
これね。
R0059810
スナップ(磁石)で止まっているボタンを外すとこんな状態になります。
中央のベルクロ(R)マジックテープ(R)を剥がしてひっくり返すと。
R0059811
ゴムがでてきます。
右と書いてある方を右(これシールなのですぐ外れちゃう)から腰を回して、左のフックにはめます。
ベルトみたいにする奴ね。
左右にゴムの環があるので、それを引き延ばして膝にはめます。
R0059969
上から見た図。
おじさんの会社、設計事務所というかコンサルタントなので、打合せ以外はこんならふな格好で(^^;)
R0059970
横から見た図。
R0059968
腰部分。
革のベルトがあると痛いし効き目がなさそうなので、これを使う時にはベルトを外しています。
R0059807
箱裏側、ISS(国際宇宙ステーション)でも乗組員の筋力低下や腰痛などにつかわれているんだとか。
ヨガで使うのもアリだそうです。
暫く使っていますが。
メリット
強制的に腰が伸ばされるので、姿勢が良くなる。
猫背ぎみだったのがちゃんとした姿勢になる。
半日くらい座って居ると腰がいたくて、結局椅子にあぐらかいたり、まあ色々な姿勢をします。
腰が楽になる。
肩こりも減衰する。
デメリット
ゴム臭い(^^;)
会社は人が少ないので気になりませんが、普通の会社だと、何やってるんだ的になるかも。
あと、スーツなどではしわができるかも。
と言いつつ、これ楽だわ。
もっと若い頃に知っておけば(^^;
  
体系的に私はMにしましたというか、某所でのバーゲンはMだけ(Mは慎重170cm位までなのでセーフ。
結局この表示価格の半額くらいで(^^;)
普通の方は、Mサイズで丁度良いと思います。
太ましい方や足腰が弱い高齢者はLが良いらしいです。(取説にあった)

ココログシステム全面改定につき

仕様が全く変わってしまい、投稿並びに修正、特に写真の投稿が凄く不便になりました。


また、以前は簡単にできていた、過去のリンクや、商品リンクも全くできなくなっていますので。


まあ元々それで儲けようとは思っていないので収入は全くありませんが(^_^)


欲しい方は自力で探して下さい。


なんか、ねぇ、皆さん文句言ってて、元に戻して欲しいという意見が多数。


なので、しばらくしたら、やめるかも知れません。

«クリアな音でバッテリーが長時間持つ首掛け式イヤフォンQ31(soundPEATS)

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ